羽生 結 弦 中傷。 羽生結弦を中傷のDJ誰?ゴンパパと石綿芳美ツイッター内容と顔画像特定【鎌倉エフエム】

羽生選手を誹謗中傷するアカウントのつぶやきを柔道の大野将平選...

羽生 結 弦 中傷

フィギュアスケートの羽生結弦選手をSNS上で誹謗中傷したとして、その選手が身を置く岡山県スケート連盟が厳重注意したとの報道がありました。 犯人と思しきフィギュアスケート選手の名前は明かされていませんが、松井努夢さんなる高校生選手がツイッター上で謝罪されています。 熱狂的なファンを持つ羽生結弦への今回の誹謗中傷に対しては、海外でも怒りの声上がっているようです。 羽生結弦さんにアンチが多い理由、今回の騒動について紹介します。 犯罪にはあたらないレベルですが、同業者の大先輩かつレジェンドスケーターに対して適切な発言ではありませんでした。 とはいえ彼は高校生ですぐに謝罪もしているので個人的には一見落着でいいとも思いますが、ネットではまだ批判が続いている模様です。 岡山県のスケート連盟によると反省もしているようです。 恐らくは才能と実績を持ち合わせた羽生結弦への嫉妬も入り混じった発言でしょうか。 それにしても羽生結弦のメンタルは強靭ですね。 ネガティブな書き込みは無意味なストレスになるので目に入らないようにするアスリートも多いと思うのですが、割とアンチも多い状況でネットで散見しているネガティブ書き込みにもしっかり目を通して、その上で文句なしの結果も出し続けているのは、SNSアンチ耐性もかなり高そうです。 前後の書き込み 羽生結弦さんがモテモテだったことで一時的に感情が昂ってしまい接点がない先輩の悪口を言ってしまったかんじですかね。 良くないことですが、若者のこのぐらいの失敗は許してあげたいです。 SNSでの発言がどういう意味を持つのかしっかり理解しきれていなかったのではないでしょうか。 羽生結弦への誹謗中傷書き込み ちょっと調べるといくらでもその手の書き込みがありました。 なんの根拠もないので見る側もネットリテラシーを高める必要がありそうです。 女子の前だとキャピキャピしてるくせに男子には塩対応だったらしい。 どうやら界隈では箝口令が敷かれてるようだ。 @そうなんです…。 確かに世界的にはドマイナースポーツですが、冬季五輪の中ではアメリカでも人気がある部類です。 日本国内で人気があるんだからそれでいいんじゃないかとも思うんですが、そこに対する一定のスポーツファンの反発は感じます。 松井努夢を許す派の反応 中には松井努夢さんの謝罪を受け入れているフィギュアファンもいました。 誠実に謝罪してくださり感謝いたします。 まだまだこれから、頑張ってください。 ひとつだけ質問があります。 羽生選手と練習をされたことがあるのでしょうか?是非真摯にご回答ください。 よろしくお願いいたします。 そしてSNSは私たちが思うより途方もない拡散力と影響力があり、思わぬ人を傷つけてしまいます。 どうかそれをわかって下さい。 謝罪してくれてありがとう。 まだあなたは若い、たくさんの経験が糧となります。 スケートもぜひ頑張って下さいね。 — あっちゃん元気!目指せ夢の4A! ayadayo0114 瞬く間に世界中の何万人もの人を傷付け周りに迷惑をかけた事。 少し傷が癒えました。 血の滲む努力をして世界の頂点にいるスケーターのファンより — Piyo 216kaopyo 10代のつまずきなんて先のほうが長い。 その後がんばることで、いくらでも取り戻せます。 逃げたり、人や社会のせいにせず、きちんと謝罪するなんて、なかなかできそうでできないことです。 がんばってください。 影ながら応援します。 羽生選手に不愉快な思いを…と書いてありますが、不愉快ではなく傷ついていると思います。 彼はとても繊細な心を持っています。 連盟を通じて真摯に謝罪した方が良いと思います。 そして繊細でありながら人としてたいへん大きな器の持ち主です。 この事で激高する事はないと思います。 本名明かされるとかあり得ない。 — pt pt82296006 100年に一人の天才、そして魂を削るように日々血の滲むような努力をし続けている彼を笑えるほど、君は立派なのかな? 勘違いは「罪」だよ。 — TOM TomMicolinochan 同じ岡山県民として非常に恥ずかしい。 ただでさえ岡山は、羽生ファンにとっていい印象が無い。 事の重大さを理解し、今後自分で責任の持てない内容のツイートは、控えて頂きたい。 — きよりん STtZq1CBDM5GJZZ 羽生選手への誹謗中傷っていうか、イキがって大きな嘘を書いただけだった事が、現役のフィギュアスケート選手ということでかなりの大ごとになっちゃったね。 同じような誹謗中傷をして匿名の一般人でさえ、書類送検になった事例もある。 こんな炎上消火目的の大人が考えたような定型謝罪で済むような軽いことじゃないぞ?誠意があるなら本人に直接謝罪に行きなさい。 — シャーロット Ribone85 フィギュアスケートの羽生選手は、平昌オリンピックの前に、 たくさんの誹謗中傷を受け、 死のうとしたそうです。 死にたいじゃありません。 死のうとしたのです。 本当にそんなことしたとしたら…言葉は凶器です。 投稿する前によく考えて下さい。 イングランドのフーリガンにだって対抗できそうなパワーを感じますので、絶対に敵に回したくないです。 無論私は浅田真央さんが大好きでフィギュア好きになって羽生結弦さんも応援しているので、対立する理由はないのですが、外敵に対してだけではなく、それぞれの選手のライバルに対しても時折敵意が向けられるので応援するのも割と気を使ってしまうことがあります。 まあ何にせよ誹謗中傷はよろしくありません。 羽生結弦さんに対しては以前お金を払って批判的な書き込みを依頼するという事件も起きていました。 気にせず2022年北京五輪に向け頑張って欲しいところです。

次の

福岡貴善(中央公論新社)が羽生結弦を中傷|Facebook&Twitter

羽生 結 弦 中傷

誹謗中傷書込み「非常に残念」 J-CASTニュースでは2019年4月6日、「」との記事を配信した。 ネットで企業や個人が仕事を不特定多数に発注できるクラウドソーシングサイトを運営する「クラウドワークス」(東京都渋谷区)で、羽生選手を誹謗中傷するような記事作成の募集があったと報じた。 同社は取材に対し事実関係を認め、掲載を止めたと回答。 4月9日には同社ブログで「『プライバシー権、肖像権、名誉、信用その他他人の権利を侵害し、損害を与える』ようなお仕事を禁止しており、今後も該当した場合は、即座に掲載を中断いたします」との声明を発表した。 今回の件を受けて日本スケート連盟は11日、 「SNS等で選手を誹謗中傷するような書込みがされることは非常に残念であり、これを助長するような動きがあるとすれば、連盟として、取り得る必要な措置を講じていきたいと考えております」 と取材に回答。 同連盟に登録する選手へのネットでの誹謗中傷に対しては、何かしらの対応を取る構えだとした。 弁護士に見解を聞いてみた レイ法律事務所の菅原草子弁護士は16日、J-CASTニュースの取材に、今回のようなケースは記事の書き手と募集主は民事・刑事上の責任が問われる可能性があり、クラウドワークスのような求人サイト側も「違法な書き込み依頼の場を提供し、掲載を止めなかった場合には、共犯として、刑事上の責任、民事上の責任が問われる可能性があります」と指摘する。 「民事上の責任を追及したい場合、まずは、ウェブサイトの管理者などに発信者情報開示を請求し、発信者のIPアドレス(ネット上の住所)を取得します。 その後、プロバイダーに対し、発信者の氏名住所等の情報開示を請求します。 個人情報が明らかになれば、損害賠償請求や、謝罪文を掲載させるなど名誉回復のための措置を取らせることが考えられます」 刑事責任としては、誹謗中傷の中でも「事実を適示して相手の社会的評価を低下させるものである」と判断されれば、名誉毀損罪に当たる可能性がある。 また、事実を適示しない抽象的な書き込みであっても、人を侮辱したと判断されれば侮辱罪に問われる場合もあるという。 菅原弁護士は、「例えば、単に『ナルシストだ』と言った場合には侮辱罪にあたる可能性があり、『いつも鏡を見て自分をかっこいいと呟いたり、エゴサーチばかりしていて、ナルシストだ』と事実を指摘し、社会的評価を下げた場合と考えられる場合には、名誉毀損罪にあたる可能性があります」と説明する。 ただし、今回のクラウドワークスのように、 「利用ガイドラインを作成し、『プライバシー権、肖像権、名誉、信用その他他人の権利を侵害し、損害を与える』仕事の募集を禁止し、実際に違法な仕事の募集書き込みを削除するなどの適切な管理をしているような場合には、掲載サイトとしての義務は果たしているとして、法的責任は問われないことも考えられます」 と付け加えた。 実際、法的措置に踏み切る場合、被害者本人か法定代理人などが法的手続を行う必要がある。 しかし、「第三者がサイト管理者に報告することで、管理者は違法な書き込みの存在を知ることになるため、それを放置すると『プロバイダ責任制限法』に基づき、損害賠償責任を負うことになる可能性があります。 このため、管理者はファンから報告を受けた段階で削除する可能性があり、ファンの方などは報告することで書き込みや記事の削減につなげることができるかもしれません」(菅原弁護士).

次の

羽生結弦とファンを中傷 DJツイートで鎌倉エフエム謝罪...番組降板、放送も中止に: J

羽生 結 弦 中傷

良し悪しは別として、大野選手は前からああいう感じで 自分の記事だけでなく一般の人の賞賛ツイートをRTしてますので ふーん、と思いました。 この気持ちに残念さは含みますね。 対戦型競技である柔道で試合終了直後にガッツポーズするしない という話と、対戦型でもない競技の、さらに表彰式で台に乗る 乗り方がどうの、というのはまったく別の話だと思います。 フィギュアでも演技終了直後の話を問題にするなら、日本選手 けっこうガッツポーズしてますが、じゃあそれは問題なのかどうか?と。 まあ表彰台に飛び乗る人は他競技でもいますし、それが気にくわないのは 勝手ですが、別々の話をわざと一緒くたにして対比して誹謗するのは 単に言いがかりをつけたいだけでしょう。 スケート連盟の場合は、強化選手に対するSNS使用のガイドラインが あります。 なのでそこまで問題にならないんですよね。 柔道連盟についてはそういったものが見つからないので、ひょっとして 特に無いのかもしれません。 この時代ですからSNS含むメディア教育は絶対必要だと思いますが、 どういった取組をしているんでしょうね。 柔道界はわりと放任に見えます。

次の