アントニオ 猪木 体調。 アントニオ猪木が病気で車椅子はなぜ?余命や死去が心配と話題に!

アントニオ猪木の政界引退理由は体調不良!病気は糖尿病?

アントニオ 猪木 体調

『ジャイアント馬場没20年追善興行』が19日に東京・両国国技館で開催され、体調不安説がささやかれているアントニオ猪木氏(76)が健在ぶりをアピールした。 「元気ですか!! 元気があれば何でもできる。 馬場さんは1999年1月31日に61歳で亡くなったが、「(普通は)20年たつと忘れられてしまうが、会場にたくさん人が駆けつけてくれて、ジャイアント馬場に成り代わってお礼を申し上げます」と頭を下げ超満員の観衆を沸かせた。 猪木氏は昨年9月に北朝鮮から帰国した際、車椅子姿でファンを心配させたが、76歳の誕生日(20日)を翌日に控えたこの日は歩いてリングサイドへ。 現役時代からの持病である糖尿病が悪化しているとの説もあり、「年を取るのはしようがない。 「私がいつも挑戦し続けたので、馬場さんも困っただろうと思う。 最後にもらった手紙に『さんずの川で待っている』と。 挑戦を受けるべきか、逆に私が困りました」とエピソードを披露。 馬場さんとはライバルだったため、今回はまさかの登場で「みなさんに乗せられた部分もある。 喜んでもらうことはいいことだ。 馬場さんも喜んでくれているんじゃないですかね」と感慨深げに語った。

次の

長州力、体調不良でアントニオ猪木氏との食事会欠席「大変申し訳無い事を致しました」(ENCOUNT)

アントニオ 猪木 体調

今月6日に大田区総合体育館で、「新日本プロレス東京ドーム2連戦」でレスラー人生に終止符を打った獣神サンダー・ライガーの引退セレモニーが行われ、猪木はビデオメッセージで惜別した。 おなじみ「元気ですかー!」で画面に登場したまでは良かったが、血色は悪く、体もひと回り小さくなった印象だ。 猪木は「元気を売り物にしてきたけれども、俺もう身体がボロボロなんだ」と明かし「もう俺は酒が飲めなくなっちゃったんだけど、まぁそれはともかく、美味しいものを食べながらね、また若い人たちに夢を贈れるように、頑張ってもらいたいと思います」とライガーにエールを送った。 猪木は昨年8月に妻の田鶴子さんに先立たれ、自らも腰痛や持病の糖尿病が悪化し、最近は車イスで移動している。 プロレス担当記者は「猪木さんも76歳ですしね。 もう完全にお爺ちゃん。 『元気ですか~!と言ってるけど、俺が元気をもらいたいくらいだよ』と常々話しています」と語る。 この日はライガーにメッセージを送った猪木だが、周囲には「もうプロレスには興味がない」と告白。 かと言って、独自のパイプを持つ北朝鮮についても「国から圧力をかけられていて、公に話すことができない」とこぼしているという。 もっかの関心事はサイドビジネスらしいが、こちらもまた苦戦を強いられている。 事情を知る関係者が証言する。 「猪木さんは昔からロマンを追い求める人。 それゆえに、いろいろな人にダマされて投資して、損してきた。 宝物船の引き上げや、健康食品……ここ数年は外部からのエネルギーを一切使用せずに運動を続けるという『永久電機』の発明に大枚を投じている。 実現すれば、とんでもないリターンが期待できるが、案の定、雲行きは怪しい。 このところ進捗が伝わってきません」 今もなお強烈なカリスマ性を誇るだけに、猪木の元には多くのマスコミが集まるが「そこでも話はプロレスや北朝鮮ではなく、永久電機のことばかり。 記者は内心『またダマされてるよ……』と思っても、本人には誰も言えないんですが」(スポーツ紙記者) 猪木らしいと言えばらしいが、最近の元気のなさは気になるところ。 まだまだプロレス、格闘技界を引っ張って欲しいものだ。

次の

アントニオ猪木対モハメド・アリ

アントニオ 猪木 体調

燃える闘魂も、古希をとうに過ぎている。 元プロレスラーとして圧倒的な人気を誇り、政治家としても活躍したアントニオ猪木氏の「近影」に、衝撃が集まっている。 ネット上に出回っているのが、猪木氏がイベントに参加した様子の写真だ。 写っている写真には、遠目でも頬がこけているのがわかり、杖をついて立っているものだった。 世間からは「なんか小さくなったな」「今の同年代と比べるとヨボヨボな感じ」「身体酷使するとこうなるんだな」とその変化に驚く声がある一方、「もっと老いてると思ってた」「思ったより元気そう」という意見も出ている。 「猪木さんはもともと糖尿病持ちですし、ここ数年は腰痛などで何度も手術をしています。 年齢を考えても、見た目に変化があるのは自然なことですが……。 プロレスラーとして現役だったころのイメージがあまりにも強いですからね。 やはり変化に驚くのも無理はないかもしれません」(記者) 体調の問題から今年政界引退をした猪木氏。 先月の「文藝春秋」でのインタビューでは「転ぶのが嫌だから、歩くときは杖を使っている。 もちろん色は赤。 いつまでも元気でいてほしい、非常に多くのファンがそう願っている。

次の