ケビン ランデルマン。 ケビン・ランデルマン

【2004年の格闘技】PRIDE史上に残る番狂わせ、ケビン・ランデルマンがミルコ・クロコップを一撃KO

ケビン ランデルマン

第5代世界王者。 出身であり、優れた身体能力をベースにした、弾丸のようなによる、そしてを得意とする。 スタンドの打撃(特に左)も強力で、であるやなどをスタンドのパンチでKOしている。 では驚異的な跳躍力を披露するパフォーマンスにあやかって リアル・と呼ばれた。 来歴 [ ] の11人兄弟の家庭に生まれる。 高校時代はレスリングで州王者になっている。 時代はディビジョン1の選手権で2度の優勝に輝いている。 総合格闘技 [ ] 師と仰ぐの勧めでにデビュー。 UFC [ ] 3月5日、UFC初戦となったでに判定勝利。 1999年5月7日、のUFC世界ヘビー級王座決定戦でと対戦し、1-2の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。 1999年11月19日、のUFC世界ヘビー級王座決定戦でと対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。 6月9日のではを判定で下し王座防衛に成功。 しかし、2000年11月17日に行われたとのタイトルマッチではパウンドでTKO負けを喫し王座陥落した。 PRIDE [ ] 参戦後3連勝したが、でに敗北。 さらにのワンマッチでにで一本負け。 4月25日、のヘビー級グランプリ1回戦でと対戦し、左フックでダウンを奪いパウンドでKO勝ち。 6月20日、の2回戦でPRIDEヘビー級王者のと対戦。 ヒョードルをで頭からマットに叩きつけたが、直後にで一本負け。 2004年12月31日、でミルコ・クロコップと再戦し、で一本負け。 リベンジを許した。 12月、肺の真菌性感染症のため左肺の手術を受け、しばらくの間、病院で闘病生活を送った。 10月21日、1年10か月ぶりの復帰戦となったでと対戦し、で一本負け。 試合後の薬物検査で偽の尿サンプルを提出したとしてから、1年以上の選手ライセンス停止処分を受けた。 初頭、感染症と腎臓のダメージのため、再び闘病生活を送った。 2007年8月、で飲酒運転、速度違反、無免許運転などの容疑で逮捕された。 戦極・Strikeforce [ ] 3月5日のにおいて、への参戦が発表された。 2008年5月18日、でと対戦し、判定勝ち。 4月25日、5年半付き合ってきた白人女性と結婚。 2009年6月6日、初参戦となったでと対戦し、判定負け。 2009年11月7日、でと対戦し、判定負け。 この試合から所属がTapout Training Facilityとなった。 5月15日、でと対戦し、チョークスリーパーで一本負け。 プロレス [ ] 11月17日にへ参戦して以来、総合格闘技と並行して活動も行っていた。 目標とするプロレスラーはで、スヌーカ同様に驚異的な跳躍力を生かした技を得意としていた。 2007年4月のシリーズに ランデルマンが登場、似のキンターマン、似のクロダーマンと組んで参戦。 勝利を呼び込んだ上で、モンスター軍への雇用を求めるもあっさり拒否された。 死去 [ ] 2016年2月12日に家族がランデルマンの死去をFacebookにて報告、死因は肺炎による心不全で、44歳の若さだった。 ヒョードルやミルコ、を始めたとした多くのファイターが追悼の意を表した。 2016年4月17日、で追悼セレモニーが行われた。 人物・エピソード [ ]• 卓越した身体能力から爆発力のある攻撃を繰り出す反面、試合運びや駆け引き等の面では脆さを見せ、本人も「俺はいつも最後にミスを犯す」と認めている。 ミルコに勝った時は大声を発しながら壁を叩き、ヒョードルに負けた時は机を殴るなど感情の起伏が激しい。 2009年に4年半練習してきたで青帯を取得。 本人はこのことについて「俺はUFCのベルトも持っているけど、今の俺にとってはこの青帯のほうが大事だよ」とコメントした。 Universal Vale Tudo Fighting 4 優勝(1996年)• 第5代世界王座(1999年) 脚注 [ ]• MMAWeekly. com 2007年3月16日• MMAWeekly. com 2007年2月18日• MMA WEEKLY 2007年8月16日• BoutReview 2008年3月5日• GBR 2009年11月5日• MMAPLANET 2009年6月7日• MMAPLANET 2010年5月16日• ENTIMPROTS. COM 2016年2月11日• Theresa TRose Randleman 2016年2月12日• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - Internet Archive• - のプロフィール (英語) 空位 前タイトル保持者 第5代世界王者 1999年11月19日 - 2000年11月17日 次王者.

次の

【2004年の格闘技】PRIDE史上に残る番狂わせ、ケビン・ランデルマンがミルコ・クロコップを一撃KO

ケビン ランデルマン

総合格闘家 2017. 29 格闘プリンス ケビン・ランデルマンが亡くなった理由はステロイド?! ケビン・ランデルマン プロフィール 生年月日:1971年8月10日 逝去:2016年2月11日(満44歳) 国籍:アメリカ合衆国 身長:178cm 階級:ミドル級、ライトヘビー級、ヘビー級 ニックネーム:「リアルドンキーコング」• 選手メモ ケビン・ランデルマンは日本やUFCで活躍したアメリカの元総合格闘家。 UFCの初期にはヘビー級の王者にもなっている。 PRIDE時代はミルコ・クロコップをKOしたり、ヒョードルに垂直落下式のスープレックスを食らわせて沸かせた。 破天荒なキャラクターでメディアが彼に近づくと暴走する狂暴な一面もある。 筋肉ムキムキの体つきや、その見た目からも「リアルドンキーコング」と呼ばれた。 マーク・コールマンとは師弟関係で、コールマンの愛弟子としても有名で、PRIDEでもランデルマンのセコンドにコールマンがよくついていた。 引退後は何をしていたのかはあまり日本で報道がなかったが、2016年2月に心不全で44歳の若さで亡くなった。 ミルコやヒョードルを追い込んだ PRIDE時代はトップファイターというわけではなかったが、2004年に開催されたヘビー級トーナメントを盛り上げた選手はランデルマンだろう。 今では伝説となっているグランプリ一回戦のミルコVSランデルマン。 今映像で見返してもこれほど豪快なKOシーンはこの10数年間で数えるくらいしか見たことがない。 あまり印象には残ってないが、2004年の大晦日にはミルコと再戦しており、その試合はミルコがあっさりとギロチンで勝利した。 この試合は2004年のヘビー級トーナメント2回戦の試合で、一回戦でミルコをKOにして勢いに乗るランデルマンと、一回戦でランデルマンの師匠コールマンから一本勝ちを収めたヒョードルの因縁対決となった。 序盤はランデルマンがスピードでヒョードルを翻弄し、ヒョードルのバックを奪うと、そのままぶん投げた。 が、上手く受け身を取られてその後はグラウンド状態で一方的にヒョードルに試合を進められて最後はあっさりと腕を取られて師匠コールマンと同様に一本負けをした。 不自然な肉体と逝去 ランデルマンといえば、不自然なほどムキムキの筋肉が印象的です。 当時は子供だった自分も将来はあんな肉体になりたいと憧れたものです。 ですが、ランデルマンにはドーピングをやっていた疑惑があります。 当時のPRIDEは現在のUFCほどドーピング検査が厳しかったわけではなさそうでしたが、ランデルマンはドーピング検査から逃亡したり、偽の尿(動物の)を提出したりしたという話もあります。 ドーピング検査に引っかかったわけではありませんが、検査を拒否したので怪しいというか、黒だと思われて仕方ないですね。 一部ではアナボリックステロイドの使用があったのでは?と噂されています。 アナボリックステロイドとは 簡単にいうと筋肉増強剤みたいなもので、服用するとひと目で違いが分かるくらいに筋肉がつきます。 ただし副作用があり、身体に異変が起きるともいわれています。 具体的にどのような副作用が起きるのかは個人差はありますが、ランデルマンが若くして心不全で急に亡くなるのはやはり不自然です。 アナボリックステロイドの副作用で免疫が低下していたのが原因では?と一部では噂されています。 真相は謎ですが、心不全で亡くなっているという報道なのであの肉体やドーピング検査逃亡の事実などもありますし、ステロイドを使ってたと思える節はありますね。 ちなみにアナボリックステロイドは日本での使用は今のところ違法ではありませんが、 アメリカのアスリートが使うと違法になることもあるようで、実際に禁固刑になった選手もいたようです。 一昔前はボディビルダーで普通に服用している選手もいました。 ボディビルの山本義徳氏はアナボリックステロイドの使用を認めており、特集でも使用しているシーンが放送されたこともあった。 基本的には危険性が高いので使用は進められませんが、肉体への探究心が強い人も多いので、一定数の需要は今後もあるでしょうね。 関連記事 ・ ・ ---スポンサーリンク---•

次の

【2004年の格闘技】PRIDE史上に残る番狂わせ、ケビン・ランデルマンがミルコ・クロコップを一撃KO

ケビン ランデルマン

第5代世界王者。 出身であり、優れた身体能力をベースにした、弾丸のようなによる、そしてを得意とする。 スタンドの打撃(特に左)も強力で、であるやなどをスタンドのパンチでKOしている。 では驚異的な跳躍力を披露するパフォーマンスにあやかって リアル・と呼ばれた。 来歴 [ ] の11人兄弟の家庭に生まれる。 高校時代はレスリングで州王者になっている。 時代はディビジョン1の選手権で2度の優勝に輝いている。 総合格闘技 [ ] 師と仰ぐの勧めでにデビュー。 UFC [ ] 3月5日、UFC初戦となったでに判定勝利。 1999年5月7日、のUFC世界ヘビー級王座決定戦でと対戦し、1-2の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。 1999年11月19日、のUFC世界ヘビー級王座決定戦でと対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。 6月9日のではを判定で下し王座防衛に成功。 しかし、2000年11月17日に行われたとのタイトルマッチではパウンドでTKO負けを喫し王座陥落した。 PRIDE [ ] 参戦後3連勝したが、でに敗北。 さらにのワンマッチでにで一本負け。 4月25日、のヘビー級グランプリ1回戦でと対戦し、左フックでダウンを奪いパウンドでKO勝ち。 6月20日、の2回戦でPRIDEヘビー級王者のと対戦。 ヒョードルをで頭からマットに叩きつけたが、直後にで一本負け。 2004年12月31日、でミルコ・クロコップと再戦し、で一本負け。 リベンジを許した。 12月、肺の真菌性感染症のため左肺の手術を受け、しばらくの間、病院で闘病生活を送った。 10月21日、1年10か月ぶりの復帰戦となったでと対戦し、で一本負け。 試合後の薬物検査で偽の尿サンプルを提出したとしてから、1年以上の選手ライセンス停止処分を受けた。 初頭、感染症と腎臓のダメージのため、再び闘病生活を送った。 2007年8月、で飲酒運転、速度違反、無免許運転などの容疑で逮捕された。 戦極・Strikeforce [ ] 3月5日のにおいて、への参戦が発表された。 2008年5月18日、でと対戦し、判定勝ち。 4月25日、5年半付き合ってきた白人女性と結婚。 2009年6月6日、初参戦となったでと対戦し、判定負け。 2009年11月7日、でと対戦し、判定負け。 この試合から所属がTapout Training Facilityとなった。 5月15日、でと対戦し、チョークスリーパーで一本負け。 プロレス [ ] 11月17日にへ参戦して以来、総合格闘技と並行して活動も行っていた。 目標とするプロレスラーはで、スヌーカ同様に驚異的な跳躍力を生かした技を得意としていた。 2007年4月のシリーズに ランデルマンが登場、似のキンターマン、似のクロダーマンと組んで参戦。 勝利を呼び込んだ上で、モンスター軍への雇用を求めるもあっさり拒否された。 死去 [ ] 2016年2月12日に家族がランデルマンの死去をFacebookにて報告、死因は肺炎による心不全で、44歳の若さだった。 ヒョードルやミルコ、を始めたとした多くのファイターが追悼の意を表した。 2016年4月17日、で追悼セレモニーが行われた。 人物・エピソード [ ]• 卓越した身体能力から爆発力のある攻撃を繰り出す反面、試合運びや駆け引き等の面では脆さを見せ、本人も「俺はいつも最後にミスを犯す」と認めている。 ミルコに勝った時は大声を発しながら壁を叩き、ヒョードルに負けた時は机を殴るなど感情の起伏が激しい。 2009年に4年半練習してきたで青帯を取得。 本人はこのことについて「俺はUFCのベルトも持っているけど、今の俺にとってはこの青帯のほうが大事だよ」とコメントした。 Universal Vale Tudo Fighting 4 優勝(1996年)• 第5代世界王座(1999年) 脚注 [ ]• MMAWeekly. com 2007年3月16日• MMAWeekly. com 2007年2月18日• MMA WEEKLY 2007年8月16日• BoutReview 2008年3月5日• GBR 2009年11月5日• MMAPLANET 2009年6月7日• MMAPLANET 2010年5月16日• ENTIMPROTS. COM 2016年2月11日• Theresa TRose Randleman 2016年2月12日• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - Internet Archive• - のプロフィール (英語) 空位 前タイトル保持者 第5代世界王者 1999年11月19日 - 2000年11月17日 次王者.

次の