大崎 病院 東京 ハート センター。 プロフィール

心臓・血管病の診療や治療を行う大崎病院東京ハートセンターの取り組み

大崎 病院 東京 ハート センター

患者の尊厳を重視した医療を追求する医療法人社団冠心会 大崎病院 東京ハートセンター(以下、東京ハートセンター)は医療サービスの透明化を目指し、IIJのクラウドサービス「IIJ GIO」を基盤にした、カリーナシステムのネットワーク対応手術映像記録・配信システム「ADMENIC Cloud」を導入した。 映像をもとに患者に対して手術内容を詳細に説明できるようになるとともに、病院間の情報共有や若手医師への指導・教育に活用することで、医療の質の向上が期待できるという。 「手術の可視化」で医療の透明性を向上 心臓病の専門治療病院として2005年12月1日に開院した東京ハートセンターは、国内最高水準の豊富な経験と実績を持つ医師・看護師によるチーム医療に加えて、ふんだんに実力を発揮できる環境も整っている。 同センターが目指すのは、患者の尊厳を重視した医療。 常に患者の立場に立ち、納得のいく説明と情報提供に努める。 「医療の透明性を高めることが、医師と患者の信頼感の醸成につながると思っています」と東京ハートセンターセンター長の南淵明宏氏は話す。 その一環として、同センターが取り組んだのが「手術の可視化」である。 手術中の様子を映像と音声で記録し、院内の数カ所でライブ映像として視聴できるようにした。 手術映像を第三者が確認することで、緊急時にも迅速なサポートが可能となる。 同時にLANを介して院内の画像サーバに送られる手術映像は、一定期間保管された後、クラウド上のストレージに転送され、堅固に長期保管される。 「患者に対して施術プロセスを説明する場合に利用したり、医師や看護師向けの手術例の研修などに活用することもできます」と南淵氏は話す。 この「手術の可視化」を支えているのが、カリーナシステムのネットワーク対応手術映像記録・配信システム「ADMENIC Cloud」とIIJのクラウドサービス「IIJ GIO」である。 クラウドの活用により柔軟なシステムを構築 同センターでは開院当時から「手術の可視化」を推進しており、手術室ごとに映像の録画システムを構築・運用していた。 しかし、年間の手術数は400件近くにのぼる。 従来のシステムはメディア記録であり、日々増え続けるメディア管理の容量を解決しなければならなかった。 そこで同センターでは、手術映像の記録を外部保管することを検討し、サーバが不要で、大容量のデータを長期間クラウド上のストレージに保管できるADMENIC Cloudを導入した。 ADMENIC Cloudは、記録した手術映像をIIJ GIO上に保管し、ネットワークを通して配信・管理する手術映像記録・配信システムである。 ネットワーク経由でリアルタイムに手術の様子を院内にライブ配信できる上、高画質のクリアな映像で手術の映像を記録、再生するとともに、クラウド上に安全に保管することができる。 また、クラウドサービスの導入はユーザーの負荷削減にも貢献している。 院内で映像データを長期保管するには、大容量ストレージの導入や管理が不可欠な上に、ストレージの追加や交換は避けられない。 しかし、クラウドサービスを利用することで、追加費用やメンテナンスコスト、管理費用を最小限に抑えることができる。 IIJのデータセンターは国内有数のバックボーンと直結されており、暗号化に加え、セキュリティ対策が堅牢なため、安全で確実なデータの長期保存が可能になった。 また、IIJ GIOが、国内データセンターをもつ"国産クラウド"という安心感も大きなポイントだった。 医療の安心感が高まり術後の治療計画に活用も ADMENIC Cloudの導入により、同センターは様々なメリットを実感している。 その1つが、紹介医師、医療機関が患者に対して手術説明をより分かりやすく行えるようになったことだ。 ADMENIC Cloudは多様なアクセス手段でIIJ GIOのストレージ上に記録された映像を視聴することが可能である。 「例えば、デスクトップPCや専用モニターの他、iPadなどのモバイル端末を使うことで、院内/院外の色々な場所で映像を視聴でき、手術後に患者に対して、実際の映像を見ながら、経過報告をすることも可能です。 特に、紹介元の病院と手術映像を共有して今後の治療計画に利用できる。 まさに究極の病診間連携です。 また、同業専門医間のピアレビューも容易で、形式ばった学会に参加して時間をつぶすよりずっと有益で、今後のトレンドになるでしょう」(南淵氏)。 クラウド上の映像データは、患者紹介元の病院との間で共有し、術後の治療計画の策定に役立てることもできる。 この点について、東京ハートセンターと連携するわかまつインターベンションクリニックの阿部亘院長は次のように話す。 「循環器内科専門の当院でも、心臓の解剖学的な部分に関して現実的に見ているケースは多くありません。 内科医としてイメージで見ることができる外科的映像は歓迎できますし、戻ってきた患者様の結果は勉強になり、大変有効な方法です。 また、現在の病院間連携システムは非常に高価で、民間病院で自ら構築するのは難しいので、iPadなど汎用なシステムとクラウドを利用して多くの病院が簡単に視聴できるのは、外科医だけではなく内科医にとっても大変勉強になります」。 また、過去の手術映像を若手の医師や研修生向けの教材として活用したり、学会での症例報告などに応用することも可能だ。 今後活用が進めば、心臓外科医間のピアレビューも常識になることが期待できるという。 運用管理上のメリットも大きい。 ADMENIC Cloudを構成するIIJ GIOはREST API型のクラウドストレージサービス。 これは映像を記録・保管するストレージに対して、HTTPSプロトコルで多様なAPIを提供するもの。 アプリケーションからダイレクトかつセキュアに様々な要求を行うことができ、処理の自動化などを可能にする。 この機能を活用し、院内サーバからストレージへの自動転送を実現しており、院内サーバに保管された手術映像は、手術当日中に再圧縮され、IIJ GIOストレージへ夜間のバッチ処理で転送される。 さらに、一定時間経過すると院内サーバのデータは自動削除されるなど、転送の自動化により、管理負荷は大幅に軽減されている。 東京ハートセンターはクラウドを活用することで、医療現場の透明性、患者と医師の信頼関係の醸成、病院間の連携、後進の指導、同業専門医間でのピアレビューなどを実践する方針だ。 IIJとカリーナシステムは今後も、手術映像だけでなく、アンギオやエコーCT映像などにもクラウドを活用したシステム対応を連携して検討し、ITによる医療の質の向上を支えていく。 導入したサービス・ソリューション.

次の

【週刊新潮】東京ハートセンター買収のさいたま記念病院不調は遠藤容子夫人が原因?倒産(破綻)か

大崎 病院 東京 ハート センター

東京・品川区の大崎病院東京ハートセンター 本誌は今年3月号で「大崎病院東京ハートセンターが重篤『院内感染』にフタ」と題し、東京・品川区の医療法人「冠心会」東京ハートセンターで緑膿菌による院内感染事故が起きていた事実をスクープした。 同センターは心臓外科の分野では、関東地方有数の病院として知られる。 本誌は、センターの看護師が厚生労働省に送った公益通報の手紙を独自に入手し、複数のセンター関係者にも取材して記事を掲載。 センター側は本誌の取材を受け、あわてて東京都の医療安全課に事故を届け出た。 本誌は、センターの遠藤真弘理事長(東京女子医大名誉教授)に繰り返し取材を申し込んだが、遠藤氏は逃げ回って取材に応じず、記事掲載後、センター側は本誌を民事提訴した。 本誌報道に最もオカンムリだったのは遠藤理事長の妻の容子常務理事だという。 「容子さんは専門学校を出た、航空会社の元客室乗務員。 現在、病院の実権は容子常務が握っています。 常務はファクタの取材でパニックになり『あんたがリークしたんだろう』と周囲に電話をかけたそうです」(関係者) 厚労省への内部告発の手紙によると「理事長の奥さんにさからうとすぐにクビにされてしまうので皆が怖がっている」という。 一方で常務は「カネにうるさい人」(別の関係者)と酷評され、 本誌が入手した経営会議議事録でも手術件数の少ない医師の給与減額に言及している。 なお議事録には「各看護師との面談の中で、特にICUからは『医師のカルテ記載がなく口頭指示が中心となっていることに恐怖感を感じる』と答えた看護師が多く、これが退職希望理由の上位三つに入っている」という、当時の看護部長の驚くべき発言も記載されている。 遠藤夫妻の周辺には怪しげな影も見え隠れする。 2010年1月28日の産経新聞に「桑田真澄さんの元義兄を詐欺容疑で逮捕」という記事が載った。 〈うその投資話を持ちかけ、多額の現金をだまし取ったとして、神奈川県警捜査2課などは27日、詐欺容疑で、元NPO法人理事、長田喜弘容疑者(51)を逮捕した。 長田容疑者はプロ野球の巨人の元投手で米大リーグ・パイレーツでも活躍した桑田真澄さん(41)の姉の元夫だった。 (中略)平成17年、横浜市の男性に「大分県にある旅館を買収してあげる」などと投資話を持ちかけ、約3億円を詐取した疑いがもたれている〉 長田氏は裁判で実刑判決を受け収監された模様で、所得隠しで追徴課税を受けたこともある。 そして、この不逞の輩と親密な間柄だったのが遠藤夫妻で、「とくに容子さんは長田氏に心酔していた」(複数のセンター関係者)と揶揄されるほど。 本誌が入手した裁判資料(長田氏の陳述書ほか)などによると、長田氏は07年に冠心会の「経営管理室長となり、理事長・常務に代わり」取引先と「交渉をしていた」。 冠心会は当時37億円もの債務を負い、これを巡り後に破産申し立てを受けるなど複数の民事訴訟に巻き込まれたが、長田氏は裁判で冠心会を全面的に擁護した。 長田氏はセンター内に自分のオフィスを構えていたともいう。 魑魅魍魎(ちみもうりよう)が跋扈(ばつこ)するこの裁判の舞台裏をはじめ、今後も本誌は冠心会の闇を追及していくつもりだ。 秘密は厳守します(匿名でも構いません)。 患者、関係者の皆様の勇気ある情報提供をお待ちしています。 なお、メールの宛先は、東京ハートセンター特別取材班(leaks facta. jp)です。

次の

南 和友先生のコメント|NPO法人ハートtoハート・ジャパン

大崎 病院 東京 ハート センター

「一口食べることが、点滴など栄養剤よりも手術後の快復を早くする。 食材が持つ力って凄いんですよ。 患者様の大事な栄養管理を担う栄養士には、自分が食べて美味しいと思えない食事はつくらないで、と言っています」。 そう語るのは、栄養管理室長の多田まりの様です。 治療効果に加え生活の質を守るQOL(Quality Of Life)が進む医療現場で、「栄養価」だけでなく「美味しさ」もある給食管理を追求する東京ハートセンター様は2014年8月に「給食大将」を導入されました。 「2014年4月に富士通の電子カルテと別の給食システムを導入したのですが、連携トラブルが続出し、献立作成にも時間がかかる状況でした。 食事の安全確保と作業効率の改善に向け、『給食大将』に急遽、切替ることを決めました」(多田様)。 導入を支援したFWESTの吉村國臣は「多田様が『給食大将』を使用されたこともあったので、今回の導入では料理マスタの上手な活用など、より良い運用のサポートに徹しようと考えました」と振り返ります。 約3カ月という短期間の切替作業で導入された「給食大将」は、電子カルテシステム と富士通同士の連携インターフェースによりトラブルを解消。 入院患者様の食事情報を一元管理し、アレルギーで食べられない食材情報など、患者様毎の伝達情報もひと目でわかるようになり、「現場の栄養士や調理師もみんな、『とても使いやすくなった』と言ってくれました」(多田様)。 2つの工夫で献立作成をさらに効率化。 病棟巡回など患者サービスも向上 実感する「使いやすさ」のなかで最も顕著なのが、献立の立てやすさです。 朝・昼・夕、10日分の献立作成の時間が約3日から4~5時間程度に激減し、食材発注も2週間分の前倒しで出来るようになりました。 さらに厨房業務も調理に専念できる時間が増え、できたてを提供できることで、従来よりも美味しい食事に変わりました。 献立作業の効率化には、2つの工夫がありました。 一つは料理マスタ検索機能です。 献立一覧を食種・病態別に、順に配列するとともに、塩分や栄養価の確認や、全量・半量・1. 5倍の3パターンの量選択を1画面で完結することで作業効率が大幅に向上しました。 もう一つは、アカウント別のアイコン表示です。 担当者別にパスワードを設定し、作業に必要なアイコンだけを画面に表示することで、新人でも迷ったり探したりするムダがなくなりました。 こうした業務効率化の成果は、患者サービスの向上につながっていきます。 50種類の献立が140種類に増え、患者様の体格や食欲に合わせた食事が提供できるようになりました。 また、栄養士全員が病棟を訪問し、患者様にface to faceで栄養指導する時間も毎日確保できるようになりました。 「新人栄養士の中では、献立作成に対し『できない』という後ろ向きな考え方が消え、自信もつきました。 土台となる基本的な理解と経験を、当たり前に身につけられるのが嬉しいですね」(多田様)。 「給食大将」の導入は、病院経営にも貢献しました。 的確な献立作成で食材発注コストの削減につながっただけでなく、人件費と残業時間も大幅に減少しました。 「経理担当が『0の桁数が一つ違う』と驚いていますし、経営層も『導入してよかったね』と笑顔ですよ」(多田様)。 「美味しい病院食」で患者様に「体験型教育」の栄養指導を 日々、患者様と病院職員に給食を提供する中で、患者様と職員の双方から「美味しい」と評価の声が高まっています。 一方で、食べ残しなど厳しい評価も、次なる一歩へのきっかけになると多田様は語ります。 「当院は心臓病の患者様が多く、ほとんどは減塩食です。 味が薄くて当然ですが『病院食は美味しくない』という常識を覆し、『美味しい病院食』を患者様の『体験型教育』の教材にしたいんですよ。 例えば、入院中に1食の塩分を2gにした食事を体験していただき、家庭での味付けが薄味かどうか体感してもらうという取組みです。 ただ、全国の病院でも献立作成と栄養指導の両方を手がける栄養士は、意外と少ない。 その育成環境づくりとしても『給食大将』は有意義です」と他病院への広がりにも期待を寄せる多田様。 「栄養士は栄養価を最優先しがちですが、盛り付け方など『美味しく食べていただく』ための工夫はたくさんあります。 食が変われば健康が変わり、患者様の安心感にもつながる。 FWESTさんにはこれからも、力強いサポートをお願いしますよ」。 FWESTは、これからも患者様ひとりひとりに合った美味しい給食を提供する医療の現場をサポートしてまいります。 名 称 医療法人社団 冠心会 大崎病院 東京ハートセンター 様 設 立 2005(平成17)年12月1日 所在地 東京都品川区北品川5-4-12 代表者 院長 上松瀬 勝男(理事長 遠藤真弘、センター長 南淵明宏) 事業内容 心臓病の専門病院として、診療科目は4科(循環器内科・心臓血管外科・麻酔科・放射線科)。 病床・100床。 24時間救急対応病院・地域のかかりつけ医と連携する開放型病院 URL 事例紹介(PDF版) 以下より、PDF版の事例紹介をダウンロードできます。 910 KB 関連情報 ご紹介した商品• お問い合せ先 富士通株式会社 富士通コンタクトライン 総合窓口 電話: 0120-933-200 本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は取材当時のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。 このページを共有.

次の