実写 版 弱虫 ペダル。 【弱虫ペダル(弱ペダ)】実写版映画化のキャストがひどい!?主演はKing&Prince(キンプリ)永瀬廉!

弱虫ペダル : 作品情報

実写 版 弱虫 ペダル

2020年1月18日に、自転車競技を舞台にしたマンガ「弱虫ペダル」が実写映画化することが発表されました。 映画公開日は、2020年8月14日とのことです。 とても豪華なキャストで期待度も高いのですが、その一方、原作ファンからはキャストがひどい!「Kis-My-Ft2」(キスマイ)の宮田俊哉さんに主役をやってほしかった!などの声が上がっています。 今回は、話題の実写映画版「弱虫ペダル」のキャストについて、ひどいと言われる理由やネットでの評判について調査したいと思います。 実写映画版「弱虫ペダル」のキャスト一覧 現在わかっているキャストは以下の3名です。 小野田坂道 役 永瀬廉 今泉俊輔 役 伊東健太郎 寒咲幹 役 橋本環奈 特徴的なキャラが他にもいるので、どんな方がキャスティングされるのか非常に楽しみです。 (「キモッ」と連呼する御堂筋くんなんて、どんな方が演じるのか。。 そんなキャラを、キンプリの永瀬廉さんのようなイケメンが演じることに解釈違いを起こしている方が多いようです。 こうやって並べてみると、確かに原作と永瀬廉さんの雰囲気は全然違うように思えます。 ネットでも解釈違いとの意見がかなり目立ちました。 弱ペダ映画は解釈違い甚だしい…舞台でよかったやん。 オタク役を永瀬廉ってありえんやん無理 — e m i emaro0912 弱虫ペダルの実写化の何が嫌ってキャスティングから既に解釈違い。 小野田坂道をジャニーズにした 時点で解釈違いが凄い。 坂道くんのカッコ良さは 顔面からじゃないんだよ。 解釈違い。 ヲタクに恋は難しいのキャスティング並に解釈違いが凄い。 宏嵩は絶対に松坂桃李だった… — ゆりしら。 主人公「小野田坂道」はキスマイ宮田がよかったとの意見も! 主人公の小野田坂道くんは、先ほども述べたように大のアニメオタク。 ジャニーズでもオタクで有名な「Kis-My-Ft2」(キスマイ)の宮田俊哉さんがいいとの声も多く上がっていました。 弱ペダ実写化するのか…私の中の坂道くんは永遠に村井くんだし、ばばりょの巻ちゃんとか、充くんの御堂筋くん越えるようなキャストじゃないと受け入れきれないかもしれない… キスマイの宮田くんが坂道やりますって言われた方が、ジャニオタさん以外は納得しやすかったんじゃないのかな??? — ルカ クレイマンの二次元担当の方。 出てこない、なんてことないよね? ジャニヲタには悪いけど、 ちゃんとした俳優さんにして欲しかったな — アル Yuzuremons 確かに宮田俊哉さんなら、「ヒメヒメぺったんこ」をめちゃくちゃ楽しそうに歌ってる様子が想像できます。 キレッキレッのヲタ芸も披露されていて、坂道君と通じるものがある気がします。 「坂道」の持っている一生懸命さ、明るさ、そして芯の強さ。 映画の中で描きたいと思っていた主人公が、永瀬さんの中にありました。 永瀬さんの作り上げる小野田坂道が楽しみでなりません。 原作ファンとは異なる見解で、永瀬廉さんがぴったりとの理由でキャスティングされたようです。 確かに、私たちは普段アイドルでイケメンな永瀬廉さんしか見ていないため、オタク役がどうしても想像できません。 映画では、全力のオタク姿を見れるかもしれないと思うと今からワクワクですね。 ライバルが「今泉俊輔」なのも解釈違い? ライバルが伊藤健太郎さん演じる「今泉俊輔」となっていますが、ライバルは彼ではなく「真波山岳」だということで、これも解釈違いになっているようです。 主人公の坂道くんは、山登りを得意とする「クライマー」なのですが、他校の同じくクライマーである真波山岳くんがライバルなのがファンの間の定説です。 舞台やドラマがよかっただけに、今回の映画は解釈違いが多くて不安もありますが、新たな「弱虫ペダル」が見られるかもしれません。 今後の追加キャスト発表や情報解禁が楽しみですね。

次の

【弱虫ペダル(弱ペダ)】実写版映画化のキャストがひどい!?主演はKing&Prince(キンプリ)永瀬廉!

実写 版 弱虫 ペダル

大人気コミック「弱虫ペダル」が 初めて実写映画化されることになったようです。 主人公 小野田坂道役 : 永瀬廉• ライバル 今井俊輔役 : 伊藤健太郎• では、それぞれ見ていきましょう! 【弱虫ペダル(弱ペダ)】実写版映画化 賛成派! まずは「弱虫ペダル」実写版映画化に賛成意見です。 やめてほんとやめて なんで???意味わかんない 配役も嫌。 アニメも原作も知らないファンが流れてくるのが嫌。 今アニメ、インターハイ2日目くらいで止まってんじゃん。 映画するより3期つくってよ。 どーせコケるじゃん。 実写はいいよ、ミュージカルが限界やて…。 【弱虫ペダル(弱ペダ)】実写版映画化 その他 他にも、「弱虫ペダル」実写版映画化にはいろんあ意見があるようです。 実写映画化には驚いてしまった。 なぜなら滝川さんの事故があったから。 それとこれとは別かも知れないけど、安全面はどこでも平等でなくてはいけないし、一番配慮してほしい所、、 今はただ、何事もなく怪我なくキャストの皆さんがクランクアップされることを祈るばかり。 — いとー tkknts99816051 れんれん映画おめでとうだけど叩かれるのと大コケしないか心配…。 アニメの実写は難しいから…人気な作品なだけあるからせめて内容は原作にできるだけ寄せてほしいな。 弱虫ペダル原作知ってるけど、れんれんのそれじゃない感すごい…顔が良すぎるねん… — 紫苑 shionnmy 弱虫ペダルのドラマ以上に配役がどうなるのかめっちゃ見ものだわー — かずえ asakichiro 以前放送されたドラマ「弱虫ペダル2」の撮影中に、滝川英治さんが事故で脊髄損傷(せきずいそんしょう)をおったことから、事故に対する心配をされている方もいらっしゃいましたね。 【弱虫ペダル(弱ペダ)】のまとめ 今回は、「【弱虫ペダル(弱ペダ)】実写版映画化に賛否両論!?」について、賛成派、反対派の意見をご紹介しました。 永瀬廉さん、伊藤健太郎さん、橋本環奈さんら、もともと主要キャストのファンであった方からは肯定的な意見が上がっていましたが、一方で「弱虫ペダル」の原作コミックファンからは世界観を崩されたくない、などの否定的な意見があがっていましたね。 とはいえ、今回ご出演される主要キャストは今人気絶頂の若手俳優さんばかり。 これは原作コミックファンならずとも見逃せませんね! 公開予定日は2020年8月14日ですので、それまで楽しみに待ちましょう! では、今回はこの辺で! 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の

実写ドラマ『弱虫ペダル』出演者20名を大発表

実写 版 弱虫 ペダル

2020年1月18日に、自転車競技を舞台にしたマンガ「弱虫ペダル」が実写映画化することが発表されました。 映画公開日は、2020年8月14日とのことです。 とても豪華なキャストで期待度も高いのですが、その一方、原作ファンからはキャストがひどい!「Kis-My-Ft2」(キスマイ)の宮田俊哉さんに主役をやってほしかった!などの声が上がっています。 今回は、話題の実写映画版「弱虫ペダル」のキャストについて、ひどいと言われる理由やネットでの評判について調査したいと思います。 実写映画版「弱虫ペダル」のキャスト一覧 現在わかっているキャストは以下の3名です。 小野田坂道 役 永瀬廉 今泉俊輔 役 伊東健太郎 寒咲幹 役 橋本環奈 特徴的なキャラが他にもいるので、どんな方がキャスティングされるのか非常に楽しみです。 (「キモッ」と連呼する御堂筋くんなんて、どんな方が演じるのか。。 そんなキャラを、キンプリの永瀬廉さんのようなイケメンが演じることに解釈違いを起こしている方が多いようです。 こうやって並べてみると、確かに原作と永瀬廉さんの雰囲気は全然違うように思えます。 ネットでも解釈違いとの意見がかなり目立ちました。 弱ペダ映画は解釈違い甚だしい…舞台でよかったやん。 オタク役を永瀬廉ってありえんやん無理 — e m i emaro0912 弱虫ペダルの実写化の何が嫌ってキャスティングから既に解釈違い。 小野田坂道をジャニーズにした 時点で解釈違いが凄い。 坂道くんのカッコ良さは 顔面からじゃないんだよ。 解釈違い。 ヲタクに恋は難しいのキャスティング並に解釈違いが凄い。 宏嵩は絶対に松坂桃李だった… — ゆりしら。 主人公「小野田坂道」はキスマイ宮田がよかったとの意見も! 主人公の小野田坂道くんは、先ほども述べたように大のアニメオタク。 ジャニーズでもオタクで有名な「Kis-My-Ft2」(キスマイ)の宮田俊哉さんがいいとの声も多く上がっていました。 弱ペダ実写化するのか…私の中の坂道くんは永遠に村井くんだし、ばばりょの巻ちゃんとか、充くんの御堂筋くん越えるようなキャストじゃないと受け入れきれないかもしれない… キスマイの宮田くんが坂道やりますって言われた方が、ジャニオタさん以外は納得しやすかったんじゃないのかな??? — ルカ クレイマンの二次元担当の方。 出てこない、なんてことないよね? ジャニヲタには悪いけど、 ちゃんとした俳優さんにして欲しかったな — アル Yuzuremons 確かに宮田俊哉さんなら、「ヒメヒメぺったんこ」をめちゃくちゃ楽しそうに歌ってる様子が想像できます。 キレッキレッのヲタ芸も披露されていて、坂道君と通じるものがある気がします。 「坂道」の持っている一生懸命さ、明るさ、そして芯の強さ。 映画の中で描きたいと思っていた主人公が、永瀬さんの中にありました。 永瀬さんの作り上げる小野田坂道が楽しみでなりません。 原作ファンとは異なる見解で、永瀬廉さんがぴったりとの理由でキャスティングされたようです。 確かに、私たちは普段アイドルでイケメンな永瀬廉さんしか見ていないため、オタク役がどうしても想像できません。 映画では、全力のオタク姿を見れるかもしれないと思うと今からワクワクですね。 ライバルが「今泉俊輔」なのも解釈違い? ライバルが伊藤健太郎さん演じる「今泉俊輔」となっていますが、ライバルは彼ではなく「真波山岳」だということで、これも解釈違いになっているようです。 主人公の坂道くんは、山登りを得意とする「クライマー」なのですが、他校の同じくクライマーである真波山岳くんがライバルなのがファンの間の定説です。 舞台やドラマがよかっただけに、今回の映画は解釈違いが多くて不安もありますが、新たな「弱虫ペダル」が見られるかもしれません。 今後の追加キャスト発表や情報解禁が楽しみですね。

次の