小澤 征良。 小澤征爾長女・征良が極秘結婚!きっかけは父のがん闘病

小澤征爾は孫がいる?嫁・子供や家族を調査!名前の由来は?

小澤 征良

常に浮名を流してきた小澤征悦は結婚している? 世界的指揮者の小澤征爾の息子で俳優の小澤征悦(おざわ ゆきよし)。 端正なルックスのモテ男であり有名芸能人との熱愛報道が絶えない印象ですが…? 小澤征悦と聞いて頭に浮かぶのは、世界的指揮者として活躍を続ける小澤征爾だという人も少なくないかもしれません。 ウィーン国立歌劇場音楽監督を務め、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団などで指揮を振るっている世界の多くの音楽家から尊敬を集めている小澤征爾。 その小澤征爾の長男が日本や米国で俳優として活躍している小澤征悦です。 細かいプロフィールはこちら。 【小澤征悦の主な出演ドラマ】 女の勲章(フジテレビ) マッサージ探偵ジョー(テレビ東京) 花実のない森(テレビ東京) ヒトヤノトゲ〜獄の棘〜(WOWOW) 他多数 【小澤征悦の主な出演映画】 海よりもまだ深く 64(ロクヨン) The Forest 他多数 ちなみに、最後の映画『The Forest』は日本の青木ヶ原樹海を舞台にしたハリウッドのホラー映画ですが、小澤征悦もついに世界進出を果たしたことになります。 これから渡辺謙や真田広之と同じようにハリウッドの常連俳優になれるか期待がかかっています。 まさにA級のタレント性を持った両親から生まれた小澤征悦ですが、実姉の小澤征良もエッセイストとして活動しています。 そして、小澤征悦は帰国子女として日本での生活が始まり、成城学園初等学校、成城学園中学校高等学校、成城大学と一貫校を卒業しました。 小澤征悦は大学時代に米国ボストン大学に1年留学し、演劇を学んだそうです。 小澤征悦は24歳の時に大河ドラマ『徳川慶喜』で俳優デビュー 若手俳優のデビュー作は子供向けの戦隊特撮モノが多いですが、小澤征悦はいきなり1998年のNHK大河ドラマ『徳川慶喜』に沖田総司役で出演。 大学でしっかり演技の勉強をしてきたということでしょう。 俳優デビューを果たした小澤征悦は翌年に映画『豚の報い』で映画デビューも果たします。 その後も毎年ドラマと映画に出演を続けた小澤征悦は着々と演技力を磨きますが、小澤征悦が主演に抜擢されたのは意外と遅く、2013年のドラマ『POWER GAME〜パワーゲーム〜』です。 その後『TEAM -警視庁特別犯罪捜査本部-』『Dr. ナースエイド』などでも主演を務め、世間でよく知られるようになったため、小澤征悦は遅咲きの俳優と言えるでしょう。 小澤征悦は性格が良い? 小澤征悦の元カノには滝川クリステル、杏、MISIAなどの名前が 小澤征悦の元カノで筆頭に挙がるのは滝川クリステル。 まず小澤征悦が滝川クリステルとすでに結婚していて嫁になっている説は当然デマだとお分かりだと思いますが、それほど二人は結婚秒読みと言われていました。 小澤征悦と滝川クリステルの馴れ初めは2009年12月で、週刊誌により仲睦まじく手をつないでデートしているところを撮られて報道され熱愛が発覚しました。 そして小澤征悦と滝川クリステルは2013年末からは都内の高級マンションで同棲を始めたため、2013年中に結婚も秒読みと囁かれていました。 そして、2013年6月10日には、実際に日刊スポーツが小澤征悦と滝川クリステルが年内に結婚すると報じたのです。 それを裏付ける情報として、滝川クリステルが同棲を始めてすぐの頃に、アナウンサー仲間に小澤征悦との結婚の準備を始めていることを明かしていたと言われています。 アナウンサー仲間が昨年秋、滝川から直接「小澤さんと結婚したいと思っている。 あんなに私のことを思ってくれる人はいません」というのを聞いているという。 そして、挙式に向けて2人のスケジュールを調整しているというのが日刊スポーツの記事だ。 引用: 世間では小澤征悦と滝川クリステルは2013年末までに結婚するものだと思い込んでいたことでしょう。 しかし、その同棲も2014年末に止めてしまいます。 小澤征悦と滝川クリステルは仕事上の都合で破局した 結婚が囁かれるまで交際が発展した小澤征悦と滝川クリステルでしたが、仕事の都合により滝川クリステルの方から別れるように動いたと言われています。 滝川クリステルは世間で結婚秒読みとささやかれる中、週刊誌「女性自身」からの取材に対して以下のように応えています。 ご予定は? 「全然! 全然ないです。 1年前と)何も変わらずです」 すぐにうつむき加減で立ち去ろうとしつつ、苦笑しながら記者に答えてくれた。 お互い忙しいので、本当にそんな(結婚する)状態じゃないのかな」 引用: そして、このインタビューの約3ヶ月後に小澤征悦と滝川クリステルは同棲を解消し、破局へと向かってしまいます。 破局の理由は諸説あるようですが、週刊誌で言われていたのは、小澤征悦と滝川クリステルが破局した理由は同棲にあったという。 「お・も・て・な・し」の再ブレークが滝川クリステルと小澤征悦を引き離した? 2013年に2020年東京五輪招致活動のプレゼンテーションに抜擢された滝川クリステルは「お・も・て・な・し」が新語・流行語大賞で年間大賞を受賞しましたが、再ブレークを果たした滝川クリステルはCMや映画ナレーション、吹替など仕事が舞い込み多忙になったようで、小澤征悦とのすれ違いが起こり距離も遠くなってしまったのでしょうか? そして、小澤征悦側から滝川クリステルをフッた説としては、両親・小澤征爾と入江美樹が仕事優先的なパリジェンヌの生き方に心酔している滝川クリステルとの結婚に反対したというものです。 結局、小澤征悦と滝川クリステルの結婚はタイミングも思想も合わなかったということですね。 2009年5月に杏と交際が報じられた小澤征悦 小澤征悦は2009年5月から家族公認の下、杏との交際をしていると報じられましたが、その4ヶ月後に滝川クリステルとの8時間デートが報じられました。 小澤征悦は二股交際をしていたのでしょうか? 杏と言えば、2016年に俳優の東出昌大と結婚して双子を出産したことで世間を賑わせましたが、小澤征悦と滝川クリステルと三角関係にあったと報じられていました。 前述のとおり、2009年5月に滝川クリステルよりも先に小澤征悦との熱愛報道がされた杏。 そして9月に滝川クリステルと小澤征悦の8時間デートが報じられると、杏が略奪されたとして二股交際が報じられました。 しかし、2011年12月29日に再び杏が小澤征悦と密会食事デートを報じられて、奪還したと報じられます。 現在、ドラマ『最高の人生の終わり方』(TBS系)に出演中の杏(25)。 大河ドラマ『平清盛』にも出演するなど女優として絶好調の彼女だが、プライベートでも転機を迎えていた。 以前、交際が報じられた小澤征悦(37)との密会が目撃されていたのだ。 引用: これが真実なら小澤征悦に批難が集まるところですが、密会と言われた杏との食事には小澤征爾や入江美樹も参加していたようです。 「杏さんと征悦さんのグループには、征悦さんのお父さんで世界的な指揮者の小澤征爾さんと奥さんの入江美樹さんもいました。 征爾さんが音頭を取り、家族や親しい人を招いての食事会だったようです」(居合わせた客) 引用: さすがに小澤征悦が滝川クリステルと交際しているのに、小澤征爾と入江美樹が杏との交際を認めて一緒に食事などしないでしょう。 こうした経緯から、おそらく小澤征悦と杏は元々交際していたのではなく、小澤征爾と入江美樹を含めた家族での交流がされていたと見るのが普通だと思われます。 小澤征爾と小澤征悦は人格者だと言われ、友達のように仲の良い父子ということなので、家族ぐるみで付き合いがあっても不思議ではありません。 ちなみに、MISIAとの交際はデマのようで、確かな熱愛報道はされていなかったようですね。 関連記事 ・ 小澤征悦は結婚していて嫁がいる噂の真相 小澤征悦が実は結婚していて嫁がいるとの噂が飛び交っているようですが、現在も結婚しておらず独身のようです。 滝川クリステルとの交際の時に「結婚秒読み」などの報道があったため、小澤征悦は結婚しているという噂が流れてしまったようですが、実際に結婚しているという事実はないそうです。 まとめ 世界的指揮者・小澤征爾の長男、小澤征悦の彼女や結婚に関する情報についてご紹介してきました。 二股交際を報じられながらも、「滝川クリステルが略奪」「杏が奪還」と書かれるあたり、小澤征悦のモテぶりが伺えますね! 二股疑惑が悪者扱いされない男性タレントは小澤征悦くらいのものかもしれません。 40代になって油の乗った歳になった小澤征悦ですが、現在の熱愛は発覚していないようなので、次なる彼女の存在に注目が集まっています。

次の

小澤征悦の経歴とモテる理由|歴代彼女一覧や現在の彼女|父親や母親と姉に従兄が凄すぎる

小澤 征良

「ファミリーヒストリー」は、著名人の家族の歴史を本人に代わって日本国内外や関連人物へ徹底取材。 VTRと視聴する本人の感想を通して、アイデンティティや家族の絆を見つめるドキュメント番組です。 ファミリーヒストリー放送日時 12日 月曜19:30~ NHK総合 小澤征悦さんのファミリーヒストリー 小澤征悦さんのファミリーヒストリー、タイトルは「小澤征悦~謎だった曽祖父の行方 75年ぶりの真実~」というものです。 父は指揮者・小澤征爾 小澤征悦さん、お名前は「ゆきよし」と読みます。 征悦さんのお父さんは、世界的に有名な指揮者・小澤征爾(せいじ)さん。 若い時には文字通りバイクで世界に飛び出し、指揮の修行を重ねたエピソードは有名です。 母方は白系ロシア人 そんな立派な家系の祖先の中でこれまで謎だったのが、ロシア人である曽祖父であるピョートルさんの行方。 なんと、小澤さんの母方は白系ロシア人の家なので、小澤さんもハーフではないものの、ロシア人の流れを汲んでいるんですね。 ロシア人曽祖父ピョートルの行方は ピョートルは終戦直前、日本から中国・大連に向かい姿を消したというのですが、一体どこへ行ってしまったのか。 今回、番組ではロシア、カザフスタンを総力取材。 曽祖父のロシア革命まで遡ります。 75年を経て、わかる真実。 曽祖父の激動の歳月が、今明らかに! 旧満州に過ごした小澤家のエピソード また、父方・小澤家の旧満州での日々にも迫ります。 満州時代の祖父・開作の映像が、軍人・石原莞爾は、関東軍の司令部にいたそうです。 当時、石原が撮影した映像が、フィルムの中で見つかり、戦争に翻弄された家族の歳月が浮かび上がることになりました。 小澤征悦さん華麗なる小澤家の人々 小澤家はとにかく有名な方でいっぱいです。 小澤家の華麗な家系とその人々、プロフィールをご紹介しましょう。 小澤征爾 父 指揮者 2002-2003年のシーズンから2009-2010年のシーズンまでウィーン国立歌劇場音楽監督を務めた世界的な指揮者。 半世紀余りにわたって、世界的な活躍を続けてきました。 小澤征爾の奥さん、征悦さんの母は元モデルで女優の入江美樹(小澤・ベラ・イリーン)さんです。 小澤征良 妹 エッセイスト 小澤征悦の妹には小澤征良は(おざわ せいら)さん。 1971年12月29日アメリカサンフランシスコ生まれの、エッセイスト、女流作家です。 小沢健二 ミュージシャン いとこ ミュージシャンの小沢健二さんは、小澤征悦さんからは、いとこになるそうです。 学者の両親に生まれて東大卒。 オザケン、フリッパーズ・ギターのボーカル、としてメディアでの軽快かつ知的で余裕のある振る舞いやファッションが支持され、「渋谷系の王子様」と言われるまで人気を博しました。 滝川クリステルは元彼女 小澤征悦さんは、ここだけの話、小泉進次郎議員と結婚が決まった滝川クリステルさんの、前の交際相手、いわゆる元カレです。 小澤さんからみると、「元カノ」ですね。 小泉進次郎議員とも美男美女ですが、小沢征悦さんも負けていませんね。 しかも芸能人同士、なぜゴールインに至らなかったのか不思議です。 どうやら、小澤さんが、渡辺謙さんの娘の杏さんとも交際を始めてしまったとか。 二世タレントばかりのカップルですが、年代のせいでしょうか。 その後、1年半くらいは滝川さんと同棲、滝川が動物愛護団体を設立して忙しくなった辺りで、同棲は解消するも征悦さんとは、それまで通り会ったりされておられたようです。 しかし、今回はさすがに結婚、それも「でき婚」ですから、滝川さんはもちろん、小澤征悦さんにとっても、それも良い思い出となっていくのでしょうか。 出演者 【司会】今田耕司、池田伸子 【語り】余貴美子 「ファミリーヒストリー」は12日 月曜19:30~ NHK総合で放送です。 お見逃しなく!.

次の

小澤征爾と息子小澤征悦の家系・家族構成は?両親、子供、兄弟姉妹、華麗なる一族を紹介!

小澤 征良

入江美樹がモデルになったいきさつは、実は本人の意向ではなかったようです。 入江美樹の父親は不動産業を営み、母親は料理研究家です。 かなり裕福な家庭で育ち、家にはメイドもいました。 そして1958年、入江美樹がまだ14歳の時に、母親とメイドが冗談半分でモデルのオーディションに応募したのです。 応募したのはファッション雑誌『装苑』の募集でした。 『装苑』は1936年創刊のかなり歴史のある女性ファッション誌で、80年以上経った現在でも多くの女性に支持されています。 当時も絶大な人気だった『装苑』のモデル募集には、2000人もの人が応募しました。 その中で入江美樹は見事1位と勝ち取り、モデルデビューを果たしたのです。 入江美樹の美しさは、その当時群を抜いたものだったのでしょう。 デビュー後たちまち売れっ子モデルとなり、多くの雑誌の表紙を飾るようになりました。 実は入江美樹は、ロシア人と日本人のハーフなのです。 父親は白系 はっけい ロシア人で母親は日本人です。 白系ロシア人とは、白人のロシア人という意味ではありません。 ロシア革命後、ロシア国外に移り住んだ人々のことを表わします。 入江美樹の父親の家族は白系ロシア人の貴族の末裔で、中国に移り住みました。 その後、父親は大連で生まれ育ちました。 白系ロシア人には、ウクライナ系やポーランド系、ユダヤ系が多いといわれています。 そのため入江美樹のルーツもそのどれかから来ていると考えられます。 入江美樹の母親は日本人の料理研究家、入江麻木です。 著書の『バーブシカの宝石』の表紙に顔写真が載っていますが、母親もかなりの美人です。 入江美樹の美貌はそんな両親からきていたのでした。 現在はハーフタレントが多くなり、外国人風の容姿の有名人も珍しくないですが、当時はまだ少なかったでしょう。 ハーフ美女の入江美樹は日本のモデル界に衝撃を与えたのです。 入江美樹の夫は世界的に有名な指揮者・小澤征爾です。 小澤征爾はこれまで、日本人指揮者として異例の数々の名誉ある功績を残してきました。 世界へ羽ばたくことになった大きな転換点は、1973年にアメリカ5大オーケストラのひとつであるボストン交響楽団の音楽監督に選ばれたことです。 日本人指揮者の演奏が国際的に認められたのも初めてのことでした。 その後もウィーン・フィル管弦楽団やベルリン・フィルハーモニー管弦楽団などのヨーロッパでの活動も増えていきました。 そして2002年にはウィーン国立歌劇場音楽監督に就任し、世界レベルのオペラ音楽も手掛けるようになりました。 そんな世界的偉人の小澤征爾と入江美樹はどのように出会ったのでしょうか。 出会いのきっかけはあるパーティーだったようです。 他にも岡田真澄などの芸能人も出席していたパーティーでした。 世界的に有名な指揮者とはいえ、どうやって人気のある美人ハーフモデルの入江美樹と結婚できたのでしょうか。 それにはまず入江美樹の父親と親交を持つようになったようです。 その後入江美樹との仲を深めていきました。 そして二人は1968年に結婚しました。 二人の仲人を務めたのは森英恵夫妻です。 森英恵は「ハナエ・モリ」のブランドを手掛ける有名なファッションデザイナーです。 孫にモデルの森泉がいることでも知られています。 こうした交友関係もあってか、入江美樹は結婚後デザイナーとして活動を始め、小澤ヴェラという名前を名乗っています。 そしてレディスブランド「ザ・ギンザ・バイ・ミズ・ヴェラ」を立ち上げました。 このように入江美樹と小澤征爾は結婚後も夫婦それぞれ才能を発揮しつつ活動を続けていきました。 美人ハーフモデル・入江美樹との電撃婚が話題になった小澤征爾ですが、実は離婚歴がありました。 最初の結婚ではピアニストの江戸京子を妻に迎えました。 前妻・江戸京子の父親は、三井不動産の社長・江戸英雄です。 大財閥の娘ということで、現在でいう逆玉の輿結婚でした。 江戸英雄は小澤征爾の音楽家としての才能を高く評価しており、かなり援助していたようです。 しかし二人の結婚には「娘は気が強く、個性が強すぎる」といって反対していました。 他にも音楽家同士の結婚はうまくいかないという声もありましたが、周囲の反対を押し切って二人は結婚します。 小澤征爾と江戸京子は同じ音楽家として切磋琢磨していこうと考えていたようです。 しかし小澤征爾の仕事が忙しくなるにつれて江戸京子が尽くす形になっていきました。 江戸京子は大好きなピアニストとしての仕事をセーブしなくてはなりません。 そのうえ、小澤征爾は仕事で音楽漬けのため、家では何も聞かず体を休めたいのでピアノをひくなと言います。 仕事も十分できず、家ですら自由に好きなピアノがひけなくて、江戸京子のストレスは膨らんでいったのではないでしょうか。 さらに、小澤征爾と江戸京子の育った家庭環境の違いも、二人のすれ違いを広げる要因になったようです。 その結果、周囲の予想通り小澤征爾と江戸京子は離婚することになりました。 世間からは財産目当ての結婚だったとかなり非難されました。 しかし、江戸京子の父・江戸英雄は引き続き音楽家・小澤征爾として応援していきたいと温かい言葉を送りました。 結局江戸京子との結婚生活は数年で離婚に至りました。 しかし離婚と同時に人脈までも失うということがなかったのは、小澤征爾の才能と人柄の賜物でしょう。 入江美樹と小澤征爾の間に生まれた二人目の子供は、小澤征悦です。 現在45歳で、数々のドラマや映画に出演し、コメンテーターやナビゲーターなどマルチな活躍をしている俳優です。 幼少期をアメリカで過ごし、大学時代には演劇を学びに留学もしているので英語も堪能です。 ハリウッド作品にも出演していました。 そんな人気俳優の小澤征悦は、さまざまな女性との噂がありました。 中でも滝川クリステルとは間もなく結婚とまで言われていましたが、結局破局に終わりました。 他にも女優の杏とも熱意が報道されましたが、結婚には至りませんでした。 小澤征悦はかなり女性にモテるようですが、現在も結婚していません。 小澤征悦も小澤征良も、目元がぱっちりしていて母親の入江美樹に似ています。 頬骨のあたりの骨格は父親の小澤征爾譲りであることがわかります。 実は、入江美樹の夫・小澤征爾の親族の中には意外な人物がいます。 シンガーソングライターの小沢健二です。 小沢健二は『カローラ2に乗って』などのヒット曲で有名になり、「オザケン」の愛称で親しまれ人気になりました。 小沢健二は、小澤征爾の甥にあたります。 小澤征爾のすぐ上の兄の息子なのです。 小沢健二は東大卒の経歴を持つ秀才としても知られています。 その小沢健二の父親はドイツ文学者なので、納得の血筋といえるでしょう。 小澤征爾には他に、彫刻家の兄とエッセイストの弟がいます。 小澤征爾の家系は兄弟そろって才能豊かで優秀な人ばかりなのでした。 小沢健二もその血統を継いでおり、一時はカリスマ的存在として人気を得ていました。 小沢健二はそんな人気絶頂の中、突然ニューヨークへ移住し活動を休止しました。 しかし2017年には19年ぶりにシングルを発売し、活動を再開させています。 小澤征爾の父親は小澤開作です。 小澤開作は貧しい農家で育ちましたが、歯医者で働きながら学業に励み歯科医師になります。 その後歯科医として働きながら、政治活動に携わるようになります。 当時アジアの多くの国はヨーロッパの植民地にされていました。 そのため、欧州諸国に立ち向かうにはアジアの各国が協力する必要があるという思想を抱いていました。 そして「満州青年連盟」を結成し、満州国創設に携わりました。 そのため小澤征爾も満州で生まれています。 そのときの小澤開作の同志である、石原莞爾と板垣征四郎の二人から一文字ずつとって「征爾」という名がつけられました。 この二人は満州事変に関わった歴史上の人物として知られています。 世界的な指揮者を生み出した父親も、世界を股にかけて活躍していた人物だったのです。 入江美樹は小澤征爾との結婚後、モデルとしての活動はしなくなり、表舞台から姿を消していました。 しかし、すっかり家庭に入って専業主婦になったわけではありません。 モデルとしての経験を生かし自身のブランドを立ち上げ、ファッションデザイナーとして活動するようになったのです。 入江美樹が手掛けたのは「ザ・ギンザ・バイ・ミズ・ヴェラ」という高級感ある大人の女性を対象にしたブランドです。 モデルとしてファッションリーダーの役割から、今度はファッションを創造し、発信する側になりました。 ロシア人とのハーフであることも、センスの独創性にプラスになったかもしれません。 こうして入江美樹は、世界的な指揮者の夫・小澤征爾を支えつつ、海外での子育てにも励みながら、自分自身のビジネスにも果敢に取り組んだのです。 入江美樹の生き方は、現在の働きながら家庭を守っている女性に励みを与えるでしょう。 小澤征爾ほどの多忙な夫を持ちながら、自分の人生もしっかりと確立していたのです。 これには母親の入江麻木の影響もあるかもしれません。 入江麻木は白系ロシアの貴族の家に嫁ぎ、異文化のしきたりに慣れるのに苦労しました。 しかしそこで学んだロシアの家庭料理などから、料理研究家としての人生を切り開いていったのです。 入江麻木の料理本は現在でも人気があり、また本人が書いたエッセイからも、強い女性としての生き方に感化される人が多いようです。 そんな母親の姿も、入江美樹に大きな影響を与えていたに違いありません。 74歳という年齢になった現在は、芸能活動やデザイナーとしての活動は引退しているようです。 入江美樹と小澤征爾は離婚したのではという噂もあったようですが、ネット上では子供たちと一緒に写っている写真が見られるので事実ではないようです。 ひとつの写真では、小澤征爾の顔が大きく描かれた壁画の前で夫婦が並び、両脇に子供の小澤征良と小澤征悦、そして小澤征良の娘と思われる子供も写っています。 そうした写真からも、仲睦まじい家族の様子が伺えます。 小澤征爾と小澤征悦が番組で共演しているときの写真も見ることができます。 ある番組で小澤征爾は、子供たちとは仲が良いことを語っています。 子供や孫、家族が集まれることが一番幸せとも述べており、良い父親としての顔をのぞかせています。 そうした温かい家族に囲まれて、入江美樹も穏やかに年齢を重ねている様子が写真からも伺えます。

次の