イエロー モンキー 解散 理由。 【THE YELLOW MONKEY】Changes Far AwayがNEWS23の新EDテーマに!歌詞とイエモンの魅力にせまるよ

【ライブレポ・感想】イエモンは普通のバンドだと確信した 〜THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2019

イエロー モンキー 解散 理由

スポンサーリンク イエモンまた活動休止?2020いつ? THE YELLOW MONKEY(イエモン)は、2019年に9枚目となるアルバム「9999」を発表し、それを携えたツアー「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2019 -GRATEFUL SPOONFUL-」を開始されますが、グランメッセ熊本で行われたツアーファイナルにて「来年(2020年)の春から、『THE YELLOW MONKEY』は『充電期間』に入る」との発表がされました。 その後2019年の12月から2020年にかけて「30th Anniversary DOME TOUR」と銘打ち、名古屋・大阪・東京ドームでのツアーが始まり、残すは4月4日5日の東京ドーム公演を残すのみとなっています。 先ほどの発言から考えるとこのツアーファイナルをもって「充電期間」に入ると思われますが、昨今の武漢ウイルス騒動によってこのツアーファイナルの開催が流動的になっています。 スポンサーリンク イエモンの過去の解散理由はフジロック? イエモンのファンの方ならご承知の事でしょうが、イエモンは2001年1月8日に活動停止を発表し、2004年7月7日をもって1度解散しています。 この解散の理由は何だったんでしょうか? その一因とされているのが、1997年の第一回フジロックフェスティバルでの出来事とされています。 このフジロックフェスティバルにてイエモンはレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(Rage Against the Machine)やレッド・ホット・チリ・ペッパーズ(Red Hot Chili Peppers)という海外有名バンドと同じセッションでのステージとなりました。 そこであえてヒット曲を控えて、洋楽的な楽曲を選曲したところ、台風接近により、豪雨の中での演奏も相まって、観客の反応が良くなかったというのです。 吉井さんは後に出版した自伝の中で「観客に伝わらない厳しいライブだった」と書いており、この挫折が解散への遠因だったと述べられています。 スポンサーリンク イエモンでメンバー死亡とは? 「イエモン」もしくは「THE YELLOW MONKEY」とネット検索すると関連ワードとして「メンバー死亡」と言う衝撃的なものが出てきます。 このツアーは1年かけて113本の公演をこなすという過酷なもので、実に3日に1回のペースでライブを行ったツアーだったそうです。 メンバーの吉井さんもツアー中に過労で病院に運ばれています。 この過酷さが事故の一因になったのではないかと思います。

次の

イエモン×Mステ出演!!解散理由から再結成までをざっくりおさらい!

イエロー モンキー 解散 理由

ロックバンド「THE YELLOW MONKEY」の全国ツアーが22日、グランメッセ熊本で最終日を迎えた。 ボーカルの吉井和哉(52)は来春からバンドが充電期間に入ることを本紙に明かした。 年末にスタートする3大ドームツアーを「総決算」と位置づけて完全燃焼し「一度リセットして新しい姿を見せたい」と意気込んだ。 台風17号が九州に接近する中で開催した熊本公演。 吉井はアンコールで「台風が来ている中、命懸けて来てくれて言葉にならない。 相変わらずばかなロックバンドだけど、これからもよろしく。 ドームで待ってるぜ」と観客6500人に呼びかけ、大歓声を浴びた。 結成30周年記念日の12月28日にナゴヤドームでスタートする初の3大ドームツアー。 来年4月5日の東京ドームで全4公演を終了後、バンドは期限を設けず充電期に入る。 再集結して4年間、突っ走ってきて、ドームで100%を出し尽くして、一度リセットする。 いろんなことに挑戦して、またイエローモンキーというホームに帰ってきたい」 「シーズン2」とは、04年に解散したバンドを「再集結」と称し再結成した16年1月以降の活動のこと。 さらに進化し「シーズン3」に突入するための充電だと明かす。 吉井は「曲を(作り)ためて、人間的にもいろんな経験をして、新しいイエローモンキーを見せたい。 そんな遠くない未来にアルバム(の発売)とともにツアーもやりたい」と構想を描いた。 再集結後初のアルバム「9999」を引っさげての今ツアー。 「アルバムを出すとパフォーマンスもこんなに変わるのかと実感した。 バンドがまた一つ成長した」と手応え。 「天道虫」などアルバム収録曲を中心にヒット曲「JAM」など22曲を披露した。 シーズン2でメンバー全員が50代に突入した。 吉井は「40代、50代はまだハナ垂れ小僧だとおふくろに言われます。 まだまだこれからだと思っている」。 ドームツアーは4公演いずれも曲目リストを変えて臨む。 イエモンの挑戦が楽しみだ。 昔のほうが良かったと思いたくないから、復活するときは複雑やったな。 ところが素晴らしい曲にまた逢えた…休み休みまたイイ曲を期待。 車で聴いてたんやけど娘たちもすっかり好きになってもた…• カラオケで歌ったら分かると思うけど、イエモンの歌って歌うのにものすごいパワーが必要なんだよね。 凄い寂しいし、きっとドームで泣いてしまう。 でもイエローモンキーのこれからに必要な充電だと思うからそこは前向きに待とうと思います。 イエローモンキーのお陰で夫婦2人きりで過ごす時間も増えたし、ありがとう。 吉井さんは昔からロックバンドは見た目が大事だって言ってるだけあって、イエモンのメンバーは皆体型も維持していてかっこいいですよね。 しっかり充電して下さい!• 解散はしないけど活動休止?? 解散して再結成でも同じ気がします。 充電期間とかまたいちいち型にはめなくていいだろ• 4月4日、5日の東京ドームファイナルが楽しみだ!• イエモン…ファンだけれど… ロック的には…解散したままの方が 潔良かった気が…。。。 ドームのチケット取って良かったぁ。。。 まぁいい歳なんでゆっくりやってや〜• 静岡公演行きました。 吉井のボーカル最高でした。 充電ってなんだ?なにも言わずに休んでたまに曲出すとかじゃだめなの?• 初めて聴いた「JAM」は痺れた。 長く続けて行く上では、そういうことも大事だと思う。 何も宣言せずに、活動だけ止まるよりはファンは安心できる スポンサーリンク.

次の

不倫!ファンキー加藤の悪評「ファンモン内イジメで解散」「オレ様主義で合コン三昧」

イエロー モンキー 解散 理由

スポンサーリンク 申年の2016年、ザ・イエローモンキーが再結成し5月から全国アリーナツアーをすることが発表されました。 イエモンは活動休止に入ったのが15年前の1月8日。 15年の沈黙を経て、モンキーの年に再結成。 丁度15年というキリの良さと申とモンキーをかけているところがおしゃれです。 果たして発表されたアリーナツアーはうまくいくでしょうか? 興味津々です。 そして、そもそも15年前の活動休止理由って何だったっけ?というのもふと思ったので調べてみました。 ザ・イエローモンキーが再結成アリーナツアーを発表! 出典:Laughy 1月8日の午前0時に何かが起こると予告はされていたのですが・・・ 一部でウワサが広まっていた通り、ザ・イエローモンキーの再結成が発表されました! そしてやることは・・・全国アリーナツアー。 5月から20公演やるそうです。 ツアー日程は次のように発表されています。 ツアーを行うのは16年ぶりということで、期待が高まります。 今日から先行予約受付が開始されているそうですよ。 ファンは急ぎたいところですね。 ザ・イエローモンキーの活動休止理由 スポンサーリンク さて、イエモンはそもそも15年前になぜ活動休止したのでしょうか? 調べてみると、ボーカルの吉井と他メンバーの意見の食い違いがあったようです。 2001年1月、「メカラ ウロコ・8」終了後にバンドを活動休止させ、メンバーはそれぞれソロ活動期間となる。 ファンは活動再開を待ち望んだが、2004年7月7日に解散。 吉井は「解散を伝えたその日に会って、近況を聞いてみたら、皆それぞれやりたいことがあって、バンドに戻れる状態じゃないと思った。 各々好きな事をやりながら、年に一回アルバムを作ってライブをするという意見もあったけど、僕にとってこのバンドっていうのは、それじゃ駄目だった」「疲れもあるけど、メンバーがどうこうなんて言えない。 バンドを解散させるのは辛いし、メンバーは最高だから、別れるのは寂しいし、心細いんだけど、とにかく解散は僕の我儘で、僕の責任」と語った。 逆に、他のメンバーからは「吉井を追い込ませて、感情を吐き出させてやれなかった」「もっと力になってやりたかった」など、互いを擁護する発言が目立った。 (引用元:Wikipedia) ボーカル吉井と他メンバーとの間の溝を吉井は「仮面夫婦」とも表現していたようです。 メンバー間は不仲ではなかったが、音楽面については吉井に対して他のメンバーが遠慮しがちになっており、吉井はその事を「仮面夫婦」と表現していた。 活動休止という形態をとったが、3年半の休止期間の間、メンバーに進展が無いことを感じとった吉井が解散を決意した。 (引用元:) そして、活動休止のラストライブの時の話です。 同年12月26日、東京ドームで開催された「THE EXHIBTION AND VIDEO FESTIVAL OF THE YELLOW MONKEY メカラウロコ・15」の最終日にメンバーが再集結し、9thシングル『JAM』を演奏した。 会場中が合唱の中、吉井は「ずっと歌ってて下さい」と言い残し、メンバーは去った。 実は去り際にマイクオフの状態で吉井が「ありがとう」と言っているが、会場にはほとんど聞こえていなかったため、物議を醸した。 後に吉井は「マイク通して言うのは辛かった。 言ったらほんとに最後というか。 だからもしかしたら僕の中でイエローモンキーは成仏してないのかもしれない」と語っている。 『JAM』を演奏した後に「THE YELLOW MONKEYは終わりません」というMCを吉井自身も期待していたが、「バンドは完全に終わっているんだということを演奏しながら感じてしまった」という。 (引用元:Wikipedia) メンバーの発言から、イエモンは未練を残したまま活動休止そして解散へと突き進んでいったようです。 きっと、もっと続けたかったんだろうなというのが伝わってきます。 今回の再結成は、時間を経ていろいろな行き違いを消化できたことによるものなのではないでしょうか。 そしてイエモン吉井が眞鍋かをりと結婚し、子供が生まれたのも、再結成を後押ししているのではないかと、個人的には思っています。 イエモン休止時は吉井は別の人と結婚していたわけで、妻となってからの眞鍋かをりや子供に対し、自分がプロとして歌っている姿を見せたいと思うのではないでしょうか。 そこらへんはツアーで語ってくれるのかもしれませんが・・・ これから数か月間、イエモンからの何が発信されるのか楽しみですね。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 スポンサーリンク.

次の