放課後 等 デイ サービス 人員 配置。 放課後等デイサービスの人員基準とは?

児童発達支援、放課後デイサービスの報酬加算をどこよりも分かりやすく

放課後 等 デイ サービス 人員 配置

放課後等デイサービスにおけるサービス提供職員欠如減算とは? 放課後等デイサービスにおけるサービス提供職員欠如減算とは?【平成30年度改定対応】 放課後等デイサービスにおけるサービス提供職員欠如減算とは? 放課後等デイサービスの営業時間中に配置するべき人員基準を満たしていない状況でサービスを提供した場合、人員欠如の状況と期間に応じて所定単位数から減算となることを人員欠如減算と言います。 ここでは人員欠如減算のうち、サービス提供職員欠如減算について説明します。 放課後等デイサービスにおけるサービス提供職員欠如減算の基準 サービス提供職員欠如減算の基準及び内容は以下のようになります。 減算の対象となる職種 児童指導員、保育士、障害福祉サービス経験者 放課後等デイサービスには、人員基準により営業時間を通してサービス単位ごとに以下の児童指導員 、保育士、障害福祉サービス経験者を配置しなければなりません。 児童の数が10人以下の場合:2人以上配置• 児童の数が11人以上の場合:2人に児童の数が10人を超えて5人またはその端数が増えるごとに1人を加えて配置• 1人以上は常勤でなければならない• 人員が常勤・専従等の従業者数以外の要件を満たしていない場合、翌々月から人員欠如が解消された日まで減算となります。 減算の対象単位 減算対象の所定単位は基本報酬に各種加算を加算する前の単位数となります。 減算開始から2月まで、所定単位の30%が減算となります。 減算開始から連続して3月を超えた場合、所定単位の50%が減算となります。 留意事項 人員欠如減算は本来満たすべき人員配置基準を満たしていないことになりますので、適正な事業所運営を行う上でも、早急に対応することが必要となります。 2019年4月スタートの「自己評価結果等未公表減算」への対応はお済みですか? 減算を受けないための概要説明資料と必要な様式をセットにして配布中です。 ご希望の方は よりどうぞ。 放課後等デイサービスに関する加算減算一覧• 保険請求業務を効率化しませんか? カイポケは介護業務に使う様々な帳票を簡単作成・印刷でき、国保連への伝送請求機能も兼ね揃えた介護ソフトです。 【ポイント】• 利用者、取引先、職員などの管理はもちろん可能• もちろん、各種加算減算などの算定もできる• ネット上から国保連への伝送請求もできるから専用回線導入の必要なし• 利用者負担分の口座振替、職員給与の口座振込がソフト上から可能• 売上や利用者の推移など、経営上必要な統計情報も見られる カイポケはあなたの事業に試していただくために、無料体験期間をご用意しております。 事業所とあわなかった場合でも、一切お金をいただかずに退会することも可能ですので、 お気軽に試してみてください。

次の

放課後等デイサービスを始めるための人員・設備・運営に関する指定基準とは?

放課後 等 デイ サービス 人員 配置

障害者支援サービス事業の人員配置では、対象年齢層によって「サービス管理責任者」か「児童発達支援管理責任者」のどちらかを置かなければなりません。 放課後等デイサービスの支援対象は児童なので、児童発達支援管理責任者を配置することが定められています。 この記事では、2つの管理者の違いや配置するための要件、注意すべきポイントを紹介するので、ぜひ参考にしてください。 放課後等デイサービスの提供に必要な2つの管理責任者の違いとは? サービス管理責任者とは、対象となるサービス全体の管理を担い個別支援計画を作成する人です。 サービスの質を向上させるために、サービス管理責任者を療養介護や生活介護、就労移行支援、グループホームなどに配置しなければなりません。 2012年の改正で児童発達支援管理責任者が制定される前は、サービス管理責任者のみが個別支援計画を作成していました。 児童に関してもサービス管理責任者が支援サービスを行ってきましたが、法改正後は児童発達支援管理責任者の業務内容に特化されました。 サービス管理責任者に従事するための要件には、障害者支援に対する一定の実務経験が求められています。 また、相談支援従業者初任者研修を受講する必要があります。 旧障害者ケアマネジメント研修修了者の場合は、追加研修を受けることで要件を満たすことができるでしょう。 ほかにも、サービス管理責任者研修として、介護や地域生活、就労の専門分野から選んで受講します。 専門分野は、それぞれの分野ごとに受講しなければなりません。 児童発達支援管理責任者 児童を対象とするデイサービスは、もともとは障害者自立支援法に基づいて行われてきました。 2012年の児童福祉法が再編されたときに、児童を支援の対象としたのが児童発達支援管理責任者です。 サービス支援の管理や、個別支援計画を作成する点ではサービス管理責任者と同じですが、サービスを提供する対象年齢が異なっています。 放課後等デイサービスなどの障害児の通所支援事業や、知的障害児施設などの入所支援事業を行うには、児童発達支援管理責任者を常勤で1名以上配置しなければなりません。 児童発達支援管理責任者の要件としては、相談支援従業者初任者研修で基本的な支援について受講する必要があります。 サービス管理責任者と共通の講義のほかに、児童発達支援管理責任者としての分野別研修を受講しなければなりません。 また、一定の実務経験があれば、児童発達支援管理責任者の要件を満たすこともできます。 たとえば、障害児相談支援などの相談支援事業に5年以上、施設などで介護事業に直接10年以上従事した場合などが、児童発達支援管理責任者の要件にあたります。 ほかにも、保育士や看護師などの資格保有者で、5年以上の実務経験がある場合も要件を満たすことができます。 2018年4月・2019年4月の変更で注意が必要な点は? 従来では、児童発達支援管理責任者を配置していれば加算が算定されていました。 しかし、この加算に対する見直しが行われ、2018年4月からは廃止になるため、事業者は算定する際に注意が必要です。 その内容を確認しておきましょう。 2018年4月「児童発達支援管理責任者専任加算の撤廃」 従来では、児童発達支援管理責任者専任加算の対象になるには、1つの事業所に1名以上配置しなければなりませんでした。 事業運営に欠かせない人員であるにも関わらず、さらに加算の算定要件になっていたのです。 また、管理者として兼務することや、多機能型の管理者やサービス管理責任者と兼務することでも加算が算定されていたため、児童発達支援管理責任者専任加算では優遇されていたといえるでしょう。 しかし、加算は2018年度から廃止されることになったのです。 さらに、改正では「児童発達支援管理責任者欠如減算」が制定されたので、押さえておきましょう。 児童発達支援管理責任者が退職し不在になった場合には、次の児童発達支援管理責任者が配置されるまでのあいだは減算の対象とされます。 具体的には、不在時には基本報酬の30%が減算され、5カ月以降も不在の場合は50%と減算が大きくなるものです。 児童発達支援管理責任者が不在であれば、個別支援計画の作成ができません。 業務への支障や減算を防ぐためにも、早急に新任者を配置することをおすすめします。 2019年4月「研修制度の大幅な見直し」 児童発達支援管理責任者の研修については、2019年4月に大幅な見直しが行われました。 これは、実務を積み重ねながら学ぶことで専門性を高め、スキルアップを図ることを目的としています。 サービス管理責任者との連携を図ることも目指し、共通のカリキュラムを実施します。 新制度での研修は「基礎・実践・更新」の3種類で、実践研修と更新研修については、一定の実務経験がないと要件を満たせません。 「専門コース別研修」も新設され、任意で受講できることになりました。 基礎研修は、相談支援従事者初任者研修の一部を11時間と、サービス管理責任者等研修を15時間受講します。 実践研修は16. 5時間で、更新研修は5年ごとに6時間程度と制定されました。 従来の研修を受講してきた人には、2023年度末までに更新研修を受けることが求められています。 また、研修を受講する際の要件の一部緩和も行われ、10年以上とされてきた実務経験が8年以上とされるなどの見直しも行われました。 人員配置基準違反や研修の受講時期に注意しよう 放課後等デイサービス事業の人員配置や研修については、大幅な改正がなされました。 児童発達支援管理責任者が不在の時期があると、人員配置基準違反になり減算の対象になります。 また、研修制度の改正では資格取得の要件が変わったため、受講する時期にも注意が必要です。 このようなポイントを押さえながら、児童発達支援管理責任者を配置するために具体的な準備を始めましょう。

次の

障害児向けデイサービス(放課後等デイサービス)の新基準について

放課後 等 デイ サービス 人員 配置

2012年に制定された放課後等デイサービスは、障害児が放課後に安心して過ごすことができる居場所として活用されてきました。 2017年と2018年に制度改正が行われているため、運営基準を満たす人員配置について確認することが必要です。 新規で事業を始める場合はもちろんですが、運営中の事業者も再確認しておくことをおすすめします。 基準を満たすためのコツをつかんでおけば、返金処分などの処置を受けることもないでしょう。 放課後等デイサービスの人員配置基準とは? アセスメントや個別支援計画を作成する「児童発達支援管理責任者」は、専任で常勤の職員が1名以上必要です。 サービス全体を管理する責任者をして、計画に対する評価までを行います。 資格を得るための研修の受講資格は、制度改正によって変更されています。 2017年の制度改正前は、障害児に関わる分野であれば5~10年以上、または相談支援などであれば10年以上従事していることが必要条件でした。 制度改正によって、児童福祉や障害児への3年以上の直接支援の実務が必須と変更されています。 保育所や放課後児童健全育成事業なども対象施設に加えられましたが、高齢者の介護のみであれば要件を満たしません。 2018年3月末で経過措置は終了していますので、新しい基準に叶う人員配置になっているかを確認しましょう。 「指導員または保育士」とされていた職員についての配置基準にも、制度改正により「児童指導員または保育士、障害福祉サービスの経験者」に変更されました。 職員の半数以上が児童指導員または保育士であることが条件です。 また、障害福祉サービスの経験者は高等学校卒業等で2年以上障害福祉サービスの実務を経験していなければなりません。 障害児10名までは職員2名以上で、そのうちの1名は常勤であることが定められています。 サービスを利用する障害児が10名以上であれば、5名以下が増えるごとに1名を加配することが必要です。 機能訓練担当職員については、利用者に機能訓練を行う場合に配置すれば問題ありません。 専従で配置する場合には、児童指導員または保育士の人数として算入できます。 基準を満たすうえで注意すべきこと 制度改正で厳格化された人員配置基準を満たしていないと、実地指導が行われた際に改善指導に従わなければなりません。 基準を満たすために、職員の要件で注意すべきことを把握しておきましょう。 児童発達支援管理責任者は、自治体によっては常勤で専従であることが定められています。 その場合は、管理者との兼務ができないことに注意が必要です。 また、職員の1週間の勤務時間が32時間よりも少ない場合は、常勤と見なされない点にも注意しなければなりません。 ただし、勤務時間を短縮する育児などの理由があれば、30時間でも基準は満たされます。 さらに、放課後等デイサービスで気を付けたいのは、サービス単位ごとに人員配置をしなければならない点です。 同じ時間に提供するサービスでも、異なるサービス単位の活動を行っているのであれば、それぞれの活動に常勤の職員が1名以上必要になります。 児童指導員で注意したいのは海外の高校を卒業した場合で、児童福祉関係の実務が2年あったとしても要件を満たしません。 「学校教育法上に定める高校」とされているため海外の高校は対象外で、大学を卒業しているか3年以上の実務経験が必要です。 児童福祉事業を運営していた経営者の場合も要件を満たすことができず、児童福祉事業で働いていたことが必要です。 また、人員配置基準に加えることができない職員についても確認しておきましょう。 たとえば、無資格の職員や医師、看護師などは何人いても人員基準上は数えることができません。 ただし、要件を満たしている職員については、医師であれば医療連携体制加算を算定することができます。 ポイントは児童指導員や保育士の確保 制度変更に伴い児童指導員の資格要件で新たに加えられたものについて、しっかり確認することが必要です。 新しい要件には、社会福祉士や精神保健福祉士、教員免許、3年以上の児童福祉事業に従事した者などが加えられています。 児童発達支援管理責任者は、介護分野での実務経験や資格を取得していても要件を満たしません。 このような変更点が行われた背景には、サービスの質を向上させる目的があると考えられます。 さらに、放課後等デイサービスの人員基準でポイントになるのは、職員の半数以上を児童指導員または保育士としなければならない点でしょう。 児童指導員または保育士は、サービス提供時間に常時1名以上配置されていなければなりません。 放課後等デイサービスの事業を運営するためには、必要数の児童指導員や保育士を確保することが大切です。 国が求める人員配置基準に適合する事業所として質の高いサービスを提供すれば、ほかの事業所との差別化が期待できるでしょう。 障害児や保護者に認められる事業所になることは、地域においても信頼され実績を重ねることにつながります。 障害児ごとに異なる支援内容に沿った質の高いプログラムを作成し、サービスを提供すれば、障害児へ与える良い影響や職員のやりがいにもつながります。 職員が同じ事業所で長く業務を行うこと自体が、事業所の評価をアップさせる効果もあるでしょう。 新規事業を始める場合は、要件の厳格化で確保が難しくなると予想される、児童指導員や保育士を確保することが人員配置基準を満たすポイントになります。

次の