ハクタイ オウム。 タイハクオウム を 英語

タイハクオウムの雄と雌の事で質問です。私は将来、タイハクオウムを...

ハクタイ オウム

食事 野生下 種子類・木の実・果物など 食事 飼育下 主食:オウム・インコ専用混合フード 副食:野菜(小松菜・チンゲン菜・ブロッコリー・ニンジン・かぼちゃなど)・果物(リンゴなど) 特 徴 昔から人気の高いコンパニオンバードで、全身がグレーの体に鼻から目にかけて白色、尾羽が鮮やかな赤色をしている。 性格は温厚で、人によくなつき、おしゃべりが非常に上手なため、大型のオウムやインコの中でも、世界中でトップクラスの人気がある。 おとなしい反面、なれた個体は淋しさによる不安を感じたり、飼い主以外に対して人見知りをしたりする。 野生では群れで生活しており、木の穴などで生活している。 オスとメスを見た目で判断することは難しい。 おしゃべりも上手で、たくさんの言葉を話すようになる個体が多い。 おしゃべりは大体生後約6ヶ月から話しはじめる。 頭をなでてもらうのが好きで、催促してきたり、手からおいしそうにエサを食べる姿は何とも愛らしい。 臆病な個体はじっくり期間をかけて、話しかけながら優しく接してあげると、自然になついてくれることが多い。 おとなしい性格が多いが、環境に馴染むと好奇心旺盛でくちばしの力も強いため、木製の壊して遊べるおもちゃなどをケージ内に入れてあげると、暇つぶしやストレス発散になる。 知能が高く、ケージの入り口を開ける方法を覚えて脱走したりと、やんちゃな一面もあるため、ケージは大きめのナスカンなどでロックするとよい。 似た目は地味ではあるが、温厚な性格に加え、おしゃべりも上手で人によくなつくため、大型コンパニオンバードの中では非常に人気が高い。 寿命も長いので、人生のよきパートナーになってくれるだろう。 アドバイス 寿命が長いため、日ごろからよい飼育環境や、バランスを考えた食事を心がけてあげよう。 価格(税込) ~.

次の

キバタン

ハクタイ オウム

賢く美しいタイハクオウムについてご紹介します。 〇 分類:オウム科オウム属 〇 体長:45cmほど 〇 体重:500~630g前後 体格により適正体重は増減します 〇 価格:平均50万円前後 〇 寿命:40年以上 野生での生活 タイハクオウムはセレベスとニューギニアとの間に点在する島々のモルッカ諸島北部で生息しているインドネシアの固有種です。 美しい真っ白な羽毛で身体全体が覆われておりますが、尾羽及び翼の下面の一部は鮮やかなライトイエローの羽毛で覆われています。 頭頂部には後ろの方へ弓型に曲がった長くて白い冠羽があります。 雌雄の区別はキバタンやコバタン同様、オスならば黒、メスならば赤褐色と虹彩の色によって区別することが出来ます。 標高600m以下の森林に生息しており、特に原生植生が破壊された後に生じる二次林に好んで住み着いています。 番もしくは小規模の群れを成して生活しており、夜は樹上で50羽ほどのハクタイオウムが集合し、睡眠を取ります。 昼は植物食や植物食系の強いものを食べており、フルーツや植物の種子が大好物です。 稀に樹皮を剥いだり、寝床としている樹上に着床した植物をついばんでいる姿が確認されており、昆虫なども食べているのではないかと言われています。 現在タイハクオウムは土地開発によって生息地域の破壊や愛玩鳥や食用として乱獲されたことが要因となって個体数が激減しています。 1991年には49,765羽存在したタイハクオウムですが、翌年の1992年にはなんと212,430羽にまで羽数が減少したとの報告がされています。 ハクタイオウムの魅力は、なんと言っても頭頂部にある美しい冠羽です。 タイハクオウムの冠羽はオウム科の中でとても立派なかたちをしており、開くと幅広な冠羽がまるで傘のように見えることから、別名「アンブレラコッカトゥ」と呼ばれています。 タイハクは漢字で「太白」と表し、その名の通り白無垢のように美しい真っ白な体色とふっくらとした体型が特徴的です。 ヒトの手によってヒナから大切に育てられたタイハクオウムは、ヒトに懐きやすく、仰向けになってみたり、おどけてみたりとスキンシップやコミュニケーションを取りたがり、ヒトに甘えてきます。 元々タイハクオウムはヒトに懐きやすく、楽しくて心地良い気分にさせてくれるため、とても人気があります。 非常に賢く、記憶力や表現力は共に優れており、とっても遊び好きです。 寂しがり屋な一面もあるので、仕事で忙しい方や小さなお子様がいらっしゃるご家庭では飼養するのを避けた方が良いでしょう。 オウム科の中でも比較的おっとりとした穏やかな性格をしているので、飼いやすいと思われがちですが、オウム科特有の声量の大きさと物を壊すのが好きな個体も多いため、ステンレス製もしくはスチール製の鳥籠で飼養するのは止めましょう。 タイハクオウムは繊細で神経質な面がありますので、他の鳥類が飼い主にべったりしていると、嫉妬心から他の敵を攻撃してしまう可能性があります。 既に鳥を飼養している方は十分にご注意ください。 タイハクオウムは環境の順応性が高いので、通年を通して屋外飼養が可能です。 ですが、朝と夜の気温差が激しい地域ではある程度の気温管理が必要なので、冬場は出来る限り保温状態を保つように心掛けましょう。 声量の大きさを除けば、コンパニオンバードとして優れた能力を有しています。 そのため、タイハクオウムを飼養する前に、どのような鳥なのか、どういった環境で育成させると良いのかなど十分な知識を身に着け、タイハクオウムを最期まで愛情を注いで飼養する覚悟のある方のみ購入するようにしましょう。

次の

会社概要

ハクタイ オウム

この記事にはやの一覧が含まれていますが、 による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です。 適切な位置に脚注を追加して、記事のにご協力ください。 ( 2020年4月) キバタン LEAST CONCERN Ver. 1 2001 : : : : : : : 亜科 : 属 : キバタン C. galerita Cacatua galerita , キバタン 英名 Sulphur-Crested Cockatoo キバタン(黄芭旦、学名: Cacatua galerita、英名:)は、に分類される鳥類の一種。 のの中でも広く分布している大型のオウムの一種である。 オーストラリアの内外でしばしばペットとして高い人気を博すが、オーストラリアの穀倉地帯では数が増えすぎ、とされている。 しかし、オーストラリア連邦法規により保護された種であることから、駆除には政府の許可が必要である。 特徴的な冠羽を広げた状態 キバタンは外見がオーストラリアで見られる三種類の(Corella)によく似ている。 しかしバタンインコはキバタンより小型で、人目を引く黄色いを持っていない。 オーストラリアの各地には少数だが地方種が存在する。 通常の体長は50cm、体重は800g前後に達する。 ほとんどの場合、オスはほぼ黒色の目をしていることから、メスと見分けることができる。 これに対し、メスは赤茶色の目をしている。 また、彼らは非常に大きな特徴的で騒々しい鳴声を立てることができるため、生息している熱帯林や亜熱帯林を含む森林環境で遠くまで声が届く。 キバタンは非常に高い知能を持っているだけでなく、生まれつき好奇心の強い生き物である。 オーストラリアのキバタンの分布(赤で示す領域) オーストラリア、及びパプアニューギニアとその周辺部。 オーストラリアではアイアンレンジ山脈を超えたから、スノウイーマウンテンの一部にいたる、さまざまな気候の地域に分布している。 またや州南部にも生息。 付近へは移入された。 シンガポールにも移入されている。 これらの鳥は(食物を解毒するために粘土を食べるプロセス)の習性があることで知られている。 飼育と世話 [ ] キバタンの米国への輸入は野鳥保護法の規制により既に行われていないが、飼育下での繁殖が行われている。 これらの鳥を飼育する場合は、とても騒々しい他に木材やその他の堅い有機物素材をかじりたいという自然の欲求を持っているため、目を離さずに、深い注意を払わなくなくてはならない。 非常に長命であり、野生においてはおよそ20年から40年程度、飼育下では70年以上である。 Sibley分類体系上の位置 [ ]• BirdLife International 2016. 参考文献 [ ]• BirdLife International. 2016. Cacatua galerita. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e. T22684781A93046200. Downloaded on 25 July 2018. Flegg, Jim 2002. Birds of Australia: Photographic Field Guide. Sydney: Reed New Holland. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 on the Internet Bird Collection• 傷ついた雌のキバタンと彼女のかごの扉を開ける献身的な雄のキバタンの心温まるフォトストーリー•

次の