血液 クレンジング 健康。 「血液クレンジングはニセ医学!」医師が論文と照合し検証

血液クレンジングって? 「がんや老化を防ぐ」は本当か:朝日新聞デジタル

血液 クレンジング 健康

【血液クリーニング】もしくは【血液クレンジング】をご存知でしょうか。 名称から想像できるように、血液を綺麗にする施術です。 老廃物がたまってドロドロになってしまっている血液に医療用のオゾンガスを混ぜて 綺麗なサラサラの血液にすることができます。 血液は生命の流れそのものですので、 健康な血液になることで疲れやすい体質だったのが改善したり、 太りやすい体質だったのが改善したり。 何よりも血流改善は健康の源だし、 料金もそれほど高くなかったので 注射は苦手ですが血液クリーニングしに行ってきました。 血液クリーニングの必要性 人の命は血液と共にあります。 血液の健康状態が人の寿命を左右しているといっても過言ではありません。 なぜなら血流が悪くなって起こる病気は命に関わるものが多いからです。 心筋梗塞、脳卒中、心不全。 どれも命の行方を左右する重大な病気ですが、この病気に共通しているのが動脈硬化です。 動脈硬化に対してはシトルリンなどのサプリメントや病院でのアルギニン治療が非常に有効なようです。 病気だけでなく血液の健康は日常生活のちょっとしたことに影響しています。 特に疲れと肥満。 血液クリーニングを行う人の目的は、特にこの二つの理由が多いそうです 血液クリーニングでダイエットに適した体を作る 太りやすい体質の人は多くの場合新陳代謝の悪い体になっています。 代謝が悪いので脂肪の燃焼効率が悪く、体に脂肪がたまっていってしまいます。 こういう体質になっている場合、ダイエットしてがんばった分の成果を得ようとしても、体の代謝効率が悪いのでローリターンになってしまいます。 もちろん食べ過ぎていた生活習慣を改善するための食事制限や、 運動不足だった日常からの脱却を図るための軽い運動などは必要なことですが、 そのダイエット目的で始めた効果を100%の形で得るためには まず体をダイエットに適した状態にする必要があります。 それをしないうちにダイエットを始めても苦労した分の効果は得られず、 結果・・・目標に届くことなく挫折してしまうことになってしまいます。 そこで血液クリーニングで体をダイエットに向いた新陳代謝のよい状態を作ります。 この体質でダイエットをするのと、新陳代謝が悪い状態でダイエットをするのとでは、 同じ苦労でも得られる効果は格段に違います。 血液クリーニングで慢性疲労の完全 「活性酸素」という言葉はご存知ですか? 文字から受け取れる印象としては活性化された酸素みたいな感じがして体に良さそうな雰囲気が出ていますね。 活性酸素の働きの一つに「細菌やウイルスに対しての武器の役割」があります。 白血球などが体内に侵入したウイルスなどを攻撃して体を守ってくれますが、 活性酸素はこの白血球などの攻撃の際に使用されます。 白血球が弓、活性酸素は矢とイメージしていただければ分かりやすいかと思います。 体の健康を守るためには欠かせない存在ですね。 ですが綺麗なバラにはトゲがあるなんていうおしゃれな言葉と同じように、 活性酸素もまたよい事ばかりではありません。 矢としての存在価値がある活性酸素ですが、その攻撃力は尋常でないくらいに高いものです。 なので必要分以上の活性酸素は酵素によって分解され、無害な状態にされます。 しかし無害化が追いつかないくらい活性酸素の量が多くなってしまうと、体に悪影響が出てきます。 過剰な活性酸素は体内の公害とも呼ばれていて、老化の原因の一つであるということがわかっています。 具体的な症状は ・疲労 ・皮膚のシワ ・白内障 ・関節炎 ・認知症 ・生活習慣病 こういった加齢と共に発病しやすい病気に活性酸素は深く関わっています。 さらに・・・活性酸素がDNAを傷つけるとガン細胞を発生させます。 ここまでくるとすでに老化の域を超え、命に関わってきます。 諸刃の剣とはまさにこのことですね。 活性酸素を無害な状態にするにはスーパーオキシドディスムターゼという酵素が必要なのですが、 血液クリーニングはこの酵素を増やすことができます。 なので過剰となっている活性酸素を除去し、活性酸素が原因となっていた症状の完全に繋がります。 体内の活性酸素が過剰な状態になっていなければ何の問題もないのですが、 日常生活において活性酸素を増加させてしまう行為はたくさんあります。 百害あって一利なしのタバコ。 百害のうちの一つが活性酸素の増加です。 過度の運動も活性酸素を増加させます。 普段運動不足の人にとっては普通の運動でも活性酸素を増加させることになりかねません。 公害などで汚染された空気もそうですし、紫外線も活性酸素の増加に繋がります。 そして盲点なのが食事です。 インスタントラーメン、ポテチ、冷凍食品などは活性酸素の増加させます。 アルコールもダメです。 現代社会で生きる私達にとって、これらのことを全てクリアできる生活を送ることは不可能です。 いくら気をつけていても、自然と活性酸素は体内に溜まっていってしまいます。 だからこそ、物理的に活性酸素を排除できる血液クリーニングが重要なんですね。 血液クリーニングやってきました 池袋にある 駅から徒歩3分の位置にあるのでアクセスは非常に便利でした。 院内はホームページで見ていた印象よりも若干薄暗い感じ。 かと言って嫌な薄暗さではなく、マッサージ店にいるような心地よい薄暗さです。 あと時間帯のせいなのか若干混んでました。 最初に問診表を渡されました。 内容は、今飲んでいる薬はあるか?とか、病歴とか、妊娠中か?とか、 そういったどこでもやる簡単な質問でした。 記入が終わると今度は担当者の方と30分?程度のカウンセリングをしました。 ここで分からないこととか聞きたいことを質問できましたし、施術の詳しい説明をしていただけました。 あ、なんでも甲状腺び病気を持っている方は施術できないんですって。 カウンセリングが終わりいよいよ施術開始です。 若い頃治験のバイトで一日に何回も採血されていたころがありましたけど、 そのときの採血の注射針と同じくらいの太さだったかな。 注射はやっぱり苦手です。 針を刺したところから血液がグングン抜かれていくんですけど、 これが・・・思ってた以上に黒い! 黒は言いすぎかもしれませんけど、あ・・・こんなにどす黒いんだっていう感じ。 採取するのは100ccです。 なんかこんなに黒い血を見られるのはちょっと恥ずかしいな・・・ なんて不思議な感覚にとらわれていると、採取した血にオゾンが注入されていきました。 これがまさに血液クリーニングというやつです。 オゾンが注入された私の血液はみるみるうちに黒さがなくなり明るい赤い色へと変わっていきました。 もう見るからに綺麗で健康そうな血っ! そして綺麗になった血液が、今度は私の体の中に戻されます。 輸血されている状況と一緒なのかな? 血を抜かれることは今まで何度もあったけど、入れられるのは初めてでした。 といっても、特に何か感覚があるわけでもなく。 点滴と同じような感覚・・・かな? この血液を戻す作業が1時間くらいかな。 途中で寝てしまったので正確な時間は分からないですけど、だいたいそれくらいだったと思います。 施術はこれで終了。 来院してから2時間ほどでした。 帰りの電車では、施術中に少し寝たのにも関わらず、ぐっすり眠ってしまいました(笑) 施術後の体の変化 私が施術をしたのは日曜日でした。 次の日は月曜なので普通に仕事。 血液クリーニングしたことでいつもより元気な週初めになるかな~・・・ なんて思っていましたが、特に実感できることはありませんでした。 1回クリーニングしただけで驚くほどの効果があるわけないか。 っと、ちょっと残念な気持ちになりました。 火曜日。 水曜日。 木曜日。 と日がたつにつれてあることに気が付きました。 いつも睡眠が浅くて悩んでいたんですけど、ここ数日ぐっすり眠れているんです。 そのお陰なのか、週末になっても体力的に先週までよりも辛くないんです! この効果は気のせいかな?と思っていたのですが、よくよく調べてみると活性酸素と睡眠との関係が分かりました。 なんでも活性酸素は睡眠物質の生成をジャマする働きがあるんですって。 なので今回血液クリーニングによってスーパーオキシドディスムターゼを増やし、 スーパーオキシドディスムターゼによって過剰な活性酸素が分解され、 過剰な活性酸素が分解されたことによって睡眠物質の生成が盛んになり、 睡眠物質の生成のお陰で睡眠の質が上がったっ! というプロセスがあるようです。 今のところ私が実感できる一番わかりやすい血液クリーニングの効果はこれです。 注意 血液クリーニングは誰もができる施術ではありません。 ・甲状腺の病気を持っている方 ・高齢者で血管が細く見え難い場合 このどちらかに当てはまると施術ができないそうです。

次の

【危険】血液クレンジングのリスクやデメリット

血液 クレンジング 健康

高須幹弥先生の血液クレンジングへの見解は• まず、全くのインチキではない。 血液とオゾンが接触して過酸化水素などの活性酸素が発生すると血小板に作用し酸素運搬量が増えたりで血行が良くなったりする。 血液へのオゾンを混ぜる作用は様々な実験で認められている。 健康ではない人への治療に使う分には効果があるヨーロッパでは流行していてB型肝炎やHIVのウイルス増殖を抑えるとされ、虚血性疾患の保険適用もある。 (国が認めてるということ) アトピー性皮膚炎、糖尿病治療にも使用されている。 癌治療の 保管療法に使用(免疫力をあげて再発を抑えるので) 直接癌を叩いて治療するものではない。 実際美容目的で「効果があった!」という声が実際多いのは「プラシーボ効果」もかなり多い。 血液クレンジングを高須クリニックで取り入れない理由 血液クレンジング(オゾン療法)が全くのインチキではなく少なからずの効果はあると認めているものの高須幹弥先生が「高須クリニックでは取り入れないし自分も受けない」という理由とはどんなものがあるのでしょうか。 健康な人がわざわざするほどのことではない。 血液クレンジングで得られる効果は医療行為を受けなくても出来る 運動や半身浴、適度な筋トレや森林浴、睡眠やテレビを見て笑うなど 針を刺すという 医療行為なので感染症や気分不快などのリスクはつきもの。 それをしてまでやるほどの効果ではないとしつつも、 提供する側のクリニックと受ける側の患者がお互いリスクや金額に納得していて、正しいやり方で正しい量でするなら悪いことではないという考えだそうです。 芸能人はお金を払っているどころか宣伝の為に無料かもしくは謝礼を受けている場合がありますが、実際に一般人が血液クレンジングを受けようと思うとかなり高額。 ふと検索して当たったクリニックだけでも初回12000円でその後1回20000円。 「月に1、2回は健康体だからこそ続けましょう」とうたっています。 ここまで高額なお金を出しても自宅なので無料で自分で出来る程度の効果しかないなら、かなりお金に余裕がある人の選択肢な気がしてきますね。 血液クレンジング(オゾン療法)で死亡事故 血液を採取して混ぜて戻すという医療行為にはリスクが少なからず伴います。 感染症や気分不快など… それ以上に死亡事故が起きている例があります。 血液クレンジングを推奨するクリニックのホームページなんかでは「ヨーロッパでは流行している。 アメリカやアジアにも広がってきている最先端の〜」などと書いていますが高須幹弥先生の説明によるとこれは嘘ということになります。 ヨーロッパで流行している血液クレンジングは治療行為においてのこと。 また、アメリカではほとんど行われてなくその理由は過去に 死亡事故が起きているからです。 「 血液クレンジングで死亡事故」と聞くと一気に怖くなりますが 日本で行われている血液クレンジングと当時の方法は違い、血管に直接オゾンを注入するものだったそう。 これにより死亡事故が起きているので「オゾン療法」自体が危険と見なされたりしたこともあるそうで、こういった経緯からアメリカではほとんど行われていません。 血液クレンジングがインチキという声 一般の方から自称医療従事者まで様々な人が「血液クレンジング(オゾン療法)はインチキだという主張をしている人も多くいます。 どんな意見が出ているのでしょうか• 深呼吸の方が効果がある• 静脈の血が濃くてオゾンを混ぜて赤くなるのは普通のこと! =健康になる訳ではない• 血液クレンジングは腎臓がやってくれる• 偽物医学 高須幹弥先生によると、美容医療の半分程はインチキか過大広告(根拠がないか微塵)ではあるものの、「血液クレンジング(オゾン療法)」に関してはSNSでボロカスに言われる程「インチキではない」そうです。 まとめ 血液クレンジング(オゾン療法)についての高須クリニック(高須幹弥先生)の見解をまとめてきました。 (参照:) 「インチキではない、エビデンスはある」としながらも自分で出来る程度の効果しか得られないことにリスクと高額なお金を払うものとは、まさにお金のある芸能人のすることなのかなあ…という印象を受けました。 もし受けたい、興味がある方は正しい医療機関でよく説明を受けてあまり思い込みすぎずに受けた方が良さそうです。

次の

血液クレンジング・オゾン療法が効くとされる根拠と研究の状況

血液 クレンジング 健康

この療法を提供しているクリニックでは、効果のある病気として、がんや心筋梗塞、HIVの除去、ウイルス性肝炎など、適切な治療を受けなければ命に関わる病気を多数挙げているところも多い。 この療法を推し進めてきた「」の渡井健男会長は、「年間7万人以上受け、副作用の報告もない安全な治療」とした上で、「保険診療の効かない難病などにも効果がある」と語るが、医学界では否定的な意見が主流だ。 ニセ医学について啓発活動を続けている医師、峰宗太郎さんは徹底的に医学文献などを検証した上で「『トンデモ医療』であると断言します」と結論づける。 「血液クレンジング」とは何をやるの? まず、「血液クレンジング(オゾン療法)」では、一体何をするのだろう? クレンジングとは、「洗浄する」という意味だ。 この療法を行なっている赤坂AAクリニックのウェブサイトでは、以下のように説明されている。 ドロドロの血液を体外に取り出し、オゾンで洗浄することでサラサラの血液になります。 医療用のオゾンガスを使い血液に少量の酸化ストレスを与えることで、身体が本来持つ抗酸化力を高め、「老化防止(エイジングケア)」や「健康改善」に効果が期待できる酸化療法です。 具体的には100〜250mlの血液を採取した後、オゾンを血液に加え、再び体内に戻すと記載されている。 「血液クレンジング」「血液オゾン療法」という名前で自費診療で行われている行為は、末梢静脈血を採取して、その血液にオゾンを混ぜ、再び静脈から点滴のようにして体内へ戻すという点で共通している。 この治療法を研修会などを開いて広めているでは、血液クレンジング療法の効果として、免疫機能の向上やアンチエイジング効果などをうたい、施術可能なクリニック一覧を載せている。 だが同医学会のウェブサイトでは、これを裏付ける医学論文など科学的根拠の提示はない。 日本酸化療法医学会会長「臨床試験は莫大な費用がかかるからできない」 この治療について著書もあり、日本酸化療法医学会会長として普及活動をしてきた東海渡井クリニック院長の渡井健男氏にBuzzFeed Japan Medicalは取材した。 「学会内で私が作った研究会の調査でも、全国約170のクリニックで年間7万人以上がこの治療を受けていますが、日本で行われはじめた10年ほど前から一度も副作用の報告はない。 安全な治療」と話す。 それによって、免疫力や抗酸化力が強化される」とする「作用」を説明する。 「その作用によって、保険診療が効かない難病の方にも効果がみられる。 狭心症の方の心筋梗塞予防や加齢黄斑変性の方にも明らかな効果が出ています」 今回、ネットでの批判についても渡井氏の耳に入ってきている。 「Twitterなどでディスられることはこれまでなんどもあったことだ。 オゾン療法を理解している層が言っているわけでもなく、反論する気さえ起きない。 私はもともと心臓外科医で、活性酸素の研究をしているのでこの分野には詳しいが、医師でさえオゾン療法を理解している人は少ない」 著名人が自身のSNSなどで体験談を掲載していることに、ステルスマーケティングの疑いさえもかけられていることについてはどう考えるのか。 「僕はやっていないので関係ないが、美容系のクリニックではそんなプロモーションはどこでもやっている。 著名人を広告塔にすると、むしろ治療自体の信頼性を疑わせることにもつながるのでやめてほしいぐらいだ」 ニセ医学を検証する医師「FDAでも禁止」「ほぼ無効」 このように「免疫力を高める」などとうたわれている「血液クレンジング」だが、免疫学の専門家はどう見るのか。 NIH(米国国立衛生研究所)で免疫学やウイルス学を研究する傍ら、ニセ医学批判や啓発をSNSで積極的に行なっている医師、峰宗太郎氏に詳細に検証してもらった。 ーー「血液クレンジング」というオゾンを血液に入れるという療法は医学的に見て、効果があるものなのでしょうか? オゾンを医療で用いようという動きは1856年頃から始まっています。 その後、結核治療に用いたというや、第一次世界大戦中には負傷に対して用いる治療も試されましたが、細菌だけでなく人体も傷つけるものであったとして、他の消毒法や抗生剤を用いる方がよいことが。 長い歴史がありますが、オゾンを直接用いた治療法は、日本の保険診療においてもアメリカのFDAにおいても承認されたものはありません。 むしろアメリカでは、2016年よりオゾンの医療用の使用は。 取り出した血液を体外でオゾンや酸素と混ぜて戻すような方法については、 「体外血液酸素化・オゾン化」「自家血オゾン療法」などと呼ばれており、論文による報告もいくつもあります。 結論を先に述べると、そもそも、特定の症状や病態を緩和し、治療を成し得たという信頼に足る報告は未だにほとんどないのが現状です。 一部、帯状疱疹後の痛みや線維筋痛症の痛みを緩和したというような報告はあります。 体系的に臨床的な検討を行っている研究はわずかで、症例数も少ないものがほとんどであり、人体に使用した場合のオゾンの有用性というのはよくわかっていない、ということが医学的には言えます。 一方、オゾン療法によって高カリウム血症が起こった、心筋梗塞が起こった、心臓が止まったというようなもあります。 また、イギリスでオゾン療法を行っていた人物が無免許で逮捕されたり、アメリカでも推進者から逮捕者が出たりするなど、社会問題もいくつか起きています。 FDAでは、「オゾンは毒性のあるガスで、特定の治療や補助治療、予防治療において有用な医療応用は知られていない」と結論付けています。 また、Natural Medicines Comprehensive Database という「自然派」の信頼されている医学データベースにおいても「安全ではないだろう」と分類しています。 結論としては、オゾンの医療利用は、医学的にははっきりとした有用性は極めて限定的であり、かつ弱いエビデンス(証拠)しかなく、ほぼ無効であろうと言えます。 むしろ毒性などが生じる可能性が高い、とみてよいと思われます。 この治療を行っているときに、採取した血液が瓶の中で鮮やかに変化することが治療効果の一部であるとうたっているところもあるようです。 しかし、これは、赤血球内にあるヘモグロビンに酸素が結合したことによって色調が変化するものであり、常にわれわれの肺で起こっていることです。 これ自体には特別には何の効果もありません。 戻ってくる血液を入れた際に血管が開くような感じがするという説明もあるようですが、これは酸化剤としてのオゾンを加えられた血液が体に戻ることによる刺激とも考えられます。 また、一部の証言ではマグネシウムを含む製剤を混ぜており、血管拡張を促して、体が温まったように感じさせる方法を取っているケースもあるようです。 いずれにせよ、効果を客観的に計測したデータとして収集し検討した結果はまともには報告されておらず、信用に足るものではありません。 総合的に見て「トンデモ医療」 ーーこの療法に伴うリスクの可能性についてはどうでしょうか? まずは、採血や自分の血液を再び体内に戻す行為に伴う一般的なリスクがあります。 針刺入時の神経損傷や内出血、感染のリスクなどですね。 それに加え、オゾンという強力な酸化剤を用いていることによる未知のリスクが考えられます。 白血球などのDNAにダメージが与えられる可能性がありますし、炎症等の反応が起こる可能性も否定できません。 さらに、この行為を実施している医師の作用の説明はナンセンスです。 免疫システムというのは非常に複雑であり、ある特定の細胞が活性化したことが良いことなのか悪いことなのかは状況によります。 アレルギーや自己免疫性疾患では免疫細胞が活性化することで症状が出たり悪いことが起きたりします。 そもそも免疫はシステムであり、「免疫力」などという言葉をつかう医療関係者は信用に足りません。 さらに、「抗酸化力」にいたっては意味不明です。 オゾンで血液を酸化させているわけですから、抗酸化をはかるならオゾンなど使わない方がよいはずです。 総合的に見て、この治療は「ナンセンス」であると言ってよいと思います。 はっきりと証明され臨床応用に耐えうると言える効果・効能はなく、毒性についても懸念があります。 日本において自費診療で行われている「血液クレンジング」なるものは「トンデモ医療」であると、私は断言します。 人体実験を自費診療の名のもとにやっている ーー効果のある病気として、標準治療を受けなければ命が危うくなる病気が並んでいます。 標準治療を回避してこのような代替医療に患者がすがる危険性についてはどう考えますか? これは代替医療全般に言えることですが、まずは標準医療を受けていただくことが、現状、日本においては最もよい結果を得られるわけです。 これらの行為を行っている医師に先に絡めとられることにより、標準治療へのアクセスが遅れてしまい、がんなどの疾患で手遅れになることも起こっています。 大変な問題です。 さらに、標準治療と並行して行う場合でも、例えばがんに対する化学療法等を受けていれば免疫の機能が低下している場合などもあります。 そのような時に、血液に何かを添加する行為にはある程度のリスクがあると考えられます。 美容目的などであっても、実際に効果が確認されているとは言えない行為を、いかにも効果があるかのようにうたってしかも医療機関が実施するということであれば、場合によっては薬機法や関連するガイドラインにも触れるでしょう。 倫理的に許されざる行為であると考えます。 トンデモ医療行為が多くみられる代替医療においては、実施者は無責任でやりっぱなし、手に負えなくなると責任をとらなくなるという共通点があります。 推進する医師が「副作用の報告もない安全な治療。 (科学的な根拠を示す)臨床試験は費用がかかるし、世間の『オゾンは危険』という思いこみがあるからできない」などと言っていますが、そもそも副作用をしっかり把握するシステムの整備などをしているとは思えません。 費用がかかるからといって臨床試験を行わないというのはとんでもない発言です。 これは人体実験を自費診療の名のもとにやってもよいと宣言したことにほかならず、医療倫理に真っ向から反抗する許しがたい発言です。 オゾンに危険な面があるのは思い込みではなく事実であり、こうした全く意味不明な言い訳をする人を許してはいけません。 拡散する芸能人の責任は? ーー著名人がこのような治療法をSNSなどで広めてしまっている問題について、どう考えますか? 医師が行っているため信じてしまうことはあり得る、よって芸能人やインフルエンサーには罪はないという意見もあるでしょうが、私はそれにはくみしません。 健康、生命、財産に関することについては情報を信じこむ時点では被害者かもしれませんが、拡散や宣伝に協力し出した段階で加害者となりうることを、この情報社会ではそれぞれが意識しなくてはなりません。 医療については保険診療などの正当な医療でも広告は厳しく制限されています。 かつ、病気などについては個々人の状況も全く異なるわけで、素人が他人に勧めるような行為は非常に危険であるということが広く認識されないといけません。 インチキ・トンデモであるとはいえ、医療的な行為を宣伝することはたとえ騙されていたとしてもやはり責任があるといえると思います。 少なくとも倫理的に大きな問題です。 これらの行為を写真付きなどで広めた人は大いに反省し謝罪すべきと考えますし、二度と加担しないように普段から考えておくことを勧めたいと思います。

次の