三鷹 市立 第 二 中学校。 三鷹市立第二中学校とは

第二中学校(東京都三鷹市)

三鷹 市立 第 二 中学校

学校名 にしみたか学園三鷹市立第二中学校 所在地 東京都三鷹市野崎3-14-1 電話番号 0422-31-6372 1 なぜ「学校運営協議会」なのか? 学校のことは学校でという時代は終焉した。 教育の質をより一層高めていくためには、学びの系統化を図る必要がある。 小学校と中学校がそれぞれの役割を果たしているという状態では、子供の学びに一貫性は生まれてこない。 さらに個性をはぐくみ生かす教育へと質の転化を図っていくには、地域社会がさまざまな場や機会を捉えて、学校にかかわっていくことが不可欠である。 多くの人とのかかわりを通してこそ、自己を見つめる目が育っていく。 最良の教育を創造していくためにも、学校、保護者、地域住民がともに歩む仕組みづくりが求められている。 その仕組みこそが「学校運営協議会」である。 2 コミュニティ・スクールの特色 (1)にしみたか学園はコミュニティ・スクールを基盤とした小・中一貫教育校である。 学校運営協議会は法に基づき学校毎に設置されるが、既存の学校を存続させた上で小・中一貫教育校としての活動を推進していくためには、学園としての連絡調整を密に行う必要が生じる。 そこで、にしみたか学園では3つの学校運営協議会を「つなぐ」組織として、コミュニティ・スクール委員会を設置した。 3校の学校運営協議会委員とコミュニティ・スクール委員を同一メンバーとし、会長・副会長は両組織の会長・副会長を兼務する。 一斉開催をし、情報の共有と課題の協議を進めていく中で、委員の学園運営への参画意識が高まるところとなっている。 (2)組織 3名の副会長の下に地域教育部会・コーディネート部会・評価部会を置く。 コーディネート部会にはサポート部・情報推進部・キャリア教育部を置き、各部には事務局を設置し、各校の主幹がそれぞれメンバーとして名をつらね、学校の窓口となる。 (3)活動の実際 1.地域教育部 *地域行事の充実と児童・生徒の参画による地域行事の開発。 *安心・安全な生活の確保(地域パトロールや通学路の点検) *地域モニターとしての活動 2.コーディネート部会 1.)サポート部 サポート隊の募集・登録・調整等 守秘義務をはじめとして校長の学校経営方針の遵守等を確認した上で登録をする。 教科指導サポートとして算数・数学、国語・社会、英語活動・英語、家庭、図工・美術の授業へのサポート活動を展開している。 平成18年度は延べ1,730名のサポート隊の方々がサポート活動に参加している。 さらに特別活動や総合的な学習の時間において、特にキャリア教育で多くの保護者・地域住民との協働による授業を創造している。 また、三鷹市内のNPO法人夢育支援ネットワークの協力も得ている。 環境整備はもとより学校行事の際のきめ細かいサポート活動も忘れてはならない。 これらの活動に参画したサポート隊は570名である。 2.)情報推進部 イントラネットの参加募集・登録補助・ブログの更新・動画の作成補助をはじめ各種の広報活動に携わる。 また「一貫だより」を通してコミュニティ・スクール委員会から保護者・地域住民への情報提供をおこなったり、学校のPC環境整備にもさまざまな助言をしてくれている。 3.)キャリア教育部 キャリア教育を推進していくために、外部団体や事業所との架け橋となる活動を推進している。 職場訪問や職場体験の事業所の開拓、「職業人に学ぶ」や「人生シミュレーション」で学校と地域人材とを繋ぐ役を果たしている。 3.評価部会 評価の日常化を目指し、さまざまな場や機会を捉えて評価活動を実施し、教育活動がより一層前進するよう活動を展開している。 学期毎の授業評価(児童・生徒、保護者・地域住民)や学校評価を実施している。 前者は授業改善の資料の一つとして、後者は次年度の教育課程を編成していく上での方向付けとなる資料として活用している。 また3校が同時に同一内容の評価活動をおこなうことは、約1,700件(児童・生徒数)のデータ処理が求められ、容易なことではない。 SQSを活用することでスキャナーの読み取りが順調に進めば、20分程度で終了することもできるようになった。 さらに集計結果を分析し、それぞれの項目毎に重要度と実現度で散布図(下図)を作成し、重要ではあるが、十分に実現されていない取組は何かを明示し、次年度の教育活動の重点課題として、具体的な方策を明示するよう提言することができた。 また同一の評価項目で定点観測を数年間実施することで、コミュニティ・スクールを基盤とした小・中一貫教育の成果と課題についても明確にしていくことができる。 3 成果と課題 (1)成果 1.コミュニティ・スクール委員会を設置し、3校の学校運営協議会を束ねていくことで3校の一体化づくりに大いに貢献し、学校との連帯感パートナー意識をはぐくんでいる。 とりわけコーディネート部会のサポート部の活動はめざましく、昨年度は190名の保護者・地域住民の方々がサポート隊に登録をし、授業アシスタントはもとより校外学習や登下校時の安全確保、施設設備等のメンテナンスにまでサポート活動を展開した。 そして特筆すべきことは、学校という壁を乗り越えたということである。 「我が子の学級、我が子の学校」のサポート活動から「にしみたか学園の子供たち」へのサポート活動へと質的転換がなされたことは、サポート活動に参画している保護者や地域の方々の意識が、コミュニティ・スクールの活動を通して変わってきていることを物語っているのではないかと考える。 本年度はサポート隊への登録がすでに270名となっている。 (6月末) 2.地域の関係団体(青少年対策地区委員会・交通対策地区委員会)との連携はあったものの町会とのつながりがなく、学校と地域社会との連結が弱いという面がこれまであった。 そこで、地域のコミュニティ・センターを核として活動をしている住民協議会に出席できるように働きかけた。 現在では住民協議会の広報紙に学園の記事が記載され、全戸に配付されるようにもなった。 3.多くの方々の学校運営に参画する姿を通して、児童・生徒の教育活動の奥行きが深まってきた。 またそれと同時に、サポート活動に携わっている方たちの生き方に触れ、自己の生き方も考える機会にもなってきている。 4.「生徒と一緒にまなびませんか」と保護者へのオープンクラスを呼びかける教師もでてきており、教師の地域に対する貢献意識が育ってきている。 (2)課題 1.にしみたか学園を学校・保護者・地域住民がともに創り上げていくことの重要性を多くの方たちが認識している。 学園づくりに参画したいという意思をどのように具体的な行動へとつなげていくのかを、コミュニティ・スクール委員会で協議していくことが急務である。 2.サポート隊の登録者は多いが、恒常的に活動できる人たちは限られている。 「無理せず、できるところから」が原則ではあるが、今後、シニアサポーターも組織していく必要があるのではないかと考える。 3.学校・保護者・地域住民が密に連絡を取り合い、情報を共有化していくために、インターネットなどの環境整備を行っていくことが不可欠である。 4 今後に向けて (1)「コミュニティ・スクールってなーに?」という保護者もまだまだ多い。 昨年度は「コミュニティ・スクールについてのパネルディスカッションを開催したが、まだ認知度は決して高くない。 コミュニティ・スクールとしてどのような活動をしているのか、コミュニティ・スクールになったことによってどんなことができるようになるのか等を、より一層広報していく。 (2)コミュニティ・スクール委員(学校運営協議会委員)と教員との懇談の場を定期的に設けていく。 まずは学園運営委員会への出席から始め、地域住民・保護者のニーズと学校の思いのすり合わせをおこなっていく。 (3)町会役員との定期的な意見交換会を開催し、スクールガバナンスの理念を広げるとともに地域人材のさらなる開拓に努める。 (4)先進的実践校から学び、実りある協議や活動を展開していく。

次の

三鷹市 |三鷹市立小・中学校の通学区域【中学校】

三鷹 市立 第 二 中学校

三鷹市では、地域ぐるみで子どもたちの教育を応援する「コミュニティ・スクール」を基盤とし、義務教育9年間を通して人間力や社会力を育てる「小・中一貫教育校」を展開しています。 そこで、小学校と進学する中学校の通学区域をそろえるとともに、各々の地域と保護者がともに子どもにかかわっていただく「地域とともに創る学校づくり」を進めています。 また、各校の児童・生徒数をできる限り正確に予測し、必要な教室を整備するなど、適正な学習環境を確保することを目的として、住所地により通学区域を設けて、就学すべき学校を指定しています(これを指定校といいます)。 下連雀 一丁目全域、二丁目全域、三丁目1~14番、四丁目1~10番・13・14番、五丁目5 ~9番 、六丁目全域、七丁目全域、八丁目1~2・4~10番、九丁目全域• 上連雀 八丁目1~17・19~27番、九丁目2~14・16~18番• 新川 六丁目22・28番・29番 9~21号 ・30~37番・38番 1~18号• はこちら ホームページ はこちら 第二中学校• 上連雀 九丁目19~21・24~38・41~43番• 大沢 三丁目10番20・30号・11番・12番• 井口 全域• 深大寺 全域• 野崎 一丁目14番・16番 1・2・19~22号 ・17~24番、二丁目全域、三丁目全域 ホームページ はこちら 第三中学校• 下連雀 五丁目1 番 5~16号• 井の頭 全域• はこちら ホームページ はこちら 第四中学校• 下連雀 三丁目15~46番、四丁目11・12・15~22番• 上連雀 一丁目全域、二丁目全域、三丁目全域、四丁目全域、五丁目全域、六丁目全域、七丁目全域、八丁目18番、九丁目1・15・22・23・39・40番 ホームページ はこちら 第五中学校• 新川 一丁目全域、四丁目1~17番・25番新川・島屋敷通り団地11~16号棟、五丁目6番新川・島屋敷通り団地18~20号棟・7~16番• 中原 全域 ホームページ はこちら 第六中学校• 下連雀 五丁目 1番 1号 、2~4番、八丁目3番• 牟礼 一丁目全域、二丁目13番・14番三鷹台団地1~11号棟・15~18番、五丁目1~8番、六丁目25番、七丁目全域• 新川 二丁目全域、三丁目全域、四丁目18~24番・25番新川・島屋敷通り団地1~4・8~10号棟、五丁目1~5・6番(新川・島屋敷通り団地18~20号棟を除く。 )・17・18番、六丁目1~21・23~27番・29番 1~8・22~24号 ・38番 21~24号• はこちら ホームページ はこちら 第七中学校• 大沢 一丁目全域、二丁目全域、三丁目 10番20・30号・11番・12番を除く 、四丁目全域、五丁目全域、六丁目全域• 野崎 四丁目全域 ホームページ はこちら.

次の

第二中学校(東京都三鷹市)

三鷹 市立 第 二 中学校

概要 [ ]• 本校は、1972年4月に長橋中学校と七和中学校が統合して設立された学校である。 沿革 [ ]• (47年)• - 五所川原市は、七和・長橋両中学校を統合、五所川原第二中学校と称し、豊成字田子の浦70番地に校舎を置く事を決定。 - 決定。 - 創立。 但し、この時点では、は統合せず、長橋中学校が本校、七和中学校が分校として存続。 - 新校舎敷地内に松135本植樹。 (昭和48年)• - B棟校舎竣工。 - A棟校舎竣工。 (昭和49年)• - 制定。 - 七和分校が長橋本校に統合し、名実ともに完全統合。 - 校舎新築落成記念式典挙行。 (昭和50年) - ・校旗掲揚台建立。 (昭和51年)9月30日 - 野球場整備、排水溝堀削。 (昭和52年) - 技術室完成。 (昭和53年) - 場整備、排水溝堀削。 (昭和54年) - 完成。 (昭和56年) - 創立10周年記念式典挙行。 (昭和57年)• - 前庭通学路一部舗装。 - 小屋完成。 (昭和58年) - 廊下雨具掛け整備。 (昭和60年) - 校舎・教室鉄板溶接。 (昭和61年) - 部活用具小屋完成。 (昭和62年)• - 技術室・柔道室鉄骨塗装修理。 - 校舎のトタンを一部張替。 - 、戸沢・若山方面にも運行。 (昭和63年) - 自転車置場鉄骨塗装工事完了。 (元年)• - 修理。 - 消火水中ポンプ取り替え。 - のタイルを張り替え。 - 道路拡張により、松の木を移植。 - プールフェンス塗装。 - 道路拡張による(道路)用地売渡。 - 前庭舗装。 (平成2年)• - 21台導入。 - 体育用具準備室新築。 (平成3年)• - 創立20周年記念式典挙行。 - により、屋根や破損の被害が出た。 - 創立20周年記念石碑除幕式・竣工式。 - 台風19号被害の屋根トタン修理完了。 (平成4年) - 学校案内立て看板設置。 (平成5年) - 技術室渡り廊下一部補修。 (平成6年)• - 体育館渡り設置。 美術室屋根トタン修理。 2階男女トイレ一部修理・改築(車椅子用)。 生徒玄関を一部車椅子用に変更。 - 浄化槽ブロイラー1台設置。 (平成7年)• - 新校舎建築。 - 野球部室改修。 - 保健室にカーテン設置。 - 草刈り機1台購入。 - 職員玄関看板書き換え。 - 野里小学校から払い下げたを外庭に設置。 - 体育館入口にシャッターを取付。 - 体育館緞帳のワイヤー取り替え。 (平成8年)• - 男子2階トイレ修理。 - 体育館消火栓がバルブ凍結のため、取り替え。 - 1Bカーテン新設。 - 紅白式幕(4幕)が卒業生より、寄贈される。 - 机・椅子40脚を新たに補充。 4月1日 - 学校警備を警備員から機械警備に変更。 - 消火栓バルブ工事。 - 生徒指導看板設置。 - 庭木用自動噴霧器購入。 - 調理室冷蔵庫を学校備品として購入。 - スポット・ワイヤレスアンプ・スライドを教材備品として設置。 - 外庭物置小屋補修修理完了。 (平成9年)• - 上水道切り替え一部完了。 - 牛乳保冷庫設置。 - 1B・会議室カーテン取替。 - 机椅子セットで40人分配置。 - 体育館照明7個取替。 - 印刷機設置。 - 視聴覚室暗幕設置。 - 県の景観事業により、中庭に1本植樹。 - 脚立2機と剪定用はさみ40丁購入。 - 陸上競技部部室・サッカー部部室にシャッター取付。 野球部部室・サッカー部部室のドアアルミ板部分取替。 - 奉仕作業により、校舎内の一部にペンキ塗装。 PTAと後援会により、プールに有刺鉄線取付。 - サッカーゴール新設。 - まで、A棟上水道改修工事。 下水管全面改修。 11月14日 - ・外庭便所への新設。 (平成10年)• - 平成9年度卒業生より、パイプ椅子24脚寄贈。 - 体育館照明3ヶ所取替。 - 体育館外壁ペンキ塗装。 - プール濾過層フェルター購入。 - 門柱補修。 - ジェットヒーター購入。 (平成11年)• - 平成10年度卒業生より、パイプ椅子26脚寄贈。 - プログラムチャイム購入。 - PTA奉仕作業により、藤棚補修。 同日、バスケットボールのバックボード設置。 - スチール書庫2個購入。 (平成12年)• - 平成11年度卒業生より、パイプ椅子30脚寄贈。 - 設置。 - 図書室内壁のペンキ塗り実施。 (平成13年)• - 平成12年度卒業生より、パイプ椅子20脚寄贈。 - 個人から、紅白幕2幕寄贈。 - 30周年記念式典挙行。 パソコン・卓球台が寄贈される。 (平成14年)• - 平成13年度卒業生より、紅白幕・書棚が寄贈される。 - 個人から、紅白幕2幕寄贈。 (平成15年)• - 平成14年度卒業生より、会議用テーブル7脚寄贈。 - 個人から、校舎案内板寄贈。 - 沿いに、学校案内柱設置。 (平成16年)• 3月13日 - 平成15年度卒業生より、大型スクリーン一式寄贈。 - の強風被害で破損した、音楽室屋根トタン修理完了。 - 自転車置場が腐食により、一部解体。 - 強風により、野球場三塁側ベンチと校舎屋根数ヶ所破損。 (平成17年)• - 前年12月の強風被害で破損した、野球場三塁側ベンチ修繕。 - 2階男子トイレ換気扇を交換。 - 強風により、A棟屋根トタン剥離。 - 強風により、A棟北側軒が3~4m落下。 (平成18年)• - マシン(卓球ロボット)購入。 - 職員室玄関に画面付インターホンが設置される。 (平成23年) - 豊成地区から羽野木沢地区の旧東校舎(元:)校舎に移転、同日に本校体育館にて記念式典を挙行。 なお、豊成地区の旧校舎は、福山・豊成・俵元地区の災害時などの避難所として使用される。 学区 [ ]• 豊成、神山、野里、福山、戸沢、松野木、羽野木沢、原子、俵元、持子沢、高野、前田野目の各地区。 アクセス [ ]• 五所川原市中心部から車で約12km・約20分。 から、と経由して、車で約4. 6km・約7分。 なお、津軽自動車道は学校の近くを通るが、近くには無い。 「原子」下車後、徒歩約1. 8km・約27分。 なお、「二中校通り」バス停を通る弘南バスは、(2年)に廃止された。 参考資料 [ ]• 『平成19年度五所川原市立五所川原第二中学校学校要覧』(五所川原市立五所川原第二中学校発行)の4頁~6頁「2 学校沿革の概要」。 「教育 - 教育行政」『東奥年鑑』東奥日報社、1973年9月、231頁。 「中学校 -五所川原市・十和田市・三沢市」『東奥年鑑』東奥日報社、1973年9月、531頁。 「教育 - 教育概観・教育行政」『東奥年鑑』東奥日報社、1975年9月、234頁。 脚注 [ ]• - 五所川原市・平成30年1月改定(11頁に建設時期の記載あり)• [ ] - 47NEWS写真ニュース(2011年8月25日8時46分配信)• [ ] - nico-navi 関連項目 [ ]• - 通学区域が本校と同じ市立。 外部リンク [ ]• - 五所川原市ホームページ• - 五所川原市ホームページ• この項目は、のに関連した です。

次の