キズパワーパッド はがす。 授乳中のちくびの傷に!キズパワーパッドの噛み傷時の貼り方

キズパワーパットのはがし方(皮膚ごとはがれないようにする方法)

キズパワーパッド はがす

スポンサーリンク キズパワーパッドのやめどきはいつ?剥がすタイミングが知りたい! キズパワーパッドはいつまで貼るのがいいのかということについてご説明していきます。 キズパワーパッドを使用した際、どのタイミングで「治った」と判断し使用をやめて良いのでしょうか。 普通の絆創膏と違い少し値段が高いため、無駄に長い期間使用してもったいない思いはしたくないですよね。 ズバリ、キズパワーパッドのジャストなやめ時は「パッドに浮かび上がる白い膨らみが目立たなくなったとき」」です! キズパワーパッドは、先にもご紹介したとおり、傷口から出る体液をパッド内に保つことで自己治癒力を促す商品で、体液を吸い取ったパッドがゲル化して白く膨らみます。 白い膨らみが殆ど目立たなくなったら、一度キズパワーパッドを剥がし傷口の状態を確かめてみましょう。 まだまだ白い膨らみがしっかりと浮き出ている場合は傷口がジュクジュクしている状態です。 その時点で使用を中止せず膨らみが小さくなるまで定期的にキズパワーパッドを交換しながら経過を観察して下さい。 もしも、何度張り替えても白い膨らみが小さくならない場合・余計に傷口が悪化して痛み・かゆみなどが酷くなる場合は直ちに使用を中止し、病院で適切な処置を受けましょう。 また、元からキズパワーパッドが最初から全く膨らまないという場合もあります。 その傷口がキズパワーパッドの機能に適していない傷である可能性があります 出血を伴わない炎症のみの傷など。 そういった場合はキズパワーパッドを使用するメリットはありません。 ガーゼや絆創膏などで幹部を外部刺激から守ってあげるよう処置をして下さい。 スポンサーリンク キズパワーパッドの仕組みってどうなってるの?なぜ傷がふさがるのか不思議! キズパワーパッドは、バンドエイドでお馴染みのジョンソン・エンド・ジョンソンが開発した高機能タイプの絆創膏です。 従来の傷の治し方である「傷口を乾かしてかさぶたを作る」という方法とは逆の「傷口を潤いを保ち、きれいに治す」というモイストヒーリングに着目した絆創膏で、かなり噛み砕いて説明をすると「人工かさぶた」のようなものといって良いでしょう。 傷口は乾燥させる方法だと、場合によっては傷跡が残り治りが遅くなってしまいますが、キズパワーパッドは傷を治す力が秘められた体液「滲出液」をパッド内で保つことによって、普通に怪我を治すときよりもきれいに、早く傷を治すことに期待ができる商品なのです。 キズパワーパッドの使い方や貼り方 キズパワーパッドの貼り方はとても簡単。 怪我をした幹部をきれいに洗い流し、傷口の周りの余計な水分を拭き取ってキズパワーパッドを貼るだけです。 ただ、普通の絆創膏を貼るときとひとつ異なるのは「消毒をしない」ということ。 消毒薬はものによって非常に刺激の強いものがあり、傷を治すために必要な細胞組織を破壊してしまう恐れがあり、キズパワーパッドの効果を半減ささせてしまう可能性があるのです。 ですので、誤って消毒薬を使用してしまった場合は、キズパワーパッドを貼る前に、もう一度幹部をきれいに洗い流して下さい。 傷が治るまでは2~3日のタイミングでキズパワーパッドを張り替えましょう。 また、薬の力に頼らず自然治癒力によって傷を治すという皮膚や身体にも優しいのが嬉しいですね!.

次の

キズパワーパットのはがし方(皮膚ごとはがれないようにする方法)

キズパワーパッド はがす

傷が早く治ると評判の 「キズパワーパッド」。 発売した頃は『なんだこれ?』なイメージでしたが、その使い勝手のよさに感動して、お世話になっている方も多いと思います。 わが家でも普通の絆創膏とキズパワーパッドは、常に薬箱に常備するようになりました。 従来の絆創膏とは違って、水に濡れても大丈夫、傷の治りが早い、傷跡が残りにくい…そんなたくさんのメリットがあるキズパワーパッド。 でも、初めて使おうとする時や、久しぶりに使うときには、 使い方でちょっと戸惑うポイントがあります。 いつまで貼り続ければいいのか• 何日かごとに交換するべき?• 剥がすタイミングが分からない• 上手に剥がすコツってある? よく疑問に浮かぶのは、こんなことが多いですね~。 わたしはうっかり包丁で指を切ってしまった時の 切り傷に使うことが多いんですが、いざキズパワーパッドを傷口に貼ってから気付くんですよね。 というより、しないのがオススメなんです! その代わり、傷口周辺の汚れやばい菌・異物を、流水でしっかり洗い流します。 しっかり消毒した方が、治りが早くなりそうな気もしますが… これについては、キズパワーパッドのホームページに詳しく理由が載っていました。 Q どうして消毒液・ヨードチンキは、一緒に使ってはいけないの? A 消毒剤の中には、刺激が強く、キズが治る上で必要な細胞組織を破壊し、治りを遅らせてしまうものもあります。 消毒したい気持ちはグっとこらえて、しっかり水で洗浄するに留めましょう。 軽い出血ならそのままキズパワーパッドを貼る 傷口の水洗いが終わったら、清潔な布や紙を使って、やさしく水分を取ります。 血がにじむ程度の出血なら、キズパワーパッドが吸収してくれるのでそのまま傷口を覆うように貼りましょう。 切り傷の場合に多いのですが、血が次から次にあふれてくるときは、まず止血を。 ある程度出血がおさまってから、パッドを傷口に貼りつけます。 あとはキズパワーパッドにお任せ キズパワーパッドを傷口に貼って少し経つと、パッドが傷口周辺の 『体液』を吸収して、白くもこもこっと盛り上がってきます。 これが、傷口を治している証拠なんです。 あとは、基本的に傷口がふさがるまで貼り続けて、パッドに治療をお任せします。 キズパワーパッドを上手に使うポイントは、 傷口がまだジュクジュクしてる状態で、パッドを貼ること!• 傷から出る体液や、血液が固まっていない• 受傷後に時間が経っていない• 傷が乾いていない• かさぶたになっていない この状態でないと、たとえキズパワーパッドを貼ったとしても、 効果が発揮されにくいのでご注意下さいね。 普通の絆創膏と比べるとちょっとお高いイメージがありますが、実際に使ってみると、 傷口の痛みがマシになったり、傷跡が残りにくくなるのはかなり魅力的です。 扱っているお店にもよりますが、 10枚入りで800円前後くらいで購入できます。 大体、そういったタイミングで新しいものに交換することが多かったはずです。 キズパワーパッドも、そういったタイミングで交換するのかと思いきや… 基本的に、2~3日は交換不要 なんです! 「えっ、何日も貼りっぱなしで大丈夫!?」 …と不安になりそうですが、貼り続けることを推奨するきちんとした理由があります。 キズパワーパッドの傷を治す仕組みである 「モイストヒーリング(湿潤療法)」に、そのヒミツが隠されていたんです。 モイストヒーリング(湿潤療法)について 傷口にキズパワーパッドを貼ると、パッドが傷から出た体液を吸収して、白くぷっくりと膨らんできます。 初めて使う人は、その異様な光景にびっくりしたんじゃないでしょうか。 この体液には、 傷を早くキレイに治す力が秘められています。 いわゆる「体の自己治癒力」というやつですね。 この自己治癒力をうまく利用して傷を治すのが、キズパワーパッドのしくみなんです。 この自己治癒力をを最大限に活かすためには、 傷口を乾かさず、体液を保った状態でキープするのが大前提。 これはモイストヒーリング(湿潤療法)と呼ばれる方法で、キズパワーパッドはこの考え方を元にして作られています。 そのため、 「お風呂に入ったから、今日も交換しよっと」 「この白い膨らみって、なんだか気持ち悪いなあ…」 と、 何度もはがしてしまうのは、逆に傷の治りを遅くしてしまいます。 例えるなら、出来たてホヤホヤのかさぶたを無理やり剥がしたら、また血が出てしまいますよね?キズパワーパッドの頻繁な交換は、これと同じことなんです。 かさぶたの下では傷の修復作業の真っ最中なので、それを剥がせば剥がすほど、 治癒の邪魔をしてしまいます。 白い膨らみが、はみ出そうなとき これは傷口から体液がたくさん出る、 貼った初日~2日目くらいまでに、起こりやすいです。 前途の通り、白い膨らみは、 傷を治している工場のようなもの。 それがパッドからはみ出てしまうと、そこから、 水やばい菌が入ってしまうことがあります。 そのまま貼り続けると、炎症を起こしたり、化膿する場合があるので、この場合には一度剥がして、 新しいものと交換しましょう。 パッドが剥がれる・剥がれそうになったとき キズパワーパッドの使い勝手の良さのひとつに、 水に濡れても安心な防水加工がありますよね。 それでも、汚れたり、お風呂でお湯にふやけたりすると、少しずつはがれやすくなってくるんですよね~。 パッドのふちが剥がれてくると、そこから水分が吸収されて、 パッド自体の粘着力が、だんだんと落ちてしまってきます。 これも、傷口に水やばい菌が入る原因になります。 ちょっと剥がれてきたな…と思ったら、交換しましょう。 上手に剥がすコツは後ほどお話しますね! 貼り続けるのは3日まで 実は、キズパワーパッド自体には 消毒機能がないんです。 なので、何日もずっと貼り続けていると…さすがの体液も劣化してきて、今度はそこに細菌が増えてしまいます。 実は、パッドが剥がれなければいつまでも貼り続けてオッケー、ではないんですよね~。 2~3日に1回は、パッドを剥がして傷口を確認して、新しいものに貼り替えましょう。 傷口の表面に薄い皮膚が出来ていたら、それが、キズパワーパッド終了の合図です! 適度な交換はOK!貼り続け過ぎにも注意しよう わたしも最初は「とにかく貼り続けるのがいいんだ!」と、勝手に思い込んでいたので、お風呂でパッドがふやけて、端っこがめくれてきても… 限界まで交換せず、いつまでも同じパッドを貼り続けていました。

次の

キズパワーパッドのはがしかたを教えてください。新しい皮膚を剥がして...

キズパワーパッド はがす

キズパワーパットとはどういうものなの? キズパワーパットは、ハンドロコドイロという素材を使って、湿潤療法という方法で傷を治します。 皆さまご存知の通り、主流となっている治療法とは、まずは傷口を洗い流し消毒し、乾燥させるのが良いとされています。 消毒してから絆創膏を貼る方法もありますが、浅い擦り傷の時は絆創膏を貼る事でかえって治りが遅くなってしまうことも良く知られていて、今は、乾かして放って置くことが多いようです。 しかし、キズパワーパットによる治療は、それともまた異なります。 人の自然治癒能力によって、かさぶたが自然にできるのを待つのでは無く、かさぶたの代わりにキズパワーパットを貼る、という方法です。 これにより、自然とかさぶたができるのを待つよりも、より清潔に、早く傷を治す事ができます。 キズパワーパットの使用法、やってはいけないこととは? では、具体的に、キズパワーパットの使い方とはどういうものなのでしょうか?• 傷口を綺麗に洗い流す。 清潔なタオルやガーゼなどで傷口の水分をふき取る。 消毒や薬を塗らずに、そのまま傷口にキズパワーパットを貼る。 様子を見ながら交換して、傷が治るのを待つ。 尚、2週間経っても傷が治らなかったり、傷口が明らかに悪化してきた時は病院へ行く事をおすすめします。 やってはいけないことは? 使い方を間違ってしまうと、かえって傷の治りを遅くしてしまうことがあります。 特に気をつけなくてはならないのは「消毒をしてはいけない」ということです。 どうしても、消毒をしないと落ちつかない、という人もいるでしょうが、消毒をすることで、キズパワーパットが皮膚に密着するのを妨げてしまいますし、何よりも、傷口を消毒するということは、有害な細菌だけでは無く、自己の治癒に必要な力も弱めてしまい結局のところ、傷の治りを遅くしてしまうのです。 どんな傷に効くの?• 軽いすり傷、きり傷• 浅い火傷• あかぎれ、かさむけ、靴ずれ など、基本的に軽度のものに大きな効果があります。 使用しない方が良い場合• 深い切り傷、刺し傷• 大きな火傷• 湿疹や水イボ キズパワーパットはあくまで、かさぶたの代わりになってくれるものです。 皮膚の疾患は、病院へ行かなくては治りませんし、あまりに深い傷や火傷もまずは病院へ行った方が賢明です。 傷に万能な薬、というわけではありませんので、注意しましょう。 どのくらいで取りかえればいいの? 説明書には5日程度と書いてあるはずですが、必ずしも5日貼りっぱなしが良いというわけではありません。 むしろ入浴などで、水が入ってしまうと細菌が侵入してしまうため、通常の絆創膏と同様、一日起きに替えても良いくらいです。 また、膿などが溜まってきた場合もすぐに取り替えてください。 その膿が染み出してくると、細菌が入りこむ原因になります。 血の場合も同様です。 替える時も、一度、傷口を洗い流してから清潔なガーゼやタオルで傷口を拭いてから貼り替えましょう。 便利なキズパワーパット、しかし使い方を間違えると治りにくい状態に!? いかがでしたでしょうか? キズパワーパットの使い方は理解できましたでしょうか? 正しく使う事ができれば、早く傷を治す事ができる大変便利なものですが、使い方を間違えると、多くの医療品がそうであるように、かえって症状を悪化させてしまいます。 正しい使い方を知り、早く傷から解放されれば、ストレスも少なくて済みますよね。

次の