鷲巣 麻雀。 アカギの鷲巣麻雀って実際にやったらつまらないですよね?

透明鷲巣麻雀牌の使い方!粗悪な牌でも17和なら楽しめる!

鷲巣 麻雀

5つの理由がありますので、それぞれ見てきましょう! 手牌が透けているので指導しやすい 初心者を指導する場合、誰かが後ろについて何を切ればよいか、どういう手を目指すべきか、など 手の作り方を説明するのが一般的です。 「ここはこれを切ったほうがいい」とか「この場面はリーチが入っているからこの牌で降りる」とかそういう場面場面の打ち筋を付きっきりで教えます。 しかし、 4人ぴったりの場合では誰かが後ろにつくことはできません。 またほかの3人全員が手を見ることができるため、後ろに一人が付く場合に比べ、意見をもらえる人数が増えより客観的な視点を得ることができます。 筋や現物などのイメージを伝えやすい ワシズ麻雀牌の2つ目の利点は、 筋や現物などの抽象的な技術の概念を説明しやすいことです。 例えば「リーチ者が6ソウを切っていて、その筋だから3ソウは安全」と説明したいときに、透けている両面ターツを実際に見ることができれば、「確かに6ソウを切っていると3ソウはフリテンになるな」というのを視覚的に見ることができ、 普通の牌よりも簡単に筋の概念を理解することができます。 上級者の切り口を同時に学べる また、ワシズ牌では、相手の手牌が見えることで、 上級者の他家の打牌を盗めるという点も初心者にとっては大きな利点です。 序盤の字牌の切り順、中盤までの手の広げ方、リーチ後のオリ、聴牌キープの回し打ちなど、様々な場面での打牌に至るまでのプロセスや、なぜその牌を切ったのかについての状況が見えやすく、それに対して 質問していくことで初心者から一気に中級者くらいまで駆け上がることができます。 また、相手の打牌をみてなぜそれを切ったのかを考えることで、相手の立場になって考えるという読みの基本を学びやすくなります。 相手の手牌を見る癖がつく さらに、ワシズ牌の大きなメリットとして、 相手の手を見る癖がつくという点が挙げられます。 基本的に初心者のうちは 自分の手に集中しがちですが、相手の手を見ればその中身が分かるというワシズ牌特有の特殊な状況に置かれることで、相手の手を見るメリットが高まります。 そのためワシズ牌を用いて麻雀を覚えると、自分の手番以外は相手の手を見るという麻雀における重要な動作を自然と学ぶことができます。 山を積まずにプレイできる さらにワシズ牌には 時間的なメリットも大きいです。 初心者とプレイする上で、 時間がかかるステップの一つは山を積む行為です。 >> 17牌を上下二段に積み上げるという作業は、慣れてくると結構手早くできるものですが、初めのうちはなかなか手こずります。 しかも、ほかの人がすでに積み上げていると、焦りからか17牌の列を積み上げるのを失敗してしまったり、列が足りなかったり多くなったりして何かと時間がかかるものです。 しかし、 ワシズ麻雀牌では山を積むと次の牌が見えてしまうため、山を積みません。 ワシズ麻雀の公式ルールでは、牌は黒の抽選箱と呼ばれるような箱の中に無造作に入れ、各プレイヤーは手袋をしてそれをツモります。 なので山を積む必要がなく、手積み卓でも山を積む時間を短縮し、効率的に麻雀を覚えることができます。

次の

鷲巣麻雀とは (ワシズマージャンとは) [単語記事]

鷲巣 麻雀

〜 材料 〜 ・12mm厚コンパネ(ホームセンターで700mm角にカットしてもらいます。 ドリルで穴を開けて。 ジグソーで切る。 内寸法が200mmの箱を組む。 L字に組む。 底板に裏から、ビスでつける。 パンチカーペットをこんな形に切って。 はめて、淵を止めます。 天板をビスでとめて。 両面テープをはり。 パンチカーペットを貼って、中央をの200mm角切り取る。 (牌は適当?です) ちょい角度違い。 中央の穴の感じOK! さすがに電動で牌を混ぜる機能はありません。 「ドラ表示牌入れ」これから作ります。 出来ました!・・・・・ [] [an error occurred while processing this directive].

次の

【最終回感想】『アカギ』が27年かけて辿り着いた物語のオチについて

鷲巣 麻雀

5つの理由がありますので、それぞれ見てきましょう! 手牌が透けているので指導しやすい 初心者を指導する場合、誰かが後ろについて何を切ればよいか、どういう手を目指すべきか、など 手の作り方を説明するのが一般的です。 「ここはこれを切ったほうがいい」とか「この場面はリーチが入っているからこの牌で降りる」とかそういう場面場面の打ち筋を付きっきりで教えます。 しかし、 4人ぴったりの場合では誰かが後ろにつくことはできません。 またほかの3人全員が手を見ることができるため、後ろに一人が付く場合に比べ、意見をもらえる人数が増えより客観的な視点を得ることができます。 筋や現物などのイメージを伝えやすい ワシズ麻雀牌の2つ目の利点は、 筋や現物などの抽象的な技術の概念を説明しやすいことです。 例えば「リーチ者が6ソウを切っていて、その筋だから3ソウは安全」と説明したいときに、透けている両面ターツを実際に見ることができれば、「確かに6ソウを切っていると3ソウはフリテンになるな」というのを視覚的に見ることができ、 普通の牌よりも簡単に筋の概念を理解することができます。 上級者の切り口を同時に学べる また、ワシズ牌では、相手の手牌が見えることで、 上級者の他家の打牌を盗めるという点も初心者にとっては大きな利点です。 序盤の字牌の切り順、中盤までの手の広げ方、リーチ後のオリ、聴牌キープの回し打ちなど、様々な場面での打牌に至るまでのプロセスや、なぜその牌を切ったのかについての状況が見えやすく、それに対して 質問していくことで初心者から一気に中級者くらいまで駆け上がることができます。 また、相手の打牌をみてなぜそれを切ったのかを考えることで、相手の立場になって考えるという読みの基本を学びやすくなります。 相手の手牌を見る癖がつく さらに、ワシズ牌の大きなメリットとして、 相手の手を見る癖がつくという点が挙げられます。 基本的に初心者のうちは 自分の手に集中しがちですが、相手の手を見ればその中身が分かるというワシズ牌特有の特殊な状況に置かれることで、相手の手を見るメリットが高まります。 そのためワシズ牌を用いて麻雀を覚えると、自分の手番以外は相手の手を見るという麻雀における重要な動作を自然と学ぶことができます。 山を積まずにプレイできる さらにワシズ牌には 時間的なメリットも大きいです。 初心者とプレイする上で、 時間がかかるステップの一つは山を積む行為です。 >> 17牌を上下二段に積み上げるという作業は、慣れてくると結構手早くできるものですが、初めのうちはなかなか手こずります。 しかも、ほかの人がすでに積み上げていると、焦りからか17牌の列を積み上げるのを失敗してしまったり、列が足りなかったり多くなったりして何かと時間がかかるものです。 しかし、 ワシズ麻雀牌では山を積むと次の牌が見えてしまうため、山を積みません。 ワシズ麻雀の公式ルールでは、牌は黒の抽選箱と呼ばれるような箱の中に無造作に入れ、各プレイヤーは手袋をしてそれをツモります。 なので山を積む必要がなく、手積み卓でも山を積む時間を短縮し、効率的に麻雀を覚えることができます。

次の