福岡 大阪 新幹線 往復。 【最安6,300円~】大阪⇔福岡の格安新幹線「バリ得こだま」予約・購入ガイド

【格安移動】高速バス・飛行機・LCC・新幹線の最安値比較・予約

福岡 大阪 新幹線 往復

16,360円 ー のぞみ・みずほ(指定席)• 16,160円 ー のぞみ・みずほ(スマートEX)• 15,930円 ー さくら・ひかり・こだま(指定席)• 15,730円 ー さくら・ひかり・こだま(スマートEX)• 15,400円 ー 自由席• 15,400円 ー 自由席(スマートEX)• 13,790円 ー e特急券• 13,790円 ー eきっぷ• 13,790円 ー EX予約• 12,570円 ー EX早特(平日)• 12,220円 ー EX早特(土休日) 新大阪ー京都間を在来線利用(560円、所要時間23分)すれば、以下も利用可。 30,700円 ー のぞみ・みずほ(指定席)• 30,300円 ー のぞみ・みずほ(スマートEX)• 29,840円 ー さくら・ひかり・こだま(指定席)• 29,440円 ー さくら・ひかり・こだま(スマートEX)• 28,780円 ー 自由席• 28,780円 ー 自由席(スマートEX)• 27,640円 ー 指定席回数券(=金券ショップ)• 25,560円 ー e特急券• 25,560円 ー eきっぷ• 25,160円 ー EX予約• 25,140円 ー EX早特(平日)• 24,440円 ー EX早特(土休日)• 22,080円 ー スーパー早特きっぷ• 18,440円 ー こだまスーパー早特きっぷ• 16,320円 ー バリ得こだま 「バリ得こだま」で16,320円が最安。

次の

インターネット予約限定 スーパー早特きっぷ[席数限定]|JRおでかけネット

福岡 大阪 新幹線 往復

駅で正規料金で買うのは最終手段。 格安きっぷを賢く使いましょう! 安い順!博多ー新大阪の新幹線料金一覧 博多ー新大阪の新幹線料金を安い順に並べておきます。 全てを含めると煩雑になりすぎますので。 これらも含め、リストの各項目1つ1つに関して、詳しくは後述していますので興味ある人はご覧ください。 福岡 博多 ー新大阪は往復割引がきく! 福岡 博多 ー新大阪間は営業キロが601km以上なので、往復の場合は往復割引がききます。 乗車券が1割引になります。 (小倉ー新大阪や博多ー新神戸は600キロ未満なので往復割引がききません) 「新幹線パック」でどれほど往復新幹線が安くなるか 上で掲載した、新幹線の料金リストには宿代がはいっていませんでした。 往復料金に宿代(1泊6,000円と仮定)を加算して、改めて比較してみると以下の通りです。 直前予約でも割引率が大きい• のぞみに安く乗れる• お盆・年末年始・GWもおトクな会員価格 回数券よりも安くなるので、頻繁に新幹線を利用する人は有料会員になる価値はあります。 eきっぷ・e特急券 eきっぷは、JR西日本の「J-WESTカード会員」かJR九州の「JQ-CARD」会員のみ購入できる特急券です(乗車券ではありませんので注意)。 カード会員限定なので利用する人は限られます。 eきっぷは往復割引と併用可能で新幹線料金を安くできますが、同じ会員限定サービスなら「EX予約」や「EX早特」の方が割引率も高いですし、ペーパーレスで使いかっても優れているので、こちらを利用することをおすすめします。 また、「eきっぷ」と似たようなきっぷに「e特急券」があります。 料金はeきっぷと同じです(山陽新幹線では)。 e特急券はエクスプレス予約限定のきっぷですので、スマートEXでは購入できません。 いずれにせよ、利用シーン、利用者は限られます。 回数券(金券ショップ) 格安チケットといえば、金券ショップが真っ先に思い浮かびますが、思っているほどお得ではありません。 金券ショップで売っているのは回数券のバラ売りですので、割引率は約3〜5%程度です。 また、新幹線の回数券が設定されていない区間もありますし、お盆・年末年始・GWは使用できません。 しかし、当日手軽に割引を受けられる回数券はやはり人気です。 団体旅行する場合や特定区間の新幹線を頻繁に利用する人は購入しておいてもいいでしょう。 新幹線の回数券は、短距離区間なら自由席、中長距離区間なら指定席に設定されています。 新大阪 ー 博多:13,520円(指定席) スマートEX スマートEXはJRの無料会員サービスです。 登録が必要です。 スマートEXを利用すると通常料金から200円引きになります。 無料のスマートEXはそこまで割引率は大きくありませんが、区間によってはEX早特なども利用できるので、会員登録しておいて損することはありません。 EXアプリというスマホアプリをインストールしておけば、いつでもどこでも簡単に新幹線の予約ができます。 新幹線によく乗る人は必須です。 おとなび 50歳以上であれば、「おとなび」を使って新幹線を利用するのもお得です。 おとなび会員(無料)になれば、下記3つの特典が利用できます。 1人利用できない• JR窓口で買えない• e5489からの予約で面倒(JWEST会員限定)• 短距離区間限定 ただ残念ながら、こだま指定席きっぷは中短距離区間にしか設定されないため、博多ー新大阪間はこだま指定席きっぷがありません。 学割 JR指定の中学・高校・大学や専修・各種学校の学生なら学割が利用できます。 営業キロ数が101キロ以上の区間の乗車券が2割引になります。 特急券は割引になりません。 障害者割引 身体障がい者および知的障がい者は乗車券が半額になります。 特急券は割引になりません。 身体障害者手帳または療育手帳の記載が「第2種」の場合は本人のみ、「第1種」の場合は同伴の介護者も割引になります。 往復割引、乗り継ぎ割引等も併用できるので該当する人は利用しない手はないです。 ただし、往復で宿泊する場合などは、新幹線パックの方がお得になる可能性が高いです。 早割は?学割は?福岡 博多 ー新大阪の新幹線「よくある質問」• 博多 ー 新大阪:8,100円• 小倉 ー 新大阪:7,500円 あとは、EX早得、EX予約と安い順に続いていきます。 新大阪ー博多の早割チケットで最も格安で、直前まで予約可能なのは? 上述した通り、新大阪ー福岡 博多 の早割チケットでもっとも安いのは、バリ得こだまです。 宿泊+往復の場合は、新幹線パックです。 バリ得こだまは5日前まで、新幹線パックは3日前まで予約可能です。 他の早割チケットの予約期限は下記の通りです。 早割チケット 予約期限 新幹線パック 3日前 バリ得こだま 3日前 EX早特 3日前 こだまスーパー早特きっぷ 14日前 スーパー早特きっぷ 14日前 当日購入で最も格安は? 当日購入なら選択肢はかなり少ないです。 エクスプレス予約(EX予約)なら当日の4分前まで購入でき、これが最安の選択肢です。 次に、eきっぷ・e特急券、スマートEXと続きますが、いずれも会員限定になります。 JRの会員サービスが利用できなければ、当日できる残された割引手段は回数券の購入です。 駅の窓口、券売機で6枚綴りを購入するか、金券ショップで回数券のバラ売りを買いましょう。 福岡・博多 ー 新大阪:13,640円(のぞみ指定席)• 福岡・博多 ー 新大阪:12,790円(自由席) 学割は往復割引と併用可能なのでダブル割引が可能です。 新大阪ー博多のこども料金を格安にするには? 基本的に、こどもの新幹線料金はおとなの半額ですので、おとな料金で格安なきっぷはこども料金も安いです。 旅行会社が販売する格安新幹線チケットも半額のケースがほとんどです。 ただし、あくまで「基本的に」です。 なかには「こだま指定席きっぷ」のように、こども料金が一律でお得なきっぷもあります。 ただ残念ながら、こだま指定席きっぷは中短距離区間にしか設定されないため、博多ー新大阪間はこだま指定席きっぷがありません。 いずれにせよ、まずは新幹線パックがおすすめです。

次の

新大阪-博多の新幹線【片道・往復】料金を格安にする!

福岡 大阪 新幹線 往復

16,360円 ー のぞみ・みずほ(指定席)• 16,160円 ー のぞみ・みずほ(スマートEX)• 15,930円 ー さくら・ひかり・こだま(指定席)• 15,730円 ー さくら・ひかり・こだま(スマートEX)• 15,400円 ー 自由席• 15,400円 ー 自由席(スマートEX)• 13,790円 ー e特急券• 13,790円 ー eきっぷ• 13,790円 ー EX予約• 12,570円 ー EX早特(平日)• 12,220円 ー EX早特(土休日) 新大阪ー京都間を在来線利用(560円、所要時間23分)すれば、以下も利用可。 30,700円 ー のぞみ・みずほ(指定席)• 30,300円 ー のぞみ・みずほ(スマートEX)• 29,840円 ー さくら・ひかり・こだま(指定席)• 29,440円 ー さくら・ひかり・こだま(スマートEX)• 28,780円 ー 自由席• 28,780円 ー 自由席(スマートEX)• 27,640円 ー 指定席回数券(=金券ショップ)• 25,560円 ー e特急券• 25,560円 ー eきっぷ• 25,160円 ー EX予約• 25,140円 ー EX早特(平日)• 24,440円 ー EX早特(土休日)• 22,080円 ー スーパー早特きっぷ• 18,440円 ー こだまスーパー早特きっぷ• 16,320円 ー バリ得こだま 「バリ得こだま」で16,320円が最安。

次の