ピーマン の 生産 量。 ピーマンの出荷量の都道府県ランキング

ピーマンの生産日本一の産地はどこ?世界からの輸入品は?

ピーマン の 生産 量

茨城県のピーマンは出荷量が日本一。 全国122,400tのうち、32,400tとほぼ4分の1を誇ります(平成23年)。 なかでも、神栖市は太平洋と利根川に挟まれ、温暖な気候と砂丘地帯で水はけの良い土壌に恵まれたピーマンの大産地です。 神栖市では、古くから落花生・スイカ・千両・葉タバコなどがつくられてきましたが、ピーマンの栽培が始まったのは終戦直後の昭和23~24年ごろ。 米軍から注文があり、カリフォルニアワンダーという品種の種を栽培したのが最初だとされています。 昭和40年頃から鹿島開発による農業対策事業の推進により、小面積でも農業経営の維持ができる生産性の高い施設園芸へと移行しました。 神栖市のピーマンはビニールハウスなどの施設で栽培するため、1年中出荷をすることができます。 神栖市で栽培されるピーマンは「甘くて柔らかい」と市場でも高く評価され、人気の商品となっています。 ピーマンとは? ピーマンは熱帯アメリカ原産のナス科の植物です。 ピーマンという名前はフランス語(piment)に由来し、英語ではベルペッパー、緑色のものはグリーンペッパーといいます。 名前のとおり、ピーマンはペッパー(とうがらし)の仲間ですが、辛み成分のカプサイシンはほとんど含まれていないため辛くはありません。 昔は独特の青臭さが苦手な人も多いようでしたが、最近では品種改良が進み、現在のようなくせの少ない品種が誕生しました。 ピーマンの栄養素 ビタミンC・ビタミンP・葉緑素など豊富な栄養素が含まれているピーマン。 ピーマンのビタミンCは加熱しても壊れにくく、損失が少ないのが特徴です。 ピーマン100グラム中のビタミンC含有量が約80ミリグラム。 およそピーマン4個で1日の所要量を摂取することができます。 ピーマン 黄 、玉ねぎ、ハムをみじん切りにします。 玉ねぎを炒め、そこにピーマン 黄 、ハムを入れて炒め、塩こしょうで味を整えます。 ご飯を入れてさらに炒めます。 2に適量のケチャップとピーマンピューレ 赤 を加え、混ぜ合わせます。 冷ましたらピンポン玉位の大きさに形を整えます。 その際、中にピザ用のチーズを入れます。 丸めたものを、小麦粉、卵、パン粉の順につけます。 赤ピーマン1個をオーブントースターで焦げ目が全体に付く位まで焼きます。 焼いたピーマンを水に浸しながら、皮をむき、キッチンペーパーなどで水分を取り、その後、形がなくなるまで約1分ミキサーにかけて完成。

次の

[ピーマン/ぴーまん] 農業情報

ピーマン の 生産 量

【新冠】新冠町農協が生産する「にいかっぷピーマン」が、特許庁の地域団体商標に登録された。 町特産のピーマンは道内一の生産量を誇り、商標登録により地域ブランドの適切保護や信用維持、競争力強化につなげる。 登録は道内で35件目、日高管内で2件目になる。 地域団体商標は「地域の名称+商品の名称」からなる商標で、道内では「鵡川シシャモ」や「大正メークイン」、「幌加内そば」、「ほべつメロン」など地域を代表する特産品が登録。 管内では、2012年(平成24年)に平取町農協が「びらとりトマト」を商標登録している。 「にいかっぷピーマン」の商標は、昨年4月に新冠町農協が出願し、今年6月5日に登録された。 新冠町は豊かな土壌と昼夜の大きな気温差があるピーマン栽培に適した地域。 良質な有機堆肥を使った土づくりに力を入れ、その土壌から生長したピーマンは甘みがありみずみずしく、生で食べても美味しいのが特徴。 「にいかっぷピーマン」は1984年(昭和59年)に生産が始まり、その後、生産農家が増加。 品種は「みおぎ」に統一し、現在ではピーマンの生産量は道内の過半数を占め北海道一となっている。 昨年は2000トンを出荷し、販売額は過去2番目の約8億4000万円。 地域団体商標の出願に向け、数年前からピーマン生産部会が主体となり、消費地での販売促進や食育活動、行政との連携による新規就農者の募集などの産地拡大に取り組んできた。 今後は道内一の生産量の維持と、消費者に信頼される産地になることを最大の目標に、担い手を積極的に受け入れ、伝統的に引き継がれてきた栽培技術などを長期的に継承していくことで、「にいかっぷピーマン」の一層の発展につなげる考えだ。

次の

[ピーマン/ぴーまん] 産地 (都道府県)

ピーマン の 生産 量

00 - 0 1 北海道 5,200 3. 59 07位 0 2 青森県 3,220 2. 22 09位 0 3 岩手県 7,960 5. 50 05位 5 4 宮城県 1,640 1. 13 16位 0 5 秋田県 532 0. 37 29位 0 6 山形県 991 0. 68 20位 0 7 福島県 2,900 2. 00 10位 0 8 茨城県 33,900 23. 41 01位 1 9 栃木県 348 0. 24 35位 0 10 群馬県 396 0. 27 33位 0 11 埼玉県 319 0. 22 38位 0 12 千葉県 2,590 1. 79 11位 0 13 東京都 212 0. 15 42位 0 14 神奈川県 322 0. 22 37位 0 15 新潟県 849 0. 59 21位 0 16 富山県 71 0. 05 46位 0 17 石川県 129 0. 09 44位 0 18 福井県 137 0. 09 43位 0 19 山梨県 280 0. 19 41位 0 20 長野県 2,210 1. 53 14位 0 21 岐阜県 534 0. 37 28位 0 22 静岡県 317 0. 22 39位 0 23 愛知県 690 0. 48 24位 0 24 三重県 587 0. 41 26位 0 25 滋賀県 298 0. 21 40位 0 26 京都府 2,100 1. 45 15位 0 27 大阪府 56 0. 04 47位 0 28 兵庫県 2,240 1. 55 13位 0 29 奈良県 415 0. 29 32位 0 30 和歌山県 1,480 1. 02 18位 0 31 鳥取県 817 0. 56 23位 0 32 島根県 826 0. 57 22位 0 33 岡山県 576 0. 40 27位 0 34 広島県 1,080 0. 75 19位 0 35 山口県 373 0. 26 34位 0 36 徳島県 634 0. 44 25位 0 37 香川県 124 0. 09 45位 0 38 愛媛県 1,580 1. 09 17位 0 39 高知県 13,000 8. 98 03位 3 40 福岡県 433 0. 30 31位 0 41 佐賀県 465 0. 32 30位 0 42 長崎県 347 0. 24 36位 0 43 熊本県 3,370 2. 33 08位 0 44 大分県 5,770 3. 98 06位 0 45 宮崎県 27,000 18. 65 02位 2 46 鹿児島県 13,000 8. 98 04位 4 47 沖縄県 2,520 1. 凡例の割合(占有率)は、パーセント表示における小数第1位を四捨五入し表示しています。 表の番号 表の左列の番号は、都道府県コード順に当サイトで任意につけた番号です。 生産量(収穫量)が0の場合 生産量(収穫量)が0の都道府県は、生産されていない場合のほかに、単位に満たない場合、不詳の場合、公表されていない場合などが含まれます。 表の占有率 表の占有率は、パーセント表示における小数第3位を四捨五入し、小数点以下第2位まで表示しています。 表の順位 表の順位は生産量が多い順です。 生産量が同じ場合は、左列の番号順に順位をつけています。 都道府県の合計と全国値 生産量(収穫量)や占有率の47都道府県を合計した値は、四捨五入などの理由で全国の値と一致しない場合があります。

次の