尼崎 維新。 兵庫維新の会

図説 尼崎の歴史

尼崎 維新

江戸時代、 摂津 せっつ 国川辺 かわべ 郡尼崎(現、 兵庫県 尼崎市)に藩庁をおいた、初め外様 とざま 藩、のち譜代 ふだい 藩。 藩校は正業館 せいぎょうかん。 豊臣秀吉 とよとみひでよし に仕えていた建部 たけべ 氏が 江戸時代に入っても尼崎 郡代 ぐんだい を勤めていたが、1615年(元和 げんな 1)、建部政長 まさなが の 大坂の陣での軍功により1万石の大名に取り立てられ、立藩した。 しかし17年に はりま 国林田 はやしだ 藩に移され、代わりに 近江 おうみ 国 膳所 ぜぜ 藩から譜代の戸田氏鉄 うじかね が5万石で入った。 その後、35年(寛永 かんえい 12)に青山氏5万石、1711年(正徳 しょうとく 1)には松平(桜井)氏4万石が入封 にゅうほう 、以後は明治維新まで松平氏が7代続いた。 この間、綿や菜種、灘の酒造などが興隆、それに目をつけた幕府は、69年(明和 めいわ 6)に今津、西宮、兵庫などの裕福な村を収公、尼崎藩には播磨国に替地を与えた。 そのため実収入は激減、藩領も分断されて藩政は傾き、そのまま 明治維新を迎えた。 1871年(明治4)の 廃藩置県により、尼崎県を経て兵庫県に編入された。 出典 藩名・旧国名がわかる事典について の解説 江戸時代、摂津尼崎(兵庫県尼崎市)周辺を領有した藩。 尼崎郡代であった建部 たけべ 氏が、関ヶ原の戦い後も引き続き徳川氏の郡代を務めていたが、1615年(元和1)建部政長 まさなが が大名に取り立てられ播磨 はりま へ転じ、かわって近江 おうみ 膳所 ぜぜ から戸田氏鉄 うじかね が5万石で入封立藩。 氏鉄は尼崎城を新築して城下町の形成に努め、1635年(寛永12)美濃 みの へ移封。 同年遠江 とおとうみ 掛川から青山氏が入封し、幸成 ゆきなり 、幸利 よしとし 、幸督 よしまさ 、幸秀 よしひで と4代続いたあと、1711年(正徳1)信濃 しなの へ移封された。 ついで遠江掛川から松平忠喬 ただたか が4万石で入封し、忠名 ただあきら 、忠告 ただつぐ 、忠宝 ただとみ 、忠誨 ただのり 、忠栄 ただなが 、忠興 ただおき と7代160年にわたり在封、この間、藩内の諸産業は大いに興隆した。 その豊かな経済力に注目した幕府は、1769年(明和6)今津 いまづ 、西宮 にしのみや から兵庫津までの灘目 なだめ の村々を収公し、播磨に替地を与えた。 所領の主要部分を失った尼崎藩は、財政窮乏のまま明治維新に至り、廃藩後、尼崎県を経て兵庫県に編入された。 [藤本 篤] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について 世界大百科事典 内の尼崎藩 の言及 【摂津国】より …概括的にいえば,大坂城に近接した半径10km以内の東成・西成・住吉3郡はおおむね直領で固め,その周縁とくに大坂から西へ淀川を渡った川辺・豊島郡に旗本の知行地をおいた。 さらにその外方10~20kmの圏内に大坂城代領や定番大名領,地元尼崎藩領を配置した。 大坂城代阿部正次に1626年 寛永3 摂津4郡のうちで3万石を加増し,48年 慶安1 に定番大名保科正貞,内藤信広にそれぞれ摂津で1万石を加増したが,これを初例として,以後10~20km圏内,島上・島下・豊島・川辺の諸郡には歴代大坂城代以下の大坂関係役職大名の飛地を配したのである。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の

神戸新聞NEXT|阪神|維新の会に政活費の返還請求を勧告 尼崎市監査委員

尼崎 維新

概要 [ ] 出身。 在学中のに、の避難所でとして被災者の支援活動に携わり、「神戸大学総合ボランティアセンター」を設立して初代代表 に就く。 から尼崎の会派「市民自治クラブ」でとなる。 にを修了してに入社 したのちに退職し、尼崎市長選挙にしたの選挙事務所でとなる。 4月の議員選挙に尼崎市選挙区からで立候補し、定数8(当時)に対し得票数3位で初当選した。 議員在職中はを推進しての領収書を自主的に公開した。 に再選。 2010年尼崎市長選挙 [ ] 9月、「未来へつなぐ尼崎の会」の支援を受けて尼崎市長選挙への立候補を表明した翌日に県議会へ辞職願を提出。 同年11月21日執行の尼崎市長選挙に現職市長のの支援を受けて無所属で立候補。 元尼崎市議の吉岡健一郎、が推薦する元商工団体役員の徳田稔、元尼崎市議の土田裕史ら3人の候補者を破り初当選となり、12月12日に女性市長としては当時最年少の38歳 で市長に就いた。 52pts) 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 稲村和美 38 新 58,034票 53. 尼崎地区委員会委員長の広瀬幸夫を破り再選。 投票率は過去最低を記録した。 66pts) 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 稲村和美 41 無所属 現 70,642票 74. 同年8月20日、兵庫県総支部()の政務調査会長を務める市議の光本圭佑が立候補する意向を固めたことが明らかとなった。 しかし兵庫維新の会は10月17日、独自候補を擁立しないと発表。 同団体の幹事長での掘井健智は「党の推薦を決める過程で反党行為があった」などとし、党として光本を支援しない方針を述べた。 11月9日、光本市議は不出馬を表明。 その後、光本市議は兵庫維新より除名処分を受けたが、日本維新の会本部の党紀委員会で反党行為は認められず、兵庫維新の会が下した除名処分も覆された。 11月18日に行われた市長選で共産党推薦の新人を破り、3選。 98pts) 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 稲村和美 46 無所属 現 72,390票 78. 選択的制度に賛同。 尼崎市長選挙は無所属で出馬したが、以前からに関わり、やを経てに参加した。 みどりのテーブルで共同代表、みどりの未来で共同代表、その後全国協議会委員をそれぞれ務めた。 みどりの未来が緑の党グリーンズジャパンに改編されて以降はが無いサポーター会員として関わり、 現在 [ ]は党で唯一現職の市町村長である。 性的少数者(など)の同性カップルが婚姻と同等の扱いを受けられる「パートナーシップ宣誓制度」を2020年1月6日から実施した。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 朝日新聞. 2010年11月21日. 2018年11月15日閲覧。 尼崎市役所• 47NEWS 共同通信. 2010年11月21日. 2013年6月13日閲覧。 神戸新聞. 2018年6月5日. 2018年10月18日閲覧。 神戸新聞. 2018年8月21日. 2018年10月18日閲覧。 神戸新聞. 2018年10月18日. 2018年10月18日閲覧。 神戸新聞. 2018年11月9日. 2018年11月14日閲覧。 「『夫婦同姓』合憲 兵庫県内も賛否割れる」、神戸新聞、2015年12月16日• 大盛周平 2020年1月11日. 神戸新聞. 2020年1月13日閲覧。 外部リンク [ ]• [ ]• [ ]• 公職 先代: 2010年 - 次代: 現職.

次の

兵庫維新の会

尼崎 維新

実現すれば「東京に対決する強烈な自治体ができあがる」と鼻息が荒いが、巻き込まれる側の神戸市民らは 「馬鹿は大阪だけでやれ」などと怒り心頭だ。 中略 浅田均議長は最近、兵庫県・伊丹市長選の立候補予定者の集会で、阪神間を含めた都構想を明かしたという。 それは、現在進行中の大阪市を解体、大阪府と統合して大阪都とする府市再編計画が実現した後の展望だ。 2013年4月4日、J-CASTニュースの取材に対して浅田氏は「大阪市内だけだと特別区人口は267万、東京23区(約800万)に比べてかなり小さいわけです。 そこで再編が終わったら、周辺10市を合併、特別区として『グレーター大阪』とすることは前からいっていました。 長期的な話ですが、伊丹市での話ですのでね、セカンドステップとしてさらに周辺に拡大し、尼崎、芦屋、西宮、伊丹、宝塚、そして神戸までをも視野に入れることも不思議ではないというようなことをお話した」と改めて説明した。 大阪市周辺市も特別区設置の可能性 大阪都構想が実現すれば、大阪市だけが特別区に再編されるが、それ以外にも 大阪市に隣接する堺、豊中、吹田、摂津、守口、門真、大東、東大阪、八尾、松原の府内10市も特別区になることは法律上可能だ。 大都市地域特別区設置法(都構想法)によると、手続きは大阪市への特別区設置の流れとほぼ同じ。 府と市の間で、制度設計を協議する法定協議会を設置し、区割りなどを協議する。 2つ以上の特別区に分割する際は住民投票で決定するが、市を分割せずに1つの特別区にする場合は、議会の承認のみで再編可能だ。 都構想を掲げる大阪維新の会は当初、 大阪市に隣接する府内10市と兵庫県尼崎市までを含む再編を目指したが、平成25年の堺市長選で維新候補が都構想反対派の現職に敗れ、堺市の参加は事実上頓挫。 法律上、府外の市を特別区に再編することはできないが、府内周辺市には都構想賛成派の首長もおり、将来的に特別区のエリアが「大阪都」内で拡大する可能性はある。 これについて、よく分かってないのか、わざと伏せているのか、 兵庫維新の尼崎市会議員、光本けいすけはこんな話は聞いたことが無いなどと発信する。 現在選挙が行われているが、この 光本尼崎市議が応援する候補が、清水貴之候補である。 生まれは福岡県で、朝日放送のアナウンサーをやっていたかたで、なのでしゃべっりはさわやかですね。 けど、ツィートを見ているとあまりにも軽い。 どこでもなんでも神戸。 塚口駅や武庫川団地、パークタウン西武庫などでの活動を、「神戸」としているのですが… もう兵庫はどこでも「神戸」なんでしょうか。 いいかげんすぎると思います。 そういえば、維新の創業者の 橋下徹氏も、西成のあいりん地区を「おぎのちゃや」と何度も言っていたことがありました。 2015年の市長選挙で、敵側の柳本候補のおひざ元の西成区に入ったときに、街宣で あいりん地区の中心地名の「萩之茶屋」を「おぎのちゃや」と連呼するありえない間違い。 松井さんはこんなこと言ってましたが。 当然こういう批判されるのはしかたありません。 しかもです、この街宣だけではなく、 この10日後にも西成で講演会が行われ、再び「おぎのちゃや」ですから呆れます。 橋下氏は、現地で萩之茶屋小学校の統廃合とかやってるわけですよ? なんで読み方知らないんですか? まともに事務方とちゃんと会議してないの明らかじです。 少しでもちゃんと話し合っていれば、現地視察して地元意見でも聞いていれば…こんな間違いはありえないはずです。 橋下氏は 「公務無し」ばかりで登庁ぜんぜんしていませんでした。 この公務無し比率を集計したものをご覧ください。 月のうち23日公務無しなんて月まであるのですよ? これで報酬カットしたと言われても… 「あいりん地区のまちづくり検討会議」というものに再三出席要請がなされたけど出てこなかったという指摘もあがってますね。 地域への愛着や理解が足りなすぎるのではないか? だからこそ、平気で自治体の軽はずみな統合を言えてしまうのではないでしょうか? 合市や合区の議論、当然あっていいでしょう。 しかしこんな地域理解で、地域の声を真摯に耳を傾けているとは思えない人々にやらせていいものでしょうか?.

次の