近鉄特急 ひのとり 料金。 近鉄特急ひのとりの車内デザイン、所要時間や停車駅は?予約や記念乗車券も

特急ひのとり|近畿日本鉄道

近鉄特急 ひのとり 料金

2020年3月14日デビュー 近鉄「ひのとり」 既にご存知の方も多いと思いますが、2020年3月14日(土)に、 近畿日本鉄道(近鉄)の名古屋~大阪難波間の名阪特急で新型車両「ひのとり」がデビューしました。 運転して間もない列車ではありますが、現時点でのお得にご利用する方法を紹介したいと思います (写真は試乗時撮影。 画像は近鉄HPより引用)。 「ひのとり」とは 既に近鉄をはじめ、様々なメディアから「ひのとり」のデビューについては発表されていますが、 なぜこれほどまでに注目されているかと言うと、 この「ひのとり」が現時点での国内最高水準のグレードを持つ車両となるからです。 上は、近鉄より発表されている「ひのとり」の編成図です。 両端の1・6号車が、カフェスポットを挟むプレミアム車両、 その他の車両が一部ベンチスペースのあるレギュラー車両となります。 国内最高水準のシート まず、プレミアム車両ですが、現在国内で最も広いシート間隔(1300ミリ)を持つ、 東北・北海道新幹線「はやぶさ」等のE5系車両や、 上越・北陸新幹線「かがやき」「あさま」「とき」等のE7系車両のグランクラスと、 同じシート間隔の車両となります。 また、これらのグランクラスとは違い、前面の展望が出来る車両となります。 現在発表されているプレミアム車両のシートの仕様については以下の通りです。 この車両の仕様についても、E5・E7系車両のグランクラスとほぼ匹敵します。 また、プレミアムシートについては「カフェスポット」が設置されています。 また、レギュラーシートもシートピッチが1160ミリと、新幹線のグリーン車に匹敵する広さとなります。 既に近鉄から発表されている資料を見ても、非常に質の高いレギュラーシートとなるようです。 プレミアムシートもレギュラーシートもバックシェルが付いており、背もたれを倒しても後席に干渉しない作りになっています。 座席がすべてバックシェルが付いてる車両は全国的に見ても、「ひのとり」が唯一となります。 また、小休止出来るベンチスペースも2・5・7号車に設置され、 伊勢志摩への観光特急、「しまかぜ」同様、大型荷物用のロッカーも設置されています。 Suicaなどの交通系ICカード用・通常の鍵を使用するものとどちらもあります。 「ひのとり」のダイヤ 「ひのとり」を運行する近鉄のHPによると、上記の列車が2020年3月14日デビュー後から、 「ひのとり」での運行となります。 また、入出庫の関係で大阪難波~近鉄奈良間の一部特急にも使用されるようです。 今後「ひのとり」の使用車両は徐々に増えていき、ゆくゆくは名阪甲特急すべてが「ひのとり」になる予定です。 「ひのとり」の料金 現時点で発表されている「ひのとり」の公式な料金が上の画像ですが、 これまでの名阪特急の料金に、「ひのとり」の特別料金が、レギュラー車両で100~200円、プレミアム車両で300~900円のプラスの料金になります。 最も高い大阪難波~近鉄名古屋間での合計料金は5240円となり、新大阪~名古屋間の東海道新幹線「のぞみ」の普通車指定席正規料金6680円とは1640円の差となります。 では、最も距離の長い大阪(大阪難波・大阪上本町・鶴橋)~近鉄名古屋間のお得な乗車方法について見ていこうと思います。 「ひのとり」にワンコイン分安く乗る方法 まず、上の料金から考える「ひのとり」の料金は、 普通運賃(乗車券)+特急料金+「ひのとり」特別車両料金の3つで構成されています。 このうち、「ひのとり」特別車両料金は「ひのとり」のみ設定となるため、直接的な割引は難しいと考えられます。 ここでは、現時点(2020年3月末時点)で考えられる、「ひのとり」に安く乗車する方法を記載します。 大阪・名古屋周辺の金券ショップで1枚1700~2000円程度で購入可能。 乗車券部分に限った話とはなりますが、「ひのとり」は座席のグレードごとの料金を特急料金ではなく、「ひのとり」特別車両料金で差をつけている為、 プレミアム車両・レギュラー車両どちらでもこの割引は受けられます。 「ひのとり」の特別車両料金は最大で900円のため、株主優待や 名阪ビジネス回数きっぷの入手金額にもよりますが、この方法でほぼ「ひのとり」の乗車料金分はワンコイン(500円程度)安くなります。 新型コロナウィルスの影響により、比較的安目に株主優待券の入手は可能なようです。 名古屋の金券ショップよりも、大阪の金券ショップの方が若干安い傾向はあるようです。 さいごに 2020年3月14日にデビューした国内最高クラスのグレードである、近鉄名阪特急「ひのとり」。 今回はデビュー後となり、訂正が必要な個所もあったため一部内容を修正して記載しました。 デビューしたら私も是非乗車し、乗車記を上げたいと思います。

次の

特急ひのとり|近畿日本鉄道

近鉄特急 ひのとり 料金

シートの生地は本革が使用され、電動リクライニング、電動レッグレストなどの設備も搭載された。 まさに在来線のグランクラスといってよい。 これらのシートにはヒーターも設置されている。 「座っているうちに腰のあたりが暖かくなる」(深井部長)というきめ細かな配慮が施されている。 プレミアム車両は通常より床面の高いハイデッカー構造となっており、前面、側面の大きなガラス越しの眺望も抜群だ。 ただ、その構造上、客室に入るためには階段がある。 バリアフリーの面では改善の余地がある。 「レギュラー」もグリーン車並み 通常の「レギュラー車両」の快適性も高めた。 シートの前後間隔は従来の車両より11cm広い116cmで、新幹線のグリーン車並みだ。 レギュラー車両のシートにもバックシェルを採用している。 2両あるプレミアム車両のデッキには「カフェスポット」が設けられた。 コーヒーサーバーがあり、1杯200円でコーヒーが買えるほか、スナックの自動販売機も設置している。 最近、新幹線を中心にコーヒーの車内販売を取りやめるケースが増えているが、コーヒーサーバーがあれば、豆を挽き立てのコーヒーの味と香りが楽しめる。 今回のケースがきっかけとなって、コーヒーサーバーを設置する列車が増えるかもしれない。

次の

特急ひのとり|近畿日本鉄道

近鉄特急 ひのとり 料金

シートの生地は本革が使用され、電動リクライニング、電動レッグレストなどの設備も搭載された。 まさに在来線のグランクラスといってよい。 これらのシートにはヒーターも設置されている。 「座っているうちに腰のあたりが暖かくなる」(深井部長)というきめ細かな配慮が施されている。 プレミアム車両は通常より床面の高いハイデッカー構造となっており、前面、側面の大きなガラス越しの眺望も抜群だ。 ただ、その構造上、客室に入るためには階段がある。 バリアフリーの面では改善の余地がある。 「レギュラー」もグリーン車並み 通常の「レギュラー車両」の快適性も高めた。 シートの前後間隔は従来の車両より11cm広い116cmで、新幹線のグリーン車並みだ。 レギュラー車両のシートにもバックシェルを採用している。 2両あるプレミアム車両のデッキには「カフェスポット」が設けられた。 コーヒーサーバーがあり、1杯200円でコーヒーが買えるほか、スナックの自動販売機も設置している。 最近、新幹線を中心にコーヒーの車内販売を取りやめるケースが増えているが、コーヒーサーバーがあれば、豆を挽き立てのコーヒーの味と香りが楽しめる。 今回のケースがきっかけとなって、コーヒーサーバーを設置する列車が増えるかもしれない。

次の