長嶋一茂。 長嶋 一茂(読売ジャイアンツ)

長嶋一茂の嫁・仁子が最低と評判に?ホステス時代や三奈との確執問題

長嶋一茂

もし自分の父親が長嶋茂雄さんのような国民的大スターだったら!と思うととても光栄ですしそれだけでどんなか幸せな事かと想像してしまいます。 そんな国民的大スターの息子さんである長嶋一茂さんは、現在タレントとしてテレビで見かけない日はないくらひっぱりだこで人気がありますね。 長嶋一茂さんは、野球界よりも芸能界の方が性に合っていたのかもしれません。 あんなに国民的大スターの家族でも、見た目には分からない苦悩もあるようです。 長嶋一茂さんの母親の亜希子さんは64歳という若さで亡くなっていますが、一部では死因が自殺とも言われているようです。 長嶋一茂さんの母親の死因が自殺ではないか?と言われる理由やお墓をハワイに選んだ理由を見ていきたいと思います。 長嶋一茂の母親はどんな人? 長嶋一茂さんの母親で、国民的大スターの長嶋茂雄夫人の長嶋亜希子さん。 長嶋一茂さんの母親はかなりの才女だったようです。 英語は勿論のこと、フランス語、スペイン語も堪能で外務省で働くことを夢みていたそうです。 亜希子夫人は1943年1月5日に渋谷で生まれていますが、生まれながらにして裕福な家庭で育っています。 祖父は出版社「東雲堂書店」を経営しており、石川啄木や斉藤茂吉、北原白秋や若山牧水など、文学史に残る歌集を出版された方です。 亜希子さんの父親は「内外出版社」の代表を務めていました。 この祖先を見ただけで亜希子さんがかなり優れた家系に生まれたかが分かりますね。 亜希子さんは高校の時にアメリカに留学をしています。 大学はそのままアメリカのミネソタ州の聖テレサ大学を卒業しています。 3か国語を話せる亜希子さんは東京オリンピックでコンパニオンのバイトをしますが、この時スポーツ新聞の企画で長嶋茂雄さんと亜希子さんが対談をする企画があったそうです。 このお二人の対談で、長嶋茂雄さんは亜希子さんに一目惚れだったそうですよ。 長嶋茂雄さんは亜希子さんに猛アタックをして出会って40日後には結婚をされていますので、かなりのスピード婚になりますね。 当時の亜希子さんは外務省で働くことを夢みていたそうですが、長嶋茂雄さんからの毎日のようにラブコールがかかり、外務省の夢が捨てて長嶋茂雄さんを支えることを決意されたそうです。 1964年にホテルニューオータニで婚約会見をし、1965年1月26日に渋谷のカトリック教会で式を挙げています。 一年後の1965年1月26日に長男の長嶋一茂さんが誕生しています。 一茂さんは母親の亜希子さんのことを「家族には何の不満も言わなかった。 トラブルもあっただろうが最後まで聞けなかった」と語っています。 長嶋一茂さんの母親の亜希子さんは、気丈で聡明な方だったようですね。 不満や愚痴は家族だったら遠慮なしにこぼしてしまうのは凡人のいたらぬところですが、聡明な亜希子さんはじっと内に込めて自分の中で何らかの不満を咀嚼していたのかもしれません。 長嶋一茂の母の死因は? 長嶋一茂さんの母親は207年9月18日に亡くなっています。 亡くなる前日の夜には、長嶋一茂さん夫妻と双子の孫と都内のホテルで会食を済ませ、一茂さんの車で帰宅する途中で亜希子さんは呼吸困難になり、急遽病院に向かったそうですが病院に到着した時に亜希子さんの意識はなかったそうです。 そのまま一夜が明け、明け方のAM4時33分になくなったということです。 長嶋一茂さん夫妻と双子の孫との会食の席には、長嶋茂雄さんは同席しておらず、病院に搬送された時に長嶋茂雄さんも駆けつけましたが、亜希子さんの意識が戻ることはなかったそうです。 長嶋一茂さんの母親は息子家族との会食を最後に天に召されましたが、一方長嶋一茂さんの母親は自殺ではないか?との噂もささやかれてていたようです。 長嶋一茂さんの母親が自殺ではないか?と言われる理由は、亜希子さんが亡くなった際に通夜と告別式は大々的に行わずに密葬で執り行ったことで、亜希子さんの死にたいして疑惑が持たれたようです。 亜希子さんの死の疑惑に関しては、亜希子さんが色々な悩みを抱えていたことにも自殺説の憶測を呼んだようです。 亜希子さんは膠原病を患っており、長いこと病と闘っていたこと。 また、長嶋茂雄さんの愛人の存在に悩み宗教にのめり込んでいたことなどが、亜希子さんの死因は自殺だったのではないかと言われていたようです。 はたから見ると長嶋茂雄さんの夫人ということで、それだけで幸せな人生を約束されたように見えてしまいますが、国民的大スターを陰ながら支えると言うことは計り知れない程のストレスや苦悩があるということなのですね。 そんな気苦労の多かった亜希子さんですが、最後に一茂さん夫妻そして双子のお孫さんとの会食を楽しまれたことは良かったですね。 長嶋茂雄夫妻の別居説 長嶋一茂さんの母親は、長嶋茂雄さんに愛人がいたことで悩み「エホバの商人」の宗教にのめりこんでと言われています。 長嶋茂雄さんは2004年3月4日に脳梗塞を起こし病院に緊急搬送されましたが、長嶋茂雄さんが脳梗塞を起こしたのが愛人宅だったと言われています。 長嶋茂雄さんが脳梗塞を起こしたことを愛人が長嶋家に連絡をし、愛人宅から救急車に乗り込むところは絶対に避けたいということで、一茂さんが愛人宅から一旦茂雄さんを自宅に連れて自宅から救急車を呼んだと言われています。 一刻も早く処置が必要な脳疾患に対して愛人宅から自宅、そして病院と時間のロスが長嶋茂雄さんの後遺症が残る要因になたなおではないかと言われているようです。 長嶋茂雄さんが、脳梗塞で病院に搬送された時に亜希子さんは愛人宅で倒れたと言うことが、病院に駆けつけることも出来ないくらいショックだったそうです。 長嶋茂雄さんが愛人宅で脳梗塞で倒れた一年後に亜希子さんは、長嶋茂雄さんとの別居を決意したと言われています。 長嶋茂雄さんと亜希子さんの夫婦関係は破綻しており、別居もされていたそうですが最後まで離婚をしなかったということに関しては、亜希子さんが長嶋茂雄さんに対して、最後までスパースターのままの長嶋茂雄さんを守りたかったからだそうです。 誰もが憧れるスパースター長嶋茂雄さんが熟年離婚をしたと言うと、確かに世間の目はスパースターとしての長嶋茂雄さんのイメージが崩れてしまいますね。 長嶋茂雄さんに愛人の存在がいたとしても誰が軽蔑するでしょうか? 暗黙の了解とでも言いますか、今現在でも長嶋茂雄さんは誰もが尊敬する偉大な存在となっています。 これもひとえに亜希子夫人の表に出さない控えめな気配りのおかげなのかもしれません。 自分が絶えることで長嶋茂雄さんのスパースターのイメージを守り通した素晴らしい妻であった亜希子さんでした。 長嶋一茂の母のお墓はハワイ 最後までスパースター長嶋茂雄さんを守り通した亜希子夫人のお墓はハワイにあるそうです。 長嶋一茂さんはハワイ通でも知られていますが、仕事以外の日はハワイで過ごしていると公言もされています。 今ではタレントとして活躍されている長嶋一茂さんですが、長嶋茂雄さんの長男ということで、プロ野球選手時代は、周囲からのプレッシャーとなかなか結果が出せずに挫折を経験し、プロ野球選手を引退するまでの間に精神的疾患を患いパニック障害を発症するまで深刻な状態だったそうです。 そんな長嶋一茂さんは「ハワイに行けば病気が治る」という思いでハワイを目指したそうです。 また長嶋一茂さんがハワイ好きの理由が、3歳の時に母親の亜希子さんと二人で初めてのハワイ旅行をしたこともハワイ好きの理由の一つのようです。 意外ですが、長嶋家では家族全員揃って旅行を楽しんだことはないそうです。 幼い子が母親と二人で訪れたハワイ。 ハワイは長嶋一茂さんにとって特別な場所のようですね。 長嶋一茂さんの母親の亜希子さんのお墓をハワイにしたのは、亜希子さんが望んだことなのか一茂さんの要望なのか、どんな経緯があったかは定かではありません。 ただ長嶋家の長男である一茂さんはテレビに出演された際に「自分もハワイのお墓に入る」と公言されました。 それは、スパースターの長男または、スパースターの妻という誰もが憧れる位置にいること自体もの凄いプレッシャーとストレスを身を持って経験してきた当事者しか分からない苦悩を、一茂さんと母親の亜希子さんは共有してきたということで、スパースターの身内という縛りから自由になりたい、自由にさせてあげたいという思いが込められているのかもしれませんね。 スーパースターの家族だから約束された幸せがあるわけではない、そんなことを感じますね。 泥臭いですが、幸せは自分で作るもの、気づくもの、自分の心が決めるもの、改めて感じました。 長嶋一茂さんの母親の亜希子さんはハワイのお墓で静かに眠っているようです。 亜希子さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

次の

長嶋一茂の成績…大学時代が凄い!【高校~プロの成績もご紹介!】

長嶋一茂

Contents• 大学卒業後でしょうか、仁子は鹿児島から上京し、銀座の高級クラブ「ドルフィン」で働き始めます。 同店ではNo2の実績を誇っていたといいますからかなり器量や客の扱い方がよかったようです。 その後同じくクラブ「ブークラ」へ移籍し、そこではNo1を獲得。 同店はアットホームなお店という事で、ひょっとしたら自分が仕切れるようなお店を求めて移籍したとも考えられますね。 一茂との馴れ初め 一茂とは、彼が現役時代にお店を介して知り合った、という事ですが、「ドルフィン」「ブークラ」どちらで出会ったのかは不明です。 一茂も個人的に飲みに来て知り合ったというわけではなく、試合後にチームメイトと一緒に訪問し、その時に知り合ったようです。 しかし一方で、日刊スポーツの報道によると、一茂と仁子は 「タレント活動をする中で、タレントとマネージャーという形で知り合った」 という事でした。 飲み屋で知り合ったという報道では恰好がつかないので、タレントとマネージャーという関係、という形で発表したのでしょうか? どちらが本当なのでしょうかね。 引退 彼女が店を辞めたのは一茂現役を引退する直前といいますから、おそらく1996年頃。 つまり仁子が29-30歳の時でしょうか。 三十路を前にして次なる展開を考えたのか。 彼女がお店を辞めてマネージャーになる経緯がわからないのでなんとも言えないのですが、彼女は長嶋一茂の個人事務所のマネージャーとして数年間(1999年の時点で)一茂をサポートしていたと報じられているので、一茂のマネージャーになるためにお店を辞めた可能性が高そうです。 つまり結婚までは既定路線だったと。 母と良好な関係を築くも、妹とは険悪 一茂が仁子との結婚を発表したのが1999年9月。 当時事務所のマネージャーだった猪野仁子は母親の亜希子とも良好な関係を築き、一茂と母との三人でアメリカへ旅行に行ったという程ですので、穿った見方をすれば、母親の懐へスルリと入り込んで一茂を物にしたともとれますね。 そんなこんなで長嶋家に溶け込んだ仁子さんは 2004年-双子の女児を出産します。 これにておばあちゃんになった亜希子夫人も孫の顔をみて安心したのか 2007年に死去。 死因は心不全。 自殺説 表向き亜希子夫人の死因は心不全と言われていますが、ネット上には自殺説なるものも流布しています。 理由は不明ですが、彼女は20年程膠原病という全身の筋肉や血管などに炎症がみられる難治性の病気にかかっていたという事なので、病を苦にしての自殺、とも考えられない事もないですが、憶測の域を出ません。 勘の良い方は察して下さったとも思いますが、そこまで遠大なボルジア家のような野望・陰謀があったのかどうかは…まあ、考え過ぎでしょう。 一説には数十億円とも言われている資産を管理しているといわれているのが、長島三奈が代表取締役を努める株式会社オフィスエヌ。 sapurican. 整理すると ナガシマ企画(一茂・仁子)VS オフィスエヌ(三奈・おば(後述)・有希(解雇)) という対立構造。 この2社は過去に父の長嶋茂雄の肖像権や商標登録を巡って一悶着を起こしたようで、対立関係にあると言われています。 これに、ミスターが長嶋茂雄の署名と家紋まで入った文書をマスコミに送り、『長嶋茂雄の肖像権管理、商品化権、広告宣伝および出演活動について、従来はナガシマ企画が関与することもあったが、平成21年5月15日からオフィス・エヌが責任を持って業務を行う』旨を知らせ、事実上の絶縁状を突きつける事態になった。 三奈の背後に「おば」の影? 三奈を操る人物というのが、亡くなった亜希子夫人の弟の妻なる人物。 彼女は株式会社オフィスエヌの事務員として働いており、茂雄に対して大きな影響力を持っていると言われています。 おばさんは父に対して圧倒的な影響力を持っています。 後妻のように振る舞い、父も言いなりになっている。 父名義で出されている文書も、おばさんが父に無断で出しているか、有無も言わさず同意させているか、どちらかに相違ありません。 フライデー さらに、長嶋家の長女の有希を株式会社オフィスエヌから追い出したのが三奈と言われていますが、実はおばからの影響がかなりあったのではないでしょうか。 そして三奈が一茂の結婚をボイコットした理由も、そんなおばからの吹込みにあったとも考えられますが、もちろん憶測に過ぎません。 まとめ つまり独断に従えば 長嶋家の遺産管理をしている三奈の背後におばなる人物がおり、長嶋家の財産目当てを兼ねて嫁いできた仁子を追い出そうと、そのおばなる人物が三奈へ讒言をしている、 と単純化できますが… 江角マキコの件ではその手練ぶりに向かう所敵なしと思われた仁子も、どうやら「おば」には太刀打ちできない、 そんな感じでしょうかね。 かなり先走ってしまいましたが、以上、長嶋仁子にまつわるエトセトラ、でした。

次の

長嶋一茂、西村康稔経済再生担当相の発言に憤慨「この内閣は有事にみんなパニックになっちゃう。ダメです」(スポーツ報知)

長嶋一茂

livedoor. 立教大学進学後も野球を続け、1987年のドラフト会議では1位指名になるほどになりました。 ヤクルトスワローズに入団し、その後、読売ジャイアンツに移籍します。 巨人時代はスタメンを勝ち取ってもなかなか活躍の機会がなく、右ひじの故障で一軍出場はゼロに終わります。 そして同時期、バント練習を指導してきたコーチに対し暴言を吐くなどして、二軍に降格させられてしまいました。 巨人に入ったころからパニック障害に悩んでいて、その後、日本ハムなどが獲得の意向を見せたのですが、野球選手という職業を続けていくことはできないと現役引退してしまいます。 明石家さんまさんとの縁で芸能界で活躍できるようになった長嶋一茂さんは、その後スポーツキャスターや俳優、タレントとして活動しています。 livedoor. 花火を見に行ったときに、地震かと思うほど周りの景色が揺れ始めた、というのが最初の兆候だそうです。 周りの様子を見ても地震に慌てている様子がなかったため、最初は飲み過ぎたのだと思っていたそうです。 しかしその後、車で出勤するときに過呼吸を起こしてしまい、出勤できないくらいの苦しさで当日欠勤してしまったのです。 1週間後に友達と食事をするために出掛けたホテルで過呼吸に再び襲われて、今度は倒れてしまいました。 大学病院に運ばれたことによりパニック障害と診断されたそうです。 長嶋一茂さんはこのとき30歳でした。 この前後の時期に 一軍から外されてしまったことや コーチとのいざこざがありました。 そして、父親でもある長嶋監督から 戦力外通告を受けるなど、苦しい日々を送っていた時期でした。 つまり一言で言うと、ストレスでパニック障害を発症してしまったのでしょう。 パニック障害は、人が多い場所が極度に苦手になってしまったり、過呼吸を起こすという症状が出るので、長嶋一茂さんの症状も典型的なものだといえるでしょう。 nifty. この時期、二軍降格、戦力外通告の他にも、長年お世話になったお手伝いの女性や祖母、そして母といった、 身近な大切な人を立て続けに亡くすという悲しい出来事が起こります。 これにより、うつ病も併発することとなってしまったのです。 「お前が死ね」という幻聴がしょっちゅう聴こえるようになり、とても苦しい日々だったと言います。 うつの症状は 芸能界に活動の場を移してからもずっと続き、そして、2008年には重度のうつ病と診断されるまでになってしまいました。 livedoor. 服薬していた薬も止めたところ元気になり、 現在はうつ病からは回復したのだそうです。 とても元気で明るい、ちょっと天然な人物としてテレビでは有名なので、このような過去があったことに驚く人もいるのだとか。 パニック障害の原因は、7割が環境的な要因とされています。 具体的に挙げると、 性格傾向、ストレス、トラウマ、喫煙、カフェインといった原因が挙げられます。 パニック障害はこれらの要因が引き金となり起こることが多いようです。 パニック障害は、パニック発作、広場恐怖、予期不安があります。 パニック発作とは、強い不安を感じる症状があり、目まいやふらつきを覚えます。 これは長嶋一茂さんが感じていた症状と一致します。 広場恐怖という症状は人混みが苦手になってしまうという症状で、予期不安は何か起こるかもしれないという不安を抱え、それで気が重くなってしまうという症状です。 blogspot. うつ病の原因は遺伝的要因と環境的な要因があります。 環境的要因はどのようなものかというと、 幼い頃の厳しい体験や親しい人の死、仕事の喪失などだそうです。 長嶋一茂さんの場合、父親が偉大な人物過ぎて幼い頃からずっとプレッシャーを感じていたそうです。 そして、うつ病を発症する直前には祖母と長い間お世話になっていたお手伝いの女性、そして、母親を相次いで亡くしました。 さらには、時期を同じくして野球選手での仕事で二軍降格という出来事がありましたから、これらがうつ病の原因になったことはうなずける話です。 そして症状としては自殺願望が生まれたり、自分を責めるといった行動が出てくるのだそうです。 長嶋一茂さんも自殺願望があったりしたようで、うつ病でとても苦しんだということは確かな話なのでしょう。 ここでは、長嶋一茂さんの克服方法を3つご紹介します。 blogspot. そのため、幼少期よりストレスをためていたのだとか。 そして、一軍から外れてしまったときに芸能界に入る決意をした長嶋一茂ですが、 野球を辞めてから症状がかなり良い方向に進んだのだそうです。 このときに「自分を責めずにストレスを上手に抜く」ことが重要だということに気付き、病状が回復方向に向かったそうです。 ものすごい 重圧から解放されて、本当の自分が見つかったのかもしれませんね。 irasutoya. 野球選手引退後は、田園調布の実家で 極真空手にのめり込んだのだとか。 長嶋一茂さんは、極真空手にのめり込むことで 苦しい気持から気をそらせる、つまり好きなことに打ち込むことで気を紛らわせる方法を学び、これが病状改善につながったのだとか。 irasutoya. インターネットを介したメールなどで、誰とでもどこにいてもつながれる時代です。 この時代の便利さは一見すると素晴らしいものですが、長嶋一茂さんの病気には良い影響を及ぼさなかったようです。 そのため、薬に依存しないと決めてからは、長嶋一茂さんは1人の時間を大切にして、 あまり周りの人と群れない生活を実践し、徐々に体調を戻していったそうです。 ・長嶋一茂は元プロ野球選手のタレント。 ・長嶋一茂は現役時代にはパニック障害と重度のうつ病を患っていた。 livedoor. しかし、薬に頼った治療方法を辞めて、自力で生活を改善することで、仕事ができるほど回復しました。 長嶋一茂さんは今、スポーツキャスターやタレントとして活躍しています。 以前は仕事ができないほど苦しい症状を抱えていた長嶋一茂さんですが、現在はストレスを上手に発散する方法を覚えて野球選手ではない天職を見つけて活動しています。 辛い過去を抱えていながらも、ここまで飛躍した長嶋一茂さんの今後の活躍に期待です。

次の