さくら 歌詞。 「さくら さくら」の歌詞の意味は?

森山直太朗 さくら(独唱) 歌詞

さくら 歌詞

さくらについての歌の 超定番曲といってもいいほど広く愛されているの「さくら」。 春の季節になると日本国中の学校やボックスで歌われるの1つです。 胸がキュンとする切ないメロディーと情感あふれるそのは人の心を掴んで離しません。 この曲を聴くたびに出会いと別れを感じて思わず涙しまう方も多いでしょう。 今回はそんな春の「さくら」をお届けしたいと思います。 ミリオンセラーを記録した曲ですがミュージックビデオでも話題になりました。 森山直太郎本人とピアノ伴奏というだけのシンプルな構成。 余計な飾りがない単純な映像なのでの深さと重さがダイレクトに心の中に伝わってくるです。 数あるさくらについての曲の中でもトップテンに入る曲といっていいでしょうね。 「さくら」の歌詞 学校での卒業式のお別れだけではなく、会社等での別れも想像できるです。 別れなければいけない時期ですが、 再び会える日を待ち望んでいます。 今は別れで切なく悲しい気持ちですが、またお互いに成長して再会することを誓います。 非常に苦しいときには 笑顔で乗り越えるという気持ちも描写していますね。 君の笑顔で何度救われたでしょうか。 自分が落ち込んでいる時に友人に助けてもらったことがあるのでしょう。 そんな強い友人のように自分も頑張らなくてはいけないと決意をしていますね。 もう、離れ離れになってしまうので君の笑顔は見ることはできませんから、落ち込んだときは自分ひとりでなんとかしなくてはなりません。 別れる時期になって、友人の大切さを再認識しているのでしょう。 何十年たっても友達はいつまでも友達です。 瞳からあふれ出る涙によって景色が霞んで見えます。 もう、さよならの時間なのです。 この時間が永遠に続けばさよならしなくても済むのにと願っていることでしょう。 シンプルな歌詞ですがメロディーと相まって胸に染み渡ります。 別れの瞬間が近づいています。 胸の中は思い出で溢れ涙が止まりません。 切ない離別の時ですがいつもの笑顔でお互いを見送ります。 「いつか生まれ変わる瞬間」という言葉がでてきますがこれはどういった意味でしょうか。 まず1つは桜の花が舞い落ちてその生命が終わる。 そして桜は地面に還り、また新しい桜の養分となって生まれ変わります。 そんな自然の循環を綴った歌詞という解釈ができます。 そして2つ目は現世で出会った親友はいくら仲が良くても、死によっていつか必ずお別れをしなければなりません。 しかし、「運命の友人であれば来世でも生まれ変わって出会うことができる」ということも歌っているのではないでしょうか。 壮大な輪廻を感じさせる歌詞ですね。 「さくら」のMV.

次の

さくら、桜と名のつくおすすめソング特集!ランキング&歌詞&歌手紹介

さくら 歌詞

さくらについての歌の 超定番曲といってもいいほど広く愛されているの「さくら」。 春の季節になると日本国中の学校やボックスで歌われるの1つです。 胸がキュンとする切ないメロディーと情感あふれるそのは人の心を掴んで離しません。 この曲を聴くたびに出会いと別れを感じて思わず涙しまう方も多いでしょう。 今回はそんな春の「さくら」をお届けしたいと思います。 ミリオンセラーを記録した曲ですがミュージックビデオでも話題になりました。 森山直太郎本人とピアノ伴奏というだけのシンプルな構成。 余計な飾りがない単純な映像なのでの深さと重さがダイレクトに心の中に伝わってくるです。 数あるさくらについての曲の中でもトップテンに入る曲といっていいでしょうね。 「さくら」の歌詞 学校での卒業式のお別れだけではなく、会社等での別れも想像できるです。 別れなければいけない時期ですが、 再び会える日を待ち望んでいます。 今は別れで切なく悲しい気持ちですが、またお互いに成長して再会することを誓います。 非常に苦しいときには 笑顔で乗り越えるという気持ちも描写していますね。 君の笑顔で何度救われたでしょうか。 自分が落ち込んでいる時に友人に助けてもらったことがあるのでしょう。 そんな強い友人のように自分も頑張らなくてはいけないと決意をしていますね。 もう、離れ離れになってしまうので君の笑顔は見ることはできませんから、落ち込んだときは自分ひとりでなんとかしなくてはなりません。 別れる時期になって、友人の大切さを再認識しているのでしょう。 何十年たっても友達はいつまでも友達です。 瞳からあふれ出る涙によって景色が霞んで見えます。 もう、さよならの時間なのです。 この時間が永遠に続けばさよならしなくても済むのにと願っていることでしょう。 シンプルな歌詞ですがメロディーと相まって胸に染み渡ります。 別れの瞬間が近づいています。 胸の中は思い出で溢れ涙が止まりません。 切ない離別の時ですがいつもの笑顔でお互いを見送ります。 「いつか生まれ変わる瞬間」という言葉がでてきますがこれはどういった意味でしょうか。 まず1つは桜の花が舞い落ちてその生命が終わる。 そして桜は地面に還り、また新しい桜の養分となって生まれ変わります。 そんな自然の循環を綴った歌詞という解釈ができます。 そして2つ目は現世で出会った親友はいくら仲が良くても、死によっていつか必ずお別れをしなければなりません。 しかし、「運命の友人であれば来世でも生まれ変わって出会うことができる」ということも歌っているのではないでしょうか。 壮大な輪廻を感じさせる歌詞ですね。 「さくら」のMV.

次の

【さくら/森山直太朗】春ソングの定番!合唱などで歌う前に知りたい歌詞の意味全部教えます!コード譜あり

さくら 歌詞

さくらについての歌の 超定番曲といってもいいほど広く愛されているの「さくら」。 春の季節になると日本国中の学校やボックスで歌われるの1つです。 胸がキュンとする切ないメロディーと情感あふれるそのは人の心を掴んで離しません。 この曲を聴くたびに出会いと別れを感じて思わず涙しまう方も多いでしょう。 今回はそんな春の「さくら」をお届けしたいと思います。 ミリオンセラーを記録した曲ですがミュージックビデオでも話題になりました。 森山直太郎本人とピアノ伴奏というだけのシンプルな構成。 余計な飾りがない単純な映像なのでの深さと重さがダイレクトに心の中に伝わってくるです。 数あるさくらについての曲の中でもトップテンに入る曲といっていいでしょうね。 「さくら」の歌詞 学校での卒業式のお別れだけではなく、会社等での別れも想像できるです。 別れなければいけない時期ですが、 再び会える日を待ち望んでいます。 今は別れで切なく悲しい気持ちですが、またお互いに成長して再会することを誓います。 非常に苦しいときには 笑顔で乗り越えるという気持ちも描写していますね。 君の笑顔で何度救われたでしょうか。 自分が落ち込んでいる時に友人に助けてもらったことがあるのでしょう。 そんな強い友人のように自分も頑張らなくてはいけないと決意をしていますね。 もう、離れ離れになってしまうので君の笑顔は見ることはできませんから、落ち込んだときは自分ひとりでなんとかしなくてはなりません。 別れる時期になって、友人の大切さを再認識しているのでしょう。 何十年たっても友達はいつまでも友達です。 瞳からあふれ出る涙によって景色が霞んで見えます。 もう、さよならの時間なのです。 この時間が永遠に続けばさよならしなくても済むのにと願っていることでしょう。 シンプルな歌詞ですがメロディーと相まって胸に染み渡ります。 別れの瞬間が近づいています。 胸の中は思い出で溢れ涙が止まりません。 切ない離別の時ですがいつもの笑顔でお互いを見送ります。 「いつか生まれ変わる瞬間」という言葉がでてきますがこれはどういった意味でしょうか。 まず1つは桜の花が舞い落ちてその生命が終わる。 そして桜は地面に還り、また新しい桜の養分となって生まれ変わります。 そんな自然の循環を綴った歌詞という解釈ができます。 そして2つ目は現世で出会った親友はいくら仲が良くても、死によっていつか必ずお別れをしなければなりません。 しかし、「運命の友人であれば来世でも生まれ変わって出会うことができる」ということも歌っているのではないでしょうか。 壮大な輪廻を感じさせる歌詞ですね。 「さくら」のMV.

次の