パチンコ ルパン 三世 神々 へ の 予告 状。 Pルパン三世~神々への予告状~

Pルパン三世 神々への予告状 設定付ライト パチンコ

パチンコ ルパン 三世 神々 へ の 予告 状

NEW!! Pルパン三世-神々への予告状-の甘デジが登場。 ・スペック ・ボーダー ・止め打ち ・演出信頼度 などの情報を随時更新していきます。 基本情報 機種名 … NEW!! このページでは2019年9月に導入される、 Pルパン三世 神々への予告状の情報をまとめています。 18回 設定2:約9. 51回 設定3:約9. 86回 設定4:約10. 64回 設定5:約11. 46回 設定6:約13. 00円 3. 57円 3. 33円 3. 03円 2. 50円 1 24. 9 25. 8 26. 3 27. 2 29. 0 2 23. 6 24. 5 25. 0 25. 8 27. 5 3 22. 4 23. 2 23. 7 24. 4 26. 1 4 20. 0 20. 7 21. 2 21. 8 23. 3 5 17. 8 18. 5 18. 9 19. 5 20. 8 6 14. 2 14. 8 15. 2 15. 7 16. 00円 3. 57円 3. 33円 3. 03円 2. 50円 1 26. 2 27. 2 27. 8 28. 7 30. 6 2 24. 9 25. 8 26. 4 27. 2 29. 1 3 23. 6 24. 5 25. 0 25. 8 27. 6 4 21. 1 21. 9 22. 3 23. 0 24. 6 5 18. 8 19. 5 20. 0 20. 6 22. 0 6 15. 0 15. 6 16. 0 16. 5 17. 00円 0. 93円 0. 89円 0. 76円 0. 60円 1 19. 9 20. 4 20. 6 21. 7 23. 7 2 18. 9 19. 4 19. 6 20. 8 22. 5 3 17. 9 18. 4 18. 6 19. 6 21. 3 4 16. 0 16. 4 16. 6 17. 5 19. 0 5 14. 3 14. 6 14. 8 15. 6 17. 0 6 11. 4 11. 7 11. 9 12. 6 13. 00円 0. 93円 0. 89円 0. 76円 0. 60円 1 21. 0 21. 5 21. 7 22. 9 25. 0 2 19. 9 20. 4 20. 6 21. 8 23. 7 3 18. 9 19. 4 19. 6 20. 6 22. 5 4 16. 9 17. 3 17. 5 18. 4 20. 1 5 15. 1 15. 4 15. 6 16. 5 17. 9 6 12. 0 12. 4 12. 5 13. 2 14. 5個減 参考:様 止め打ち 調査中。 設定判別 機種説明予告 機種説明予告出現時に 「吉」「良」「極」などのスタンプが出現することがあり、 そのパターンで設定示唆。 トラストモードは極スタンプが出現しやすい。 カモメ1匹は設定変更に期待。 カモメ5匹は設定変更 上げ 濃厚。 キャラの種類に注目。 トラストモード中は高設定示唆が出現しやすい。 トラストモードは高設定示唆が出やすい。 EPISODE BONUS EPISODE BONUS 当選契機 キャラリーチでの当たり ラウンド 6R以上 キャラリーチを経由したあたり。 図柄揃い後のボタン押しでラウンド数を告知。 ターボアイコンがある限り継続する ランクアップボーナス。 保留連 ボーナス終了後は終了画面のままST4回転を消化。 ボーナス終了画面で強い演出が発生した時は保留連に期待。

次の

Pルパン三世〜神々への予告状〜甘デジ

パチンコ ルパン 三世 神々 へ の 予告 状

57円 交換 3. 3円 交換 3円 交換 1 25. 2 26. 6 27. 6 29. 0 2 23. 8 25. 2 26. 1 27. 5 3 22. 6 23. 9 24. 7 26. 1 4 20. 3 21. 5 22. 2 23. 4 5 18. 5 19. 6 20. 3 21. 4 6 14. 8 15. 7 16. 3 17. 57円 交換 3. 3円 交換 3円 交換 1 23. 2 24. 6 25. 4 26. 7 2 22. 1 23. 4 24. 2 25. 5 3 21. 1 22. 4 23. 1 24. 4 4 19. 0 20. 1 20. 8 22. 0 5 17. 0 18. 0 18. 6 19. 7 6 14. 0 14. 9 15. 4 16. 終了後はGOLDEN TIME CHALLENGE100に突入。 《GOLDEN CHARGE》 銭形歌舞伎チャレンジから発生する可能性がある4R大当り。 終了後はGOLDEN TIME CHALLENGE100に突入。 《GOLDEN BONUS (通常時)》 主に通常時に7図柄が揃うと発生。 4R確変大当りで、終了後はGOLDEN TIME に突入。 《GOLDEN BONUS (電サポ中)》 電サポ中のGOLDEN BONUSは2~10Rのラウンドアップ型確変大当り。 ラウンド中は様々な演出でラウンドアップが告知される。 なお、電サポ中の大当りはすべて終了後にGOLDEN TIMEへ突入する。 《EPISODE BONUS》 電サポ中にキャラ系リーチ経由で大当りを引くと発生。 6R以上の確変大当りだ。 《千客万来 頂MAX TURBO 》 特殊リーチ経由で当たると発生する確変大当り。 ラウンド数は固定されておらず、ターボアイコンがなくならない限りボーナスも終わらない。 また、終了と見せかけて大当りが継続することもアリ。

次の

Pルパン三世~神々への予告状~

パチンコ ルパン 三世 神々 へ の 予告 状

計算上の数字ではなく、ホールでの営業データを基に算出した「リアルな」ボーダーライン。 ホールでの平均的な使用状況における、出玉率100%になる千円スタートのことなので、いわゆる「等価ボーダー」と同じ意味になる。 解説 型はオーソドックスなV確変STタイプ。 8月リリースの同社のP戦国乙女5と完全に同じタイプになるな。 4R(480個) で固定。 特徴は、確変大当りが5%しかなく、大当りのほぼすべてが通常大当りであること。 通常大当り時は時短100回がついてくるので、そこで大当りすればRUSHに突入する完全な突破型タイプだ。 時短100回での大当り期待度は、設定により異なるが、• 設定1:約39. 設定2:約39. 設定3:約40. 設定4:約41. 設定5:約42. 設定6:約44. 2% となる。 確変直撃の5%を加味した合算のRUSH突入率は、• 設定1:約42. 設定2:約42. 設定3:約43. 設定4:約44. 設定5:約45. 設定6:約47. 0% となる。 下に比較があるが、最近、この手のライトミドル90%継続タイプは非常に多く発表されている。 今まで発表された機種は、初回確変50%で通常当りでも時短100回という、RUSH突入期待度を高く設定したタイプが多かっただけに、ここまで完全な時短突破タイプは珍しいな。 1%と納得の数字。 設定ごとの継続率は、• 設定1:約89. 設定2:約89. 設定3:約89. 設定4:約90. 設定5:約91. 設定6:約92. 4% となる。 大当り出玉は、全5種類のラウンド振り分けだが、2R当りが50%と極めて多い。 反面、10R比率も15%(1200個)とそれなりに高いので、チリツモでありながら連荘時の出玉の波を作ることを重視したタイプと言える。 大当り時の平均出玉は、• 約504個 となる。 サイボーグ009、戦国乙女5、鉄拳極との比較 近い時期にリリースされる同タイプのスペックと比較してみよう。 8 ST回数 100回 104回 50回or転落まで 100回 初当り時平均出玉 480個 360個 400個 500個 初当り時RUSH突入率 42. 4%~47. 0% 70. 3% 68. 3% 68. 3%~70. 9% RUSH中平均出玉 504個 375個 420個程度 550個 RUSH中継続率 89. 1%~92. 4% 90% 90% 85. 5%~90. ルパン三世の特徴としては、• 初当り時のRUSH突入率が断トツで低い。 他の機種はすべて確変50%+通常50%(時短100回)• その代わり、RUSH中の出玉性能は明らかに高い。 このような性能になる。 旧規則では、この手の突破型は今回のルパンのようにRUSH突入を時短100回での引き戻しに依存し、その分、RUSH中の出玉性能に振り切るタイプが多かったが、これまで発表になった他機種は、保通協での適合率を考えてだろうが、突入を甘くしてRUSH中の出玉性能を抑える形が多かった。 そういう意味では、ルパンはもっとも従来の高継続ライトミドルスペックの型に近づけたタイプと言える。 あとは現段階では不明のRUSH中の消化スピードだが、ここが高速と体感できるレベルで仕上がっていれば、出玉性能的にはもっとも良いスペックに仕上がっていると言えるだろう。 まとめ 昨日アップした鉄拳極の記事でも書いたが、高継続ライトミドルに関しては、設定付きの方がカタログスペック的には魅力的に感じるな。 特にルパンは設定1でもRUSH性能に関しては他機種を上回っているので、新規則高継続機の中では非常に良く出来たスペックだと感じる。 あとは演出面だが、盤面構成は完全に、• 不二子~Lupin the End~ と同じに見える。 前作のLASTGOLDから半年強という販売スパンを考えても、完全新機種というよりは、過去機種の構成や素材をうまく使ってまとめたタイプだと思われるが、ここは今後の情報を待ちたいところ。 平和は今まで、旧規則機のストックを多く持っていたこともあり、設定付きのリリースはほとんどなかったが、ここにきて戦国乙女とルパンという同社のキラーコンテンツで同スペック形で立て続けにリリースしてきた。 しかも、完全新規のナンバリングタイトルではなく、リリース済みの機種のスペック替えレベルで。 (ルパンは推測だが) コンテンツ力の強さとガラリと変えたスペックで新規感を出しつつ、次の戦国乙女・ルパンのためのリサーチにもなる。 スペックの型も設定付き機と相性が良いタイプに見えるし、平和の販売戦略のうまさを感じる内容だな。 今後の情報及びホールへの導入が非常に楽しみだ。 過去の「新台スペック情報」の記事はこちら!.

次の