大変 恐縮 なの です が。 「恐縮の限り」について知っておくべき意味と使う場面

「大変恐縮ですが」の意味と使い方・類語|ビジネス/メール

大変 恐縮 なの です が

様々なやり取りを行うビジネスメール。 ビジネスメールのやり取りを行えば相手のビジネスレベルがわかる、とも言われており、相手への配慮をしつつわかりやすくコミュニケーションをとることは重要なポイントです。 最低限相手に失礼のないメールができるよう相手に配慮するメール文面を理解しておきましょう。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使う場面とは相手にお願いするとき ビジネスメールで「お忙しいところ」というフレーズは、「相手に仕事や質問・問い合わせの回答を頼むなど、相手の負担になることをお願いするとき」に使います。 たとえば、添付した資料の確認を求めるときには、「お忙しいところ大変恐縮ではございますが、添付させていただいた資料のご確認のほどよろしくお願いいたします。 」といいます。 ビジネスメールは相手に要求する内容が多いため「お忙しいところ」をよく使う 相手に商談の時間をとってもらいたいときには、「お忙しいところ申し訳ございませんが、打ち合わせの時間をとっていただきたく、お願い申し上げます。 」とします。 ビジネスメールの多くは、相手になんらかの要求をする内容です。 なので自然に、「お忙しいところ大変申し訳ございませんが」というフレーズを多用することになるのです。 「お忙しいところ」のバリエーションを相手や場合によって使い分ける ここでは、ビジネスメールで使う「お忙しいところ」のバリエーションを紹介します。 【ビジネスメールの「お忙しいところ」のバリエーション】 「ご多忙中、お手数をおかけしますが」 「ご多忙中のところ誠に恐縮ですが」 「ご多用中恐縮でございますが」 「ご多忙のところ大変恐縮ですが」 「ご多忙の折、お手数をおかけして恐縮ですが」 「ご多忙のところ、お手数をおかけしますが」 「ご多忙中とは存じますが」 「お忙しい中、失礼いたします」 です。 丁寧なビジネスメールは「ご多忙のところ大変恐縮ですが」を使う これらのバリエーションの中から、メールの用件に合ったものを選んで使いましょう。 丁寧なのは、「ご多忙のところ大変恐縮ですが」というように、「ご多忙」「お忙しいところ」と「恐縮」という言葉をセットにすることです。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使う締めくくりは「よろしくお願いいたします」にする ビジネスメールで「お忙しいところ」を使うときは大抵、自分の都合で質問や問い合わせ、仕事などの頼み事をするときでしょう。 なので、そのようなビジネスメールを書くときには、用件を持ちだすときに「お忙しいところ」を使い、メールの締めくくりは「よろしくお願いいたします」と書きましょう。 ビジネスメールでは相手に指図しないのがマナー また、「お忙しいところ」を書いたとき、相手に「指図をしない」ようにしましょう。 たとえば「早めのお返事、お待ちしております」というような書き方は、忙しいとわかっている相手に「早く返信しろ」と指図しているのでNGです。 反対に、「このメールへの返信は必要ありません」という書き方も、相手の行動を制限していることになるのでしてはいけません。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使うときは相手に合わせた書き方にする 以上が、ビジネスメールにおける相手に対しての「お忙しいところ」の使い方についてです。 「お忙しいところ」というフレーズは、ビジネスメールでは相手に対してよく使うので、使い方はきちんとおさえておきましょう。 バリエーションも覚えておくと、用件や相手に合わせた書き方ができます。

次の

大変だと思いますがの敬語は?目上の方への「健闘を祈る」の伝え方も

大変 恐縮 なの です が

日本語の「大変」を英語に訳す場合、まずこの2つを使い分ける必要があります。 さらに、それぞれの細かい意味によって、使う表現が変わります。 それぞれに適した英語を見ていましょう。 1-1.とても・非常にの意味で使う「大変」の英語 1つは、「とても」や「非常に」という意味で、「大変助かります」や「大変申し訳ありません」などがこれにあたります。 「とても」や「非常に」というニュアンスで「大変」を使う場合、一番多く使うのが 「very」です。 「very」は副詞で、「very busy(大変忙しい)」や「very expensive(大変高価な)」など副詞や形容詞の前につけて、それらの意味を強める働きをします。 「very」は一般的に広く使える表現ですが、「extremely far(大変遠い)」など「大変」の後にくる表現によって様々な単語を使います。 副詞や形容詞を強めて「大変」という意味になる単語の例を見てみましょう。 extremely:極めて、非常に、限りなく• remarkably:顕著に、著しく、目立って• 尚、「大変なことが起こった」とネガティブな表現でいう場合にも「serious matter」で「serious」という形容詞が使えます。 terrible:非常に悪い、すごく下手で• 1-2.辛い(つらい)・困難なの意味で使う「大変」の英語 もう1つは、「辛い」や「困難な」という意味で使う「大変」です。 これは「仕事が大変だ」や「大変な状況だった」等のフレーズで使います。 「辛い」や「困難な」という意味での、「大変」は「hard」、「difficult」、「tough」などを使います。 hard:肉体的や精神的に厳しい状況、しんどい、きつい状況に使える表現です。 difficult:知識や技術が足りなかったり、解決策が見つからなくどうしようもなかったりするような困難な状況で使えます。 tough:容赦がないような厳しさを感じさせる大変さです。 「hard」や「difficult」より、少し強めの表現です。 2.「大変」の英語フレーズや例文:日常会話編 ここでは「大変だね(大変ですね)」など、日常会話でよく使う「大変」を使う英語フレーズを見ていきましょう。 2-1.大変だね/大変ですねの英語 大変な状況の人がいて、その話しを聞いたときに「それは大変だね」という場合は、下記のフレーズが使えます。 「hard」以外にも、先ほど「辛い」「困難」という意味で紹介した「difficult」や「tough」も使えます。 」として「すごく大変だね(すごく大変ですね)」と表現することもできます。 それ以外にも、様々な表現があります。 :面倒だね• :最悪だね• :災難だね、ひどいね 大変な話しを聞いて、「それは大変そうだね」という場合には下記のフレーズも使えます。 That sounds hard. 「sound s 」は直訳すると「(大変そうに)聞こえる」という意味です。 「食べ物がおいしそう」という時に「That looks delicious. (美味しそう)」という表現がありますが、それととても似た表現です。 「look s 」は直接見た場合、「sounds」は人から話しを聞いた場合に使う表現です。 この表現も「difficult」や「tough」に置き換えてもOKです。 また、 「That sucks. 」というスラング表現もあります。 「それ、最悪(最低)だね!」というニュアンスです。 That was hard. この表現も、「tough」や「difficult」を使ってもOKです。 :お気の毒に。 You must have had hard time. :辛かったですね。 2-4.仕事が大変ですの英語 友達に愚痴ったり、状況を説明する時に「忙しくて仕事が大変」など、仕事が大変だという表現はよく使いますよね。 「仕事が大変」を伝えるフレーズの例は下記となります。 :毎日とても忙しくて大変です。 :仕事が大変です。 」は、このあとに現在分詞の「~ing」の形を入れると「~するのが大変だ」という意味になります。 (宿題が大変です。 )」など、幅広く使えるフレーズなので覚えておきましょう。 3.「大変」の英語フレーズや例文:ビジネス英語編 ここでは、「大変申し訳ありません」や「大変恐縮ですが」などビジネスや目上の人に使うフレーズを見ていきましょう。 3-1.大変申し訳ありませんの英語 ミスなどをしてしまった場合に、「ご迷惑をお掛けして大変申し訳ありません」と謝る場合は下記のフレーズが使えます。 I apologize for any inconvenience caused. 「inconvenience」は「便利な」という意味の「convenience」の対義語で「不都合な」や「迷惑」という意味です。 「caused」は「引き起こす」という意味で、自分のミスが原因で引き起こしてしまったことで起こしてしまった「不都合」について謝る表現です。 「for」の後は、「my mistake(私のミス)」や、「late response(返答が遅くなり)」など、他の謝罪したい内容を入れてもOKです。 「do」や「really」を動詞の「apologize(謝罪する)」の前に付けて強調することもできます。 「本当にもし分けございません」の深いお詫びとなります。 」の表現も使えます。 【例文】• 日本語:大変申し訳ありませんが、彼は只今席を外しております。 「大変」を強調したい場合は「ものすごく」「非常に」という意味の「terribly」を使って「I am terribly sorry」という表現もあります。 3-2.大変お世話になりましたの英語 「大変お世話になりました」は、感謝の気持ちを伝える表現なので「Thank you very much for ~. 」のフレーズが使えます。 例えば下記のフレーズで「大変お世話になりました」と伝えることができます。 Thank you very much for your help. 「your help」の代わりに、「your kindness」や「your support」「your cooperation」なども似たような意味でよく使う表現です。 仕事や留学先などで「3年間大変お世話になりました」など、一定の期間「大変お世話になりました」という場合は、先ほどの表現の最後に「in the past three years」など期間を入れればOKです。 尚、「感謝する」という意味の「appreciate」を使った「I appreciate ~」も感謝を伝える表現としてとてもよく使います。 感謝の気持ちを伝える表現は『』で詳しく紹介しています。 こちらも、是非参考にしてください。 3-3.大変助かりますの英語 仕事などを手伝ってもらった時に、「大変助かります」という場合のフレーズは下記となります。 That really helps. It would be a great help. 「It would~」の表現の方が丁寧で、さらに「great」を使っているので「大変」というニュアンスが強いです。 「if構文」を使って「~してくれたら助かります」という文をつくることもできます。 【例文】• 英語:It would be a great help if you could give me some advice. 日本語:アドバイスをいただけたら大変助かります。 尚、「大変助かりました」と過去形で言う場合は、下記のフレーズが使えます。 That really helped me out. That was a big help. I was saved. 「help me out」は「困難な状況から抜け出すのを助ける」というニュアンスです。 単に、少し手伝ってくれただけなら「out」を使わず「help me」だけでもOKです。 尚、このような状況では、単純に「Thank you for ~」の表現で感謝をつたえてもOKです。 3-4.大変恐縮ですがの英語 「大変恐縮ですが~していただけませんか?」という場合の、「大変恐縮ですが」は下記のフレーズが使えます。 Would you mind if~? Would you be so kind as to ~? I would appreciate it if you could~. 英語「Will you ~」でも同じような意味ですが、過去形の「would」にを使うことで、遠まわしで丁寧な表現になります。 尚、相手が仕事中など忙しい時に「大変恐縮ですが」という場合のフレーズは、下記となります。 4.英語の「大変だ!」のスラング 大変なことが起きた時に使える、驚きのフレーズは下記となります。 Oh, no! Wow! Oh, my God! Oh, my goodness! Oh, my gosh! 「Oh, my goodness! 」と「Oh, my gosh! 」は「Oh, my God! 」を柔らかくした表現(婉曲表現)です。 英語では、euphemism(ユーフェミズム)といいます。 (神の名をみだりに口にしてはいけない)」と言われているためそれを和らげるためにgoodnessやgoshを使います。 「Oh, my God! 」はそれほど気をつけなければいけない表現ではありませんが、子供は学校では使わないように教えられています。 また、信仰心が厚い家庭や地域では、好まれない場合があります。 気心知れた友達以外では、使わない方が良いでしょう。 まとめ:「大変」の英語は場面毎に正しく使い分けよう! 日本語の「大変」は2つの意味があります。 英語にする場合、どういう意味で「大変」を使いたいのかをまず見極める必要があります。 尚、日本語のビジネスシーンでは「大変申し訳ありません」や「大変恐縮ですが」など「大変」を使った丁寧な表現を多く使います。 英語の場合、そこまで丁寧な表現を多用しない傾向があります。 特にメールなどでは端的に内容を伝えることを重視するため、このような表現を省く場合もあります。 ビジネスメールの書き方につては『』でも詳しく解説しています。 こちらも、是非参考にしてください。 」 あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか? また、英語をマスターした人だけが知っている 「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか? そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。 2つの資格とも一発取得です。 本来、英語は一番カンタンな言語です。 それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。 今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた 「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」を 無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。 ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。 これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。 短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。 机に30分も座れない・・・ テストは常に赤点(偏差値40)・・・ 英語とは無縁の人生だった・・・ そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、 正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。 興味がある方に、 今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。 このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

次の

英語で「すみません、申し訳ないのですが」って言える?【デキる女の♡ひと言英会話】

大変 恐縮 なの です が

公開日: 2018. 14 更新日: 2018. 08 「恐縮」の意味、ビジネスにおける感謝・謝罪での使い方、類語、英語 「恐縮」という言葉をご存知でしょうか。 「恐縮です」「恐縮ではございますが」などと聞き覚えがあると思います。 日常会話だけでなく、ビジネスシーンでも使うことが多いですよね。 では、「恐縮」はどのような場面で使うのが正しいのでしょうか。 「恐縮」は使い勝手がよく、非常に便利な言葉ですが、使用するにあたって注意しなければならない点があります。 適切に使用するには、こういったポイントをしっかりと押さえておきたいですよね。 また、「恐縮」の言い換え表現はあるのでしょうか。 そこで今回は「恐縮」の意味や使い方、使用上の注意点、類語について解説していきます。 「恐縮」の読み方と意味 「恐縮」の読み方は「きょうしゅく」 「恐縮」は< きょうしゅく>と読みます。 「恐」は音読みだと「キョウ」、訓読みだと「おそれる・おそろしい」と読みます。 「恐」は「おそれ入る。 こわがる」を意味します。 「縮」は音読みだと「シュク」、訓読みだと「ちぢむ・ちぢまる・ちぢらす」と読みます。 「縮」は「心がいじける」を意味します。 「恐縮」の意味は「恐れ入ること、申し訳なく思うこと」 「恐縮」の意味は 「身もちぢまるほどに恐れ入ること。 相手に迷惑をかけたり、厚意を受けたりして申し訳なく思うこと」です。 相手からの厚意などを自分には勿体無いと思い、申し訳なく感じ恐れ入ることを表します。 本来の「恐縮」の意味は「おそれて身がすくむこと。 おそろしくて身がちぢむこと」です。 こちらの意味ではほとんど使いません。 「恐縮」の使い方・例文 感謝・お礼を伝える時 「恐縮」は「相手の厚意を受け入れて恐れ入る」という意味なので、感謝やお礼を伝える場合に使うことができます。 「恐縮です」などと言うことによって、 「相手の好意をありがたく思っている」という意味合いを強めます。 言い回しとしては、 ・恐縮いたしております ・恐縮です ・恐縮でございます ・恐縮の限りでございます などとなります。 「恐縮」は、「感謝申し上げます」「ありがとうございます」など感謝を表す表現と共に使用することが多いです。 例えば、「いつもお心にかけていただき恐縮です。 感謝申し上げます」といったように、「恐縮です」などと言った後に「感謝いたします」とお礼を述べます。 他にも、「お忙しい中お越しいただき、恐縮です」といったように、相手が会社に訪問してくれた際に使えます。 この場合は、「相手の厚意を受ける」というよりも、挨拶や労いの気持ちが込められています。 例文 ・お忙しい中、お電話をいただき恐縮しております。 ・この度はご丁寧なお中元の品を賜り、大変恐縮です。 ・貴重なお時間をお電話をいただき、恐縮です。 本当にありがとうございます。 ・お足元の悪い中、お越しいただき大変恐縮でございます。 依頼・お願いをする時 「恐縮」は依頼やお願いをする場合にも使います。 「恐縮ですが.... 」と依頼することによって、「迷惑をおかけしますが... 」などと謙遜した気持ちを表すことができます。 「申し訳なく思う」という意味が含まれているので、相手への配慮も示すことができます。 「すみませんが〜」「失礼しますが〜」などだと軽い感じがするので、代わりに「恐縮ですが」を使うのが良いでしょう。 例文 ・再三のお願いで恐縮ですが、期限が近づいていますのでお返事いただけませんか。 ・誠に恐縮ですが、扉を開けてくださいませんか。 ・恐縮なのですが、伝言をお願いできますか。 ・大変恐縮ですが、ご署名とご捺印のほどお願いいたします。 ・大変お忙しいところ恐縮ですが、資料の作成をお願いいたします。 断りや辞退、不参加、お休みなどの了承を求める時 「恐縮」は感謝や依頼をする場合だけでなく、断る場合にも使うことができます。 この場合の「恐縮」は、クッション言葉の役割を果たします。 言い回しとしては、 ・恐縮ではございますが ・恐縮ですが ・大変恐縮ですが、ご理解のほど〜 などとなります。 「恐縮です」「恐縮でございます」と言うだけでかしこまった印象を与えられます。 「恐縮」は感謝やお願いするだけでなく、社交辞令として使うことも可能です。 断る際や了承を得る際は、単に「参加できません」「お断りします」と言うのではなく 「恐縮ですが〜」を入れることによって、語感を柔らげることができます。 また、何かを断る場合や了承を求める場合などは、しっかりとその理由を明記する必要があります。 例文 ・お誘いいただいて恐縮ではございますが、今回の宴会は参加できそうにありません。 ・ご面倒をおかけして大変恐縮ですが、来月の会議は都合上出席できません。 ・大変恐縮ではございますが、ご提案の件に関しましては辞退させていただきます。 ・誠に恐縮ではありますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。 目上の人から褒められた時の返事 「恐縮です... 」と言うことによって、「褒めていただけるなんて、身が縮みます」と申し訳ない気持ちを表すことができます。 言い回しとしては、 ・お褒めいただき恐縮です ・恐縮するばかりです ・恐縮いたします などとなります。 「お褒めいただいて、嬉しいです」「褒めていただきありがとうございます」などととストレートに言うよりも、 「お褒めいただき、恐縮です」と言った方がかしこまった印象となります。 「恐縮」には感謝の気持ちだけでなく、『お恥ずかしい』という照れも含まれるため、自分の行いについて気恥ずかしさを表現するにも適切です。 例文 ・身の余るお言葉、大変恐縮でございます。 ・皆様の励ましのお言葉には、ただただ恐縮するばかりです。 ・この度は身に余るほどの高いご評価を賜り、恐縮いたします。 「恐縮」の使用上の注意点 書き言葉で使うのがメイン 「大変恐縮です」「誠に恐縮ですが〜」などと口語で使うイメージが強いですが、「恐縮」は主に書き言葉として使います。 書き言葉として使うのが一般的なので、会話で使ってしまうとどことなく相手に冷たい印象を与えてしまうことがあります。 「恐れ入ります」が口語では無難です。 「恐れ入ります」は「目上の人に迷惑をかけたり失礼なことをしたりして申し訳ないと思うこと。 相手の行為をありがたく思うこと」を意味します。 「恐縮ですが〜」と会話で使いたくなったら、代わりに「恐れ入りますが〜」を使うようにしましょう。 多用しない 「恐縮」を使うことによって謙遜することができますが、多用し過ぎると相手に失礼な印象を与えてしまいます。 便利な言葉なので「恐縮」を使いがちになってしまいますが、過度な謙遜はかえって無礼です。 あまりにも多く使うと、相手にしつこい印象を与えたり、わざとらしくなったりして、言葉の重みがなくなってしまうので、注意してください。 また、文章内で同じ言葉ばかり使用していると内容が伝わりにくかったり、低脳な文章だと思われてしまいます。 「恐縮」を何回も使いたい場合は、下記で紹介する類語に言い換えるの良いでしょう。 類語を使うことによって、単語を繰り返し使うことを避けることができます。 「恐縮」「僭越」「萎縮」「光栄」の違い 「僭越(せんえつ)」の意味は「自分の身分をこえて出過ぎたことをすること」 「僭越」は 「自分の身分や地位をこえて出過ぎたことをすること。 そういう態度。 でしゃばり」を意味します。 「僭」は「身分不相応におごる」、「越」は「物事の範囲・程度をこえる」を意味します。 「僭越」は「自身の身分や権限などを越えて、差し出がましいことをすること」 「恐縮」は「身もちぢまるほどに恐れ入ること。 相手に迷惑をかけたり、厚意を受けたりして申し訳なく思うこと」 「恐縮」は相手に迷惑をかけていると思い、そのことを大変申し訳なく感じながらも何かを頼むという場合に使います。 「僭越」は自分が置かれている地位や立場を超えて、何かを行うという場合に使います。 2つとも意味や使い方が異なるので、しっかりと使い分けましょう。 例文 ・僭越ながら、私の意見を述べさせていただきます。 ・僭越ではございますが、いくつか気になった点がございましたので、お聞きします。 ・今後、同じようなことを起こさないよう、僭越ながらご忠告申しあげる次第です。 「萎縮」の意味は「相手の勢いに圧倒されて縮こまること」 「萎縮」の意味は 「なえしなびてちぢむこと。 元気がなくなること。 相手の勢いに圧倒されてちぢこまること」です。 「萎」は「勢いがなくなる」、「縮」は「ちぢむ。 ちぢめる。 心がいじける」を意味します。 「萎縮」は「縮こまって小さくなること。 しなびて小さくなること」 「恐縮」は「身もちぢまるほどに恐れ入ること。 相手に迷惑をかけたり、厚意を受けたりして申し訳なく思うこと」 「萎縮」も「恐縮」も「身がちぢまること」を表しますが、意味合いが異なります。 「萎縮」は単に「元気が無くなったり、相手の勢いに驚いて身がちぢまること」を表します。 一方で「恐縮」は「迷惑をかけたり、相手の厚意を申し訳なく思い身がちぢまること」を表します。 2つとも「縮」という漢字が使われていて、区別しづらいですがきちんと使い分けましょう。 例文 ・大雪の日はあまりにも外が寒くて手足が萎縮する。 ・ガタイのいい敵を目の前にすると、どうしても萎縮してしまう。 ・変人に追われて萎縮震慄、背筋が凍った。 「光栄」の意味は「名誉に思うこと」 「光栄」の意味は 「はえあること。 ほまれ。 名誉」です。 「光」も「栄」も「ほまれ。 名誉」を意味します。 「光栄」は「人に認められたり、褒められたり、大役を任せられたりして名誉に思うこと」 「恐縮」は「身もちぢまるほどに恐れ入ること。 相手に迷惑をかけたり、厚意を受けたりして申し訳なく思うこと」 「光栄です」「恐縮です」と言うことができます。 誰かに感謝や褒められ『身が縮まります』と謙遜を表したい場合は「恐縮です」、何か名誉ある賞をもらったり、良い評判を得た場合は「光栄です」を使います。 「光栄です」は名誉に思うこと・誇りに思うことを伝える表現なので、一般的には「恐縮です」を使うことが多いでしょう。 「光栄」と「恐縮」では意味と使い方が異なるので、上手く使い分けましょう。 例文 ・あなたにお会いすることができて、とても光栄です。 ・このような賞を授かることができたのは、身に過ぎて光栄である。 ・弊社の商品に興味を持っていただけたら、光栄です。

次の