インスタ 系統の揃え方。 インスタグラムの加工は統一感が重要!フォロワー増やすおすすめは白/黒/韓国風?

インスタグラムの加工は統一感が重要!フォロワー増やすおすすめは白/黒/韓国風?

インスタ 系統の揃え方

右側がアイコンをタップしてもとの画像に 近いサイズで表示しているものです。 比べてみると、右側の方が長方形になっていて「白枠」で表示されているのが分かりますね。 ちなみに、インスタアプリ内で撮影した写真は、もともとが正方形サイズになっているので、この機能は使えません。 あと、何度か解説しているとおり、もとの大きさに「近い」サイズであって、本来のサイズにならないケースがあります。 縦サイズ:4:5• 横サイズ:約1. 9:1 例えば、iPhone6では縦に写真を撮影すると、3:4なので、iPhoneでは4の高さが、インスタのサイズ的には高さ3. 75となってしまい、 足りない部分がカットされてしまうというわけ。 スポンサードサーチ その2:白枠を作れるアプリを活用 完璧にもとの大きさと同じサイズで投稿したい!という時には、このやり方がおすすめ。 もともとのサイズを正方形サイズに合わせた時に出る、「余白」部分を埋めて、正方形サイズに合わせてくれるアプリを活用します。 基本的にどんなタイプの写真にも対応していて、起動して写真を選ぶだけで簡単に調整する事ができます。 余白部分に、色や模様を選べるので、「白色」を選択すれば白枠フレームの完成。 こちらもインスタグラム用に写真を加工できるアプリ。 特徴は、新しいインスタグラムの 長方形サイズにも対応しているところ。 例えば、解説したインスタの縦サイズ(4:5)に合わせて写真を入れる事ができて、長方形サイズでの余白部分もきっちり埋めてくれます。 インスタの写真を「黒枠」で投稿する方法 インスタの写真に黒枠をつける方法はアプリを使って入れる方法のみです。 先の紹介した、「instaSize」と「正方形さん」等の写真加工アプリを利用。 アプリ内では「枠の色」を選べるので、枠色を黒にすればOKです。 かわいさは鬼なので保証する。 — iLLNESS Teenage Fanclub — BBC iLLNE5S インスタの白枠やめるか悩むなあ〜! どうしよ。 全部の写真にやるとプロフィールでの統一感は出やすい。 スッキリ清潔感のある雰囲気にできる。 写真が小さくなってしまう。 (逆に勝手にサイズアップした写真にしたくない時には有効)• 編集や操作がめんどくさい。 1回やると、ずっと続けるのが面倒 実際にやってみると分かりますが、いちど「白枠」でやってしまうと、ずっと続けなくてはいけないのと、もし辞めたくなった時に、こだわる人だと「過去の写真はどうする問題」も発生してしまいます。 それでも、どうしても白枠付きでやってみたいなら、 マルチアカウントを利用して 別アカウントで 「とりあえず、初めて見る」ぐらいのカジュアルな気持ちでやってみる方がいいかもしれません。

次の

【完全保存版】Instagram

インスタ 系統の揃え方

そこで今回は すぐに真似できる加工方法を、実際にアラサー女子に大人気のインスタグラマー6名に調査してきました。 彼女たちは一体どのような加工方法で多くの支持を得るInstagramに仕上げているのでしょうか。 三條場夏海さん インスタアプリのみでの加工が神! 本誌「CLASSY. 」にも度々登場し、人気沸騰中のBEAMSプレス三條場さん。 着こなす私服はキレイ色を取り入れているものが多く、Instagramも華やかにまとまっています。 惹きつけられる自然体のアングルやポーズ、私服にマッチした素敵な背景も見所です。 明るすぎてしまった写真のときは 彩度を下げることを意識しています」とのことでした。 たしかに、全体の写真を見ても自然光の暖かさと明るさをほどよく表した、 柔らかな雰囲気が素敵! 赤埴さんのInstagramは大人の女性らしい優しい雰囲気が印象的。 その秘密…実は、「 ベージュっぽさを意識する」そうです! 「VSCOで使うフィルターは A4、Lightroomはフィルターはかけずに 黄色みを強くしています」とのことでした。 たしかに、全体の写真がうっすらベージュみを感じられる雰囲気で統一されていることが一目瞭然!思わずほっこりしてしまう赤埴さんの写真は、全体の色味が大きく関わっていたんですね。 人気インスタグラマーでもあり、1歳の娘さんを持つママでもある目見田さん。 その秘密…実は「撮影するカメラ」にもあったんです! 「カメラアプリではなく iPhoneのカメラで撮影することがマスト。 その方が作り込んだ感じがなくて自然光もしっかりキャッチできるからです。 フィルターはVSCOの A4と A6を使っています」とのことでした。 自然光+ベージュ感のあるフィルターが落ち着いた雰囲気を生み出していたんですね。 156cmの身長で着こなす私服がとにかくオシャレと話題の桐さん。 Instagramにはたくさんの私服snapはもちろん、 さりの台所と称した得意のお料理の画像も人気の秘訣。 その秘密…実は「 撮影時のちょっとした意識」にあるそうです!「バランスが悪くならない余白の取り方や、派手すぎない背景で撮影することを意識しています。 全体的に 白ベージュ系の色合いにまとめることがマストです。 撮影時にはiPhoneの ポートレート機能を使うこともあります」とのことでした。 抜群のファッションセンスを持つ佐藤さん。 Instagramフォロワー数はなんと12万人! 自身のアパレルブランドのプロデューサーとしても活躍。 「彩度が鮮やかなものが好みのため、暖かさや彩度、コントラストをパキッと 血色がよく見えるように調整しています。 もちろん、 自然光を取り込むように撮影することが重要です」とのことでした。 たしかに、はっきりとした明るさや彩度の中に、絶妙に感じることができるどこかほんわかした雰囲気がとても素敵ですよね。 OLとして働きながら、持ち前のセンスを活かしてデザイナーのお仕事もされている夏目さん。 Instagramには展示会での旬なニュースや私服スナップ、そしてご自身のweddingの様子も掲載されています。 その秘密…実は「 VSCOのA6フィルターを使う」そうです! 「VSCOのA6のフィルターをかけて、明るさや彩度などは写真によって微妙に調整することで他の投稿写真と 統一感が出るようにしています。 」とのことでした。 同じフィルターを使うことで、全体を見てもブレることないオシャレな統一感が生み出されていたのですね。

次の

Instagramを可愛くしちゃう今韓国で大流行の色揃え写真の撮り方知りたくない!?♡|韓国情報サイトmanimani

インスタ 系統の揃え方

その1:撮影するテーマからブレないようにする インスタで統一感を出すための基本。 自分なりのテーマを決めて、そのテーマと外れた内容の写真を投稿しない事で統一感を出しやすくなります。 旅行や出かけたスポット• 空や海• 趣味(お弁当作り、ランニング、カフェ巡り)• 彼氏(彼女)とのツーショット テーマを絞るので、自分の気ままに自由に投稿する事はできませんが、その代わり、 アカウントに強力に特徴をつける事が可能です。 その2:テーマとなる「色」を決めよう! こちらも、ある意味でテーマのひとつと言えるかも。 撮影する対象は選びませんが、なるべく決めた色が使われているモノだけを撮影する方法です。 「 ピンクフィルター」のように、後で写真全体に透明の色を加えて、色味を統一する方法。 普段のガーリーなピンクコーデ。 フォトジェニックな雰囲気たっぷりで、特に「いちご」を使ったスィーツやカフェの写真。 ピンク系の小物等で統一感を出しています。 とにかく「ピンクが好き」なのが伝わってきますね。 ピンク系でテーマを統一してる人は、ほとんどが女性ですが、こちらは珍しい「男性でピンク系で統一している」という、その名もMr. Pinkさん。 男性ならではの目線で、女性が作る「ピンクの世界」とはまた違った発想のオシャレ写真がたくさんあります。 その3:フィルターは基本、同じものを使おう! インスタでは、デフォルトでも数十種類のフィルターがあり、どれもオシャレな雰囲気で仕上げる事ができます。 ですが「統一感」という点では、いろいろなフィルターは使わずに、お気に入りの一つの絞って使う方がベター。 フィルターの数を増やすほど、一覧で見た時にばらつきを感じてしまいます。 その4:アカウントを使い分ける 特に「1テーマで絞ったアカウントにする!」という時に有効。 撮影している中で、 テーマに沿ってない写真でもシェアしてしまいたくなってしまうので、アカウントを複数持つ事で、「テーマに沿った写真だけ」「何でも自由に投稿していいアカウント」等のように 使い分けができます。 その土地ごとの美味しそうなものが分かると同時に、その場の空気感まで伝わってきそうですよね。 撮影テーマを統一 海外フォトグラファーのアカウントで、「旅」をテーマにしている事が特徴。 「旅」テーマのアカウントは多くありますが、その中でも自然系の風景が多く、ほとんど建物を撮っていない事で独自性を出しています。 そもそもの写真が印象的な事もプラスして、ずっと見ていたくなるようなアカウントに。 明るさやトーンを統一 プロ並の美味しそうな手作りスィーツを取り続けているアカウント。 写真の明るさやトーンが同じで、カラフルな色味で統一されています。 独自性のあるテーマで統一 「空飛ぶほうき」をテーマに、いろいろな場所で浮遊写真を撮影しているアカウント。 使わている写真のフィルターや雰囲気はバラバラですが、「ほうきに乗って飛んでいる」という圧倒的に独自性のある部分で共通しているので、統一感を損なっていませんよね。 色々なフィルターを使いたい!という人は、こんな方法を参考にすると良さそう。 2つのアングルだけを使う プチプラコーデを中心に、圧倒的な支持を得ているインスタグラマーさんのアカウント。 全身コーデを撮影する時は、グレー背景のシンプルな場所で。 小物やアクセサリーを見せる時は、足元も見せた構図で…と、基本的には2つの構図だけに統一して投稿しています。 同じ風景、同じアングルなので、コーデは違っていても統一感が強いです。

次の