バッタ の 大群 日本。 アフリカでバッタ大量発生の第2波、食料不足の危機

蝗害

バッタ の 大群 日本

「この…大群は…恐ろしい」 アルバート・レマスラニ氏は4月、アフリカ、ケニア北部で息を弾ませながらこう言った。 レマスラニ氏は自身を撮影した動画のなかで、サバクトビバッタの群れをはたきながら歩いている。 体長5センチ余りのサバクトビバッタは厚い雲のように同氏を取り囲み、1万組のトランプが一斉に切られているかのような羽音を立てる。 「数百万匹はいます。 あちこちで…食べています…悪夢が現実になったような光景です」。 レマスラニ氏はうめくように語った。 最大2500万人が食料不足に レマスラニ氏(40)はケニア中部の村オルドニイロに家族と暮らし、ヤギの世話をしている。 ヤギたちは低木や高木を食べて生きている。 レマスラニ氏は地元の言い伝えでしかサバクトビバッタを知らなかった。 ところが2020年、食欲旺盛なサバクトビバッタの大群が数十年来の規模で東アフリカに押し寄せた。 サバクトビバッタは底なし沼のような食欲の持ち主で、農業に壊滅的な被害をもたらす恐れがある。 成虫は自身の体重と同じ量の植物を1日で食べることができる。 サバクトビバッタの体重は約2グラムだ。 群れはニューヨークを埋め尽くしても余りある規模の700億匹に達することもあり、その場合、約13万6000トンもの作物が1日で失われる計算になる。 もっと小さな4000万匹の群れでも、3万5000人分の1日の食料に匹敵する量の植物を1日で食べてしまう。 今回の大量発生は、エチオピアとソマリアでは過去25年、ケニアでは過去70年で最悪の規模となっている。 一帯は作物の生育期を迎えており、新型コロナウイルスの影響で対策が難航している間に、サバクトビバッタの群れは増殖している。 国連食糧農業機関(FAO)は、東アフリカの最大2500万人が2020年、食料不足に見舞われると試算している。

次の

蝗害

バッタ の 大群 日本

提供 サバクトビバッタ大発生の様子(写真/gettyimages) 群れで長距離を飛翔し、農作物を食い荒らすサバクトビバッタが東アフリカで大発生。 食糧危機が広がるのではないかと危ぶまれている。 小中学生向けニュース月刊誌「ジュニアエラ」6月号では、アフリカのバッタ大発生についてリポートした。 * * * 「アフリカの角」と呼ばれる、アフリカ大陸東部のエチオピア、ケニア、ソマリアなどにまたがる地域で、サバクトビバッタの大発生による深刻な農業被害が起こっている。 国連食糧農業機関(FAO)によると、バッタによる食糧や生活の危機としては、エチオピアやソマリアでは過去25年、ケニアでは過去70年で最も深刻だという。 このままバッタの被害を食い止めることができないと、食糧事情が急速に悪化して、新たな国際紛争も招きかねないと専門家は気をもんでいる。 現在、世界は新型コロナウイルスのパンデミックに苦しんでいるが、サバクトビバッタの大発生からも目を背けるわけにはいかない。 砂漠などの乾燥した環境を好み、ふだんは北アフリカからアラビア半島、インドにかけての地域に生息している。 ところが、大発生したときには大群をつくって長い距離を移動し、移動した先々で作物を食い荒らす。 最近では、2003年10月から05年9月にかけて西アフリカを中心に大発生した。 群れは国境を次々に越えて移動しながら拡散し、20カ国以上に被害をおよぼし、農業被害は25億ドル(約2700億円)に上った。 サバクトビバッタは、つねに大群をつくるわけではない。 ふつうのときは、幼虫も成虫もほかの個体との距離を保って生息している。 この状態のバッタは「孤独相」と呼ばれ、幼虫は緑色や褐色、灰色など周囲の環境に溶けこむ色をしている。 ところが、大雨が降って餌となる草がたくさん生えるなど、いくつかの条件がそろうと大発生する。 個体どうしが互いに触れ合うことが多くなり、こうした環境下のバッタは普段よりも大きな卵を産み、その卵からは、黒い幼虫がふ化する。 その幼虫が混み合った環境で育つと、黒にオレンジや黄色が交じった体色の幼虫になる。 この幼虫から育った成虫は、群れをつくって餌となる植物を求め、長い距離を移動する。 このような特徴をもつようになったバッタは「群生相」と呼ばれる。 群生相のサバクトビバッタは、驚くような移動能力、飛翔力を見せる。 大群は1日に100キロメートルくらい飛ぶこともある。 記録として残っているものでは、1988年にアフリカで大発生したとき、大西洋を越えてカリブ海の西インド諸島や南アメリカ大陸にまで達したものもいた。 途中に陸地はないので、海を越えて飛んだ距離は約4500キロメートルに及ぶ。 さらに驚くのは、大群の大きさとバッタの数、そして旺盛な食欲だ。 FAOによると、大群の大きさは面積にして1~数千平方キロメートルにもなり、1平方キロメートルの大群の中には4千万~8千万匹の成虫がいるという。 1匹の成虫は1日に、自分の体重と同じ約2gの餌を食べる。 1平方キロメートルの大群に4千万匹の成虫がいた場合、一日に約3万5千人分の食糧を食べることになる。 3月末現在、アフリカ大陸内にとどまらず、海を渡ってアラビア半島からイラン、パキスタンでも大発生している。 この勢いが抑えられないと、「日本まで来るのでは?」と不安になるが、その心配はないという。 サバクトビバッタは寒さに弱いので、パキスタンやインドと中国の間にそびえるヒマラヤ山脈を越えるのが難しいからだ。 とはいえ、日本がバッタの被害と無縁というわけではない。 過去には、トノサマバッタの大発生が日本の人々を苦しめてきた歴史があるからだ。 1880~84(明治13~17)年には、北海道で大発生して大きな農業被害をもたらしている。 サバクトビバッタの生態や大発生のしくみについては謎も多く、現在のところ殺虫剤(農薬)をまくしか対策がない。 そのための人も資金も十分ではなく、FAOは、1億3800万ドル(約150億円)の支援を世界各国に呼び掛けている。

次の

インドまで到達した4000億匹のバッタ 日本に襲来する可能性も

バッタ の 大群 日本

スポンサーリンク バッタの大群が発生するのはなぜ? バッタの大群が日本に来たら コロナ以上に外に出れない 日本は今まで以上に対策に尽力してほしい — ツイッターおもしろ動画 haripotago そもそもなぜ、突発的にバッタの大群が発生するのでしょうか? こどもでもわかりやすいように解説したサイト から引用してみます! 繁殖環境によって集団行動をするバッタが発生する 空が暗くなるほど巨大なバッタの大群が飛んできて農作物を食い荒らす。 昔から世界各地でバッタが大量発生し、人々を苦しめてきました。 普段は単独行動を好むバッタが集団行動するようになる変化を「相変異」といいます。 仲間が少ないときのバッタを「孤独相」、多いときのバッタを「群生相」と呼びますが、相変異はバッタの大量発生と重要な関係があります。 なぜ相変異が起こるのか。 アフリカの半砂漠地帯に棲むサバクトビバッタを例に解説しましょう。 いつも乾燥している砂漠ですが、雨季に雨が降ると、バッタのエサとなる草が生えてきます。 バッタは、その先に雨が降っていることの多い季節風に乗って移動し、エサにありつきます。 そして、お腹いっぱいになると卵を産み始めます。 雨は数日しか降らないので、草は1か月ほどで枯れてしまいます。 孵化した幼虫はその前になんとか成虫になるものの、その場では生活できず、新しいエサ場を求めて旅に出ます。 ところが、珍しく大雨が降ると、草が枯れるのが遅くなるため、バッタは旅に出ずに数世代連続して繁殖します。 バッタの繁殖力は高く、あっという間に仲間の数が増えます。 草が枯れ始めると、草が残っている狭い範囲にたくさんのバッタが集まってきて、ますます数が多くなります。 仲間が多くなるとバッタの体に変化が起こります。 仲間と群れるようになり、翅が長くなって飛びやすい体になります。 これが相変異です。 実験の結果、バッタは仲間の姿や匂いではなく、ぶつかり合いに反応して相変異を引き起こすこと、そして、その接触刺激を触角で感じていることがわかってきました。 群生相になると1日に100km以上も飛び、途中で小さい群れ同士が合流し、群れはますます巨大になっていきます。 バッタの大群は、大雨によって引き起こされた群生相の大集団なのです。 (国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター・任期付研究員 前野ウルド浩太郎) (引用: ) 簡単にまとめると、 原因は大雨です! 大雨が原因で砂漠の草が枯れにくくなると、一箇所に大量のバッタが大繁殖してしまうんですね。 そこの草が枯れると、また草を求めて旅にでるのですが、そのうち小さい群れ同士が合体して、どんどん巨大化してしまうというわけです! おそろしいですね。 また、 「なぜ群れるようになるのか」というメカニズムまでは解明されていないようです。 今回大発生したサバクトビバッタは、海抜2,000mまで上昇することが出来ますが、それ以上は気温が低すぎ、上昇できないとされています。 なので、中国大陸や日本列島には到達することはなさそうですね。 しかし、油断は禁物です。 日本でも蝗害の発生例は確認されています。 今から92年前、日本で最後のバッタの大群攻撃を受けたのが宮古島です。 1928 年(昭和 3 年)5 月、フィリピンのルソン島でバッタが大量発生し、台湾と石垣島、 宮古島にも飛来して農作物に大きな被害が出ました。 この件に関して、興味深い資料を発見したので興味のある方は下のリンクからぜひチェックして見てください! まとめ さて、今回はアフリカのバッタが日本にくるのか?ということについて調べてみました! 今回、アフリカ東部で発生したサバクトビバッタが日本に被害をもたらす可能性は限りなく低そうですが、バッタの被害という点では、日本も全く関係ない話ではないということですね! フィリピン、台湾など、比較的日本に近い国で、大量発生することがあれば、日本にやって来る可能性も高いと思われます。 これに関しては対策のしようがないので、どう備えればいいのかわかりませんが、日本でもバッタによる被害がもたらされる可能性もあるということが知れたので、最低限の心構えはできたかな〜という感じですね笑 今回の件で、またなにか情報が入り次第こちらに追記していきたいと思います!.

次の