休職復帰気まずい。 休職から復帰が気まずい&怖い!復帰したくない時の対処法と挨拶や菓子折りについても

うつ病で休職。復職したのですが職場になじめず、相談にものってもらえず不安です|シティリビングWeb

休職復帰気まずい

体調を崩して1ヶ月ほど休職。 復職する日が近づくと、「復職するのが気まずい…」と思いますよね。 だから、休職期間中なのにゆっくり休めない人も多いはず。 そこで今回は、休職からの復帰で気まずいと思ったアナタに知っておいて欲しい事をまとめました。 休職からの復帰は気まずい? 結論から言いますね。 休職からの復帰が気まずい…と思っているのはアナタ自身です。 他の人はそれほど気にしていません。 だから、復帰する日が近づいてきて「あ〜嫌だな」や「どんな顔で出勤すればいいの?」と悩む必要はなし。 ただ、1ヶ月ほど休んだ後の出勤は緊張しますよね。 学生の時でいう夏休み明けの学校です。 何も理由がないのに、とにかく憂鬱になりますよね。 それと同じ感覚です。 行ってしまえば普通に過ごせる。 休職からの復帰も同じです。 だから、気にしなくても大丈夫! 休職期間中にLINEやメールが送られてこない。 先輩ナースたちは気を遣ってくれているのかな?と思いますよね。 うーん…それはちょっと違います。 気を遣っているけど、それどころじゃないというのが先輩ナースたちの本音です。 アナタは休職した時点で職場の時間はストップ。 でも、先輩たちは今も職場で働いています。 アナタは鮮明に覚えている事も、先輩たちにとってもは昔の思い出の1つ。 先輩たちがそれほど気にしないのはそれが理由です。 復帰が近づくと不安になるのは当然 休職からの復帰が気まずい…と思っているのはアナタ自身です。 他の人はそれほど気にしていません。 だから、気にする必要はなし。 といっても、やっぱり復帰が近づくと不安になりますよね。 そう思うのは当然です。 ただ、今のアナタに必要なコトは仕事を忘れてゆっくり休む時間。 そのコトに専念して欲しいですね。 まとめ 復帰する日は誰でも不安に思います。 だから、アナタが「気まずい…」と思うのは当然です。 でも、先輩ナースたちは、アナタほど気にしていません。 復帰しますの挨拶もなく、普通の生活が戻ってきます。 もちろん菓子折りも必要ありません。 ) 休職するのは労働者の権利です。 普通に出勤すれば大丈夫。 ただし、やっぱりムリ…という時は、休職の延長を考えてみる方法もあります。 (参考:) 今ムリをすると、せっかく回復していた病状が悪化する可能性もあります。 働くには健康な身体とメンタルが必要です。 自分の健康を守れるのはアナタしかいません。 焦る気持ちも分かりますが、ムリは禁物ですよ。 復職せずに退職する人も多い 休職中にメンタルが回復できても、職場に戻るとやっぱりムリ…と思う看護師も少なくありません。 「出来そう!」と思う時こそ、復帰したときにダメージが大きいです。 ムリに戻る必要はないと私は思います。 復帰したとしても、根本的な悩みは解決できていません。 結局 同じようにメンタルが傷つきます。 幸いにも看護師は色んな働き方ができます。 新人ナースでも病棟以外の働く場所があります。 常勤にこだわらずにパートで働く方法だってある。 新人ナースだから病棟で3年は…というのは大嘘です。 臨床経験が3年未満でも働く場所はいっぱいあります。 今の職場にこだわらずに広い目で探してみたほうがいいですね。 転職活動でアナタがすべき事• 自分の希望にあった求人探し• 履歴書の書き方• 年収交渉• 入職日の交渉• ブラック企業かどうかの見極め ハローワークやとらばーゆ等を使う場合は、自分でこの6つをやらなくてはいけません。 新卒と休職というハンデを背負っている以上は、しっかり対策しておきたいもの。 転職サイト(転職エージェント)を使えば全てのサポートをしてくれる上に、無料で利用できます。 登録後の電話とか面談とか面倒くさい…と思いますが、これを全部ひとりでやる方が10倍、いや100倍も大変です。 それに 無料で利用できるので、金銭的な負担もかかりませんよ。 たくさんある転職サイトで「結局どれがいいんだろう…」と困りますよね。 私も8〜9社使いましたが、同じようで全然違いました。 そして、優良と優良じゃないサイトもあるのが現実。 私が実際に使って優良な転職サイトと思ったのが次のベスト3です。 地域によって求人数や担当者さんのムラはありますが、基本外れの少ない転職サイトなのでアナタにもおすすめですよ。 第1位: は、 年間2万人の看護師さんが利用する人気の転職サイトです。 定番の転職サイトなので、迷ったらとりあえずココにしてもいいかも。 求人数や転職サポートにも定評があり、利用者満足度は96. 2%です。 まず登録して間違いない転職サイトですね。 期間限定だから今しか貰えない! 今スグ転職したほうがいい理由 アナタは今の職場に不満はありますか? もっと収入を良くしたいですか? 夜勤なしで働きたいですか? 定時で帰りたいですか? 職場の人間関係をリセットしたいですか? 1つでも当てはまったアナタは、転職したほうがいいですね。 そんなアナタにピッタリな転職サイトは、 年間2万人の看護師さんが登録する「看護roo!」です。 無料登録は1分で完了。 今登録すれば… ブラック病院の見極め方、経験年数ごとの自己PRのやり方、退職届の書き方、失業手当の受給スケジュール…等など、 転職に関わるさまざまな情報が記載された「転職ガイドブック」が貰えます。 でも残念ながら期間限定のアイテムなので、いま登録しないと貰えません。 早めに登録して、ガイドブックをてに入れよう!.

次の

入社1年目の休職/新入社員のうつ病や適応障害は珍しくない

休職復帰気まずい

第1回 休職中の社員が職場復帰を申し出てきたら 多くの企業で抱えていると思われるメンタルヘルス関連の事案に対し、社会保険労務士の2人がリレー方式で答えていきます。 【Q】質問 休職中の社員が職場復帰を申し出てきました。 就業規則ではその社員の休職期間は1ヶ月後に満了する予定です。 主治医からの復職可能の診断書はまだ出ていませんが、主治医の復職可能の診断書が出た場合、会社としてどのように対応したらよいでしょうか? ポイント• 休職中も定期的に本人と連絡をとる。 社内担当者が本人と一緒に同行受診する。 就業規則に復職の規程を作成する。 「休職中の過ごし方」の文書を作成する。 【A】回答 社員がメンタルヘルス不調になり、主治医の診断をもとに休職としたものの、いざ社員から職場復帰の申し出がなされたとき、会社としてどのようにしていいかわからないという相談をよくいただきます。 そのような場合の問題点としては、• 休職中の社員と全く連絡を取っていないので様子がわからない。 従業員が50人未満なので産業医がいない。 就業規則で休職の規定は定められているが、復職に関する規定は具体的に定められていない。 などが挙げられます。 休職中の社員と連絡を取らない理由としては、「社員に迷惑ではないか」、「会社の安全配慮義務の範囲なのか」等、休職中の社員に対して会社としてどこまで関わってよいのか分からないことがほとんどのようです。 しかしながら、復職支援は休職中から始まっていると言われています。 窓口担当者を決めて本人の負担にならない範囲で定期的に連絡を取って様子を伺うことは、職場復帰の判断の参考にもなります。 また、が選任されていない場合は、本人の同意を得て、等が主治医へ本人と一緒に同行受診することも重要です。 普段から主治医と連携を取ること、そして、本人と定期的な連絡を取ることは、スムーズな職場復帰にもつながり、会社の安全配慮義務の範囲とも考えられます。 また、をきちんと作成することはもちろんですが、さらに就業規則において復職の規定を作成することも大切です。 休職の発令をするためだけの規定ではなく、休職中のケアから職場復帰後のフォローまでを就業規則できちんと定める必要があります。 社員の中には焦りから、会社に復帰を迫ってくる人もいますが、きちんと事前に規定を定めておくことで、そのような場合にでも対処することが可能です。 最近では、「」と言われ、会社には行けないけれど遊びには行けるという人もいるようです。 病気休職は療養のために与えているものなので、社員は治療に専念する義務があります。 「休職中の過ごし方」などの文書を渡すなど、就業規則とは別に運用規定のようなものを作成して、復職の支援をしていくことも重要です。

次の

公務員を休職して退職後は気まずい?退職前に3つの行動をしよう

休職復帰気まずい

復職願いを提出する際には、必ず医師の診断書を添付しましょう。 復職する願いを出しても、病状が回復していなければ復職させてもらえません。 復職できるかどうかは会社が判断しますが、医師の診断書を添付する事で、復職の交渉のスタートラインに立てます。 会社にとってはおまけ程度 復職の為には復職願いと一緒に医師の診断書が必須である場合が多いです。 これは、必須条件なので復職の決定打になることは、ほとんどありません。 あくまでも、おまけ程度に考えておきましょう。 会社によっては、復職願いを提出してから、産業医と会社と本人で三者面談を行い、今後の計画や病状の確認を行うことがあります。 休職する事によって、会社や同僚に迷惑をかけることになり、実際に休職してしまっているので、生半可な気持ちでは復職させてもらえません。 誠意が伝わる様に書きましょう。 復職してからの会社でのことを書こう 会社に復職してから、どのように仕事を進めるのかということや、リハビリ勤務の希望など必要なことを記載しましょう。 具体的にどこまで考えているのかを記載することで、会社に対して労働意欲が高いことを示せます。 休職によって、会社からの評価が大きく下がっていることを自覚して、復職願いの内容はできるだけ充実させましょう。 タイミングを誤れば、復職願いを提出しても、復職させてもらえないどころか、そのまま退職を勧められる場合もあります。 復職願いを会社に出す際には、現状で本当に復職できるのかどうかを考えて、勝算が少ないのであれば、できるだけ完治に近い状態になるまで耐えましょう。 ゆとりをもって会社に復職願いを提出しよう 復職願いを出す前に、本当に復職しても問題無いのかを考えましょう。 同じ病気によって、再び休職することになった場合は、退職を推奨される場合もあるので、復職願いは慎重に考える必要があります。 休職制度そのものが存在しない会社も多いので、休職させてもらえることは、優遇されていることだと自覚しましょう。 再発の可能性がほとんど無くなってから、医師に診断書を発行してもらい、会社と話し合って決定しましょう。 復職願いでの必要書類・書き方・タイミングの3つのポイントはおさえておきましょう 復職願いは、あくまでも願い入れているだけなので、必ずしも復職させてもらえるとは限りません。 タイミングを誤れば、復職させてもらえないどころか、そのまま退職を勧められる場合もあります。 復職願いを出す際には、現状で本当に復職できるのかどうかを考えて、勝算が少ないのであれば、できるだけ完治に近い状態になるまで耐えましょう。

次の