笠原 将 生。 賛否両論

野球賭博で巨人をクビ「笠原将生」がホストになっていた Gユニフォームを着て接客

笠原 将 生

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] 小学2年生から香椎浜サンダースで野球を始め、中学校は地元を離れ全国的な強豪校であるに進学。 3年時に4番・左翼手として第27回で優勝。 高校は、地元福岡のに進学。 当初はであったが、1年秋からに転向。 3年時の夏は、準々決勝でに敗退。 全国選手権大会出場は果たせなかったが、父親譲りとされる肘の柔軟性と、190cmの長身から投げ下ろす直球が高い評価を受ける。 、において、から5位指名され、に契約金3500万円、年俸480万円(金額は推定)で仮契約した。 巨人時代 [ ] に二軍ので開幕投手を務め、にかけて、同リーグでとしての登板を重ねた。 シーズンオフには台湾で開催されたに選ばれた。 また、2011年オフには球団初の・()への派遣メンバーに、同僚の、、とともに選ばれた。 は二軍の開幕戦で先発。 4月20日に初めての一軍昇格を果たした。 4月26日に9回の救援として一軍初登板を果たした。 最初の打者を空振り三振に仕留めたと思いきや、投球動作が止まったと球審に「イリーガル」を宣告された。 仕切り直しても、また空振り三振。 1安打は許したものの1回を3奪三振で抑えた。 5月3日の戦でプロ初先発。 父・栄一は13試合に先発した経験を持ち、親子での先発登板は史上初。 この試合でに適時二塁打を打たれるなど4回で降板しているが、父・栄一も2月24日のオープン戦で前田と対戦していることから、親子2代で同一打者との対戦となった。 5月3日の先発登板の後、ファームでの調整を経て9月12日の広島東洋カープ戦にプロ2度目の先発登板で6回無失点の投球を見せ、味方の援護もあって父がプロ生活12年で成し遂げられなかった初勝利を挙げた。 オフには2年連続でプエルトリコ・ウィンターリーグへの派遣メンバーに、とともに選ばれた。 はロングリリーフ要員として初の開幕一軍を果たした。 その後も、先発と中継ぎで合計4勝を挙げた。 も同様のポジション(先発・ロングリリーフもこなすビハインド中継ぎ)として起用されており、先発が崩れていた5月中盤には連投し、更に登板を回避したに代わる先発や、・とエース級の投手がゲーム序盤で危険球退場のアクシデントに見舞われた後、スクランブルでロングリリーフをして試合を作り、原監督から高い評価を受けた。 オフの11月7日に、「」の阪神・巨人連合チームに選出されたことが発表された。 はリリーフで20試合に登板。 、球団がが野球に関与していた事を発表。 その時点で笠原は、福田を賭博常習者と疑われている知人に紹介したものの直接賭博には関わっていないとされたために告発対象にはなっていなかったが 、その後球団から告発を受けて調査していた(NPB)の調査委員会は10月21日の中間報告で、笠原とも野球賭博に関与していたと発表した。 さらに笠原は福田と共に知人男性とやなどの賭博を行っていたことも明らかにされている。 福田とは最も仲が良く、の練習から帰る際には一緒のことが多かったという。 球団は11月9日に契約解除の方針を決定。 翌11月10日にNPBのは福田、松本とともに無期失格処分とすることを決定、以来の野球賭博による処分となった。 詳細は「」を参照 退団後 [ ] 、5年後の現役復帰を目指して上記処分後に所属したチーム・Naughtyの試合に登板した。 ポジションは投手で、背番号は17。 、前述の野球賭博問題による幇助容疑でにされ 、2016年10月5日にで1年2ヶ月、4年の有罪判決を下された。 、が主導で行われるファン交流イベント「愛甲猛の【野良犬の穴】in-福岡」にプロ野球OBの一人として参加し、久しぶりに公の場に姿を現す。 同年、「」にに関するコメンテーターとして出演。 番組内では再度野球賭博問題の振り返りが行われ、当時の胸中などが掘り起こされた。 また退団後、地元福岡で料理店を営んでいたが、東京での出店を目指して新宿で修行中であることや、少人数制の投手専門の野球塾を開きたいと思っていることなど今後の目標を語った。 その後、同月から新宿区のに勤務していることがによって報じられた。 配信者活動 [ ] 、自身のチャンネルから動画を投稿し、として活動を始めることを表明。 チャンネルの説明欄には、自身なりの野球解説や元プロ野球選手の裏話などを投稿する予定と記載されている。 初投稿の動画内では巨人時代のユニフォームに袖を通し、現役時代より体重が約30kgも増量してしまったと語った。 その後の動画内では賭博事件で処分を受けた影響により、NPBが主催する全公式戦を観戦できない状態となっていることやの近くに飾られた自身の手形が撤去されたことも明かされている。 投稿動画のうち、現役時代の暴露話を含むものがたびたびウェブメディアで取り上げられており 、「留置所生活の全貌」や「プロ野球選手の喫煙事情」などといった際どい話を展開し、視聴者の支持を集める。 によると、現役の選手たちの間でもっとも話題になっているプロ野球OBのYouTubeチャンネルだという。 2019年10月、元タレントのとタッグを組み、坂口のYouTubeチャンネルにコラボ動画が複数投稿された。 2019年11月初旬にチャンネル登録者数が10万人を突破。 「」では、2019年末時点でのプロ野球OBのとしてはとに次いで視聴者からの支持を受けている人物として、笠原の名前が挙げられた。 なお、チャンネル登録者数は約10. 1万人をピークに減少しており、2020年4月現在は10万人を大きく下回っている。 2020年4月からはが運営するライブ配信アプリ「Pococha」での生配信活動も行っており、同アプリのライバー専門の事務所・株式会社WASABIに所属している。 一方変化球の制球に難があった。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 4 3 0 0 0 1 0 0 0 1. 000 64 13. 0 18 1 5 0 1 14 1 0 8 8 5. 54 1. 77 30 3 0 0 0 4 1 0 1. 800 203 46. 0 43 8 25 1 2 51 2 1 18 17 3. 33 1. 48 26 1 0 0 0 2 0 1 1 1. 000 166 38. 0 43 5 15 1 2 33 3 0 19 18 4. 26 1. 53 20 0 0 0 0 0 0 0 1. 000 90 19. 0 25 4 11 0 0 18 0 0 13 13 6. 16 1. 89 通算:4年 80 7 0 0 0 7 1 1 3. 875 523 116. 0 129 18 56 2 5 116 6 1 58 56 4. 34 1. 59 記録 [ ] 投手記録• 初登板:2012年4月26日、対3回戦()、9回表に3番手で救援登板・完了、1回無失点3奪三振• 初奪三振:同上、9回表にから空振り三振• 初先発:2012年5月3日、対6回戦()、4回3失点で勝敗つかず• 初勝利・初先発勝利:2012年9月12日、対広島東洋カープ20回戦(東京ドーム)、6回無失点7奪三振• 初ホールド:2013年4月7日、対3回戦(東京ドーム)、6回表に2番手で救援登板、1回無失点• 初セーブ:2014年4月16日、対2回戦()、10回裏に5番手で救援登板・完了、1回無失点 打撃記録• 初安打・初打点:2013年7月31日、対12回戦()、4回裏にから中越二点適時三塁打 ウィンターリーグでの投手成績 [ ] - 10 7 0 0 0 1 2 0 --. 333 147 34. 0 31 3 16 0 3 26 8 0 20 18 4. 76 1. 38 2012- サントゥルセ 7 7 0 0 0 2 2 0 --. 500 135 31. 0 36 6 8 0 1 30 4 1 23 21 6. 10 1. 42 通算:2年 17 14 0 0 0 3 4 0 --. 429 282 65. 0 67 9 24 0 4 56 12 1 43 39 5. 40 1. 40 背番号 [ ]• 93 (2009年 - 2012年)• 63 (2013年 - 2015年) 登場曲 [ ]• 「」(2009年)• 「」(2011年)• 「」(2011年)• 「」(2012年)• 「STARSHIPS」(2012年)• 「Lovumba」(2013年)• 「Wake Me Up」(2014年)• 「Let's Get Ridiculous」(2014年)• [ ] 時事通信 2011年10月27日• [ ] GIANTS ニュース 2011年12月30日• GIANTS ニュース 2012年3月18日• nikkansports. com 2012年4月20日• スポニチAnnex 2012年4月27日付記事より。 SANSPO. COM 2012年5月4日付記事より。 日刊スポーツ・大阪版 2012年5月4日付 6版4面 「史上初親子先発 G笠原金星逃す」より。 スポーツ報知 2012年9月12日閲覧• 読売ジャイアンツ 2012年11月2日. 2018年1月25日閲覧。 スポーツ報知. 2013年3月27日. 2013年4月12日閲覧。 日刊スポーツ、2014年6月18日、2014年11月20日閲覧。 BASEBALL KING. 2014年11月7日. 2020年1月19日閲覧。 スポーツ報知 スポーツ報知. 2015年10月5日. 2015年10月22日. 2018年8月14日閲覧。 - (2015年10月22日 07:15)• ,スポニチアネックス,2015年11月9日• ,スポニチアネックス,2015年11月10日• Web2015年12月10日12時23分配信(2015年12月11日閲覧)• 草野球大会Victoria公式チャンネル2015年12月6日公開(2015年12月11日閲覧)• 2015年12月10日配信(2015年12月11日閲覧)• (2015年12月11日閲覧)• (2016年4月29日 13時02分配信)• (2016年10月5日 14時15分配信)• 東スポWeb 東京スポーツ新聞社. 2018年2月13日. 2018年2月22日閲覧。 ツイート. より 2018年1月15日閲覧。 AbemaTIMES. 2018年3月7日. 2018年4月2日閲覧。 デイリー新潮. 2018年6月6日. 2018年6月6日閲覧。 J-CASTニュース. 2019年5月19日. 2019年11月15日閲覧。 しらべぇ. 2019年10月26日. 2019年11月15日閲覧。 リアルライブ. 2019年12月31日. 2020年1月19日閲覧。 J-CASTニュース. 2020年2月16日. 2020年3月19日閲覧。 しらべぇ. 2019年10月15日. 2019年11月15日閲覧。 ツイート. より 2019年11月15日閲覧。 ツイート. より 2020年6月9日閲覧。 スポーツ報知 2013年7月30日• 日刊スポーツ 2012年9月13日• スポーツ報知 2013年11月7日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• 選手の通算成績と情報 、• - 株式会社WASABI• - チャンネル(野球専門チャンネル)• - チャンネル(野球以外)• - Pococha• - TuneCore Japan.

次の

笠原将弘は結婚した嫁、両親もガンで亡くしていた!3人の子供たちは?

笠原 将 生

年度 所属球団 登板 勝利 敗北 セーブ H HP 完投 完封勝 無四球 勝率 打者 投球回 安打 本塁打 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責点 防御率 2012 読 売 4 1 0 0 0 0 0 0 0 1. 000 64 13 18 1 5 1 14 1 0 8 8 5. 54 2013 読 売 30 4 1 0 1 4 0 0 0. 800 203 46 43 8 25 2 51 2 1 18 17 3. 33 2014 読 売 26 2 0 1 1 3 0 0 0 1. 000 166 38 43 5 15 2 33 3 0 19 18 4. 26 2015 読 売 20 0 0 0 1 1 0 0 0. 000 90 19 25 4 11 0 18 0 0 13 13 6. 16 通 算 80 7 1 1 3 8 0 0 0. 875 523 116 129 18 56 5 116 6 1 58 56 4. 34 年度 所属球団 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 盗塁刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 長打率 出塁率 2012 読 売 4 4 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1. 000. 000. 250 2013 読 売 30 7 5 0 1 0 1 0 3 2 0 0 1 0 1 0 1 0. 200. 600. 333 2014 読 売 26 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000. 000 2015 読 売 20 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000. 000 通 算 80 13 10 0 1 0 1 0 3 2 0 0 1 0 2 0 1 1. 100. 300. 250.

次の

笠原将生 年俸 成績 推移 生涯年俸

笠原 将 生

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] 小学校3年生の時にの香椎浜サンダースで野球を始め、4年生時に投手となる。 ではの福岡ニュースターボーイズに所属した。 3年生の夏に九州大会で優勝した。 8月10日から行われたに出場し1回戦で1失点完投勝利を挙げた。 日本代表に選出され 、11月にで行われた第3回AAアジアチャレンジマッチにも出場した。 高校は兄と同じに進学。 1年生の夏からベンチ入りし、秋季福岡大会で3回戦の戦で2失点完投。 2年生の春からエースとして活躍、春の福岡県大会で優勝し、九州大会では4強入り、夏の県大会も4強入りした。 3年夏の福岡大会1回戦の対戦で、参考記録ながら6回までにを達成した が、2回戦でに2対3で敗れ、甲子園出場はならなかった。 にて、地元球団のから5巡目指名を受けて、契約金3,500万円、年俸500万円(金額は推定)という条件で入団。 は 63。 プロ入り後 [ ] 、体力の養成を優先した関係で、一・二軍とも公式戦への登板機会がなく、三軍の対外試合で実戦経験を積んだ。 4月14日の対戦で対外試合デビューを果たす と、7月7日の対戦で初めて先発に起用。 67という成績を残した。 、4月2日の対戦()6回裏から、3番手投手として公式戦に初登板。 5月27日の対戦で同リーグ公式戦初の先発マウンドを踏む と、先発登板3試合目に当たる7月11日の対オリックス戦で、先発投手としての初勝利を挙げた。 の()では、ウエスタン・リーグ選抜の救援投手として8回表に登板。 選抜の先頭打者・からのソロ本塁打で決勝点を奪われたが、この1失点のみで後続を断った。 ウエスタン・リーグの後半戦で先発ローテーションに定着すると、先発した7試合で防御率2. 40を記録。 そのうち6試合でを達成したり、参考記録ながらQS率が85. 8月下旬には 一軍の仙台遠征へ帯同したが、プロ入り後初の出場選手登録や、一軍公式戦でのデビューには至らなかった。 シーズン終了後には、のへ派遣されると、に所属。 先発で1試合、中継ぎで2試合に登板した が、リーグ戦の終盤には登板機会がなかった。 、ウエスタン・リーグ公式戦では、3月17日の対阪神戦で開幕投手を任されたこと を皮切りに、5試合の登板で1勝1敗、防御率3. 60をマーク。 三軍戦にも24試合に登板で109回を投げ、5勝6敗1、防御率3. 06の成績を挙げたが 、一軍昇格の機会はなかった。 、ウエスタン・リーグ公式戦22試合に登板すると、リーグ最多の投球回数(128回3分の1)に到達。 チームメイトの・阪神のと共にリーグ1位の9勝を挙げたほか、リーグ単独1位の118奪三振、リーグ単独3位の防御率2. 52を記録した。 オフのにのに選出された。 11月7日のとの決勝戦で先発を任され 、優勝を果たした。 11月28日に行われたにおいてウエスタン・リーグの最多勝利投手賞、優秀選手賞、新人賞、努力賞を受賞する。 、宮崎春季キャンプではA組に抜擢され 、オープン戦でも結果を残し、自身初の開幕一軍登録を果たした。 4月3日に一度出場選手登録を抹消されたが、ウエスタン・リーグ公式戦において、リーグトップの防御率1. 42の好投をみせる。 5月23日に再登録されると 、5月24日にで行われた対戦でプロ初登板を果たし、この登板によって史上初の親子・兄弟揃っての一軍公式戦登板を記録する。 親子・兄弟の一軍公式戦出場は堂上親子(父・、兄・、弟・ に次いで二例目となる。 その後、6月10日の、対戦まで、として6試合の一軍公式戦での登板機会を得る。 49の成績を残す。 、1軍での初登板は7月28日の楽天戦9回表、1-6からの5番手としての登板だったが、打者6人に2安打1死球で1点を許し、これが同年の1軍唯一の登板となった。 同年オフの宮崎でのフェニックスリーグでは、最速147キロを計測するなど復調してきていたが、11月4日、次年度の契約を結ばないことを球団から通告され 、同年12月に育成選手として再契約することになった。 投球フォーム 2019年4月13日にて 、への昇格および一軍での試合出場はなく、10月1日、2年連続で次年度の契約を結ばないことを球団から通告された。 笠原本人としては昨年よりも調子が良かったとして現役続行の道を模索していたが 、のちに現役引退を表明し、ソフトバンクの球団職員として球団に残ることとなった。 選手としての特徴 [ ]• しなやかな腕の振りから伸びのある(145キロ) 、2種類の、で奪数を誇る。 リーチを活かした糸を引くようなストレートと落差のある変化球で勝負する投手。 プロ入り後にツーシームとフォークを覚えた。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 6 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 34 8. 1 5 1 4 0 2 3 1 0 4 4 4. 32 1. 08 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 6 1. 0 2 0 0 0 1 0 0 0 1 1 9. 00 2. 00 :2年 7 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 40 9. 1 7 1 4 0 3 3 1 0 5 5 4. 82 1. 表彰 [ ]• ファーム新人賞(2016年) 記録 [ ]• 初奪三振:2017年5月25日、対千葉ロッテマリーンズ12回戦(福岡 ヤフオク! ドーム)、7回表にから空振り三振 背番号 [ ]• 63 (2013年 - 2018年)• 19 (2016 WBSC U-23ワールドカップ 日本代表)• 130 (2019年) 登場曲 [ ]• 「ときめきよ永遠に~ずっと忘れない~」 (2014年)• 「負けない心」 (2015年)• 「さよならの前に」AAA (2016年)• 「目、鼻、口」 (2017年)• 「紅空」 2018年• 「More Than Friends」、(2019年 - )• 「花唄」(2019年 - ) 代表歴 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2012年7月9日. - オフィシャルサイト• 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2013年12月18日時点のよりアーカイブ。 2017年12月23日閲覧。 - 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト• - 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト• 日刊スポーツ 2014年5月27日. 2014年11月11日閲覧。 日刊スポーツ 2014年7月17日. 2015年2月19日閲覧。 2014年8月29日 日刊スポーツ• 2014年9月2日 日刊スポーツ• 日刊スポーツ 2014年10月24日. 2014年11月11日閲覧。 - 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト• 2015年3月17日. 2016年10月21日閲覧。 2017年12月23日閲覧。 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. 2016年1月20日時点のよりアーカイブ。 2017年12月23日閲覧。 NPB. jp 日本野球機構. 2017年12月23日閲覧。 オフィシャルサイト. 2016年10月12日. 2016年10月12日閲覧。 2016年11月7日. 2016年11月7日閲覧。 WBSC World Baseball Softball Confederation (英語) 2016年11月6日 2016年11月7日閲覧• NPB. jp 日本野球機構. 2017年12月23日閲覧。 日刊スポーツ 2017年1月30日. 2017年3月30日閲覧。 日刊スポーツ 2017年3月29日. 2017年3月30日閲覧。 西日本スポーツ 2017年5月19日. 2017年12月2日閲覧。 日刊スポーツ 2017年5月22日• newslivedoor 2017年5月23日• 日刊スポーツ 2017年5月25日. 2017年5月27日閲覧。 NPB. jp 日本野球機構. 2017年12月2日閲覧。 nikkansports. com. ニッカンスポーツ新聞社 2018年11月4日. 2018年11月4日閲覧。 日刊スポーツ. 2019年10月1日. 2020年1月29日閲覧。 高校野球ドットコム. 2019年12月30日. 2020年1月29日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex. 2015年12月8日時点のよりアーカイブ。 2017年12月23日閲覧。 『野球小僧 2012 ドラフト総決算号』白夜書房、p. スポニチ Sponichi Annex. 2016年11月28日. 2016年11月28日閲覧。 西日本スポーツ 2017年5月24日. 2017年5月27日閲覧。 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2019年4月6日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• 選手の通算成績と情報• - 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト• ypf4k7hzfb -.

次の