年末挨拶 取引 先。 【恥かく前に】取引先への年末年始の挨拶マナーとメール例文3つを纏めてみた

取引先へ年末の挨拶メールはいつ送る?件名は?例文は?

年末挨拶 取引 先

取引先にすべき年末年始の挨拶とは?年末年始は忙しいですが、取引先へ挨拶をできるようにしましょう。 年末年始には、取引先に限らず色んな人へ挨拶する必要があります。 文面でする場合やメールでする場合など、年末年始ならではのルールをまとめます。 アポイントをとって訪問するのが望ましいですが、難しい場合には会社の受付まで訪問し、担当者と言葉を交わすなどして挨拶をする場合もあります。 取引先のスケジュールを考慮して、どのような形式で挨拶するか判断しておきましょう。 取引先に訪問する時はスケジュールをチェック 取引先の年内営業終了日と自分が出向くスケジュールを正確に把握して、いつが年内最終の顔合わせになるか判断する必要があります。 年内最後の日の別れ際に、適切な挨拶をしましょう。 挨拶としては、 「お目にかかれるのは本日が年内最後になります。 一年間大変お世話になりました。 ありがとうございました。 来年も何卒よろしくお願いいたします。 どうぞ良いお年をお迎えください。 」という挨拶が良いでしょう。 訪問挨拶では手土産を持参するケースも 取引先との関係や挨拶する人の役職によっては、手土産を持参する場合もありますが、自社が準備したカレンダーや手帳、ノートなどの文房具品を渡す事が多いです。 挨拶の内容は、 「今年一年お仕事をご一緒させていただき、誠にありがとうございました。 来年もどうぞよろしくお願いします」といった、挨拶を仕事の内容を含めながら出来ればいいでしょう。 『番外編』上司へも年末年始の挨拶をしよう お世話になったのは、取引先ばかりではありません。 上司にもお世話になりました。 きちんと挨拶を致しましょう。 企業によっては社内でも年末年始の挨拶が大切 取引先への挨拶同様に忘れていけないのが、年末年始の上司や同僚への挨拶です。 上司への挨拶は会社規模にもよりますが、直属の上司のほか、部長や社長など、可能な限り挨拶しましょう。 最終勤務日は忙しい人も多いので、状況を踏まえて挨拶の有無を判断するようにしましょう。 特に、年功序列の強い企業や歴史の古い企業などは、上司への挨拶が非常に重要になります。 帰り際の挨拶は、「今年一年お世話になりました。 良いお年をお迎えください。 」という一言でいいでしょう。 年末挨拶の挨拶はメールで行う場合もある 取引先に直接会って挨拶とお礼を述べられる事が、ベストです。 しかしながら、やむを得ない場合にメールなどで挨拶を致します。

次の

会社への挨拶なら手土産にはのしはどうする?年末年始の渡し方は?

年末挨拶 取引 先

12月は別名「師走」とも言われています。 師が走ると書くように、12月は1年の中でもとても忙しい月になっています。 忙しい理由は企業によって様々ですが、「仕事納めがあるので、仕事を年内中に片付けてしまいたい」というのが一般的な理由ではないかと言われています。 そんな中、忘れてはいけないのが「年末年始の挨拶回り」です。 12月中にお世話になった企業や取引先に挨拶回りをするのであれば、早めに粗品を用意しておく必要があります。 しかし、いざ粗品を決めるとなると迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。 師走で忙しい相手の迷惑にならないようにするためにも、実用性があったりかさばらないようなものを用意したいですよね。 今回は年末年始の挨拶回りに最適な粗品を紹介していきます。 なぜ年末年始の挨拶回りが必要なのか 営業職に携わっている人の中には、12月は取引先やお世話になっている企業への挨拶回りで忙しくなるという人も多いでしょう。 挨拶回りは営業職についている人のほとんどが経験しますが、一方で「本当に年末の挨拶回りは必要なのか」「逆に生産性が低くなるのではないか」という意見もあります。 本当に挨拶回りは必要なのでしょうか。 企業の年末の挨拶回りには「一年の感謝を伝えて、今後の取引を円滑に進めていくためのもの」という意味合いがあります。 以前は年末だけでなく、年始にも挨拶回りをしていましたが、今では年末の挨拶にとどめている企業も多いです。 習慣やしきたりを大切にする企業では、挨拶回りに来ないというのは失礼だと思われてしまうこともあるので、挨拶回りの有無には注意するようにしましょう。 年末年始の挨拶におすすめの粗品 粗品の定番中の定番【カレンダー】 年末年始の挨拶回りの粗品の定番といえば、カレンダーです。 カレンダーの魅力は何と言っても需要の高さです。 年末が近づくと新しい年に向けて、次の年のカレンダーを用意しなくてはなりません。 そのため、カレンダーが最も必要になる季節になっています。 また、デザインが自由にできるのも魅力の1つです。 キャラクターのものから写真といったように、カレンダーのデザインにはたくさんのバリエーションがあります。 他と差をつけたい時におすすめ【アクリル万年カレンダー】 カレンダーは挨拶回りに配る粗品としては定番ですが、その一方で一番貰うであろう粗品になってしまうことも事実です。 企業によっては、使い切れないほどカレンダーをもらってしまい、処理に困ってしまうということも考えられます。 そこでおすすめなのが、「アクリル万年カレンダー」です。 アクリル万年カレンダーの魅力は何と言っても「デザインの独自性」です。 カレンダーの中でも普通のカレンダーとは違い、アクリ万年カレンダーはカレンダー全体にデザインを施すことができるので、粗品に企業の独自性を出すことができます。 また、万年カレンダーなので、他のカレンダーよりも長く使って貰うこともできます。 ビジネスの場でも大活躍【付箋・メモ帳】 付箋やメモ帳は、仕事中に目印をつけたいときやメモをしたい時に重宝するオフィスアイテムです。 粗品としても需要が高く、人気のアイテムとなっています。 付箋やメモ帳には様々な形状があるので、粗品として製作する時は好きなデザインやタイプのものを選べるという魅力があります。 また、メモ帳や付箋はかさばらないので、挨拶回りの際に、手間にならないというメリットもあります。 さらに、1個あたりの単価が安いので、メモ帳や付箋は粗品を大量に作る際、とてもお手頃なアイテムでもあります。 実用さNo. 1の粗品【タオル】 タオルもカレンダーと同様に粗品の定番として知られているアイテムです。 タオルは多すぎて困るということもないので、受け取る側の迷惑にもなりにくい粗品です。 粗品タオルの場合、多くがフェイスタオルサイズです。 タオルの下部や端に、会社名を印字して包装の際にのしをつけるというのが一般的な粗品タオルです。 他の粗品にくらべてデザインがとても簡単なので、時間がないときや、手早く粗品を作成したいときにはタオルがおすすめです。 仕事の中のメール確認も楽々【アクリルスマホスタンド】 アクリルスマホスタンドはアクリル素材で作られたスマホスタンドで、軽いのが特徴です。 スマホを立てておいておくことができるため、デスクワークをしながらでも携帯に入る電話やメールのチェックがすることができます。 そのため、利便性が高く粗品としてもオススメです。 また、定番の粗品ではなく、粗品に独自性を出したいときにもオススメです。 スマホスタンドは粗品としても意外性が高いアイテムの上、アクリルスマホスタンドは独自にデザインできるので、他と差をつけることのできる粗品です。 仕事でもそれ以外でも必需品【ボールペン】 ボールペンもカレンダーやタオルと同様に粗品として人気が高いアイテムです。 粗品としてのボールペンで最も重要なのが、「書きやすさ」と「機能」です。 もらったボールペンが滲みやすかったり、インクが出にくかったりすると使ってもらえず、捨てられてしまうこともありえます。 そのため、書きやすいかどうか、きちんと確かめてから製作するようにしましょう。 どれくらいの色が使えるようにするのか、シャーペン付きのボールペンにするのかによって値段や見た目、粗品としての価値が変わります。 単色だと使う場面が限られてしまいがちですが、2色以上のボールペンにすると使いやすさがアップします。 長くたくさん使ってもらえるためにも2色以上のボールペンにすると良いでしょう。 仕事帰りの安全を守る【リフレクターキーホルダー】 リフレクターキーホルダーは光を反射する素材を使ったキーホルダーです。 夜道で街灯の光や車の光を反射するので、実用的なキーホルダーになっています。 粗品としては珍しいですが、仕事帰りの安全を守ることができるので、使ってもらえる粗品の1つです。 デザインも好きなように決めることができるので、年末年始に合わせ、干支を象ったデザインにすると季節感が出る粗品になります。 挨拶回りをする際のルール 年末年始の挨拶回りをするときには気をつけなければいけないルールがいくつかあります。 まず、事前にアポイントメントを取る必要があるという事です。 12月では日々の業務がさらに忙しくなるため、挨拶先の企業にアポなしで伺うと迷惑に思われてしまったり、対応してもらえないといったことが発生してしまいます。 必ずアポを取ってから挨拶に伺うようにしましょう。 次に、手短に済ますということです。 商談ではなく挨拶が目的の来訪なので、長々と居座ってしまうと相手の業務に支障が起きてしまいます。 そのため、無礼にならない程度に簡単な挨拶や世間話を済ませて、忙しい相手の時間を取らないように心がけましょう。 まとめ 年末年始が迫る中、営業職の人の中には、取引先や関わりのある企業へ挨拶回りをしなければならないという人も多いでしょう。 そのなときに迷ってしまうのが、粗品です。 年末年始の粗品の定番といえば、カレンダーやタオル、ボールペンです。 しかし、特にカレンダーはどの企業でも用意する可能性があるので、粗品に独自性を出したいのであれば、アクリル万年カレンダーや付箋・メモ帳、アクリルスマホスタンドやリフレクターキーホルダーがおすすめです。 年末年始の挨拶回りで渡す粗品に迷っている人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

次の

年末年始の挨拶》挨拶状・書き方文例・例文・年賀状・英語英文・新年の挨拶

年末挨拶 取引 先

しかし、社内へ年末挨拶と言ってもビジネスメールのマナーをしっかりと守る必要があります。 年末挨拶のビジネスメール社内編の例文として一つ目に紹介するのが「上司宛」のビジネスメールです。 上司に宛てメールを送る際は、ポイントを押さえましょう。 ポイントとしては、一年の感謝の気持ちをメール文章に表すことです。 また、仕事中、幾度かミスをした場合についてはきちんと謝罪をするようにしなければなりません。 年末の挨拶ビジネスメールを社内に送る際は、その謝罪についても触れましょう。 まず冒頭に「〇〇さん(もしくは役職)」とし、改行して一行空け「本年も大変お世話になりました。 」と綴り、「仕事に関してご指導頂いたことへの感謝」と、「ミスをした際の謝罪と今後の改善」を盛り込み、最後に「来年も本年同様、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 良い年をお迎え下さい」と記載します。 年末挨拶ビジネスメール社内編例文として二つ目に紹介するのが「職場のメンバー宛」についてです。 職場のメンバーには毎日関りがあります。 日々の感謝の意を込めて挨拶メールを送るのは必須です。 基本的には上司に送るメールの内容と似ています。 ポイントとしては件名に「年末のご挨拶について」と記載しましょう。 文の始まりはその年の西暦を入れましょう。 つまり、「〇〇〇〇年も残すところあとわずかとなりました。 」というような文章にします。 その後はその年の振り返りと、職場のメンバーに対する感謝の言葉と来年の豊富や意気込みを書きます。 最後に、「ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 」と書いたら、締めに「新年にはまた元気な姿でお会い出来ますことを楽しみにしております。 どうぞよいお年をお迎え下さい。 」と結びメールの文末とします。 先輩や同僚などに送る年末の挨拶とは異なり、仕事でお世話になった他部署などに対してメールを送る際は敬語の使い方などに注意が必要です。 ポイントとしては、冒頭に「〇〇部署の皆様」といった社内部署宛の内容にすることです。 まず、「今年も残すところあとわずかとなりました。 」と始まり、その後は無事何事も無く一年を過ごせたことへの感謝の文章を綴りましょう。 もし、他部署との連携で上手く行った企画などありましたらその企画名(プロジェクト名)をあげ、「多大なお力添えを頂きましたこと、心より御礼申し上げます。 」と添えましょう。 最後に、「また新年に元気な姿で皆様とお会いできることを楽しみにしております。 よいお年をお迎え下さい。 」と結び、文の締めとします。 メールの文章では目上の方への文章の取り扱いが大切です。 参考までに関連記事にてご紹介しますのでご参考下さい。 社外というと取引先というイメージがありますが、社外の仕事仲間であるクライアント先にもシンプルな形式の社外用年末挨拶ビジネスメールを送る必要があります。 年末挨拶ビジネスメールの社外編例文として一つ目に紹介するのが「クライアント宛シンプル形式」です。 クライアント先と言っても、関係性やコミュニケーションの度合いにもよりますが、シンプルな形式が無難であると言えます。 さらに、社外の方には必ず年末年始の休業日についてもお知らせする必要がある為、ポイントとしてはこれらの日付について記載する必要があります。 まず件名に「年末のご挨拶」と記載をしましょう。 その後は、「会社名・部署名・担当者名」を記載します。 文の始めに「お世話になります。 」とし、「自分の会社名と名前」を記載し、一年の感謝を続けて書きます。 次に「本年同様、来年もよろしくお願いいたします。 」とし、来年の年始の休業日についての案内を書いて締めに「よいお年をお迎え下さい。 」と結び終了です。 内容としては社外編例文の一つ目と同じく始まります。 「会社名・部署名・担当者名」と「お世話になります。 〇〇会社の〇〇です。 」と自己紹介をします。 「〇〇年も残りわずかとなりました。 」と書き、感謝を綴ります。 次に「なお、弊社の年末年始の休業日については下記の通りになります。 」と記載し、日付を簡単に箇条書き形式で記載していきます。 最後に「来年も本年同様変わらぬご愛顧の程、よろしくお願いいたします。 」と締め終了します。 年末以外にもビジネスメールは必須のスキルです。 詳しく知りたい方は関連記事にてご参考下さい。 年末ビジネスメール例文取引編として一つ目に紹介するのが「特定の個人宛で送る場合」です。 ポイントとして、宛先を記載する際は、「取引先の会社名・部署名・担当者名」を書き込みましょう。 ただし、挨拶メールは誰にでも送るわけではありません。 取引先でお世話になった方などコミュニケーションが取れている相手に送るようにします。 冒頭文には「平素は大変お世話になっております。 」と書き、その後「自社会社・部署・名前」を記載し、本年の感謝の言葉を綴ります。 また、お世話になった案件やプロジェクト名を書いた後に上手く行ったことについて触れます。 案件もしくはプロジェクトが上手く行ったことに対しての感謝を記載した後、「今後とも何卒よろしくお願いいたします。 」と書き、「弊社年末年始の休業期間は下記の通りになります。 」とし、年末年始の休業日について書きます。 締めに体調を気遣う内容を書き込み、「新年もよろしくお願いいたします。 」として終了です。 年末挨拶ビジネスメール例文の取引先編として二つ目に紹介するのが「複数人宛に送る場合」です。 まず、件名に「年末のご挨拶について」と記載し、冒頭には「お取引先各位」と記載し、「平素より大変お世話になっております。 」と書き始めます。 そして「本年は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 」と綴ります。 さらに、来年の意向を書き、「本年と変わらぬご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。 」と書きます。 「尚、年末年始の休業日は下記の通りとなっております。 」として、日付を箇条書き形式で記載しましょう。 最後に来年のお力添えと、新年を迎えるにあたっての言葉を綴って終了します。 複数人宛で送る際は、末文から2行ほど改行し空け、「所属している会社名と部署名・自分の名前・会社住所・電話番号・メールアドレス」を記載しましょう。 その際も、ビジネスメールのマナーがあります。 一つ目に紹介するのが「個人宛」です。 個人宛に送る際は、懇意にして下さっているお客様に日頃の感謝を込めて文章に綴らなくてはなりません。 件名は「年末のご挨拶」とし、「お客様の名前」を「様」を付けて記載します。 その後自己紹介を書き、「年末のご挨拶を申し上げます。 」と書き、「本年は格別のご厚情を賜りまして厚く御礼申し上げます。 」と書きます。 その後、感謝を綴り、「本年同様、来年も〇様のご期待に添えるよう精進してまいります。 」と書きます。 「来年が皆様にとって良い年になりますことを心よりお祈り申し上げます。 」と綴った後、年内の営業日についてのご案内をし、末文から2行ほど間を空けた後に「店名・役職・氏名・スタッフ一同・郵便番号・住所・電話番号」を書いて終了です。 複数人に宛てメールを送る際のポイントとしては、「お客様各位」と記載するのがベストです。 件名は「年末のご挨拶について」と書きます。 冒頭は「店名・名前」と記載し、「年末のご挨拶を申し上げます。 」と書きます。 次に「本年も格別のご愛顧を賜りまして厚く御礼申し上げます。 」と記載します。 その後、「スタッフ一同来年もお客様にご満足頂けるように精進いたしますので何卒来年も変わらぬご愛顧程、よろしくお願いいたします。 」と書きます。 結びにお客様の体の心配と新年を無事に迎える祈願の旨を記載しましょう。 最後に休業日について記載し、「店名・名前・住所・電話番号・メールアドレス」を書き込んで終了とします。 また挨拶文の中には「お蔭様で」と使用する場合があります。 この言葉は使い方によって失礼にあたる場合もありますので、意味や使い方を把握した上で使用するようにしましょう。 詳しくは関連記事にてご参考下さい。 年末の挨拶のビジネスメールマナーや注意点は? 年末挨拶ビジネスメールは送信日に気を付けるのがマナー 年末挨拶ビジネスメールの注意点やマナーについて把握しておかなくてはいけない点が「送信日に気を付けるのがマナー」です。 年末のご挨拶と聞くと、年末に送るというイメージがありますが、役職や関係性によって変わります。 それぞれ挨拶メールを送る日が常識的マナーとして存在します。 まず、社内の上司や先輩などに送る際は、年末の最終営業日(仕事納め)の午前中までに送るようにしましょう。 この時の注意点が「相手が確実にメールを読むことが出来る時間を選んで送信するようにする」ということです。 きっちり読んで貰えるように相手が暇そうな時間帯を選ぶようにしましょう。 取引先や社外、お客様などに年末挨拶のメールを送る際のマナーとしては、会社宛てに送る際は、最終営業日の1週間から3日前に送ることがベストです。 個人のお客様の時は、自分の会社の最終営業日に送るようにしましょう。 年末挨拶のビジネスメールをお客様に送る際は感謝の言葉を添えるのがマナー 年末挨拶ビジネスメールをお客様に送る際は必ず「お世話になったことへの感謝の気持ち」と「来年もよろしくお願いします」といった内容や、「営業日」について触れましょう。 ただし、会社など取引先に送る際は、「来年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 」と一言書くと好印象です。 年末挨拶ビジネスメールのテンプレ文の注意点は送る相手を気にしよう ネット上での情報量が多量な現代社会は、年末挨拶ビジネスメールのテンプレが無数に無料で掲載されています。 その文章をそのままコピペをして使用すると場合によっては送った先の相手に大変失礼にあたる場合がありますので確認するという点を注意点として押さえておくようにしましょう。 マナーとしては、目上の方や上司、取引先の責任者などに送る文章の場合、テンプレ文をそのまま使用するのではなく、日頃関わってきた中でのエピソードなどを書き込むようにするととても興味の湧く文章の内容となることでしょう。 例えばミスがあり、相手の方のお蔭でピンチを切り抜けられたという場合は謝罪を記載します。 相手先の上司の場合は「今後ともご指導ご鞭撻のほど」というフレーズを使う事で、好印象が残ります。 仕事をする上で大切なのは対人です。 好印象を与えることで今後の関りにプラスに働きます。 とは言っても、友達ですので内容は堅苦しくないほうがいいでしょう。 一つ目として紹介する例文は「フランクな内容」ということです。 まずは「挨拶」です。 「こんにちは」もしくは「こんばんは」など時間帯で変えます。 次に「今年も大変お世話になりました。 来年もよろしくお願いします。 」と書いた後、友達の体調を気遣う「風邪引かないでね」という旨も記載しましょう。 結びには「良いお年を」と書き終了します。 最近ではメールではなくLINEを使って年末の挨拶を送る方も多くいます。 LINEにはスタンプ機能があり、年末の挨拶ともなるとオリジナルキャラクターや作家さんが作ったキャラクターなどのスタンプがLINEストアにて販売されています。 年末の挨拶スタンプだけでもかなりの量のスタンプが販売されていますので、お好きなものを手に入れて友達に送る年の瀬や暮れの挨拶をするようにしましょう。 年末の挨拶ビジネスメール例文を使ってその年最後の挨拶を送ろう メールは、ビジネスにとってとても大切なツールとなります。 特に、年末などは一年の締めくくりとして日頃の感謝を伝える大切なことです。 お客様や取引先の方はもちろんのこと、上司や先輩、友達らにも送らなくてはなりません。 例文をしっかりと把握してその年最後の挨拶をメールにて適切に送るようにしましょう。

次の