偏頭痛予防サプリ。 偏頭痛サプリで和らげる!偏頭痛に効くサプリメントベスト3

偏頭痛にマグネシウムは効く。その摂取方法をご紹介|脳の病気チェックドットネット

偏頭痛予防サプリ

片頭痛を予防したいなら、なるべく脳の血管を激しく活動させずに、痛み刺激のサインを送らないようにしたいもの。 そこで、マグネシウムの働きが役に立ちます! マグネシウムには血管を 「収縮」させる働きがあって、刺激によって生じる炎症反応を抑える効果もあるそうです。 片頭痛予防には理想的な効果ですよね。 マグネシウムが不足すると、血管が痙攣したり、痛みに敏感になるなど、片頭痛が発生しやすい状況になってしまいます。 低気圧で片頭痛に悩む時期や、休日で仕事の緊張から解放されるときなど、になりそうなときは、マグネシウムをサプリメントでガッチリ補給しておくべきです。 特に、ほうれん草は、マグネシウムと、後で述べるビタミンもたっぷりなので、片頭痛予防にバッチリな野菜です。 ビタミンB2は、脳の血流を良くする働きがあり、頭に酸素や栄養素が多く運ばれるようになります。 それによって、脳の老廃物もスムーズに排除されるようになるので、血管の拡張など、片頭痛を引き起こす因子が取り除かれるんだとか。 ビタミンB2を1日400㎎、1か月以上飲み続けると、明らかに頭痛の回数が減ったと実感するケースが6割くらいあるらしいです。 特に、牛乳は、リラックスできるトリプトファンも含まれているから、おすすめの飲み物なんです。 スポンサードリンク 私の片頭痛サプリは、ファンケル「マルチミネラル」と「ビタミンB群」 片頭痛持ちの管理人が愛飲しているサプリが、 ファンケルの「マルチミネラル」と「ビタミンB群」です。 ちなみに、マグネシウムの単体のサプリはファンケルにはありませんが、マグネシウム以外にも、必須ミネラル10種類が入っていてお得。 ビタミンは水溶性なので、飲んでもすぐに身体から排出される特性があるのですが、ファンケルのサプリはロングタイム製法とやらで、じっくり溶けて長くとどまるらしいです。 できるだけ身体に成分が長くとどまるように、1日摂取量を2回に分けて飲んでます。 片頭痛が起こる回数をはっきり数えていたわけではないので曖昧ですが、飲み始めてみて、なんとなく痛みが出る頻度が減ってる気はします。 3日に1回くらいは偏頭痛があったのですが、最近は、ひどく痛いのは1週間に1回くらいになったような…。 なんとなく飲んでいると安心するので、寝すぎたとき、寝不足の時、日曜日、パソコンに向かうときなどは、ちょっと一粒多めに飲んだりすると心強いです! 痛みがあるたびに、毎回市販薬で治すのも不安…と思われる方は、ぜひ、サプリメントから始めてみてはいかがですか?.

次の

PMSの頭痛の治し方|頭痛の種類と有効な対処方法

偏頭痛予防サプリ

天気が悪いと頭が痛くなる「低気圧偏頭痛」。 生理前になると激しい頭痛が何日も続く「月経関連偏頭痛」。 偏頭痛にも様々なパターンがありますが「体質だから仕方が無い」「お薬を飲めば治るから」と諦めていませんか。 偏頭痛は脳の血管で炎症が起こっており、そのたびに脳の血管が損傷を受けているのだとか。 そのため、偏頭痛体質の人は将来、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞や認知症を発症するリスクが、偏頭痛でない人に比べると高いという指摘もあります。 偏頭痛は脳の血管が拡張し、炎症を起こすことが原因。 血管が拡張することで、脳の三叉神経に刺激が伝わり、痛みや吐き気、めまいといった症状として現れるそうです。 脳の血管が拡張する原因の一つに、セロトニンの過剰分泌が指摘されています。 セロトニンには血管を収縮させる働きがあるとのこと。 「血管の拡張が偏頭痛の原因なら、血管を収縮させるセロトニンは問題ないのでは?」という疑問が湧いてきます。 ストレスを感じた脳はセロトニンを大量に分泌し、一時的に血管を収縮させるのだそうです。 しかし、セロトニンは脳内で大量に生産される物質では無いため、一度に放出すると不足してしまうのだとか。 その結果、セロトニンが不足し、収縮していた血管が一気に広がる、というのが偏頭痛のメカニズムのようです。 また、女性の場合、セロトニンは女性ホルモンと密接な関係があると指摘されています。 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が増加すると、セロトニンの分泌量も増えるとのこと。 しかし、ホルモンバランスが乱れることにより、セロトニンが過剰に分泌されたり、不足したりしてしまうんですね。 女性の場合は、ホルモンバランスを整えることも偏頭痛を解消する大きなカギと言えます。 ちなみに、一般的な頭痛薬は痛みをブロックするのが主な役割。 血管の拡張を収縮させる働きは無いため、偏頭痛の改善には効果が低いと言われています。 頭痛薬の飲みすぎで頭痛が悪化する? 頭痛というと、風邪に続く仮病の代名詞、というイメージがある人も多いのでは。 家族や上司が頭痛体質でないと、なかなかそのツラさを理解してもらえず、「サボりたいだけじゃないの?」と訝しがられることも。 その結果、「あ、今日頭痛になるかも」と些細な痛みでも、つい頭痛薬に手が伸びてしまいます。 実は、頻繁に頭痛薬に頼ることで、痛みに敏感な体質になってしまうのだとか。 本来であれば、我慢できる痛みでも安易に薬に頼っていると、我慢できない痛みになってしまうんだそうです。 その結果、頭痛薬が手離せない「薬物乱用頭痛」が、近年問題視されているとのこと。 薬物乱用頭痛は別名リバウンド頭痛とも呼ばれており、痛みが慢性化し、薬に頼らなければ非常に激しい痛みに襲われるというもの。 1カ月に10日以上頭痛薬を飲むという状態が、3カ月以上続いているようであれば、薬物乱用頭痛の可能性があるそうです。 さらに、頭痛薬は胃や腎臓への負担が大きいと言われています。 頭痛薬の多くが「食後に服用」とされているのは、胃への負担を軽減するためなんだそうです。 病院でもらうお薬には必ず胃薬が付いていますよね。 しかし、薬局で購入した頭痛薬を飲む際に、胃薬を併せて飲むという人はほとんどいないのではないでしょうか。 日常的に頭痛薬を服用し続けていると、胃がんや腎障害のリスクが高まるという指摘もあります。 頭痛薬のリスクを知った上で、正しくお薬に頼り、尚且つ頭痛薬に頼らなくても良い体質改善が大切だと言えそうです。 偏頭痛を和らげるカギはセロトニンのコントロール 偏頭痛の原因はセロトニンの過剰分泌による脳の血管の縮小拡張。 セロトニン自体は決して悪いものでは無く、「幸せホルモン」とも呼ばれており、質の高い睡眠や精神の安定に欠かせないホルモン。 このセロトニンの供給をコントロールすることが偏頭痛解消のカギとも言えます。 セロトニンの過剰分泌を抑制する働きがあると言われているのが、フィーバーフュー。 古代ギリシャの時代から抗炎症剤として使用されてきたハーブの一種です。 さらに、フィーバーフューにはパルテノライドと呼ばれる成分が含まれています。 パルテノライドは痛みの原因物質であるプロスタグランジンを抑制する働きもあるのだとか。 頭痛の痛みを緩和しつつ、頭痛の原因であるセロトニンをコントロールしてくれる理想的な成分とも言えます。 また、女性の場合は、ホルモンバランスの乱れも頭痛の大きな原因。 近年、頭痛をはじめとするPMS 月経前症候群)の原因はエストロゲンの過剰分泌ではないか、と言われています。 本来、プロゲステロンが優位に働く生理前に、エストロゲンが過剰に分泌されることで、亜鉛やマグネシウム、ビタミンB6が不足してしまうのだとか。 亜鉛やマグネシウムはセロトニンを合成する際に必要なミネラル。 特に偏頭痛の発作が起きている状態では脳のマグネシウム濃度が通常の濃度よりも低いことが確認されているそう。 マグネシウムにはセロトニンの合成に加えて、血液の凝固を防ぐ働きもあります。 マグネシウムが不足することで、小さな血栓が発生し、脳の毛細血管に詰まることで偏頭痛が起こるのだとか。 実際、ほとんどの頭痛薬には、マグネシウムが配合されています。 日本人は年齢性別に関わらず、慢性的にミネラルが不足しているそうです。 日ごろから、ミネラルを意識した食事を食べたり、ミネラルウォーターを飲むように心がけるだけでも違ってくるかもしれません。 偏頭痛の緩和におすすめサプリは?.

次の

偏頭痛はセロトニン(トリプトファン)と関係が!上手く付き合う3つのコツ

偏頭痛予防サプリ

では、偏頭痛とマグネシウムはどう関係するのでしょうか? マグネシウムには収縮した筋肉をゆるめる働きがあります。 人間の筋肉は、細胞内のマグネシウムイオンとカルシウムイオンが脱分極を繰り返すことによって起こります。 体内のマグネシウムイオンとカルシウムイオンの量によって、筋肉が異常に興奮してしまうのです。 たとえば足がつったりまぶたがピクピクと痙攣するのは、筋肉の異常興奮。 マグネシウムが不足しているからです。 偏頭痛の痛みの原因は、まだ完全には解明されていません。 しかし最も有力なのが脳内の血管が異常に収縮した後で拡張することによって、脳血管の周囲に張り巡らされた三叉神経を圧迫して血管周囲に炎症が起き、痛みが生じるという「三叉神経説」。 この脳血管の拡張にはセロトニンという神経伝達物質の脳血管内での増減が関わっているとされています。 このセロトニンの合成のためには細胞内のミトコンドリアが活発に動いていないといけませんが、偏頭痛患者はミトコンドリアの活性が低下しているのです。 ミトコンドリアの活性が低下すると、神経細胞内のカルシウムイオンやマグネシウムイオンの調節を正常に行うことができなくなり、電気的に異常な興奮をおこして偏頭痛発作が起こるのです。 ですから、 偏頭痛に苦しんでいる人はマグネシウムを上手に摂取すると発作が軽くなったり、発作そのものを起こす回数を減らすことができるのです。 マグネシウムが身体に必要なことがおわかりいただけたでしょうか? では、マグネシウムを摂取するのはどのようにしたらよいのでしょうか。 マグネシウムはただ単体で大量に摂取しても、不要な分は体内に吸収されることなく排出されてしまいます。 ですから、マグネシウムのサプリメントも市販されていますが、余程大量の水と摂取しない限りは体内にとどまることはありません。 マグネシウムは生きていく上で必要なミネラルですが、摂り過ぎると下痢を起します。 実際、下剤の多くはマグネシウムを含んでいるのです。 ですから自然な形態で身体に取り入れたいものですね。 厚労省では、1日のマグネシウム所要量として 成人男子で280~300mg、成人女子では240~260mgとしています。 マグネシウムは食事からでもとれますが、現代人の食生活では不足していることが殆ど。 納豆やゴマ、玄米、ヒジキ、ホウレンソウ、ワカメ等が多く含まれているのですが、日々の生活でこれらの食材で所要量を取り入れるのは困難。 マグネシウムを効果的に必要量摂取するには、下の方法がお勧めです。 5mlを2Lの水に入れてそのまま飲んでも良いですね。 中にはコーヒーなど味がまずく感じられるものもあるので、自分が続けられるものを見つけましょう。 マグネシウムは偏頭痛持ちの人でなくても、生きていく上で必要なミネラルです。 ですが、偏頭痛の人にとっては特に大事。 発作が起こり始めてから上記のマグネシウム水を飲んでからでも間に合うことがあります。 マグネシウムと上手に付き合って、偏頭痛で苦しむ日を減らしたいですね。 『偏頭痛はある程度専門的な治療にかかる必要がある』とこのサイトで述べていますが、実は偏頭痛を和らげる商品が出ているのも事実です。 完全に治るのは難しいのかもしれませんが、酷くなって動けなくなったり、吐き気を伴って苦しくなったりする前に、一度試してみる価値はあると思います。 いくつかおすすめの商品はあるのですが、いくつも紹介すると皆さんも混乱すると思いますので、このページでは、私が厳選した商品を紹介させていただきます。 それは、という商品です。 皆様の偏頭痛が少しでも和らぎますように。 アルツハイマーについて• アルツハイマーの症状について• アルツハイマーの原因について• アルツハイマーの原因について• アルツハイマーの対応について• 若年性アルツハイマーについて• くも膜下出血について• くも膜下出血の予防について• くも膜下出血の原因について• くも膜下出血の症状について• くも膜下出血の治療について• くも膜下出血のその後について• くも膜下出血と脳の病気について• 急性くも膜下出血について• 外傷性くも膜下出血について• 脳梗塞について• 脳梗塞の症状について• 脳梗塞の原因について• 脳梗塞の予防について• 脳梗塞の治療について• 若年性脳梗塞について• パーキンソン病について• パーキンソン病のリハビリテーションについて• パーキンソン病の原因について• パーキンソン病の初期症状について• パーキンソン病体操について• 若年性パーキンソン病について• 偏頭痛について• 偏頭痛の症状について• 偏頭痛の原因について• 偏頭痛の対処について• 偏頭痛と食べ物について• 慢性偏頭痛について• 群発頭痛について• 緊張性頭痛について• てんかんについて• てんかんの症状• てんかんの原因• てんかんの対処• てんかんの治療• てんかんと年齢• てんかんの分類• 動物のてんかん•

次の