中国 語 辞書。 Excite Translator

中国 を スペイン語

中国 語 辞書

楽訳の新着メッセージ 2015. 08 2010. 18 無料中国語翻訳サービス開始! 5月30日まで無料翻訳120件突破!) 2009. 22 辞書に収録された用語の中国語発音を聞けるサービスが開始。 2009. 2009. 20 データベース公開中、例文8000件収録。 ユーザー登録しなくても日中例文検索可能。 全文発音付。 ユーザー登録すれば、自分の例文も提出可能。 2009. 02 ツール公開。 オンラインで簡体字、繁体字、ピンインと日本語漢字の一括変換。 2009. 17 「ピンイン入力して中国語を聴こう」機能を辞書ページに追加しました。 スピーカの電源をONにしてから試してみてくださいね。 注:児話音と軽音の一部は対応しておりません。 楽訳サービス一覧 中国語学習から中国語翻訳の第一線まであらゆる分野でご利用いただけます。 検索して見つからなかった中国語単語は辞書システムに自動記録されますので、楽訳チームメンバーより不定期で辞書データベースを更新させていただきます。 皆様のご活用は、楽訳中国語辞書の力です。 各場面ごとで、使用頻度の高い中国語会話を完全公開。 必要に応じて一般表現の挨拶からレストラン、ホテル、病気、盗難事項のトラベル対策までの対応内容を厳選収録しました。 中国語の学習・独習に「やはり、発音は難しい」、「四声の区別が分からない」とよく聞いております。 楽訳発音ピンインコーナーでは、聞きたいピンインまたは漢字はデータベース検索により、正確な発音を確認できます。

次の

中国語辞書と翻訳サービス by 楽訳中国語

中国 語 辞書

辞典 辞典(じてん)とは、や、などを集め、その・・(等)・使用法(用例)・・等をした。 辞書(じしょ)・ 字引(じびき)とも言う。 なお、「辞典」「辞書」という単語は、主に言葉について書かれたもの(、、など)について用いるもので、について書かれた辞典は「」、事物に就いて詳細に書かれた辞典(など)については「事典」という表記を用いて区別される。 「辞典」「字典」「事典」はいずれも「じてん」で発話においては区別できないため、それぞれ「ことばてん」(言葉典)、「もじてん」(文字典)、「ことてん」(事典)と言い換えられることもある。 辞書に関する学問分野としてがある。 辞書の編纂者はレキシコグラファー(lexicographer)と呼ばれる。 「」、「」、および「」も参照 における現存最古の辞典は、初期にによって編纂された『』であると言われる。 次に編まれたのは、によって編纂された漢和辞典、『』である。 これらはを字形によって分類した字書であった。 この系統ではになると『』が作られた。 一方、『』の流れを汲み意味別に漢字が分類された漢和辞典には、平安時代中期、によって編纂された『』がある。 項目の多様性から日本最古の百科事典ともされる。 この系統の辞典ではになると、が広い階層へ普及し始めたことを背景に、『』、諸種の「」などの辞典が多く編まれた。 また、漢字のにもとづいて漢字を分類したとして、に『』が作られた。 最末期の(8年)には、のにより『』が作成された。 日本における「辞書」の呼称は『羅葡日対訳辞書』 1593年 が初出と考えられる。 日葡辞書は、当時ので記述されており、末期〜安土桃山時代の日本語音韻をよく記録する第一級史料でもある。 には、室町期の「節用集」やを元にして非常に多数の辞典が編集・発行された。 それらのうち、『』や『古今要覧稿』などは、百科事典と呼ぶべき内容を備えている。 にはいると、の一環としての『』が編纂された。 大槻はの 特に英語辞書『』 を元にしての言語理論を体系化し、それにより『言海』をつくった。 その後、言海を範として多くの辞典がつくられた。 戦後は編『』や、独特の語釈で知られる他編『』などを含め、様々な辞典が発行されている。 現代では各種のも様々なメーカーから出されている。 中国 [ ] を表記する文字はであり、意味の違いに応じて異なる文字が使われる。 このため、中国で言葉を集めたり解説することは、漢字を集め、その字義を解説することで代替された。 漢字を字形によって配当し、字義や字音、字源などをまとめた書物を (じしょ)と呼んだ。 『』『』などがこれに相当する。 これは日本のの原型である。 字書は『』以降、 字典(じてん)と呼ばれることが多くなった。 一方、字義によって漢字を集める書物もあり、一種の類語辞典であるが、これには『』『釈名』『方言』などがある。 現在、中国ではこれらを (くんこしょ)と呼んでいるが、日本ではが 義書(ぎしょ)と呼ぶことを提唱している。 また、音韻によって漢字を分類し、その順によって並べた書物を (いんしょ)と呼ぶ。 これには『』『』『』『』などがある。 以上のように伝統的な中国の学問では漢字1字の字義を扱うものしかなく、現代的にいえば、の意味を扱う辞典しかなかった。 2字以上で表される単語の意味が扱われるようになるのは近代以降であり、現在の中国で語義を扱うものは 詞典(あるいは 辞典)と呼んでいる。 伝統学問では類語辞典的・百科事典的なものが作られた。 これを という。 もっぱら自然界や人間界の事物や現象に関する語に関して古今のさまざまな書物から用例を集めて引用したものである。 後には書物がまるごと分類され、事典よりも叢書的な様相を呈したものもある。 『芸文類聚』『』『』『』といったものが挙げられる。 を作るのに利用された『』などは日本ので熟語の典故の記載などに利用された。 脚注 [ ] []• コトバンク• 1997年3月28日時点のよりアーカイブ。 2017年9月24日閲覧。 関連項目 [ ] に関連の辞書項目があります。

次の

中国語辞書

中国 語 辞書

辞典 辞典(じてん)とは、や、などを集め、その・・(等)・使用法(用例)・・等をした。 辞書(じしょ)・ 字引(じびき)とも言う。 なお、「辞典」「辞書」という単語は、主に言葉について書かれたもの(、、など)について用いるもので、について書かれた辞典は「」、事物に就いて詳細に書かれた辞典(など)については「事典」という表記を用いて区別される。 「辞典」「字典」「事典」はいずれも「じてん」で発話においては区別できないため、それぞれ「ことばてん」(言葉典)、「もじてん」(文字典)、「ことてん」(事典)と言い換えられることもある。 辞書に関する学問分野としてがある。 辞書の編纂者はレキシコグラファー(lexicographer)と呼ばれる。 「」、「」、および「」も参照 における現存最古の辞典は、初期にによって編纂された『』であると言われる。 次に編まれたのは、によって編纂された漢和辞典、『』である。 これらはを字形によって分類した字書であった。 この系統ではになると『』が作られた。 一方、『』の流れを汲み意味別に漢字が分類された漢和辞典には、平安時代中期、によって編纂された『』がある。 項目の多様性から日本最古の百科事典ともされる。 この系統の辞典ではになると、が広い階層へ普及し始めたことを背景に、『』、諸種の「」などの辞典が多く編まれた。 また、漢字のにもとづいて漢字を分類したとして、に『』が作られた。 最末期の(8年)には、のにより『』が作成された。 日本における「辞書」の呼称は『羅葡日対訳辞書』 1593年 が初出と考えられる。 日葡辞書は、当時ので記述されており、末期〜安土桃山時代の日本語音韻をよく記録する第一級史料でもある。 には、室町期の「節用集」やを元にして非常に多数の辞典が編集・発行された。 それらのうち、『』や『古今要覧稿』などは、百科事典と呼ぶべき内容を備えている。 にはいると、の一環としての『』が編纂された。 大槻はの 特に英語辞書『』 を元にしての言語理論を体系化し、それにより『言海』をつくった。 その後、言海を範として多くの辞典がつくられた。 戦後は編『』や、独特の語釈で知られる他編『』などを含め、様々な辞典が発行されている。 現代では各種のも様々なメーカーから出されている。 中国 [ ] を表記する文字はであり、意味の違いに応じて異なる文字が使われる。 このため、中国で言葉を集めたり解説することは、漢字を集め、その字義を解説することで代替された。 漢字を字形によって配当し、字義や字音、字源などをまとめた書物を (じしょ)と呼んだ。 『』『』などがこれに相当する。 これは日本のの原型である。 字書は『』以降、 字典(じてん)と呼ばれることが多くなった。 一方、字義によって漢字を集める書物もあり、一種の類語辞典であるが、これには『』『釈名』『方言』などがある。 現在、中国ではこれらを (くんこしょ)と呼んでいるが、日本ではが 義書(ぎしょ)と呼ぶことを提唱している。 また、音韻によって漢字を分類し、その順によって並べた書物を (いんしょ)と呼ぶ。 これには『』『』『』『』などがある。 以上のように伝統的な中国の学問では漢字1字の字義を扱うものしかなく、現代的にいえば、の意味を扱う辞典しかなかった。 2字以上で表される単語の意味が扱われるようになるのは近代以降であり、現在の中国で語義を扱うものは 詞典(あるいは 辞典)と呼んでいる。 伝統学問では類語辞典的・百科事典的なものが作られた。 これを という。 もっぱら自然界や人間界の事物や現象に関する語に関して古今のさまざまな書物から用例を集めて引用したものである。 後には書物がまるごと分類され、事典よりも叢書的な様相を呈したものもある。 『芸文類聚』『』『』『』といったものが挙げられる。 を作るのに利用された『』などは日本ので熟語の典故の記載などに利用された。 脚注 [ ] []• コトバンク• 1997年3月28日時点のよりアーカイブ。 2017年9月24日閲覧。 関連項目 [ ] に関連の辞書項目があります。

次の