平原綾香 威風堂々。 エルガー「威風堂々」の楽譜とmidiやmp3試聴と無料ダウンロード

威風堂々

平原綾香 威風堂々

この作品は彼女がライフワークとして発表してきた、クラシックに歌詞をつけてカバーする「my Classics」シリーズ全3作から楽曲をセレクトしたもの。 さらに、昨年10月に東京・Bunkamuraオーチャードホールで行われた「AYAKA HIRAHARA 10th Anniversary CONCERT TOUR 2013 ~Dear Jupiter~」ツアーファイナルでの、「ノクターン」のライブテイクといった初CD化音源なども収録される。 またハイレゾ音源配信サイト・e-onkyo musicでは本日6月4日より、2009年に発売されたシリーズ第1弾「my Classics! 」のハイレゾ配信を開始。 平原にとって初のハイレゾ音源となるこの作品は、ビクタースタジオが誇るデジタル音質向上技術「K2HDプロセッシング」を用い、マスタリングエンジニアの袴田剛史の手によりマスタリングされた音源となる。 全曲生楽器を主体に編曲された今作は、ハイレゾの生々しさを十分に感じることができる作品になっている。 平原綾香「my Classics selection」収録曲 01. 威風堂々 02. 春~La Primavera! 03. 大きな木の下 04. Moldau 05. ラブ・ラブソディー 06. Ave Maria!~シューベルト~ 07. CARMEN~Je taime! ~ 08. くまんばちの飛行-Live on Oct. 2,2011- 09. 仮面舞踏会 10. JOYFUL,JOYFUL 11. シェヘラザード 12. 別れの曲 13. ノクターン-Live on Oct. 6,2013- 14. Jupiter 15. 新世界 16. LOVE STORY交響曲第9番 第3楽章 17. The Voice ~"Jupiter" English Version~(ボーナストラック) 平原綾香「my Classics! 」収録曲 01. pavane~亡き王女のためのパヴァーヌ 02. ミオ・アモーレ 03. カンパニュラの恋 04. ロミオとジュリエット 05. シェヘラザード 06. Moldau 07. 仮面舞踏会 08. AVE MARIA 09. 新世界 10. シチリアーナ 11. ノクターン 12. Jupiter.

次の

news.adventure.travel: 威風堂々/JOYFUL JOYFUL: 音楽

平原綾香 威風堂々

「 ケロパック」は、の22枚目の。 概要 [ ] 表題曲「ケロパック」は作曲のバレエ音楽『』の一曲「トレパック」をアレンジした楽曲であり、『』主題歌となっている。 平原がタイアップを依頼された経緯は、デビュー曲「」のヒットにより平原がスポーツ紙にて「宇宙の歌姫」と紹介されていたことで、が平原を宇宙人だと勘違いし、力を合わせて地球を侵略するため劇場版の主題歌を歌ってほしいと平原にラブコールを送った、というものである。 これを受けてBARKSの記事では本CDを「地球(ペコポン)侵略用CD」と紹介している。 平原にとって「トレパック」は、クラシックバレエを習っていた時に最後のステージで踊った曲ということで思い入れの強い曲であり、タイアップの依頼が来た時にすぐに同曲が浮かんだという。 「ケロパック」の歌詞は平原が同映画のを見ながら作詞しており、友人家族の大切さ、大切なこと、諦めないことについて書いたものである。 「ケロロがいつも教えてくれることを歌詞にした」と平原は語っている。 また、初めてなどを盛り込んだ新しい方法の表現にも挑戦しており 、「これまでの彼女のクラシックカバーになかったコミカルな曲調に仕上がっている」との記事では評されている。 カップリング曲の「Spain」はアメリカのピアニストであるの「」をカバーした楽曲である。 編曲としてクレジットされている岡田治郎は平原の大学の師であり、楽曲のベースを担当している。 本曲が誕生したのは、岡田に薦められたアルバム『PLAY』に収録されていた「スペイン」を気に入った平原が岡田にカバーを提案したことがきっかけであり、平原は同曲でに挑戦している。 ボイスパーカッションについて平原は、ファンクラブイベントで隠し芸を披露したくて挑戦したと語っている。 「Spain」を本シングルに収録した理由について、平原は2つ語っている。 1つはファンクラブイベントにて、ある子供にボイスパーカッションのやり方について質問されたことで、『ケロロ軍曹』を観ている子供たちが聴けばボイスパーカッションに興味を持つのではないか、と思ったためである。 もう1つは、「スペイン」の冒頭に「」のフレーズが用いられており、同じくクラシックとのつながりがある「ケロパック」のカップリングとしてふさわしいのではないかと思ったためである。 CDの初回生産分の巻帯ステッカーには、平原自身をモチーフにしたケロン人キャラクター「ヒララ」が描かれている。 この「ヒララ」は、のちに映画の原作である漫画『』の第169話(第21巻に収録)にも登場している。 原作漫画第29巻第250話では、『超劇場版ケロロ軍曹 誕生! 究極ケロロ 奇跡の時空島であります!! 』 正確には上記第169話 の後日談が描かれ、「ケロパック」の歌詞も載せられている。 収録曲 [ ]• ケロパック〜バレエ組曲「」より トレパック(ロシアの踊り)〜• 作詞:平原綾香/作曲:/編曲:• 作曲:/編曲:岡田治郎• ケロパック• 編曲:平沢敦士• ケロパック 脚注 [ ] [].

次の

平原綾香 my Classics2 2010.06.09発売

平原綾香 威風堂々

エルガーの友人でもあったロードウォルドとリヴァプールの管弦楽団に捧げられたもの。 イギリスでは第二の国家『希望と栄光の国』として親しまれている。 「私は音楽家の仕事というのは、昔で言えば吟遊詩人のようなものだと思う。 群集の前で歌を唄うことによって活気づけたりしたものだ。 今ではそのように音楽で何かを祝いたいと思っている人が多くいる。 だから私は曲を作る」と語ったエルガーの「愛」「友情」「誠実」を湛えた意志を汲むように、新たなる旅立ちを迎えた若者の背中を押すエールを送る曲となった。 壮麗にして堂々としたその響きは、時空を越えて彼女にエルガーが伝えてきたメッセージだ。 幸いにも憧れのアビー・ロード・スタジオを見学する機会がありました。 スタジオの階段に大きな写真が飾られていて、その中に偶然エルガーさんを見つけました!1931年、竣工式に来賓として招かれていた時の堂々とした写真でした。 私はびっくりしました・・・日本を発つ前にこの曲のオケと仮歌をレコーディングした直後だったからです。 帰国し、まだ興奮冷めやらぬ内に、色々な事を考えながら歌入れを行いました。 威風堂々には、あの有名なメロディーだけでなく、かっこいいメロディーがたくさんあります。 「威風堂々」はよく卒業式で演奏される曲。 学校や、仕事で夢に向かって突き進んでいる人への応援歌です。 またこの作品に取り掛かる少し前、全日本ラグビー協会主催映画「インビクタス」の特別試写会に行く機会があり、数年前には秩父の宮ラグビー場での日本vsイタリアの試合に先立って、国歌を歌う機会にも恵まれました。 あらゆるスポーツ、あらゆる試合に臨む選手達への私からの熱い応援歌でもあります。 今を一生懸命生きている人にぜひ聴いて欲しい曲です。 ベートーヴェンの交響曲第9番の第4楽章の主題旋律「歓喜の歌」に新たな英語の歌詞を付けたものとして知られている。 ベートーヴェンがシラーの詞『歓喜に寄す』に感動し、曲をつけようと思い立ったのは1792年ベートーヴェン22歳の時で ある。 永きに亘って構想を温め、初稿が完成したのは1824年のことである。 古典 派の魅力を湛え、ロマン派の扉をひらいたこの名曲は、形を変えゴスペルソング としてもベートーヴェンの魂を繋いで来た。 平原綾香の歌手としての道を開くきっかけとなった1曲である。 私の思い入れのある原点の曲です。 デビューのきっかけをくれたこの曲も、デビューシングル曲もクラシック。 思えば、昔から知らず知らずのうちにクラシックに支えられて来ていたんですね。 レコーディングの時、クワイアには当時一緒に歌った同級生や支えてくれた先輩後輩に参加して欲しいと考え、5人の洗足の仲間に協力してもらいました。 スタジオでは、久しぶりに会った仲間と抱き合いました。 歌う度に当時のことを思い出し、いつも初心に戻してくれる曲です。 この曲に不可欠なホーンセクションには、父と父の友人である最高のミュージシャン達が参加してくれました。 私は小さい頃から人前に出るのが苦手でした。 けれど、そんな私がオーディションを受け、ステージで歌うことが出来たのは、姉aikaのおかげです。 私が中学生のとき、aikaがリタ役を演じ歌う姿を見て、私は憧れました。 どんなときも常にお姉ちゃんを道しるべに歩いてきた私。 私にとって今でも、aikaはあこがれの存在です。 当時スペインの古都アランフェスが、スペイン内戦で被害を受けたことから、故郷スペイン と、かつて新婚旅行でも訪れたアランフェスの平和への想いを込めて作曲したと言われている。 第2楽章については、病によって重体となった妻や失った初めての子供に対する神への祈りが込められている。 神の仕打ちに苦しんだ彼の思いが、 信仰を深め「なるようになる。 神に任せよう。 」と昇華した時に、この哀しくも、情緒あふれる2楽章が生まれたと言われている。 今回ピアニスト、チック・コリアが自身の楽曲『スペイン』に、イントロとしてこの曲を取り入れたヴァージョンを用いている。 5弦ベース1本と、通称A-ya語と呼ばれるスキャットのみで成り立っており、途中のヴォイス・パーカッションは、瞬時にマイクを持ち替え、 Bunkamuraスタジオで同時録音された。 このアルバムはピアノとヴォーカルのDuoで、「Spain」も収録されていました。 この曲をいつかやりたいと前から思っていて、思い切って先生に挑戦してみたい!と話したところ、やってみようか!と話が進み、自分に出来るかどうか分からないのに言ってしまった・・・と少し後悔しながらも(笑)やることに決めました。 実際に演奏したら、お客様の反応がとっても良くて、ファミリーコンサートでも演奏することに。 新田プロデューサーも聴いて気に入ってくださり、急遽録音することになりました。 色んな方がカバーしている曲ですが、ベース1本とヴォーカルとで演奏したのは、世界初かも!?ヴォイス・パーカッションは、この曲のためにインターネットでやり方を調べてひそかに練習しました。 そもそも、ボイパをやろうと思ったきっかけは、ファンクラブイベントに集まってくれたファンのみんなに、まだ見せていない新しい自分を見せたいと、隠し芸・・・ではないけれど、なにか新鮮なものを見てもらいたいと思ったからです。 ど、どうですか・・・!?ちなみに岡田治郎先生は、私の大学の時の先生なんですよ。 Ave Maria! この聖母マリアの讃歌は、古くからキリスト教の典礼に取り入れられた。 この曲は、カッチーニとグ ノーの作品と共に三大Ave Mariaと呼ばれている。 シューベルト自身は教会に反発し、ほとんど教会と無関係な人生を歩んだと言われている。 「心の中に本当の 敬虔さを感じた時に作曲した」というシューベルトの祈りのメロディに、雪降る 聖夜に込められた愛のメッセージ「奇跡は起こすために」が織り込まれている。 ゴスペルの要素を取り入れたクリスマスソングとして制作し、伴奏の6連の8分音符を声のアルペジオで表現することで、とてもポップな仕上がりになりました。 私の曲の中でも、非常に演奏時間の短い曲です!シューベルトさんは、31年の短い人生でしたが、子供の頃から死ぬまで、頭の中に湧いてくる美しい音楽をひたむきに書き続けました。 シューベルトさんの独創性や欲のない生き方に感動して、自分らしく、心の中の真実の願いをストレートに書きました。 このメロディーを口ずさむと、優しい気持ちになったり、切なくなったり、希望の光が見えて安心したり・・・いろんな感情が湧き出て来ることに気がつきました。 これがシューベルトさんのメロディーの凄さだと思います。 今後、他の作曲家のアヴェ・マリアにも挑戦したいと思っています。 究極ケロロ 奇跡の時空島であります!! この第4曲「ロシアの踊り(トレパック)」は、お菓子の国に訪れた主人公クララを歓迎するパーティーで、大麦糖 の精が踊るロシアの民族舞曲。 終始速いテンポで駆け抜けるように威勢のよい踊 りが繰り広げられる。 おそらく何世紀にも亘って歌としてカバーされることがな かったであろうこの曲に歌詞を吹き込んだアイデアは、クラッシックの魅力を独 自のスタイルで伝えていくことをライフワークとする平原のチャレンジ精神から 呼び起こされたものだろう。 (笑)デビュー当時からJupiterをはじめ宇宙関連の歌を歌う機会が多い私を見て、ケロロは「平原綾香は宇宙人」だと思っていたそうです。 音楽で地球(ペコポン)侵略なら大賛成!ということで、ケロロと初タッグを組みました。 カバーしたトレパックですが、私がクラシックバレエを習っていた時に最後のステージで踊った曲で、もともと思い入れの強い曲でした。 今回このお話を頂いたとき、ケロロだったらどんな曲が合うかなと考えて、すぐに浮かんだのがこのトレパックでした。 リズムがよくて、どんどんアッチェルして(テンポが速くなって)いくところが映画のストーリーそのままのような気がして、ピッタリはまったと思っています。 みなさん、これからも音楽で地球(ペコポン)侵略!応援よろしく頼むでありますっ!.

次の