クレマチス ダッチェスオブエジンバラ。 ダッチェス・オブ・エジンバラ: ポエポエの花園

ダッチェス・オブ・エジンバラ: クレマチス日記 ** ガーデニング日記 **

クレマチス ダッチェスオブエジンバラ

クレマチス ダッチェスオブエジンバラの存在感はバラに匹敵するほどつるバラと宿根草の小さな庭づくり大輪の花が特徴のクレマチス パテンス系。 我が家にもがあります。 大輪で八重咲きの花形はバラにも負けないくらいの存在感があり、 白にやや緑がかった色が乗ると本当に透明感があって美しいです。 125年以上栽培されているという歴史があり、 白花のクレマチスでは代表的な存在となっています。 クレマチス ダッチェスオブエジンバラは旧枝咲きなので、昨年伸びた枝に花を付けます。 クレマチスの枝は簡単にポキッと折れてしまいやすいので、 枝を保護するためにもオベリスクを特等席にして誘引しています。 右の花は、白い花びらにほんのりグリーンが乗っていますよね。 咲き始めや気温が低いときなどにこんな感じで緑がかるんですよ。 真っ白もキレイですが、グリーンと白のグラデーションカラーのほうがわたしは好きです。 花の時期も5~10月と長くて四季咲き性が強いので、 花後の切り戻しで何度も繰り返し咲いてくれます。 切り戻しのコツとしては、花が終わった後に花から2、3節下のところで切ること。 そうすることで繰り返し花を付けてくれますし、 草姿も整いやすくなります。 クレマチス ダッチェスオブエジンバラは、 つぼみが上がってから花が開くまで結構時間がかかるんですね。 でも、一度花開くとかなりの日数咲いてくれるんですよ。 直径10cmくらいの大輪の花なので、 雨が降ったりしたらポロッといっちゃうのかな??なんて思っていましたが、 全くそんなか弱い様子はなく。 それどころか咲き進むにつれて色の変化が観察できるほど花持ちがいいんです。 来年は、どれくらい花が持つのか調査してみようかなと思っています。 スポンサーリンク ブログランキング参加中です。 いつも応援ありがとうございます^^.

次の

クレマチス春の剪定 ダッチェスオブエジンバラ

クレマチス ダッチェスオブエジンバラ

クレマチスはポット苗または鉢植えの状態でお届け致します。 発送時、苗の状態により急遽表示以外の規格でお届けする場合もございます 予め了承ください。 発送の都合上、生育に支障のない範囲でツルを切り詰める場合もございます。 特に秋冬は株の充実のために短く切り戻しを行っています。 商品説明文中のサイズなどは庭植え、生育後の標準的な草丈でお送りする苗の大きさではありません。 また写真もイメージで、苗の画像以外は、お届けする商品の現物の写真ではありません。 クレマチスの苗は輸送時に折れやすいですが、クレマチスは再生能力が高く、そのまま枯れてしまうことはほとんどありません。 予めご了承のうえ、ご注文下さい。 苗は店頭などで同時に販売しております。 ご注文後急遽品切れになる場合もございますので、予めご了承下さい。 クレマチスの育て方と管理• 植える場所 クレマチスは日光を好む植物です。 伸び行くツルには十分日光が当たる場所を選んで下さい。 ただ、全体に暑さを苦手としますので風通し良く、株元は西日などが避けられる、やや半日陰が適します。 クレマチスは水分を好み乾燥を嫌いますので、株元は適湿が理想です。 乾燥地、砂地、斜面など痩せ地は苦手ですので水やりやマルチングなどで対策して下さい。 ツルは日向、株元はやや半日陰で肥沃な土壌が理想的です。 クレマチスは耐寒性が強いものが多いです。 基本的に戸外で越冬できますが常緑種の一部など寒冷地での路地越冬が難しい品種もありますので、説明文の耐寒性を参照下さい。 耐寒性「強」は全国で戸外越冬が可能です。 育て方 根が張れば、ほぼ放任で構いませんが植え付け後しばらくは乾いたら水やりして下さい。 その後はは乾き易い土地であれば適度に水やりをします。 ツルが伸びますので支柱やフェンスなどに絡ませて、必要なら誘引します。 開花後は剪定を行います。 新枝咲きは低い位置まで強剪定、旧枝咲きはツルを増やすための弱剪定と、品種により異なりますので、各品種の説明文を参照して下さい。 冬も必要に応じて剪定を行います。 肥料はあまり必要なく控えめにします。 生育が思わしくなかったり、養分が欠乏して葉色が冴えない時などは化成肥料等、一般的な園芸肥料を施肥して下さい 時期は春か秋に行います。 1年苗の管理 1年苗は挿し木1〜2年生の若い苗で7. 5〜9cmポットでのお届けです。 少量開花するものもありますが、本格開花には1年以上必要です。 (株が若いうちは本来の花型にならない場合もございます) 直接庭植えも可能ですが、4号鉢程度の鉢植えにして半年〜1年ほど育ててから庭への定植が確実です。 常緑種などの伸びの遅いもの以外は庭植えに備えて、あまり伸ばさずこまめに枝先を剪定して株を充実させておくと良いです。 2年苗の管理 2年苗は1年苗をもう一年育てた苗(挿し木から2年前後経過した苗)で12〜15cmポット苗のお届けです。 庭植え用にお使い下さい。 5〜10. 咲き初めや日照不足により花弁が時々緑色になることがあります。 花後は花から2、3節で切り戻すことによって繰り返し咲き、草姿も整うという効果があります。 落葉し、休眠期に入りましたら枯れている枝や細くて芽吹きが悪い枝を取り除き、新枝は大きく切っても株の半分程度までで留め、中〜弱剪定をします。 ただ、暑さを苦手としますので、風通しよく、株元は西日などが避けられるやや半日陰が適します。 水分を好み乾燥を苦手としますので乾燥地などは避け株元は適湿なのが理想です。 クレジットカードはVISA,MASTER,NICOS,JCB,AMEX,Diners等のカードが 一回払い、リボ払い共、ご利用頂けます• 安心便利な代金引換え便 ヤマトコレクトサービスが利用できます• 送料は地域毎に異なりますので、「お支払・送料」のページをご覧下さい• ご注文品は通常4〜5日程でお届けいたします 本州、四国は発送翌日の、北海道、九州は翌々日の配達になります• お届け日、お届け時間帯のご指定も承ります 午前中、14〜16時、16〜18時、18〜20時、19〜21時 但し東北北部、中国、四国地方など一部地域では、14時以降の指定になります• 植物のため、お取り置きはお受けしておりません ご注文日から10日以上先のご指定はお断り申し上げます• 植物ですので商品の性質上、お客様のご都合による返品、交換等はお受け出来ません 予めご了承下さい• 到着時に、商品の状態をご確認下さい 破損等が有れば、配達人に返品して下さいその後の処理に付きましては、こちらからご連絡致します• その他商品の不足,誤送の場合は、到着後1週間以内にご連絡下さい調査の上、 善処致します• 当園の責任に帰するいかなる場合でも、補償はお買い上げ代金の範囲内とさせて いただきます• お届け先の間違い、受取拒否、長期不在、商品発送後のキャンセルなどで商品返品の場合は、商品代金、往復の送料および手数料などをご請求させていただきます また次回以降のご注文をお受けできない場合もございますので、ご注意下さい• 春3月〜5月と秋9月末〜11月のシーズンに合わせ苗をたくさん用意しています それ以外の時期は品切れが多くなります• 苗はポットまたは鉢植えでお届けいたしますので、周年植え込みが可能ですが 寒冷地の真冬、暖地の真夏の期間は植え込みは避けてください (真夏の暑い時期は植物の発送を控えております) (暖地では冬の植え付け、寒冷地では夏の植え付けは可能です)• 植物ですのでお取り置き、予約はお受けしておりません ご入用の時期にご注文お願いいたします• おぎはら植物園 上田店 長野県上田市芳田1193 TEL. 0268 36 4074 FAX. おぎはら植物園 軽井沢店 長野県北佐久郡軽井沢町長倉5731 TEL. 植物の集荷、梱包には時間が掛かかるため、1日に出荷できる件数が限られます 最盛期には出荷が間に合わないこともあり、適正な運営ができなくなる恐れがあるため、一回のご注文は商品代の合計2000円(税抜)以上という最低料金を設定しております それ以下ではエラーとなりますので、当該金額以上のご注文をお願い申し上げます• TEL 0268 36 4074• FAX 0268 36 4076• E-Mail ご注文内容、決済に関するお問い合わせはこちらからお願いします メールでは返信に時間のかかる場合もございます お問い合わせはお電話でもお受けしておりますのでご利用下さい 植物に関するご質問、入荷や在庫状況については各商品ページにございます 『商品についての問い合わせ』 からご連絡ください 各商品担当のスタッフよりご連絡申し上げます Copyright 1999-2020 Ogihara Syokubutsuen Co. Ltd. All Rights Reserved. このホームページに掲載される全ての文章、写真などの無断転載、無断複製を禁止します.

次の

クレマチス:ダッチェスオブエジンバラ6号鉢植え:鉢花 『園芸ネット』本店 通販 news.adventure.travel

クレマチス ダッチェスオブエジンバラ

クレマチス エトワールバイオレットが咲いています。 挿し芽をしして育てたもの。 春にはまだ蕾をつけなかったのですが、今になってきれいに咲いてくれています。 キンメツゲに絡ませているもの。 花も咲いたのは3輪のみ。 返り咲きにはあまり期待してはいけないのですかねー? こちらは、花を摘み取らずにおいた クレマチス C. ドーマン こんな状態のクレマチスも、何ともかわいらしいですよね クレマチス エトワール・バイオレットが咲きました。 直径約6センチ。 強剪定できるクレマチスは管理がしやすいです。 弱剪定のものは冬は枯れ枝が汚く見えるし、誘引も大変 -。 - そういう意味でもエトワール・バイオレットは私のお気に入り。 それと深みのあるバイオレット色が好き。 このクレマチスはキンメツゲに這わせて誘引してあります。 こちらは来年は花が見られるかな? クレマチスが咲いてきました。 パテンス系(旧枝咲き) 花径は本来10センチほどのようですが、我が家の花は5~6センチ。 栄養が足りなかったのでしょうか? 私としてはこのくらいの大きさで満足ですが・・・ ちっちゃめの花が好きな私です(笑) 4月16日 4月25日 5月4日 5月16日 5月19日 蕾が大きくなっていく様子を見ているのも楽しいです。 蕾ではグリーンがかっています。 私は5月16日の写真くらいの様子が好き おととしの春、250円でちっちゃい苗を購入。 (安かったので衝動買い;) 昨年は3輪の花が咲きました。 地植えにして、オベリスクに誘引しています。 パテンス系のピンク。 やはり旧枝咲きの弱剪定品種です。 ピンク色地に紅の筋模様が入っています。 花径は12センチほど。

次の