銀行口座開設 三菱。 三菱東京UFJ銀行口座の開設に必要なもの

法人口座開設の必要書類まとめ。必要書類の取得方法から提出時の注意点を解説

銀行口座開設 三菱

三菱UFJ銀行について 三菱UFJ銀行は言わずと知れた国内最大手の銀行です。 元々は三菱東京UFJ銀行でしたが、2018年4月に三菱UFJ銀行へと名称が変更しました。 2018年3月末時点で国内754、海外79の支店があることから、会社の近くにあるという場合も多いでしょう。 三菱UFJ系列のネットバンクではKDDIと共同出資している「じぶん銀行」がありますが、残念ながら法人向け口座は作成ができません。 メガバンクで法人口座を断られやすい理由 まずはメガバンクで法人口座の開設を断られる可能性がある理由について見ていきましょう。 時間をかけて書類を用意したのにもかかわらず、審査で断られるといった例も少なくありませんので、事前に知っておいて確認することが非常に重要となります。 法人口座の審査が通らずに断られやすい理由は以下が挙げられます。 メガバンクで法人口座を断られやすい理由 1、 資本金額が低い。 低い目安は業種にもよるものの最低100万円以下。 2、 登記住所が自宅、シェアオフィスやバーチャルオフィス。 3、 固定電話がなく携帯電話。 4、 事業内容がわかりにくい 基本的には銀行として口座を開設する際に信頼性があるかどうかが重要となります。 銀行としては事業の実態があるのかどうかを確認できることが必要ですので、少なくともどんな事業を行なっているのかがわかるような、独自ドメインのホームページを用意しておきましょう。 ただ、ここで断られやすい理由に該当してしまっても諦めないで下さい! 僕も1から4まで該当していましたが口座の開設ができました。 銀行の審査基準や断られやすい理由などについて詳しく書いた記事も以下にありますので、気になる方はご参照下さい。 法人の印鑑証明書の取得について 履歴事項全部証明書、印鑑証明書を取得する際には法務局で行うこととなりますが、法人の印鑑カードを忘れてしまうと印鑑証明書の取得ができませんので忘れずに持っていきましょう。 法人口座開設の際に必要に応じて提出が必要な書類 口座開設目的や事業内容、主な株主等、その他についてお尋ねされる場合があります。 1、 会社案内、製品、パンフレット、お取引先さま向けご提案書、見積書、注文書、仕様書等 2、 事業の実施自体に各行政機関等の許認可・届出・登録等が必要な業種の場合は完了済であることを確認できる資料 こちらについては後からの提出でも大丈夫な場合もありますが、念の為準備しておいたほうが口座の開設手続きがスムーズに進められると思います。 三菱UFJ銀行での法人口座開設のコツ ここからは僕が三菱UFJ銀行で法人口座を開設した際に感じたコツをご紹介いたします。 主観の部分があるのと、内容によっては店舗ごとに違う場合もありますのでご了承ください。 口座開設は事前にネットから申込が必要 僕は渋谷中央支店で口座開設を申込をするために店頭に足を運んだところ、「新規の口座申込に関してはネットから申し込んで下さい」と言われました。 ネットで予約後に初回面談があり、審査が通過すると改めて銀行で手続きが必要なため、概ね1ヶ月程度は見ておいた方が良いかもしれません。 早めに法人口座が必要な場合にはネット銀行もおすすめです。 面談前に準備しておくこと ネットで面談を申し込んだところ、枠が空いていないこともあって2週間ほど先のスケジュールになってしまいました。 その間は面談前に準備しておくことを忘れずにしておきましょう。 この準備があるとないとで口座開設の合否に関わってくることもあります。 必要書類の準備 上記でご紹介した必要書類の準備を行なっておきましょう。 独自ドメインのホームページがない場合には事前に作っておいた方が良いです。 借入を行うのでなければ事業計画書の提出などは求められませんでした。 SNSなどネット上の情報を整理しておく 面談が少し先ということで、三菱UFJ銀行の担当の方もある程度会社や代表の方の情報を調べています。 僕も面談の際には過去の経歴や会社のサービスについて、ネットで調べてきたような手元の資料などを見られていくつか質問をされました。 最近ではネットでの調査もある程度行われているようで、• 代表者の経歴• 代表者のSNS• 代表者の評判や口コミ といったことも見ているとのことです。 注意しておきたいのがSNS関連でふざけた投稿が多ければ削除するか、友人以外は見れないようにするなどあらかじめ整理整頓をして対策をしておきましょう。 意外にも2チャンネルなども見ているようで、あまりにも悪い書き込みがあると、信憑性は別として審査通過は厳しくなるとのことでした。 面談時におけるポイント 僕が面談をした際のご担当の方は三菱UFJ銀行の方ではなく、三菱UFJフィナンシャルパートナーズという子会社の社員さんでした。 参考: スーツは着ていかなくても大丈夫で、あまりだらしない感じでなければ問題ないでしょう。 過去の経歴や会社についてある程度調べられているようでしたので、簡単に自己プロフィール紹介となぜこの事業をやるのかといった説明も求められます。 ここでしっかりとした対応をすることで、法人としても代表個人としても良い印象を与えることができますので、法人口座で断られる理由として挙げた項目についてスコアリングが悪くても諦めずに頑張りましょう。 窓口の担当者の方に聞いたところ、実際に審査をするのは5名程度のようです。 また、「今日の面談時の評価みたいなのは加味されるのですか?」と確認したところ、チェック項目としてはあるもののさほど影響度は高くないみたいでした。 メガバンクの法人口座比較 メガバンクで法人口座を持っておくと、ゆくゆくは借入にも利用できますし、支店も多いので窓口での手続きも行いやすいことがメリットです。 また、会社設立したばかりのベンチャーがメガバンクで口座を持っておくと、大手企業などとの取引の際に信用度が増すこともあります。 ただし、場合によっては銀行の方と打ち合わせを行なったり、ある程度売上が出てきたタイミングで営業をされるといったデメリットも考えられます。 手数料もネット銀行と比べると高く、法人口座でネットバンク場合を利用する際には毎月利用料がかかることも把握しておきましょう。 以下に三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の比較表を作成したので見ていきましょう。 三菱UFJ銀行のネットバンキング 三菱UFJ銀行の場合にはネットバンキング利用でも、月に30件までであればLightプランを利用することで月額基本料がかからないのでオススメです。 元々ネットバンキングはWindowsのみでMacは対応していませんでしたが、Mac対応のネットバンキングも登場しました。 ただし、WindowsとMacはそれぞれ別で申し込みが必要になることやMac版は一部機能に制限がありネット銀行と比べると利便性は高くはありません。 僕はMacPCがメインで三菱UFJのためにWindowsPCも1台メルカリで購入しました。 現在はWindowsで普通のプランを契約してとAPI連携を行い入出金のデータをやり取りしているのと、Macで振り込みなどを行なっています。 Windows使えよって話なのですが、現状Macユーザーの方にとってはメガバンクのネットバンキングは利便性が低いのが実情です。 銀行口座が出来たら法人用クレジットカードの準備 会社設立後に銀行の法人口座と合わせておさえておきたいのがクレジットカード(ビジネスカード)の申込です。 個人向けのカード同様に、法人向けカードにも様々な会社の種類があり、どのカードを選べば良いか迷うことも多いかもしれません。 また、会社設立したばかりでもカードの審査が通るのか、審査はどのようなところを見ておいた方が良いかも知っておくと便利になることもあるでしょう。 以下に僕が会社設立後に申し込んでみて、実際にクレジットカードが作れたところを中心とした記事もありますので、よろしければご参照下さい。

次の

口座をひらく(口座開設)

銀行口座開設 三菱

子供用口座に三菱UFJ銀行を選んだ理由 (1)自宅の近くに店舗があった 入出金や手続きをするのに、店舗が便利な場所にあるのは大切! (2)私も旦那もメインバンクとして使っているのが三菱UFJ銀行だった 使い勝手が分かっている銀行のほうが安心感があったので。 ATMに行くときもついでで済むし。 それに、将来子供の仕送り用口座として使うとしても、 同じ銀行からの振り込みなら手数料がかかりませんしね。 (3)ディズニーデザインの通帳が選べる 三菱UFJ銀行の最大の魅力といっても過言ではない! 可愛いディズニーデザインの通帳とキャッシュカードがもらえるのです。 通帳のデザインにこだわっている銀行って珍しいんですよね~。 口座開設に必要なもの 子供の口座開設に必要なものは以下のとおりでした。 未成年(15歳未満)の名義なので、手続きは全て親がやってOKです。 親の本人確認書類 私の免許証をもっていきました。 子供の本人確認書類 子供の 健康保険証と 母子手帳を持っていきました。 顔写真のない書類は、基本的に2点必要です。 他には、児童扶養手当証書や住民票の写しでもOKでした。 子供のパスポートがある場合は、その1点のみでOKとのこと。 印鑑 銀行印として登録します。 シャチハタはNG。 私は子供用に印鑑を新しく買いました!将来、通帳と一緒に子供にプレゼントできたらいいなと思ってます。 初回入金のためのお金 窓口で手続きをする場合は、いくらか入金が必要とのことでした。 (インターネットやテレビ窓口での手続きなら不要らしい) 1円単位で入金ができるので、 記念に子供の出生体重とかにすることもできます。 その場合は、ぴったりの小銭を持っていく必要があります。 マイナンバーは任意 三菱UFJ銀行のWEBサイトにも、マイナンバーが必須と書かれていたので、いちおマイナンバー通知カードを持って行きました。 でも、 登録は任意なんだそうで、なくてもよかったです。 持ってったけど、結局登録しませんでした。 ただ、今後の法改正で義務になるかもしれないらしいです。 今回は、店頭で手続きをしてきました! 三菱UFJ銀行の窓口に行ってきた 所要時間 午前中に銀行へ行ってきましたが、ほとんど待ち時間もなかったため、 所要時間は20分くらいだったと思います。 順番待ちの番号札を取る前に、新規口座申請書を記入しておきます。 この用紙は記入台に置かれていなくて、近くの店員さんにお声がけしました。 暗証番号に悩む 手続きをしている中で、「あー、決めとけばよかった!」と思ったことが2つ。 ・暗証番号 ・インターネットバンキングのパスワード 「こちらを決めて記入してください」と言われて、ちょっとドギマギ…。 事前に決めておけば、手続きがよりスムーズだと思いました。 新品の印鑑にご注意! 私は、子供の口座開設にあたり印鑑を新しく買ったんですね。 これが大失敗! 新品の印鑑だったので、うつりが悪く、何度も申込書に印鑑を押すことになってしまいました… 新品は、朱印がベタッとついてしまったり、逆にうっすらとしかつかなかったりとかなり使いにくかったです。 子供用に印鑑を新しく買う方は、自宅で事前に何度か試し押しをしておくことをおすすめします。 キャッシュカードは、1週間後くらいに郵送されてきました。 とりあえず、我が家ではお年玉など子供にいただいたお金を貯金していく予定です。

次の

口座開設までの流れ

銀行口座開設 三菱

>口座開設に手数料とかはかかりませんよね? 口座開設手数料は、無料です。 >口座はいくつでも持てるのでしょうか? 違う銀行・信用金庫に、口座開設することは、 可能です。 (例2)三菱東京UFJ銀行の銀座支店に普通預金口座を1口座、 東銀座支店に総合口座を1口座 合計2つの口座を作る。 (例3)三菱東京UFJ銀行の渋谷支店に、普通預金口座を3口座作る。 (例4)三菱東京UFJ銀行の浦和中央支店に、総合口座を1口座作る。 北浦和支店に普通預金口座を1口座、 西浦和支店に普通預金口座を1口座、 南浦和支店に普通預金口座を1口座、 合計4つの口座を作る。 ・・・という風に、 同じ銀行に、普通預金口座(総合口座を含む)を2口座以上作ることは、 原則として、できません。 現在ご利用の口座を、そのままお使い下さい。 」 ・・・と、拒否され、 丁重に、お断わりされます。 新しい口座を、お作りすることは、できません。 どうしても、ということでしたら、 浅草支店から上野支店への、ご利用支店変更手続きが必要です」 ・・・となる場合もあります。

次の