ギガらくwi-fi 解約。 NTT東日本が提供するギガらくWi

代理店によるギガらくWi

ギガらくwi-fi 解約

ギガらくWi-Fiについてのよくあるご質問をご案内いたします。 サービス内容 ギガらくWi-Fiには、ルーター機能はありますか。 Wi-Fiアクセスポイント装置にルーター機能はありません。 無線マルチホップとは何ですか。 ハイエンドプランのみで提供する機能です。 Wi-Fiアクセスポイント装置間を無線で接続し、1台目のアクセスポイント装置にはLANケーブルが必要ですが、2台目はLAN配線なしでWi-Fiエリアを拡張することが出来る機能です。 来訪者向けWi-Fiインターネット機能とはどのようなものですか。 また、オフィスの来訪者向けにインターネットを提供することはできますか。 「来訪者向けインターネット機能」では社内へのアクセスを遮断して、インターネットへの接続のみ提供できる機能ですので、安心して提供することができます。 Wi-Fiアクセスポイント装置1台に接続できる端末台数は何台ですか。 快適にお使いいただくためWi-Fiアクセスポイント装置1台で接続できる端末台数は最大50台を目安としております。 SSIDを表示させないように設定できますか。 第三者にSSIDを知られたくない場合など、SSIDを非表示にすることは可能です。 来訪者向けWi-Fiインターネットを利用する際に、来訪者の方はメールアドレスなどの登録をする必要がありますか。 お客様が決めたSSIDとパスワードを来訪者の方にお伝え下さい。 来訪者の方はメールアドレス等の登録をすることなく、お客様が決めた来訪者用SSIDに接続し、お客様が指定したパスワードを入力すれば、Wi-Fiをご利用いただけます。 部署ごとにSSIDを分けたいが、それぞれにWi-Fiアクセスポイント装置が必要ですか? 1台のWi-Fiアクセスポイント装置で部署毎にSSIDを分けることが可能です。 SSID ネットワーク名 にパスワード 暗号化キー をかけないように設定できますか。 Wi-Fi通信の盗聴を防止するため、パスワードの設定を推奨します。 なお、パスワードはかけない設定も選択可能です。 端末が5GHzに未対応の場合、2. 4GHzで接続できますか。 4GHzで接続できます。 設置・設定 Wi-Fiアクセスポイント装置はどこに設置をすればいいですか。 また、設置をする際に何か基準はありますか。 3つの基準( 1 快適に利用出来る範囲半径25m以内、 2 Wi-Fi端末の数は50台以内、 3 電化製品との距離50cm以上)にそって机や棚の上に設置することで、快適にWi-Fiをご利用いただけます。 なお、この基準を超えてもお使いいただけますが、快適にご利用いただくため、この基準に沿うことを推奨します。 SSIDの変更などWi-Fiアクセスポイント装置の設定は自分でも変更する事ができますか。 Wi-Fiアクセスポイント装置の設定や変更はサポートセンタで行ないますので、サポートセンタにご連絡ください。 Wi-Fiにスマートフォンやタブレットを接続する場合、設定の変更は必要ですか。 Wi-Fiに接続するため、スマートフォン等でSSIDを選択し、パスワードを入力してお使いください。 Wi-Fiアクセスポイント装置を1フロアに複数台設置する場合、アクセスポイント間の距離制限はありますか。 Wi-Fiアクセスポイント装置は近くに置くと、電波干渉の影響が強くなります。 アクセスポイント装置間は最低50cm以上離すことを推奨します。 なお、ハイエンドプランの場合、電波出力自動調整機能があるためベーシックプランに比べて電波干渉の影響を自動的に軽減することが出来ます。 Wi-Fiアクセスポイント装置1台でどのくらいの広さのオフィスをカバーできますか。 Wi-Fiアクセスポイント装置1台で快適にご利用いただける範囲は半径25mが目安になります。 なお、遮蔽物の有無や周囲の電波状況によって変動いたします。 Wi-Fiアクセスポイント装置は壁や天井裏に設置する必要がありますか。 壁への設置は必要ありません。 机や棚の上に置いてご利用いただけます。 電波が届く範囲25mや同時接続台数50台までといった快適にご利用いただくための基準については、机上に設置することを条件に検証しております。 1台のWi-Fiアクセスポイント装置に複数のSSID ネットワーク名 を設定することは可能ですか。 Wi-Fiアクセスポイント装置1台に対して、ベーシックプランは8個、ハイエンドプランは15個のSSIDを設定する事ができます。 部署毎にSSID名をつけたり、社内と来訪者でSSIDを分ける際にお使いください。 Wi-Fiアクセスポイント装置の設置場所などについて事前に調査を行う必要はありますか。 必要ありません。 快適にご利用いただくための設置の基準にしたがって机上や棚の上においていただければご利用いただけます。 なお、お客様のご要望により、NTT東日本が訪問して事前に電波調査等を行うことも出来ますが、その場合は別途料金を請求します。 サービスご利用方法 スマートフォンやタブレットの設定も一緒にしてもらえますか。 スマートフォンやタブレットなどをWi-Fiに接続するためのサポート 接続方法のご案内など もサポートセンタから電話でサポートします。 Wi-Fiアクセスポイント装置が故障した場合、どうなりますか。 装置の故障であると判断した当日に、新しい装置を配送します。 概ね1~2日でお届けいたします。 サポート時間は何時から何時までですか。 9時~21時までサポートセンタで受付をしております。 なお、21時~翌日9時まではそれ以降の21時から午前9時までの間につきましては、留守電にメッセージをいただくか、メールにて内容をお預かりし、翌営業日時間以降での対応となります。 異なるWi-Fiアクセスポイン装置間を移動して端末を使う場合、端末を自分で繋ぎ直す必要はありますか。 アクセスポイント同士が同じ設定であれば、モバイル端末がすぐに2台目のWi-Fiアクセスポイント装置に接続しなおす為、アクセスポイント間の移動時に意識することなくインターネットをご利用いただけます。 料金 24ヵ月の最低利用期間は24ヵ月ごとに更新されますか。 ご利用開始から24ヵ月目までが最低利用期間です。 25ヶ月目以降に解約される場合は解約金はいただきません。 サポートセンタに設定変更を依頼する度に費用は発生しますか。 月額料金にのみで、別途料金を請求することはありません。 お申し込み フレッツ光以外の光回線や、ADSLやCATVインターネットで使えますか。 インターネットをご利用いただける回線であれば、ご利用いただけます。 ギガらくWi-Fiは、西日本エリアでも申し込むことができますか。 西日本エリアでもお申し込みいただくことは可能です。 (西日本エリアとは、富山県、岐阜県、静岡県以西の30府県) ギガらくWi-Fiの利用にプロバイダへの連絡は必要ですか。 プロバイダへの連絡は必要ありません。 インターネットに接続可能な回線であれば、ご利用可能です。 Wi-Fiアクセスポイント装置は一つの回線で何台まで申し込むことができますか。 お申し込み可能な台数に制限はありません。 ベーシックプランとハイエンドプランを両方申し込むことはできますか。 ベーシックプランとハイエンドプランを両方お申込みいただくことが可能です。 スマートフォンやタブレットなど機種によって使えない端末はありますか。 Wi-Fi端末であればご利用いただけます。

次の

NTTギガらくWi

ギガらくwi-fi 解約

NTT 東日本のまとめギガらく Wi-Fi って何? メリット、デメリットを知りたい。 このブログでは 、 NTT東日本のギガらくWi-Fi について、概要やメリット、デメリットを解説をしてきます。 ギガらくWi-FiはNTT東日本が店舗やオフィス向けに提供するWi-Fiサービスです。 ギガらくWi-Fiのメリットは、 法人向けの高機能Wi-Fi、そして NTT東日本のサポートサービスが付いていること。 ITに詳しくない人でも、設置することができます。 一方、 デメリットは短期間での解約に伴う高額な解約金。 この記事では、ギガらくWi-Fiの商品概要やメリット、デメリットについて解説をしていきます。 ギガらく Wi-Fi の主な機能• IEEE802. 11ac に対応した高速無線• Wi-Fi に接続する端末を制限する MAC アドレスフィルタリング• 設定済みの Wi-Fi が届くので、 LAN ケーブルに指せばすぐに使える• 同時接続時の推奨端末が 50 台と多い• 「社内用」「来訪者用」のネットワークを 1 台で分けられる• Facebook と連携• プロによる 365 日のサポート 上記以外にも、 JapanWi-Fi 連携、ダッシュボード機能など、さまざまな機能がある Wi-Fi サービスです。 ギガらくWi-Fiのプランはハイエンド、ベーシック、ライトの3つ ギガらくWi-Fiには、価格や性能が違う3つのプランがあります。 設定の方法が分からない• Wi-Fi のトラブルで仕事が止まる• トラブル普及の対応で本来業務に支障が出る こうしたWi-Fiに関する問い合わせは、全てNTT東日本へ連絡すれば解決。 Wi-Fiに詳しくなくても、NTT東日本の専任スタッフがサポートしてくれます。 ギガらくWi-Fiは導入時にLANケーブルへつなぐだけ ギガらくWi-Fiは一般のWi-Fiとは違い、 LANケーブルへ接続するだけで使えます。 申込時にSSIDやPASSWORDを決めれば、あとはサポートセンターが代行して設定。 端末が届けば、LANケーブルへ接続するだけで設定が完了です。 導入するのに一番面倒な設定をヘルプデスクが代行してくれるため、詳しくない人でも簡単に設置ができます。 もし導入時にWi-Fiがうまく接続できなくても、心配はいりません。 NTT 東日本へ連絡すれば、 専門のオペレーターが対応してくれます。 もちろん、導入時だけでなくWi-Fiに関することなら、なんでも相談が可能。 特に複数の店舗を運営する企業は、 各 店舗のサービスを一括して NTT 東日本へ任せることができるため、管理稼働削減にも効果絶大です。 NTT 東日本が提供するギガらく Wi-Fi のデメリットは? ギガらく Wi-Fi のデメリットは「解約金」です。 一度導入してしまうと、最低利用期間中に解約した場合、 高額な解約金が請求 されます。

次の

NTT東日本フレッツ光・ギガらくWi

ギガらくwi-fi 解約

4プロがトラブル解決• 複数拠点のWi-FiもNTT西日本が管理するため、離れたオフィスも手間なし運用が可能!• サポートセンタ受付時間:365日 9時~21時• 本サービスは、お客さまからのお問い合わせに遅延なく対応することを保証するものではありません。 また、お客さまの問題・課題などの特定、解決方法の策定、解決または解決方法の説明を保証するものではありません。 月額利用料 ギガらくWi-Fi ハイエンドプラン 5年タイプ (Wi-Fiアクセスポイント装置1台あたり) 3,300円 初期費用無料 ライトプラン 2年タイプ (Wi-Fiアクセスポイント装置1台あたり) 2,000円• ・ お客さまご自身でWi-Fiアクセスポイント設置を取り付ける場合、初期費用は無料になります。 機器の設置・設定や配線工事などを行う場合は別途費用が発生いたします。 ・ ギガらくWi-Fiのご利用には、フレッツ光などによるインターネット接続環境およびブロードバンドルーターが必要となります。 ・ 利用途中で解約された場合は、残月数に応じた所定の解約金を一括でお支払いいただきます。 PoE装置(LAN給電装置1台あたり) 800円 (両プラン共通) 初期費用無料• ・ お客さまご自身でWi-Fiアクセスポイント設置を取り付ける場合、初期費用は無料になります。 機器の設置・設定や配線工事などを行う場合は別途費用が発生いたします。 Wi-Fiアクセスポイント装置の設定 装置の初期設定をNTT東日本が事前に設定いたします レディメイド。 ヘルプデスク代行 Wi-Fiに関する、社内向けのヘルプデスクを代行(365日9時~21時) 離れたオフィスや店舗の装置もクラウドから一元的に設定できます。 トラブルサポート Wi-Fiのトラブル時に、クラウドからWi-Fi環境をリアルタイムに確認し、不具合箇所を特定し対応 (365日9時~21時)装置が故障した場合は、迅速に交換用の装置を配送します。 メーカーの公式サポート終了に伴い、サポート対象外となります。 ギガWi-Fi IEEE802. 11acに対応し、無線区間の最大通信速度1. 電波干渉防止 電波干渉の少ない無線チャネルを定期的に自動で選択。 5GHZへの優先接続 電波干渉の少ない5GHzを優先的に利用してモバイル端末と接続。 ダッシュボード(利用状況表示画面) 専用のWEBページにお客さまのWi-Fi利用状況を表示。 トラフィックやアプリケーションの種類を解析してグラフで表示。 Facebook Wi-Fi * 店舗のFacebookにチェックインした来訪者にWi-Fiインターネットを可能にする 来訪者のFacebookを通じて店舗のPRが可能。 接続端末限定 * SSID毎に、あらかじめ登録したMACアドレスの端末のみにWi-Fiの接続を限定。 SSID別のアクセス制限 * SSID別にVLANタグを設定し社内システムへのアクセスを制御 SSID数:ハイエンドプラン15個) 通信帯域設定 * SSID毎、または、モバイル端末あたりの通信帯域を設定 電波オンオフのスケジュール * SSID毎に電波のオン・オフの週間スケジュールを設定し、夜間の業務時間外は電波を停止することなどの使い方可能。 来訪者向けWi-Fiインターネット * 来訪者向けに社内システムへのアクセスを遮断したWi-Fiインターネット。 指定WEBサイト表示 * 来訪者向けWi-Fiインターネット利用時に、指定したWebページを表示できます。 無線マルチホップ * 2台の装置間を無線で接続し、LAN配線なしでWi-Fiエリアを拡張できます。 電波出力自動調整 * 高密度にWi-Fiアクセスポイント装置を設置しても、自動で電波出力を調整して干渉を減らしパフォーマンスを最適化できます。 アプリケーション帯域制御 * 業務に関係ないアプリケーションの接続をブロックすることができます。 指定アプリケーションブロック * 業務に関係ない動画共有サイトやSNSなどアプリケーション別に通信帯域を設定可能。 接続ユーザー認証 * SSID毎にあらかじめ登録したIDとパスワードを入力した端末のみにWi-Fiの接続を限定。 お客さまサーバー連携 * お客さまのRadiusサーバーと認証連携が可能。 *の機能は初期状態ではオフになっております。 お客さまのお申し込みにより設定いたします。 11ac対応で、最大通信速度1. 3Gbpsの場合になります。 最大通信速度はWi-Fiアクセスポイント装置と端末間における技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。 インターネットご利用時の通信速度は、ご利用環境(インターネット接続用回線や端末機器の仕様など)や回線混雑状況などによって大幅に低下する場合があります。 回線や端末機器の仕様などについて、詳しくはメーカーなどにお問い合わせ下さい。

次の