買ってよかったもの ガジェット。 【2019年~2020年】QOLを爆上げする本当に買ってよかったもの 雑貨、家電、ガジェット 生活水準向上 アラサー男【プレゼント】

ゴリミーベスト2019:ガジェット編【買ってよかったもの】

買ってよかったもの ガジェット

ということで思い切って10口の物を購入。 ビス留めにも対応し、見た目も結構良いタップですが、まあ普通にテレビ台の裏においてます。 いくらタップ本体の見た目が良くてもケーブルとアダプタがね... 今接続しているのは、、、、、、扇風機です。 流石に10口あれば足りました。 長く使えるので思い切って10口のものを買うのはかなりおすすめです。 MOFT X タブレット用(miniのほう)とスマホ用2種類を使ってます。 タブレット用はもはや必須となっているくらいほぼ毎日使ってます。 今までのと比較すると、安定性と角度の自由さは劣りますが、それ以上に余りある見た目のスタイリッシュさが素晴らしいです。 ただし、磁石が内蔵されている仕様上、ワイヤレス充電やFelica(コレは位置によるが)が使えなくなるのが欠点。 SONYの格安マイク 友人との通話に今までイヤホンのマイクを使ってましたが、音がこもっていると言われたのでとりあえずこれを購入。 聞き取りやすくなったそうなので良かったし、見た目も悪くないと思います。 本体から生えてる3. 5mmジャックに加えて、付属のアダプタを使えばUSB接続できるのもポイントが高いです。 POCO F2 Pro 記事と動画で紹介した「POCO F2 Pro」も少し後悔気味。 理由は単純にデバイス特性が用途に合わなかったこととMIUI。 POCO F2 Proのウリは全画面ディスプレイとコスパですが、個人的にあんまり恩恵を受けれませんでした。 というのも私はスマホを使いやすくカスタマイズしたりするのは好きですが、用途は至って普通のことしかしないので、スペックも余っていた上に、ノッチレスであるメリットも思ったより少なかったという感じ。 そして何よりも 重い。 もともと219gという重量級の本体に加え、付属の硬めゴツメのケース、MOFT Xまでつけちゃったら腱鞘炎になっちゃうほど重くなりました。 動画を見てもらえば全部わかりますが、Aliexpressで「Xiaomi PowerBank 3」を購入するとそっくりな偽物が届いてしまいました。 USB-CポートからのPowerDelivery出力対応なのに、一向に充電できなかったので、これは怪しいと思い分解するとなんと基盤がDASIOバッテリー並のショボさ。 (なんなら負けてる) 詳しくは動画を見てくれるといろいろ助かります。 マジで中華通販は闇が溢れてるので気をつけましょう... TP-Link 無線LANルーター AX3000 Wi-Fi6を試したかったこと、また、最近日本含めシェアを拡大している「TP-Link」のルーターを試したかったので購入。 なんで後悔したかというと、購入時のファームウェアがめちゃめちゃ不安定だったから。 ちょっと負荷がかかる程度の通信(PCとスマホで同時にダウンロードなど)をWi-Fi経由ですると、ルーターが落ちてしまっていました。 最初は不良品かと思いましたが、その後に配信されたアップデートで改善されました。 頻繁な切断がめちゃめちゃストレスになったので後悔したリストに入れてますが、アップデート後は安定してるし速いし、性能の割に安いのでおすすめできます。

次の

買ってよかった「Chromebook(クロームブック)」が便利になるオススメのガジェット7選

買ってよかったもの ガジェット

Sponsored Link おすすめデジタルガジェットその1【Apple MacBook Pro13】 Apple MacBook Pro13(Late2019モデル) 私の生活を変えたMacBook Pro 13! 私が使用しているのは2Thunderbolt3という、MacBook Pro 13の中では最も下位モデル。 A4サイズより少しだけ小さいボディに高性能が詰まっています。 今までもパソコンは持っていたのですが、大した事に使わずに宝の持ち腐れ状態だったのですが、ふらりと立ち寄った某家電量販店でMacBook Proの実物を見て一目惚れ! 気付いた時にはレジに並んでいました。 個人差にもよりますが、惚れたガジェットというのはそれだけで所有欲を掻き立て、今まで「興味があったけど、難しそうでやらなかった事」にも「使いたいから」という理由で挑戦したくもなります。 MacBook Proに限らず、Macは元々入っているアプリケーションも優秀です。 私が特におすすめしたいのが、友達や家族とよく旅行に行く人。 写真を印刷してお渡しするのも良いですが、Macに元々入っているiMovieというアプリケーションを作って、スライドショー動画を作って共有してはいかがでしょうか? スライドショー動画であれば所々にコメントを入れられますので、思い出が鮮明に蘇るのでおすすめ。 YouTuberのような本格的でこだわりのある動画でなければ、元々プリインストールされているiMovieを使う事で、直感的に写真をスライドショー動画にすることもできるのでおすすめです。 そういった便利なアプリケーションが最初からインストールされているのもMacの一つの魅力でもあります。 私は元々Windowsで育ってきたが故に、Macに移行するのは多少苦労もありました。 が、慣れるまでにはそれほど時間はかかりませんでしたし、ウェブブラウジングやライティング程度であればWindowsとそれほど差はありませんので、Macを使ってみたいけどちゃんと使えるか不安な方も問題ありません。 楽天で購入 おすすめデジタルガジェットその2【Apple Magickeyboard2】 Apple Magickeyboard2 MacBook Proと同時におすすめしたいのがApple純正のBluetooth キーボードのmagickeyboard2です。 軽い打鍵感と程よいストロークで文章作成が捗ります。 私は、MacBook Proのキーボードの上に乗せて使っていますが、ノートPCスタンドでMacBook Proを持ち上げ、キーボードはテーブルに置いて使うと、姿勢も良くなるので首の凝りが軽減されますので、そんな使い方も良いですね。 Mac用に作られていますのでMacで使う事が一番便利な使い方ですが、Lightningケーブルを使ってUSB接続する事でWindowsでも有線キーボードとして使えます。 楽天で購入 おすすめデジタルガジェットその3【Apple Magic mouse2】 Apple Magic mouse2 Mac周辺機器3連続で申し訳ございません! こちらもMacに最適化されたBluetoothマウスです。 ツルツルの表面でボタンがあることを感じさせないデザインですが、しっかりクリック感があります。 また、トラックパッド には劣りますが、いくつかのジャスチャー操作をする事ができます。 MacBook系のノートパソコンには非常に優秀なトラックパッド が装着されていますが、やはりカーソル操作はマウスで行いたいという方には最適なマウスです。 非常に薄いので持ち運びにも便利です。 最近のOSアップデートでiPadにも対応しました! 普段仕事や、プライベートでiPadをパソコンがわりに使っている人にもおすすめです。 楽天で購入 おすすめデジタルガジェットその4【Logicool MX Master3】 Logicool MX Master3 Windows派の方々お待たせいたしました。 Mac、Windows 両OSでおすすめなのがロジクールから販売されている高級ワイヤレスマウスMX Master3です。 エルゴノミクスデザインで非常に疲れにくく、スクロールホイールの動作も滑らかで非常におすすめのマウスです。 ボタンもたくさんありますので、色々な機能を割り当てる事ができ、多彩なショートカットを活用する事ができるので、通常のマウスとは比較にならない程の作業効率を生み出してくれます。 ボタンが豊富な故、本体サイズが大きく持ち運びには向かないのが玉に瑕ですので、私は家ではこのMX を使い、外ではmagicmouse2といったように使い分けています。 楽天で購入 おすすめデジタルガジェットその5【Logicool MX ERGO】 Logicool MX ERGO マウスはトラックボール派!のあなたにおすすめしたいのが、ロジクールから販売されているMX ERGO。 私もMX Master3を買うまではこのMX ERGOを愛用していました。 トラックボールマウスは慣れるまでは少々使いにくさを感じますが、割とすぐ慣れるので心配いりません。 むしろ、手首を動かさずにカーソル移動ができるMX ERGOは非常に疲れにくいマウスです。 細かい作業が苦手なイメージのあるトラックボールマウスですが、MX ERGOはトラックボール直上にプレシジションモードボタンというボタンがあり、押す事でカーソルの速度を一時的に(プレジシジョンモードボタンをもう一度押すまで)遅くしてくれますので、細かい作業もお手の物。 トラックボールマウス派にはマストバイと言えるトラックボールマウスです。 楽天で購入 おすすめデジタルガジェットその6【OPPO Reno A】 OPPO Reno A 2019年に世界第5位のスマートフォンシェアを獲得したOPPO。 そのOPPOが、日本のユーザーのために作ったのがこのReno(リノ)Aというモデルです。 2020年5月現在、4万円を切る価格帯でミドルクラスよりも少し上の性能を持ち、日本人が愛してやまないおサイフケータイと防水機能をも搭載して非常にコストパフォーマンスが良いとネットで話題のスマートフォンです。 性能だけでなく、この価格でなんとDSDVにまで対応しているのが驚きのポイント。 通話用には大手キャリアの通話し放題プラン。 データ通信は格安SIMで行う事で毎月の料金を抑えるができるのです。 他にも、仕事用とプライベート用の2つの番号を1台のスマートフォンで完結させることもできるメリットもあります。 楽天で購入 おすすめデジタルガジェットその8【ラディウス HP-G100BT】 ラディウス HP-G100BT 最近のイヤホンのトレンドは左右独立型のワイヤレスイヤホンですが、ウォーキングやランニングといったエクササイズには、耳から外れて紛失してしまう不安は尽きません。 左右一体型であれば、仮に片方外れてもコードが落下を防いでくれるのでより安心です。 アウトドアに限らず、インドアでも活躍の場は大いにあります。 深夜にお仕事をする時などは、あまり音を外に漏らせないですよね。 そんな時はやはりイヤホンがマストアイテムになります。 このラディウスのHP-G100BTはスポーツやエクササイズでの使用を想定して作られていますのでフィット感が抜群に良いです。 フィット感が良いと作業中に余計な気を取られることもありませんので非常におすすめになっています。 楽天で購入 おすすめデジタルガジェットその9【リコー GR3】 リコー GR3 スマホで写真が綺麗に撮れる時代に、カメラなんて必要? なんて思われるかもしれませんが、やはり餅は餅屋。 スマホは、どうしても小さな本体に様々な機能を搭載しなくてはならないので、どうしてもカメラについては制約が大きくなります。 その点、カメラは写真を撮ることに特化したものですので、その分綺麗な写真を撮る事ができるのです。 特にこのGRというカメラは、一眼レフと同じ大きさの映像素子を搭載していますので非常に臨場感のある写真を撮る事ができます。 ボディも小型で起動時間も非常に短いのでサッと取り出してサッと撮る。 ズームも搭載されていませんので特に悩むこともなくパシャパシャと写真を撮る事ができるのです。 現行型はPL10と型番が新しくなっていますが、主な違いはアートフィルターの効果を調整できるファインチューンという機能が追加されたことと、サイレントシャッター(静音撮影)できるモードが増えたくらいです。 にもかかわらず、値段差が2万円ほどありますのでPL9が狙い目としておすすめさせていただきました。 旅行や、お子さんの運動会と言った記念写真はやはりスマホではなく、ちゃんとカメラで撮ってきれいに残したいもの。 でも、本格的な一眼レフカメラは大きくて重くてちょっと… その点PL9であれば、コンパクトデジタルカメラとさほど変わらない大きさで綺麗な写真が撮れてしまいます。 レンズ交換もできるので、自分が撮りたい画角にも対応できるのが嬉しいポイントです。 さて、数あるミラーレス一眼レフカメラの中で私がPL9をおすすめに選んだポイントは「初心者に優しく、長く使えるから。 」です。 初心者に優しいポイントとしてはボディサイズが小さくデザイン性に優れていること、手振れ補正が非常に強力なことの2点です。 カメラは写真を撮らなければ何の意味もありません。 プロでもない限りカメラを持ち出すのは正直億劫以外の何者でもないので、普通の人は大きくて重いカメラはだんだん持ち出さなくなってしまうのです。 その点、小さいカメラは「せっかくだし持って行こう」という気持ちにさせてくれるので自ずと出番も増えます。 また、PL9は非常にデザイン性も高く、所有欲を掻き立てられます。 写真を撮る目的がなくても、「ちょっと持って行ってみようかな」という気持ちにさせてくれるのです。 また、強力な手振れ補正が搭載されていますので、オートで適当にパシャパシャ撮っても失敗写真が少ないのも嬉しいポイントです。 次に長く使える理由は、レンズのバリエーションの豊富さと、アートフィルターの豊富さです。 持ち出して写真を撮るようになると、自然と撮影のウデも上がってきます。 そうなると、「もっと遠くの物を撮ってみたい。 」や「もっと背景をぼかして被写体の主役を引き立てたい。 」といった欲が出てくるのです。 PL9を販売しているオリンパスは元々光学機器メーカーということで、レンズのラインナップが非常に豊富にあります。 それこそ、本当にカメラのレンズ?と思うような安価なものから、プロが過酷なフィールドで使えるプロ用のレンズまであります。 あなたの、「こういうのが撮りたい。 」と言った願いにしっかり応えてくれるのです。 また、きっちりした写真撮影にははまらなかったけれど、アートフィルターを使って写真を非日常的に撮るのにハマった!なんて人もたくさんいらっしゃいます。 PL9にはなんと16種類ものアートフィルターがありますので、日常を非日常に変えるのもお手の物ですので、長く遊べるカメラであるとも言えるのです。

次の

[2020年前半]買ってよかった/後悔したもの一覧[ガジェット/ツール/家電]

買ってよかったもの ガジェット

2019年のふりかえり記事を書いてましたが、長くなってしまったので、買ってよかったガジェットだけ別の記事としてまとめてみました。 あまり物欲がない方なので、どうしても欲しくて買うとか、高価なものが欲しいという訳ではなく、わりと実用的であることコスパを考えて買ってます。 GARMIN ガーミン ForeAthlete 45 今年からジョギングをするようになって、最初はスマホをもってGPSつけて走って記録をとっていたのですが、汗をかくとベタつくのと邪魔になるので、ガーミンを購入しました。 Apple Watchなどのスマートウォッチも検討したのですが、普段はスマホを手放すことがないので、そこまでの必要性を感じなかったことと、充電のために着けたり外したりが多いことが嫌だったので、できるだけシンプルなものを探しました。 この製品は、ガーミンらしくGPSが素晴らしく走るときはスマホを持たずに完全に追跡してくれます。 機能的にはラン記録、歩数計と睡眠時の記録、目覚まし時計くらいにしか使いませんが、むしろ十分でした。 それと連携できるAndroidアプリがあって、その出来もかなり良いです。 充電も1度すると約1週間くらいはもつので、ずっとつけっぱなしで良いのが気に入ってます。 初めてスポーツウォッチを買うなら、コスパを考えたら、これが最良の選択だったのではと思っています。 Kindle Oasis 本を読むのに、電子書籍に移行しつつあって、マンガは確実にkindleで買っていて、ビジネス書も少しずつkindleで買って読むようになりました。 とても良かった本はリアル本でも手に入れて再読したりしてますが、欲しいと思った瞬間に手に入るkindleは、やはり楽ですね。 使っているスマホがPixel 4XLなので、それなりに大きい画面なのでkindleアプリを入れて読んでいましたが、スマホで読むと没入感が少ないというか、途中で通知がきてSNSを見に行ったり、気になって他のアプリを開いたりして、集中しきれない感じがしていました。 また、年齢のせいもあるかもしれませんが、本を読む体力が減ってきたなという感じがしていて、ちゃんと「本を読む」ことをせねば衰える一方だな、ということで、なるべくリアル本に近い体験ができるようにと買いました。 ページめくる物理ボタンは、デフォルトで上が送る下が戻るなのですが、自分の手のサイズでは使いにくいなと思ってましたが、設定で逆に出来ることを発見。 下を送るにしたところ、すこぶる読書体験がよくなりました。 また防水ということもあって、お風呂でも読書ができるし、雨の日にカバーとかしなくても気にしないで良いのは、とても楽でした。 今では出張や旅行の必需品になっています。 確実に本を読む時間は増えたと思います。 Airpods Pro 言わずとしれたAppleのワイヤレスイヤホンです。 普通のAirpodsを持っていて、個人的には満足していたのですが、こちらは買ったと言うよりも、買ってもらったものです。 リモートワークしているのでテレビ会議が非常に多くあるのですが、その際の音質はミーティングに大きく影響を与えます。 ノイズが多いと、早めに切り上げようという気になってしまうのです。 しかし、問題はノイズの多さは自分で気付くことができないということです。 自分では気になってなかったですが、外で仕事する機会が多いせいで、私とのテレビ会議でノイズが多いということで、倉貫にはAirpods Proを持たせようという社員のみんなの意見が出て、会社で買って送ってもらいました。 音質とかノイズキャンセリングとか、そこまで神経質なタイプではないので、どうかなぁと思ってましたが、実際に使ってみると、本当に静かになる感じは感動しました。

次の