ゼルダ の 伝説 ブレス オブザ ワイルド 雪山 の 日誌。 カマ・ラヒの祠「心の準備」の試練攻略まとめ

カマ・ラヒの祠「心の準備」の試練攻略まとめ

ゼルダ の 伝説 ブレス オブザ ワイルド 雪山 の 日誌

『雪山の日誌』 @モルガナ山に関するほこらチャレンジです。 【ほこらチャレンジ】『雪山の日誌』 @モルガナ山 『雪山の日誌』 の攻略チャートは以下のとおり。 ゲルド東部にある モルガナ山の山頂付近にある朽ち果てた小屋に向かう。 小屋に置いてある日誌を読むとほこらチャレンジ『雪山の日誌』が発生。 謎の台座が光を放つ時間(PM4時頃)前まで時間を潰す。 謎の台座正面にある水たまりにアイスメーカを使う。 PM5時位になると、アイスメーカーの影が謎の台座の中心に重なると、台座が青く光る。 近くに『スマ・サマの祠』が爆誕する。 ゲルド東部にあるモルガナ山の山頂付近にある朽ち果てた小屋に向かう 特に近道はありませんので、地道に崖を登って向かいましょう。 頂上付近は雪原で気温が低いので、防寒効果のある装備や、防寒効果のある食べ物を持って行くと良いかと思います。 小屋に置いてある日誌を読むとほこらチャレンジが発生 ボロボロの小屋に日誌が置いてあります。 読むとほこらチャレンジが発生します。 書いてある内容は以下のとおりです。 「雪山の台座が 光る時 台座の中心に 闇の塊を灯せ」 台座が光るのはPM4:00からPM6:00くらいまでの間、 「闇の塊」とは影の事を言っていて、台座の中心に影を映すという意味です。 謎の台座が光を放つ時間(PM4時頃)前まで時間を潰す 台座が赤く光るのはPM4:00からPM6:00くらいまでの間。 それまで時間を潰す必要があります。 日誌の横に焚き火があるので、昼間で寝るといいでしょう。 謎の台座正面にある水たまりにアイスメーカを使う 台座に影を映す方法はいくつかあるようですが、一番簡単だと思うのは 台座の真正面にある水たまりにアイスメーカーを使い、氷柱を作る方法だとおもいます。 水たまりの真ん中だと台座の中心に影が届かないので、 なるべく台座に近い位置で氷柱を作るのがポイントです。 PM5時位になると、アイスメーカーの影が謎の台座の中心に重なり、台座が青く光る このように氷柱の影が台座の中心に重なり、台座が青くひかります。 近くに『スマ・サマの祠』が爆誕する 近くに『スマ・サマの祠』が爆誕します。 『 スマ・サマの祠』の攻略は下記の記事で。 他の『ほこらチャレンジ』はこちらから。 lifefucker.

次の

【ブレスオブザワイルド】「雪山の日誌」モルガナ山の祠チャレンジを攻略!

ゼルダ の 伝説 ブレス オブザ ワイルド 雪山 の 日誌

発売からかなり空きましたが、弟が先にプレイし、ラスボスも倒したらしいので今度は自分がプレイ。 なお筆者、は『』が初体験で、以降は携帯機の移植・リメイクを中心に過去作プレイしていますが、据え置きは『』以来。 開幕、 革命家プリンセス謎の女性の声に導かれてから目を覚ます、 全裸の少年。 規制の都合でパンツ穿いているだけで、これは絶対下も穿いてないのだと脳内補完(笑) リンクが女の子だったらいいのに……(おい) 作品で全裸というと思いだすのが『』のなわけですが、それはさておき、目の前の怪しげな機械からもといシーーンを入手し、外へ出る少年リンク。 外へ出ると、一気に広がる緑の平野と遠くの山々に圧倒され、画面右下にタイトルロゴが出てくるという映画的演出なのですが、 そこから視点が徐々に動いて荒廃した建物(時の神殿)と老人が画面に入ってくる、という演出が秀逸。 シーーンを使って祠から出るまでは命令に従うだけですが、いきなり広いところに放り出されたときにとりあえず手がかりになりそうなもの・いかにもなにかありそうなものが見えることで、プレイヤーを自然とそちらの方に向かわせるように作られています。 初代『』でもスタート地点には怪しげな洞窟が用意され、そこに向かうことで剣が手に入る、という要素が盛り込まれてますが、それを今の技術と本作のゲーム性に合わせてアレンジしたらこうなった、ってところかと。 そんなわけで老人に話を聞きに行くのですが、訳がありそうな怪しげな語り方をするのはともかく、近づくと リンクの倍の背丈はあろうかという巨漢でちょっとびっくり。 リンクが小柄なのかもしれませんが、老人の正体を考えたら本人の格が原因でこの大きさに見えるという『』理論で解釈すべきか(笑) 老人からシーーンの使い方などを教えてもらいつつ、祠の試練をクリアする。 この辺は弟が遊んでいたのを少し眺めていたので、すんなりクリアしていくことに。 爆弾試練の前にあるガーディアン地獄で弟が何度も焼き殺されていたのを見ていたため、どうしたものかと考えたら、祠の裏側からよじ登ればいいだけでした(^^; 4つの祠を回るだけでも既に結構な範囲を捜索することになり、その中であからさまにボス格の敵に叩き潰されたりもしたのですが、祠の攻略順序は自由だし、この範囲内でも入手できるアイテムの種類が結構なものだし、ここだけで何時間つぶせるだろうかと思ったりもするのですが、流石にそこまではやりませんでした。 防寒着入手のためピリ辛山海焼きを作るものの、いざ防寒着を入手したら「それ有れば防寒着いらんぞ」とか煽られたので、意地になって薬を調合、全裸で雪山登山を敢行することに(笑) 現状、リンクは記憶を失っており、リンクとつながりのある人間が老人しかおらず、老人は一回リンクの格好に触れてからは何も言わないので、 リンクが服を着る意味という概念について疑問を抱き始めている感じに。 多分、記憶喪失ゆえに羞恥心とかも消え去っていて、フルチン(脳内補完)であることに疑問を抱かないリンクは老人の言葉から「防寒着」の存在を知り、かつ雪山でダメージを受けることを知るものの、そこから生まれる論理は「服= 身を守るために着るもの= 強ければ着なくていい」とか、そんなところです! まあ、実際のところ祠の試練は敵がほぼ出てこないので、服は着なくても本当に問題ないのですが。 とりあえず克服の証を受け取るのが続き、4つ集めるとハートかがんばりゲージを増加させられるということが判明。 その後老人が正体を明かし、探索範囲を広げられる移動用アイテム・パラセールも手に入り、これをもってが終了。 試練を積極的に行う意義を見せたところで区切りがつくのがいい配慮。 ただ、試練については最初の試練だけ違うパターンのセリフで、あとは同じセリフが繰り返されるだけなのは、ちょっと残念。 システムの都合上、多くのセリフパターンが用意できなかったのでしょうけど、ちょっと作業感が強くなってしまいました。 あと、克服の証が光の糸みたいになって胸の内に吸い込まれる演出なのですが、『』をどうしても思い出してしまい、 これリンクにとんでもない代償が要求されませんか?! まあ、なんだかんだ自由に動き回れるようになったので、適当に試練を克服しつつでインパの話を聞くところまで今進めています。 を倒し、を救うため、大空を舞え、リンク! ……全裸で。 ちなみにこの服装、人と出会ってもあまりツッコまれない(呉服屋は変質者扱いしましたが)ので、これを「はしたない格好」呼ばわりするパーヤがむしろ変な印象に(^^; way-oh.

次の

スマ・サマの祠の祠(雪山の日誌)

ゼルダ の 伝説 ブレス オブザ ワイルド 雪山 の 日誌

東ゲルドにある『七人の英雄』に関する『ほこらチャレンジ』です。 ゲルド街にいるロテインに話かけると発生する『ほこらチャレンジ』です。 『七人の英雄』の石像の場所 ゲルドの街の東にある東ゲルド遺跡に『七人の英雄』の石像があります。 石像と玉の模様について それぞれの石像の前には台座があり、玉をはめる仕組みになっていますが、 像の模様と同じ模様の玉をはめる必要があります。 像の模様は足もと、剣、額、胸のどこかに必ず描かれています。 玉は大きくて自力では持ちあげられないんですが、マグネキャッチで持ち上げることができます。 また玉は台座の近くに落ちているものが多いんですが、一つだけ石像の右手においてあるので石像に登って取る必要があります。 それぞれの石像と玉の模様は下の画像の様になります。 すべての台座に玉をはめると、7つの石像の中心に『キョシ・オーの祠』が爆誕します! 『七人の英雄』のほこらチャレンジはこれで終わり。 模様を探すのが結構めんどくさかったです。 他の『ほこらチャレンジ』はこちらから。 lifefucker.

次の