ゼンハイザー。 ゼンハイザーのヘッドセット!人気のおすすめランキング

ゼンハイザーのヘッドホン・イヤホンおすすめ人気ランキング10選【HD・MOMENTUMシリーズも!】

ゼンハイザー

一番良いヘッドセットを探していると必ずたどり着くのがゼンハイザーです。 SENNHEISER ゼンハイザー のヘッドセットは優れたの音質です。 音楽や映画業界などのプロフェッショナルにも使われています。 世界最高峰といわれるドイツ品質のヘッドセットといえますね。 ゼンハイザの場合にはヘッドセットが4万円ぐらいはしますが、 1万円以内で買えるモデルもありますのでご紹介していきます。 本格的にゲームをを楽しむのにはベストですね。 ヘッドセットでパソコンやPS4でゲームをしながら友達とコミュニケーションができます。 そんなゼンハイザーのヘッドセットにしぼってランキングしました。 人気と評価を参考にしてランキングしていますので、ぜひご参考ください! ゼンハイザーGSP600は受賞が多く高評価のヘッドホンです。 ビジュアルグランプリ2018 SUMMER ライフスタイル分科会 受賞• ビジュアルグランプリ2019 SUMMER ライフスタイル分科会 受賞• ビジュアルグランプリ2020 ライフスタイル分科会 受賞 として足音の距離がわかるぐらい音域が豊かです。 密閉型なのでゲーム中の効果音などがリアルに楽しめますね。 GSP600はマイクは使わない時にうえに上げるとミュートになって音を消せます。 スイッチとかを押さなくて良いので効率的ですね。 ゲームだけでなく 音楽や映画など最上級の音で楽しみたいならおすすめです。 価格:¥24,678 (2020年6月15日の時点です。 価格は変動します。 ) ゼンハイザー GSP500:開放型 ゼンハイザーのヘッドセットGSP500は開放型です。 開放型と密閉型の違いは、密閉型は内側に音がこもりますが開放型は高音の伸びが良いというメリットがあります。 GSP500のような開放型のデメリットは音漏れですが、一人でゲームするならあんまり気にしなくて大丈夫ですね。 5mmジャック入力ができるのでPS4やXbox Oneでも接続ができます。 ゲームでも名曲もあったりするので、 PS4でゲームと音楽を楽しみたい方にはおすすめのヘッドセットです。 ノイズの原因になるのはエアコンの音や静電気だったりして取り除くのが難しいのですが、GSP500ならノイズキャンセリングマイクなので良いですね。 価格:¥24,182 ~ (2020年6月15日の時点です。 価格は変動します。 ) ゼンハイザー GSP300:重低音でコスパが良い ゼンハイザーのゲーミングヘッドセットGSP300はコストパフォーマンスがとても良いです。 周波数は15~26,000Hzまで対応しており、ノイズキャンセリングも搭載しています。 GSP300は1万円5千円以内で買えるゼンハイザーのヘッドホン。 ゲームで重低音も楽しめるコスパの良いヘッドセットです。 重さが363gと軽くて装着感も良いですね。 密閉型のヘッドホンですがイヤーパッドがXLサイズなので耳が痛くなりません。 ちょっとフワフワして包み込むような感じです。 GSP300のマイクの音量は調整できません。 相手に聞きやすいように話すようにしたほうが良いですね。 初めてゼンハイザーを買うかたにはおすすめです。 価格:¥12,000 (価格は変動します。 ) ゼンハイザー PC8 USB:スカイプに最適 ゼンハイザー ヘッドセット PC8 USBはとして最適です。 USB接続をするタイプでパソコンにつなげればすぐに使えます。 発売日が2011年で10年近い実績を誇るロングセラーです。 価格的にも安くて見た目もシンプル。 スカイプでに映ってもあまり目立たないので使いやすいですね。 音量を調整するリモコンが付いています。 マイクはノイズキャンセリングもあるのでスカイプで相手が聞き取りやすいのが良いところです。 84gと 超軽量でスカイプに適したゼンハイザーのヘッドセットです。 声を聞いたり話したりしやすいのでWeb会議にも良いですね。 価格:¥9,801より (2020年6月15日の時点です。 価格は変動します。 ) ゼンハイザー GAME ZERO PCゲーミングヘッドセット ゼンハイザーのGAME ZERO PCは、密閉型でゲームをするのに臨場感があります。 重量は312gなのでちょっと重いですが高品質なサウンド。 イヤークッションは柔らかくずっとつけていても快適です。 長時間PCでゲームをするのに最適なゲーミングヘッドセットです。 こともできます。 PS4でFPSではボイスチャットをすることもできますね。 チームで勝つために会話で意思疎通するのは大事です。 ゲーマーの方でゲームの世界に入り込みたい方におすすめです。 価格:¥25,630 (2020年6月15日の時点です。 価格は変動します。 ) ゼンハイザーのヘッドセットとは テレワークに最適 ゼンハイザーのヘッドセットはテレワークに最適です。 その理由としては、ヘッドフォンは音質が良く相手の声も聴きやすいということ。 そして、マイクはノイズキャンセリングを搭載しているので、ノイズを軽減しクリアな音声を相手に伝えることができるということです。 仕事ではオンラインのコミュニケーションは大事な部分です。 Web会議などスムーズにやりとりができるようにヘッドセットを上手に使いましょう。 まとめ は最高のヘッドセットを作っているブランドです。 SENNHEISER ゼンハイザー の本社はドイツの北にある主要都市ハノーファーにあります。 観光地でもある美しいところですね。 ゼンハイザーのヘッドフォンやヘッドセットは中低音が豊かで高品質なことで有名です。 もともとはプロ向けの製品が多かったのですがコンシューマ向けも出て身近な存在になりました。 ゲームをするにはもったいないぐらいのヘッドセットですね。 ほとんどのヘッドセットでメーカー保証が2年というのも安心できるところです。 ただし、中古の場合はメーカー保証が無いので注意です。

次の

ゼンハイザー、BluetoothイヤホンCX 150BTとCX 350BTを発表

ゼンハイザー

SENNHEISER ゼンハイザー の歴史 SENNHEISER ゼンハイザー は、ドイツ ハノーファーに本拠を構える音響機器メーカーです。 1945年、 創設者のフリッツ・ゼンハイザー博士が自宅の一部を利用して立ち上げたLavor W Laboratorium Wennebostel 社が前身となります。 測定機器メーカーとしてスタートしたLavor W社は、設立の翌年より製造を始めたマイクがヒットし、音響機器メーカーの道を進むことになりました。 マイクの製造が軌道に乗ると、1968年 世界初の"オープンエアー 開放型 "ヘッドホンHD414を開発。 密閉型では再現できない高音域の綺麗な伸びが評価されて、世界中で1000万台を超えるヒット商品となりました。 その後も様々な改良が加えられた商品が発売されていますが、HD414の開放感ある自然な音は今でも受け継がれています。 IE800 小型のダイナミック型を搭載しているイヤホン。 音の余韻がすばらしく、音の収束していく部分さえも色気がある様に感じます。 また、横の広がりがかなり良く表現されています。 独特の滑らかな音が音像をリアルに形成してくれます。 かなりしっかりと低域が出ていますが、中高域が埋まる事がなく、上手にまとめられています。 JAZZの音源は、完璧な再生をしてくれます。 [たっくん]• 1m(Y型) 3. 5mmステレオミニプラグ(L型) IE80 IE8の後継として、暗さや鈍さといったイメージを上手く払拭していますね。 ボワついた低音の印象がやや改善され、IE8の魅力は損なわず程良い締まりが加わりました。 中域はくっきりと鮮やかに、ボーカルの透明感も増しています。 ボーカルもIE80でははっきりと浮き立ち、前後の空間を感じる事が出来ます。 IE8譲りの包容力溢れる雄大な音質は依然健在で、ダイナミック型イヤホンの一つの終着点であることは間違いありません。 [だいちゃん]• 2m Y型・着脱可能 、3. 5mmステレオミニプラグL型 IE60 イヤーモニターとして作られているので端正かつパワフルな音が特徴的。 耳にケーブルを掛けて固定するイヤモニならではの装着方法でしっかりと固定でき、遮音性もなかなか。 モニターらしい端正さと肉感的なパワフルさも兼ね備えたワイルドガイ。 特に洋楽邦楽問わずロックとの相性が良く、男性ボーカルものを聴くとノリノリ状態!中低域の生々しい表現と、やや刺激的な高音とのバランスに惚れちゃう人がきっと多いはず。 [だいちゃん]• 2m Y型 、3. 5mmステレオミニプラグ(L型) HD800 巨大なハウジングの見た目に反して、付け心地は筐体の重さを全く意識させないものだ。 また、イヤパッドは耳への圧迫が存在しない。 音質も同等で、音の圧迫感というものがなく、音場の広さは比類するものがないほどだ。 「スピーカーを目指した」と公言していること違わず、良い意味でヘッドホンらしさがない。 かと言って、広がり過ぎな"スカスカな音"ではないは、開放型を知り尽くしたゼンハイザーの真骨頂なのだろう。 [あーさー]• 0m 両だし 、6. 3mmステレオ標準プラグ ストレート型 HD700 抜け感はほどほどに、立体的な印象と楽器演奏の音の前面にしっかりと浮き上がるようなボーカルの存在感がかなり印象的。 高音域はキレよく爽やか、低音も立ち上がりよく素直で飽きがこない。 全体的にサバサバとしつつも精彩を欠くことなく、隙のなさはゼンハイザーならでは。 特にボーカルものを聴く際は「はっ」とする程艶やかで鮮明な声の表現に身震いするほど。 [りょう太]• 0m 両だし 、6. 3mmステレオ標準プラグ ストレート型 HD650 音質的には全体的に柔らかい聴きやすい音だなと感じました。 量も質も十分すぎるような低音に中域の存在感もしっかりあって、高音も量は少な目ながらとても質がいいように感じられました。 その場の空気感というか、雰囲気などもしっかり感じられ、楽器の音が鳴り終わっても余韻がしっかり残っているような、そんな感じ。 どんなジャンルでもオールマイティーに鳴らしてくれる優秀なヘッドホンだと思います。 [あやぱん]• 0m 両だし 、6. 3mmステレオ標準プラグ ストレート型 HD598 優しくゆったりとした音質。 低音域は押し出しは強くないが、包み込むような広い音場を形成している。 量も多めで、非常に余裕のある鳴らし方をする。 中音域は、メインの中心部がしっかりと独立しているかのように聴き取りやすく、ボーカルが埋もれることがない。 高音域にかけてすっきりとするので、量の多い低音域の割にはもやっとした感じが少ない。 全体的なまとまりは良く、値段も考慮すればコストパフォーマンスは抜群に良いといえる。 [あーさー]• 0m 片だし 、6. 音質は、圧倒的な音圧と中低音が気持ちいい!低音も量感だけで押すタイプではなく、解像度がきちんと保たれています。 しかも、高域と中域も埋もれることなくしっかりとした存在感があります。 これはもう単純に音楽を聴いてて楽しい!ロックはもちろん、様々なソースをご機嫌なサウンドで奏でてくれます![だいちゃん]• 5m 片だし・右側 、3. 5mmステレオミニプラグ L型 Amperior Over-ear HD25をベースに、オーディオファイル向けに開発されたのがAmperiorです。 ケーブルも通常の1. [あーさー]• 4 片だし・右側 、3. 5mmステレオミニプラグ HD 25 ALUMINIUM HD25-1IIと比較すると高域の伸びが良くなっており更に低域の沈み込みもより深くなっております。 特に低域の量感、タイトさが絶妙なバランスでULTRASONE Edition9を彷彿とさせる様な低域です。 中域も特に引っ込むことなくしっかり主張しています。 音場は標準のものより少し下がった位置で鳴っており安定しています。 [かいや]• 0m 片出し・右側 、3. 5mmステレオミニプラグ ストレート型 MOMENTUM 実機を見て一目でわかったのは、質感がかなり高い事。 プラグ、ヘッドパッド、リモコン部、どこをしっかり作り込まれているのが分かる。 特にレザー部分の質感の高さにも注目すべきであろう。 気になる音であるが、見た目からの想像通り、ジェントルな音を奏でてくれる。 ベールをまとったシルキーな音で、余韻も美しい。 低音も締りがよく、しっかりと出ている。 [ぼんちゃん]• 4m 片だし 、6. 3mmステレオ標準プラグ 可変型 MOMENTUM BLACK 初代MOMENTUM BROWN からやや時期をおいて発売された色違いモデル 同音質。 黒をベースカラーとして、サブカラーにシルバー、アクセントカラーに赤といった配色で、BROWNのモデルよりも男らしさを意識したものだ思われます。 特にアクセントカラーの赤の使い方がとても丁寧で、配線やパッドの内部フィルター、または刺繍糸に使われていて、じっくりと眺めているだけでも楽しいですね。 [あーさー]• 4m 片だし 、6. 3mmステレオ標準プラグ 可変型 MOMENTUM On-Ear コンパクトなのに安定感のある装着感。 軽くて長時間のリスニングもなんのその。 MOMENTUMとは違いベロアのようなパッドですがふっかふかできもちいいです!上質な枕みたいで着け心地抜群!遮音性も高めです。 解像度はさすがにMOMENTUMには劣るものの生々しいボーカルそのままに低音の量感は増えたようにも感じます。 ずっと聴き込みたくなるヘッドホンです![あやぱん]• 4m 片だし 、6. 3mmステレオ標準プラグ.

次の

ゼンハイザー新作ヘッドフォン「HD 450BT」をレビュー!価格と性能がベストバランス

ゼンハイザー

もくじ• 価格・基本スペック Amazonでの価格は発売時点で24,200円です。 ハイエンドモデルのMomentum Wirelessと比べると2万円以上の価格差があります。 周波数特性(マイク) 80 Hz to 6,000 Hz -3 dB マイクロホン MEMS Bluetooth バージョン 5. ブラックだとイヤーパッドもヘッドフォン全体もブラックになるのですが、ホワイトだとヘッドフォンがホワイト、イヤーパッドがグレーのカラーになるのでオシャレ感があり気に入りました。 イヤーパッドは厚みがあって柔らかく耳あたりもすごく良いです。 イヤーパッドのサイズはやや小さめ Momentum Wirelessと比べてみると明らかにイヤーパッドのサイズが小さいです。 そのため、装着すると耳がすっぽり覆われるという感じではなく、耳にピタッとフィットする感覚になります。 好みが分かれるところかと思いますが、完全に耳が覆われるのが好きという人はここが少し気になるかもしれません。 ヘッドバンド部分はあまりクッション性はない 長時間の装着を想定するならヘッドバンド部分も柔らかさや頭への負担の少なさも欲しいところですが、HD 450BTは多少のクッション性はあるもののヘッドバンドはやや硬めな印象です。 全体的な外観はパッと見た感じのデザインはオシャレでかわいいですが、素材の高級感などは上位モデルには劣る印象です。 カジュアル用途なら問題ないと思います。 音質 やはり新作のヘッドフォンで一番気になるのは音質ですよね。 私の方でもじっくりHD 450BTの音質をチェックしてみたので感じたことをまとめてみます。 音は軽めで平坦な印象 まずMomentum Wirelessなどの上位機種をすでにずーっと使っているというところもありますが、それらと比較してしまうと音は軽めで体の中までズンズン響いてくるような重厚感はありません。 決して音が悪いとかノイジーであるというわけではないのですが、Momentum Wirelessで感じた圧倒的な解像感と臨場感による感動のようなものはありませんでした。 音が刺さらないから作業用に良いかもしれない しっかり集中して音楽を楽しみたい!というときはMomentum Wirelessを使ったほうが間違いなく満足できます。 ただ、Momentum Wirelessのように音が良すぎるヘッドフォンだと作業などをしているときも音楽に集中してしまいたくなるという部分があります。 その点HD 450BTの主張しすぎない音質は 何か作業をしながらBGMを流すような用途で使っても集中力を落とすことがないと感じました。 例えるならばハイエンドモデルのヘッドフォンはライブやコンサートなどを見に行って音楽を楽しむような感じで、HD 450BTはカフェでBGMがかかっている中で作業をするようなイメージです。 用途によっては逆にこのくらいのほうがいいという場合もあると思います。 有線接続では電源OFFでも高音質 付属の有線ケーブルを使って音楽を聴いてみました。 こういったワイヤレスヘッドフォンは電源オフで優先ケーブルに接続しても音量がでなかったり音質が劣化する場合が多いです。 その点も踏まえて試してみたのですが、 HD 450BTは電源オフの状態で有線接続をして音楽を聴いても音量は十分でるし音の劣化も感じませんでした。 また、そのまま電源をオンにしてノイズキャンセリングを使いながら有線視聴ということもできることが確認できました。 このあたりの使用感は評価できるポイントかと思います。 ノイズキャンセリング機能について HD450 BTはこの価格帯ながらノイズキャンセリング機能も搭載されています。 ノイキャンの需要はここ最近かなり高まっていますし、ゼンハイザーのヘッドフォンなのに2万円台でノイキャン搭載!というのはかなりインパクトがあるように思います。 では実際使ってみてその精度はどうだったのか。 自然に環境音が消える感じ ゼンハイザーのノイズキャンセリングは過剰にノイズを消すようなものではなく、あくまでも音楽体験を向上させるのに必要な分だけ自然にノイズをカットするという印象が強いです。 HD 450BTもやはりその流れを踏襲しており、 強すぎず弱すぎず適度なノイズキャンセリング機能が搭載されている印象でした。 私の場合は加湿器とストーブの騒音などが自宅では常になっていますが、HD 450BTのノイズキャンセリングをオンにするとそれらの騒音はたしかに聞こえなくなります。 ただ、人の声やテレビの音などは聞こえます。 ノイズキャンセリングの調整や外音取込機能はなし ちなみにHD 450BTではノイズキャンセリングのパワーを調整したり、外音取込機能を使うといった要素はありません。 あくまでもノイズキャンセリングがオンなのかオフなのかという使い方になります。 操作はシンプルでボタンを1度押せばオンになり、もう1度押せばオフになるという使い方です。 音楽再生中にオンオフしてもコンテンツが中断されないで自然に切り替わるところはすごく良いと思いました。 使用感・操作感 続いて使用感や操作感についてなのですが、やはりMomentum Wirelessと比べるといくつかの機能がカットされていることに気が付きました。 自動オン・オフはない Momentum WirelessやPXCII-Wirelessなどの上位モデルはヘッドフォンを開くと電源オンになり、ヘッドフォンを閉じると電源オフになるという機能が入っています。 個人的にはこの機能がすごく気に入っていてシームレスな使用感に満足していました。 HD 450BTは自動オン・オフはないので、電源ボタンを長押ししてオン、長押ししてオフという従来どおりの操作感になっています。 自動でオンになるのが逆に苦手…という人はこの操作感のほうが使いやすく感じる場合もあると思います。 操作ボタンが多いので慣れが必要 ヘッドフォンでの操作は全てヘッドフォン右側に集結しています。 電源、ノイズキャンセリング、音量調整、通話や音声アシスタントなどの操作は右側のボタンを使って操作しますがボタン類が多いのでどのボタンでどの操作を行うか覚えておく必要があります。 ヘッドフォンを操作するときはいちいち頭から外して操作せずに指で触って操作すると思いますが、見ないで操作するには多少の慣れが必要です。 (ここはハイエンドモデルでも共通) まとめ 実はこのブログ記事はこのヘッドフォンで音楽を聴きながら執筆しました。 集中力が削がれることもなく、一気に書き上げることができましたので私としては作業用ヘッドフォンとして価値を見出すことができた印象です。 もちろんワイヤレスなのでカフェでちょっと作業したり雑誌を読んだり…といった使い方をしても満足度は高いと思います。 私はすでにMomentum Wirelessをはじめとしたハイエンドクラスのヘッドフォンを多数聴き込んでしまったので「耳が肥えている」というところは正直あります。 耳が肥えている状態でHD 450BTを使うと音への感動というものは少ないのですが、日常のシーンを想定して使うなら使いやすくコスパにも優れたモデルであると感じます。 また、妻にも使ってもらいましたが、妻は見た目も含めかなり満足している様子でしたので女性にもおすすめできるモデルかなと思いました。 ぜひ参考にしてみてください。

次の