この 両手 から こぼれ そう な ほど 歌。 Liar

何年経っても色褪せない!日本昭和歌謡曲の名曲ランキングを徹底紹介

この 両手 から こぼれ そう な ほど 歌

俺が、ずっと思ってることを話そうか。 「メンバー」なんて特別な関係じゃなくても、「友達」に戻れるならそれでいい。 お前らが、それでいいなら、俺はそれでいい。 …なんて、嘘。 本当は、ずっとずっと一緒にいたいんだ。 うそつきの俺が吐いた、はんたいことばの愛のうた。 この両手からこぼれそうなほどお前らにもらった愛は、どこに捨てようか。 限りある消耗品なんて、俺はいらないよ。 [newpage]。 この両手からあふれるほど、「みんな」からもらった愛は、どこに捨てようか。 限りある消耗品なんて、私はいらないよ。 だから、捨てないんだ。 捨てられないんだ。 もう、デッキにかけるたびに千切れていってしまうライブビデオ1本でも、捨てられないんだ。 [newpage] 俺が、ずっと前から思ってたことを話そうか。 この先「SMAP」がどうなっていくのか、だんだん見えてきていた。 想像もしたくないのに、「言葉」だけが、どんどん進むんだ。 俺が知らないことがあっても仕方ないとは思う。 でも、気が狂いそうなんだ。 俺はまだ「SMAP」を捨てられない。 言葉の裏の裏が見えるまで、待つくらいいいじゃないか。 いつまでだって待つさ。 それで大切な「SMAP」が戻ってくるのなら。 [newpage] 私には、まだわからずに捨てるあてもないんだ。 言葉の裏の裏が見えるまで待つからね。 待つくらいいいじゃない。 ずっと、待つよ。 [newpage] [chapter:あとがき] 「天ノ弱」を初めて聞いた時から、中居さんの歌に聞こえて仕方なくて、 どう文章にしようか、時々考えて、いざ書いたら30分でした。 千切れたライブビデオを捨てられないのは、私です。 今日、「新しい地図」から、バースデーカードが届きました。 去年は、もうSMAPないから…って思って、公式見てなくて、「最後」の「HAPPY BIRTHDAY」聞けなかったので その分もプラスして、うれしいです。 家から一番近いCDショップでは、舞祭組のCDの、一番安いのだけ、すぐ売り切れます。 …多分、中居さんのファンだよね^^.

次の

☆歌の歌詞☆

この 両手 から こぼれ そう な ほど 歌

ニースとマシューは、ほとんど言葉を交わす事なく、数日を過ごした。 ニースは夜もなかなか寝付けず、ベッドの中で眠くなるのを待つ日が続いた。 微かな月明かりが、カーテンの隙間からこぼれ落ちる。 眠れぬまま考え続けていたニースは、焦りを感じて目を開いた。 リンドたちが来ちゃう……。 ニースは気持ちを落ち付けようとベッドを抜け出し、上着とランプを手に部屋を出た。 日中はポカポカと暖かい春の陽気だが、夜はまだまだ冷える。 玄関扉を静かに開けると、冷んやりとした空気が上着越しに感じられ、ニースは小さく、ぷるりと震えた。 庭では、犬小屋からシェリーが顔を出していた。 ニースは人差し指を口に当て、静かにするよう、シェリーに頼んだ。 シェリーは心得たとばかりに、わんと……吠えようとしてやめると、尻尾を振って、ニースのそばへとやってきた。 ニースはシェリーをひと撫でし、庭へ降りると、鳥の巣箱がくくりつけられた大木の下へ、腰を下ろした。 夜露に濡れた草はしっとりと冷たく感じられ、寄り添うように伏せたシェリーの温もりが、ニースには心地よかった。 ランプをそっと木の根元に置くと、シェリーの背を優しく撫でながら、ニースは膝を抱えて空を見上げた。 空は広く、星は数え切れないほど輝いていた。 春の夜空は柔らかな空気を纏い、星々の瞬きも冬の頃より落ち着いて見える。 二つある月はどちらも細く小さな三日月で、ほんのりとした月の光と、ゆらゆら揺れる小さなランプの光以外、一人と一匹を照らすものはない。 ニースの目には、心なしかいつもより星の数が多く見えた。 ため息を吐き、ぼんやりと星空を眺めていたニースは、背後から近付く足音に気が付き、振り向いた。 夜闇の中、慣れた足取りで、マシューが湯気の立つマグカップを二つ持ち、歩いていた。 マシューは、ニースが外に出たのに気付き、ヤギ乳を温めて持ってきたのだった。 「ニース。 眠れないのか」 「うん。 おじいちゃんも?」 「ああ。 わしもだ」 マシューはカップを手渡すと、シェリーを挟んでニースの隣へ腰を下ろした。 シェリーが尻尾をパタパタ振って、マシューの顔を見上げた。 マシューは、シェリーの首すじを優しく撫でた。 ニースは、温かなカップを両手で包み込むように持った。 カップからほかほかと立ち上る湯気をじっと見つめると、ふーっと息を吐いて湯気を飛ばす。 白い湯気はニースの吐息に乗って、柔らかな春の夜気に紛れて消えた。 ニースは、手を伝う温かなカップの温もりに目を細めた。 少しずつカップに口をつけるニースを見て、マシューは、ふっと笑みを浮かべた。 マシューは目を伏せ、ふぅと息を小さく吐くと、夜空を見上げた。 「なあ、ニース。 お前さんは、わしと最初に野宿した晩を覚えているか?」 マシューは星空を眺めながら、ニースに問いかけた。 ニースも、マシューの視線を追って空を見上げた。 「うん。 覚えてるよ。 あの日の晩も、ぼくは眠れなくて、おじいちゃんに話をねだったんだ」 「ああ、そうだな。 あの夜、ニースが初めてわしを お ( ・ ) じ ( ・ ) い ( ・ ) ち ( ・ ) ゃ ( ・ ) ん ( ・ )と呼んでくれたなぁ」 マシューは、その時のことを思い出したように、頬をゆるめた。 「わしはな、ニース。 お前さんが、どんな道を行こうとも、お前さんの お ( ・ ) じ ( ・ ) い ( ・ ) ち ( ・ ) ゃ ( ・ ) ん ( ・ )だぞ」 ニースは目を、パチリとひとつ瞬き、マシューに目を向けた。 マシューは、じっと星空を見つめ、話を続けた。 「お前さんがもし残ってくれるなら、これほど嬉しいことはない。 リンドたちが帰ってきても、わしの一番大好きな孫はニースだよ。 滅多に会わなかったリンドの子より、こうして一緒に暮らしたニースの方が、何倍も大事な孫なんだ」 マシューは、ふっと笑みをこぼすと、ニースの顔を見た。 ニースの黒い肌は夜闇に混ざり見え難かったが、吸い込まれそうな黒い瞳は、星の煌めきのようにキラキラと輝いて見えた。 「もしも、もしもだ、ニース。 お前さんが、旅に出ると決めたなら……。 お前さんが帰るまで、わしは生きておれんかもしれん。 だがそれでもな、たとえどんなに遠く離れていても、もう二度と会えなくても、お前さんは、わしの大切な孫だ。 どこかでお前さんが楽しく歌を歌っていてくれるなら、それでいいと、わしは思う」 マシューは、くしゃっと顔を歪めると、また星空に目を向けた。 マシューの目にはうっすらと涙が溜まっていた。 ニースは、マシューの言葉を噛みしめるように、瞳を閉じた。 おじいちゃんが、ぼくを見なくなっちゃうかもなんて。 バカだな、ぼくは……。 ゆっくり目を開けると、ニースは空を見上げた。 ぼくが本気でしたいことを、ちゃんと伝えなくちゃ。 おじいちゃんは、ぼくの大切な家族で、一番の味方なんだから。 ニースは自分の気持ちを確かめようと、星を見ながら口を開いた。 ニースの口からは、言葉ではなく、歌がこぼれていた。 春の夜空に、歌声が響く。 透き通った歌声は、寂しく、切なく、しかし慈しむような暖かさを含んだ歌声だった。 マシューは驚いたが、ふっと笑みをこぼすと、ヤギ乳をぐいと飲んだ。 白い温もりが喉を伝って、腹の底からマシューを温めた。 マシューは飲み干したカップを木の根元に置くと、ニースの歌に耳を澄ました。 ニースは歌い終えると、カップに口を付け、ついと一口飲んだ。 温もりを含んだ息を吐くと、ニースの息は白い靄を形作り、すぐに解けて消えた。 ニースはゆっくり飲み干し、カップを傍らへ置いた。 ニースはそのまま俯き、膝を両手でぎゅっと抱え込んだ。 「ねぇ、おじいちゃん。 ぼくね、リンドが……お母さんたちが来たら、おじいちゃんを取られちゃいそうで、怖かったんだ」 「……そうか」 マシューはじっと星空を見つめたまま、静かに答えた。 ニースは、若草についた夜露が落ちていくのを見つめながら、話を続けた。 「でも、違ったね。 ぼく、間違ってた。 お母さんたちがこっちへ来ても、おじいちゃんは、ぼくのおじいちゃんのままだ」 ニースは力強く言うと、にっこり微笑み、星空を見上げた。 「ぼくね、歌が好きだよ。 歌の力なんか関係なしに、歌を歌うのが好きなんだ」 マシューは、ニースの横顔に優しい眼差しを向けた。 「ああ、そうだな。 わしもお前さんの歌が好きだよ」 ニースは星空を見上げたまま、話を続けた。 「ぼくね、歌の力を取り戻したいのかは、本当のところよく分からないんだ。 でも、メグたちと一緒に舞台で歌ったのは、すごく……すごく楽しかった。 色んな人や色んな楽器と合わせて歌うのが、こんなに楽しいなんて思わなかった。 世界って広いんだって、ぼく思ったんだ」 ニースの脳裏には、先日の広場での公演がありありと思い出されていた。 舞台に立つ直前の緊張感。 自分の歌声に合わせて舞う、メグの美しい姿。 即興で、バイオリンやオルガンと合わせて歌った高揚感。 たくさんの拍手を浴びて感じた達成感……。 ニースは胸に込み上がる想いを掴むように、きゅっと拳を握りしめ、マシューと向き合った。 「おじいちゃん、ごめんなさい。 ぼく、おじいちゃんのこと大好きだし、離れたくない。 でも、歌をもっと、たくさん歌いたい」 マシューは、返事をしなかった。 ただ、優しく目を細めて、ニースをしっかり見つめていた。 ニースの目には、うっすらと涙が滲んでいた。 「もう、二度と、おじいちゃんと会えないのかもしれない。 学校での勉強が何年かかるのかわからないし、歌の力を取り戻した後、自分がどうしたいのかもわからない。 でも、ぼくはそれでも歌いたい」 マシューは、ゆっくりと頷くと、ニースの頭を優しく撫でた。 ニースの目から、ぽろりと一粒、涙がこぼれた。 「ぼく、父さまに……伯爵さまに剣を向けられて、ずっと怖かった。 悲しかった。 でも、おじいちゃんと出会って、また歌を好きになって、マーサおばさんやウスコさんや、町のみんなと出会って、もっと歌を好きになった」 「ああ、そうだな」 「そして、メグたちと出会って、もっともっと、歌を好きになった。 外の世界には、もっとたくさんの楽しい歌い方がある気がするんだ」 ニースは、頭を優しく撫でるマシューの手を取ると、マシューの目をじっと見つめた。 ニースの目からこぼれた涙が頬を伝って落ち、草の上を跳ねた。 「おじいちゃん。 ぼくに歌う楽しさを思い出させてくれて、ありがとう。 ……ぼく、旅に出るよ」 ニースは、言い終わると同時に、マシューの胸へ飛び込んだ。 ニースは、涙で頬を濡らしながら、マシューへしがみつくと、わっと声をあげて泣いた。 マシューは、夜闇に溶けてしまいそうなほど黒いニースの髪をひと撫ですると、しっかりとニースの身体を抱きしめ、優しく背を撫でた。 シェリーが、さりげなく身体を寄せ、涙をこぼすニースの膝へ顎を乗せた。 静かな春の夜に、すすり泣く声が響く。 涙はニースの目からだけでなく、マシューの目からもこぼれていた。 空には、まだ昇りきらない細く弧を描く三日月が、二つ並んでいた。 寄り添う二人のように並ぶ月の下を、ついと星がひとつ、涙のように流れていった。

次の

何年経っても色褪せない!日本昭和歌謡曲の名曲ランキングを徹底紹介

この 両手 から こぼれ そう な ほど 歌

俺が、ずっと思ってることを話そうか。 「メンバー」なんて特別な関係じゃなくても、「友達」に戻れるならそれでいい。 お前らが、それでいいなら、俺はそれでいい。 …なんて、嘘。 本当は、ずっとずっと一緒にいたいんだ。 うそつきの俺が吐いた、はんたいことばの愛のうた。 この両手からこぼれそうなほどお前らにもらった愛は、どこに捨てようか。 限りある消耗品なんて、俺はいらないよ。 [newpage]。 この両手からあふれるほど、「みんな」からもらった愛は、どこに捨てようか。 限りある消耗品なんて、私はいらないよ。 だから、捨てないんだ。 捨てられないんだ。 もう、デッキにかけるたびに千切れていってしまうライブビデオ1本でも、捨てられないんだ。 [newpage] 俺が、ずっと前から思ってたことを話そうか。 この先「SMAP」がどうなっていくのか、だんだん見えてきていた。 想像もしたくないのに、「言葉」だけが、どんどん進むんだ。 俺が知らないことがあっても仕方ないとは思う。 でも、気が狂いそうなんだ。 俺はまだ「SMAP」を捨てられない。 言葉の裏の裏が見えるまで、待つくらいいいじゃないか。 いつまでだって待つさ。 それで大切な「SMAP」が戻ってくるのなら。 [newpage] 私には、まだわからずに捨てるあてもないんだ。 言葉の裏の裏が見えるまで待つからね。 待つくらいいいじゃない。 ずっと、待つよ。 [newpage] [chapter:あとがき] 「天ノ弱」を初めて聞いた時から、中居さんの歌に聞こえて仕方なくて、 どう文章にしようか、時々考えて、いざ書いたら30分でした。 千切れたライブビデオを捨てられないのは、私です。 今日、「新しい地図」から、バースデーカードが届きました。 去年は、もうSMAPないから…って思って、公式見てなくて、「最後」の「HAPPY BIRTHDAY」聞けなかったので その分もプラスして、うれしいです。 家から一番近いCDショップでは、舞祭組のCDの、一番安いのだけ、すぐ売り切れます。 …多分、中居さんのファンだよね^^.

次の