ハニー レモン ソーダ ネタバレ 41。 ハニーレモンソーダ 40話・41話 11巻 ネタバレ注意

ハニーレモンソーダ 40話・41話 11巻 ネタバレ注意

ハニー レモン ソーダ ネタバレ 41

ハニーレモンソーダ54話ネタバレ 高校生最後の1年。 羽花のクラスメイトたちが最悪だーと文句を言いながら廊下を歩いています。 新しい机ががたがたするという話を聞き、いつも壁側に追いやられていた経験がある羽花は、壁にギュッとつけると平気になることがあると笑い白い目で見られてしまいました。 するとあゆみが、羽花のことを心配して声をかけてくれます。 友達はできた?先生とはうまくやってる?と心配するあゆみに、笑顔で大丈夫!と答える羽花。 とはいえ現実は初日から先生に怒られたり、クラスメイトに声をかけても戸惑われたり前途多難なのでした。 しかし、何かあったら言ってねとやさしいあゆみたちに囲まれながら羽花はA組の教室に入ろうとします。 隣のクラスでは、界がもう来ているようです。 せっかく界と隣のクラスなのだから、暗い顔はせずに3年生は楽しいよと報告しようと思っている羽花。 明るく挨拶をしながら教室へ入ろうとしますが… すでに担任がきていました。 「座れ」と言われてしまい、急に教室内がざわつきます。 雑誌を没収されると二度と返ってこない、スマホも鳴らさないようにしようとバタバタするクラスメイト達。 すると、担任はクラスで宿題などを提出していない人間も把握しているようでした。 しかし生活指導は厳しそうですが、言っていることはまともです。 羽花はまっすぐ見つめながら話を聞いていました。 すると、羽花の前の子のスマホが鳴り始めてしまいます。 その子は焦りますが、羽花はその音に驚いてプリントやノートをバサバサと落としてしまいました。 その間にスマホの音は止まり、何事もなかったかのように先生は教室を出ていきます。 羽花がいなかったらどうなっていたか、とクラスメイトはみんな羽花に感謝していました。 初日は先生に思いっきり怒られていた羽花ですが、自分が回りの人には嫌われていないことに気が付きます。 結局、グループにも入れなかった羽花ですがそれを話すと、自分たちのところに入ってくれたらよかったのに!と慌てられてしまいました。 そこで思い切って、次は一緒にやりたいと話しかけることができた羽花。 周りの子はきょとんとしていましたが、すぐに良い返事をくれました。 そんな中、騒がしいねと隣のクラスから界たちがやってきます。 彼女が心配で見に来たのかと聞かれ、全然と答えた界は、A組の梓の彼氏の付き添いできたと言います。 梓の彼氏は梓をあーたんと呼び、彼女大好きな感じです。 そんな姿を眺める羽花に、界はすっと手を小さく上げて挨拶しました。 何それ?と周りに言われる中、高嶺が「いつものあいさつだよね」とやってきました。 もっと付き合っている感じにしたら?という高嶺に、自分たちはあるよと梓の彼氏はノリノリです。 界たちはこんなのはどう?と頭の上でレモンの形を手で作る挨拶を考えた様子。 それを見て、羽花も界も茫然としてしまいました。 無言で見つめあう羽花と界。 すると界はどんどん歩いて行ってしまいます。 振り返ると高嶺に話しかけ、クラスの女子たちは高嶺と界の距離感を不思議に感じていました。 やけに距離が近い二人。 しかもイケメンなので眼福です。 すると、羽花は、界とどうやってつきあったのかと周りの女子たちに聞かれます。 そんな中、恋バナもいいけれど…とやってきたのは英語のプリントを提出していなかった女の子。 担任の青木の話も出ながら、羽花が思っていたよりもずっと良い子たちでした。 羽花は梓たちとラインの交換を始めます。 しかし初期設定のままの羽花。 界とおそろいにしないのかと聞かれ、おそろいという言葉にキラキラしています。 羽花が思っていたよりも高校3年生の1年間は夢も希望もあふれています。 体育は隣のクラスと合同のため、界の姿も簡単に見れてしまうことに嬉しそうな羽花ですが、自分も同じように界に見られてしまうことに気付くと絶対に変なことはできないと思ってしまいました。 うまくやらねば、と思っても、羽花は跳び箱に思いっきりぶつかってしまいます。 やらかして血まで出してしまった羽花に近づき、ジャージで鼻を押さえてくれたのは界でした。 そのまま抑えててと言いながら羽花をお姫様抱っこして保健室へ連れていこうとした界。 見ていた女子たちが、彼女にはあんなことをするのかと盛り上がりました。 そんな中、また告白されるんじゃないかと界が言われているのを聞いてしまう羽花。 「また」?と疑問になった羽花ですが、実は界は同じクラスの子に告白されていたようなのです。 心配しそうな羽花に、気にするなと界は言うだけ。 もしかして今までもこういうことがあったのではないかと急に気になるようになってしまいました。 隣のクラスになって困ってしまうこともあるんだなと思いながら、羽花は界のラインのトップ画の女性が気になってたまりません。 そのトップ画の女性は高校生のようでした。 誰なのだろう?気にしなくていいのかな?と思いながらも、隣のクラスだからすぐに聞きに行けるという距離感にも悩みます。 一方で、界はちゃんと構っての合図は使っているかと梓の彼氏に言われてしまいました。 もうあきらめろ、と周りに言われていましたが、ふと教室の入り口を見ると羽花がレモンのポーズをしていました。 そのまま恥ずかしそうに逃げる羽花を急いで界は追いかけました。 後ろから羽花を捕まえ、抱きしめるような形になった二人。 すると羽花は、トップ画の女性は誰かと聞いてみました。 「は?」とトップ画の女性は羽花だよと話す界。 羽花の横顔を雰囲気が出るように加工していたものでした。 そんな話をしていると、目の前を担任の青木が通り過ぎます。 界をじっと見つめると、黙って行ってしまった担任を見て、界は「悪い人ではないけれど自分のことを嫌いなのは間違いない」と言います。 そんなことないよと言おうとする羽花でしたが、目を見ればわかるという界。 何かあったらすぐに言ってと言ってくれます。 すると羽花は「大丈夫」と界に笑顔を見せるのでした。 二人きりになった界と羽花を探すクラスメイトの声が聞こえます。 戻らなきゃ、と思って移動しようとする羽花を、界はぐっと引き寄せてキスをします。 みんなが呼んでると言いたそうな羽花の口をまたふさぐように、まだちゃんと構ってないと言いながら再びキスをするのでした。 3年生楽しい! 界に向かってとびっきりの笑顔を見せることができた羽花。 そんな二人のラインのトップ画は変わり、みんなが見ています。 最後の1年はまだ自分が知らない界に会いたいと思う羽花。 二人のライントップ画像とアイコンはペアになっていたのでした。 >>「ハニーレモンソーダ」56話ネタバレに続く ハニーレモンソーダを無料で読む方法 「ハニーレモンソーダ」は、連載されているSho-Comiを購入して読むか、マイクロ版で1話ずつ読んでいくか、好きな方で楽しむことができます。 以下に「ハニーレモンソーダ」を無料&お得に読めるサービスをまとめました。 無料トライアル登録時に 600円分(継続利用で1200円分)のポイントがもらえる。 ポイントを使えば「ハニーレモンソーダ」「りぼん電子版」が 今すぐ無料で読むことができる。 ダウンロード無料。 毎日回復するチケットやボーナスコインで「ハニーレモンソーダ」も待てば無料で読める。 集英社運営のアプリで安全。 今すぐ読むならおすすめ! 30日お試し無料登録時に 600円分のポイントがもらえる。 ポイントを使えば「ハニーレモンソーダ」「りぼん電子版」が 今すぐ無料で読むことができる。 2週間無料トライアルで 最大900円分のポイントがもらえる。 ポイントを使えば「ハニーレモンソーダ」「りぼん電子版」が 無料で読める。 会員登録無料。 半額クーポンがもらえなくもらえて「ハニーレモンソーダ」「りぼん電子版」がお得に読める。 じっくり試し読み3000作品以上。 動画配信サービスではもらったポイントを電子書籍の購入に充てられるので、 最新刊であっても0円で読むことができるんです! 最新刊も完全に無料で読みたい場合は、U-NEXTがおすすめです。 ハニーレモンソーダ56話感想 二人のラインのトップ画がすごくよかったです! 界は羽花が横を向いている写真をトップ画にしていて、雰囲気が出るように加工していました。 羽花も同じように界が横向きの雰囲気ある写真をトップ画に、アイコンは遊園地でお揃いで買っていたキーホルダーになってました。 高校生でお揃いって青春という感じでいいですよね。 青木も厳しいですが悪い先生ではなさそうです。 界は自分が嫌われているから羽花にも何か影響があるのかもとは思っているのかもしれませんね。 A組はクラスメイトもみんな良い子みたいです。 羽花もだいぶ自信が持ててきたようなので、高校最後の1年間たくさん思い出を作ってほしいですね。 「ハニーレモンソーダ」55話のネタバレを紹介しました。 ネタバレより漫画の方が数倍楽しめます!ぜひ漫画の方で読んでみてくださいね。 ダウンロード無料!登録不要で漫画が読める >>ハニーレモンソーダ最新話ネタバレ.

次の

ハニーレモンソーダ 40話・41話 11巻 ネタバレ注意

ハニー レモン ソーダ ネタバレ 41

高校2年の夏休み。 長いようで短いこの期間に、どれだけ楽しい思い出を作れるかな?今までが寂しかった羽花には楽しい事満載の忘れられない夏休みになりそうですね。 夏休みに入っても、バイトが忙しい三浦くん。 なかなか一緒に過ごすことが出来ないけど、勇気を出して祭りデートに誘ってみた羽花。 いよいよ今日は、祭りデートの日です。 お祭り会場で、浴衣でよろけた友人にぶつかって、さっそく転ぶ羽花…羽花らしいっちゃ、らしいですが。 みんな結構浴衣で来ているんだな… 羽花は、着なれない浴衣で三浦くんに迷惑をかけるといけないと思い、洋服にしたのですが、一緒に来た友達が、ほとんど浴衣だったので、少し後悔していました。 三浦くんは、珍しく自転車で来たようでした。 帰り混むから?ときかれたけど。 いや、と、その理由は違うようでした。 友達と離れ、三浦くんと二人で行動することに。 羽花「今日はよろしくお願いしま…」 三浦くん「敬語禁止、な!」 一緒にお祭りに行く条件…敬語禁止だったっけ。 思い出して、慌てて、 よろしく…ね!、と言い直した羽花。 三浦くんもさりげなく笑ってうなづきます。 今まで、あんまりお祭りに来ていい思い出がなかった羽花は、お祭りで楽しむための計画をたててきていました。 三浦くんに見てもらおうとしますが、三浦くんは、拒否し、「敬語禁止と、もう1個条件」と言います。 「気にせず好きにやる」黙ってうなづく羽花なのでした。 さっそく射的に初挑戦する羽花と三浦くん。 三浦くんは鉄砲のバネをみて、良いのを選んでくれました。 重いのは無理だから軽いのを狙ってみて、とアドバイスをもらった羽花が当てたのは…大当たりのswitchでした。 凄い その後も、ピカピカ光るアイテムを身に付けまくったり、存分に祭りを楽しめました。 祭りのクライマックス、花火大会。 花火の前に飲み物を買うための列に。 並んでいると、羽花が知らない三浦くんの友達が三浦くんに声をかけて来ます。 「界、超苦手じゃん。 こういう人混み。 中学んときどんだけ誘っても来なかったのに」と言います。 車で来てるから、休みたいなら休んでいきなと声をかけられている三浦くんを見て、今日、初めから私しか楽しんでいなかったのかな、と悲しくなった羽花は、三浦くんと離れて少し一人で屋台などを見て回る事にしました。 SponsoredLinks 「ハニーレモンソーダ【45話】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】 以上「ハニーレモンソーダ【45話】」のあらすじネタバレを紹介しましたが いかがだったでしょうか? 「原作を読みたくなった!」 「文字だけだからよく分からない」 「もう一度、絵付きで 読みたい!」 と思った方に耳寄りな情報です! なんとU-NEXTでは、初回登録特典として 31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。 そして、そのポイントを使うことで「ハニーレモンソーダ【45話】」を無料で読むことが出来ます。 興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。 「ハニーレモンソーダ【45話】」最新話の感想まとめ お祭り、花火。 夏休みの定番ですよね。 羽花は、小学生時代に両親と来て、浴衣の帯がきつくて、すぐに吐いてしまったという「黒歴史」がありました。 しかも、中学時代は友達がいなかったから、花火の音を家で聞いて過ごしていた…去年は、人生で初めてできた友達と一緒に行ってくれて、なんと今年は、彼氏と!と考えると、本当に羽花嬉しかったんだろうなーと思います。 でも、本当は乗り気じゃないかもしれない三浦くんに気を使わせてしまうのを避けて洋服で行ったのですが、やっぱり浴衣姿が見たかったみたい。 三浦くんは三浦くんで、なぜか珍しく自転車で来ていたのは、二人きりでとっておきの場所で花火を見たかったから…なんて素敵ですね(チャリで二人乗りはダメだけどw)。 持前の気配りと優しさで女の子を助けてあげた羽花。 お礼の気持ちでいちごあめをプレゼントしてくれた男の子は、偶然にも三浦くんのことを知っていました。 でも、いきなりフルネームで呼び捨てってなんか…おかしなことにならなければ良いですが。 今後の展開予想です。 三浦くんのことを知っていた、その男の子、悪い仲間ではないといいんですが。 平穏だった最近の三浦くんと羽花の最近に、何かよからぬトラブルを起こしそうな気配がありますね。 羽花が傷ついたり悲しんだりすることが無ければいいけど…気になりますね。 ハニーレモンソーダ、ますます目が離せませんね!.

次の

ハニーレモンソーダ(村田真優)11巻を読んで感想。ちょっとネタバレ注意。

ハニー レモン ソーダ ネタバレ 41

ハニーレモンソーダ54話ネタバレ 高校生最後の1年。 羽花のクラスメイトたちが最悪だーと文句を言いながら廊下を歩いています。 新しい机ががたがたするという話を聞き、いつも壁側に追いやられていた経験がある羽花は、壁にギュッとつけると平気になることがあると笑い白い目で見られてしまいました。 するとあゆみが、羽花のことを心配して声をかけてくれます。 友達はできた?先生とはうまくやってる?と心配するあゆみに、笑顔で大丈夫!と答える羽花。 とはいえ現実は初日から先生に怒られたり、クラスメイトに声をかけても戸惑われたり前途多難なのでした。 しかし、何かあったら言ってねとやさしいあゆみたちに囲まれながら羽花はA組の教室に入ろうとします。 隣のクラスでは、界がもう来ているようです。 せっかく界と隣のクラスなのだから、暗い顔はせずに3年生は楽しいよと報告しようと思っている羽花。 明るく挨拶をしながら教室へ入ろうとしますが… すでに担任がきていました。 「座れ」と言われてしまい、急に教室内がざわつきます。 雑誌を没収されると二度と返ってこない、スマホも鳴らさないようにしようとバタバタするクラスメイト達。 すると、担任はクラスで宿題などを提出していない人間も把握しているようでした。 しかし生活指導は厳しそうですが、言っていることはまともです。 羽花はまっすぐ見つめながら話を聞いていました。 すると、羽花の前の子のスマホが鳴り始めてしまいます。 その子は焦りますが、羽花はその音に驚いてプリントやノートをバサバサと落としてしまいました。 その間にスマホの音は止まり、何事もなかったかのように先生は教室を出ていきます。 羽花がいなかったらどうなっていたか、とクラスメイトはみんな羽花に感謝していました。 初日は先生に思いっきり怒られていた羽花ですが、自分が回りの人には嫌われていないことに気が付きます。 結局、グループにも入れなかった羽花ですがそれを話すと、自分たちのところに入ってくれたらよかったのに!と慌てられてしまいました。 そこで思い切って、次は一緒にやりたいと話しかけることができた羽花。 周りの子はきょとんとしていましたが、すぐに良い返事をくれました。 そんな中、騒がしいねと隣のクラスから界たちがやってきます。 彼女が心配で見に来たのかと聞かれ、全然と答えた界は、A組の梓の彼氏の付き添いできたと言います。 梓の彼氏は梓をあーたんと呼び、彼女大好きな感じです。 そんな姿を眺める羽花に、界はすっと手を小さく上げて挨拶しました。 何それ?と周りに言われる中、高嶺が「いつものあいさつだよね」とやってきました。 もっと付き合っている感じにしたら?という高嶺に、自分たちはあるよと梓の彼氏はノリノリです。 界たちはこんなのはどう?と頭の上でレモンの形を手で作る挨拶を考えた様子。 それを見て、羽花も界も茫然としてしまいました。 無言で見つめあう羽花と界。 すると界はどんどん歩いて行ってしまいます。 振り返ると高嶺に話しかけ、クラスの女子たちは高嶺と界の距離感を不思議に感じていました。 やけに距離が近い二人。 しかもイケメンなので眼福です。 すると、羽花は、界とどうやってつきあったのかと周りの女子たちに聞かれます。 そんな中、恋バナもいいけれど…とやってきたのは英語のプリントを提出していなかった女の子。 担任の青木の話も出ながら、羽花が思っていたよりもずっと良い子たちでした。 羽花は梓たちとラインの交換を始めます。 しかし初期設定のままの羽花。 界とおそろいにしないのかと聞かれ、おそろいという言葉にキラキラしています。 羽花が思っていたよりも高校3年生の1年間は夢も希望もあふれています。 体育は隣のクラスと合同のため、界の姿も簡単に見れてしまうことに嬉しそうな羽花ですが、自分も同じように界に見られてしまうことに気付くと絶対に変なことはできないと思ってしまいました。 うまくやらねば、と思っても、羽花は跳び箱に思いっきりぶつかってしまいます。 やらかして血まで出してしまった羽花に近づき、ジャージで鼻を押さえてくれたのは界でした。 そのまま抑えててと言いながら羽花をお姫様抱っこして保健室へ連れていこうとした界。 見ていた女子たちが、彼女にはあんなことをするのかと盛り上がりました。 そんな中、また告白されるんじゃないかと界が言われているのを聞いてしまう羽花。 「また」?と疑問になった羽花ですが、実は界は同じクラスの子に告白されていたようなのです。 心配しそうな羽花に、気にするなと界は言うだけ。 もしかして今までもこういうことがあったのではないかと急に気になるようになってしまいました。 隣のクラスになって困ってしまうこともあるんだなと思いながら、羽花は界のラインのトップ画の女性が気になってたまりません。 そのトップ画の女性は高校生のようでした。 誰なのだろう?気にしなくていいのかな?と思いながらも、隣のクラスだからすぐに聞きに行けるという距離感にも悩みます。 一方で、界はちゃんと構っての合図は使っているかと梓の彼氏に言われてしまいました。 もうあきらめろ、と周りに言われていましたが、ふと教室の入り口を見ると羽花がレモンのポーズをしていました。 そのまま恥ずかしそうに逃げる羽花を急いで界は追いかけました。 後ろから羽花を捕まえ、抱きしめるような形になった二人。 すると羽花は、トップ画の女性は誰かと聞いてみました。 「は?」とトップ画の女性は羽花だよと話す界。 羽花の横顔を雰囲気が出るように加工していたものでした。 そんな話をしていると、目の前を担任の青木が通り過ぎます。 界をじっと見つめると、黙って行ってしまった担任を見て、界は「悪い人ではないけれど自分のことを嫌いなのは間違いない」と言います。 そんなことないよと言おうとする羽花でしたが、目を見ればわかるという界。 何かあったらすぐに言ってと言ってくれます。 すると羽花は「大丈夫」と界に笑顔を見せるのでした。 二人きりになった界と羽花を探すクラスメイトの声が聞こえます。 戻らなきゃ、と思って移動しようとする羽花を、界はぐっと引き寄せてキスをします。 みんなが呼んでると言いたそうな羽花の口をまたふさぐように、まだちゃんと構ってないと言いながら再びキスをするのでした。 3年生楽しい! 界に向かってとびっきりの笑顔を見せることができた羽花。 そんな二人のラインのトップ画は変わり、みんなが見ています。 最後の1年はまだ自分が知らない界に会いたいと思う羽花。 二人のライントップ画像とアイコンはペアになっていたのでした。 >>「ハニーレモンソーダ」56話ネタバレに続く ハニーレモンソーダを無料で読む方法 「ハニーレモンソーダ」は、連載されているSho-Comiを購入して読むか、マイクロ版で1話ずつ読んでいくか、好きな方で楽しむことができます。 以下に「ハニーレモンソーダ」を無料&お得に読めるサービスをまとめました。 無料トライアル登録時に 600円分(継続利用で1200円分)のポイントがもらえる。 ポイントを使えば「ハニーレモンソーダ」「りぼん電子版」が 今すぐ無料で読むことができる。 ダウンロード無料。 毎日回復するチケットやボーナスコインで「ハニーレモンソーダ」も待てば無料で読める。 集英社運営のアプリで安全。 今すぐ読むならおすすめ! 30日お試し無料登録時に 600円分のポイントがもらえる。 ポイントを使えば「ハニーレモンソーダ」「りぼん電子版」が 今すぐ無料で読むことができる。 2週間無料トライアルで 最大900円分のポイントがもらえる。 ポイントを使えば「ハニーレモンソーダ」「りぼん電子版」が 無料で読める。 会員登録無料。 半額クーポンがもらえなくもらえて「ハニーレモンソーダ」「りぼん電子版」がお得に読める。 じっくり試し読み3000作品以上。 動画配信サービスではもらったポイントを電子書籍の購入に充てられるので、 最新刊であっても0円で読むことができるんです! 最新刊も完全に無料で読みたい場合は、U-NEXTがおすすめです。 ハニーレモンソーダ56話感想 二人のラインのトップ画がすごくよかったです! 界は羽花が横を向いている写真をトップ画にしていて、雰囲気が出るように加工していました。 羽花も同じように界が横向きの雰囲気ある写真をトップ画に、アイコンは遊園地でお揃いで買っていたキーホルダーになってました。 高校生でお揃いって青春という感じでいいですよね。 青木も厳しいですが悪い先生ではなさそうです。 界は自分が嫌われているから羽花にも何か影響があるのかもとは思っているのかもしれませんね。 A組はクラスメイトもみんな良い子みたいです。 羽花もだいぶ自信が持ててきたようなので、高校最後の1年間たくさん思い出を作ってほしいですね。 「ハニーレモンソーダ」55話のネタバレを紹介しました。 ネタバレより漫画の方が数倍楽しめます!ぜひ漫画の方で読んでみてくださいね。 ダウンロード無料!登録不要で漫画が読める >>ハニーレモンソーダ最新話ネタバレ.

次の