あててんのよ。 タカヤ

タカヤ

あててんのよ

待ち合わせは午前九時。 東京の足といえば地下鉄だ。 ホームに滑りこんでくる満員の地下鉄にため息が出そうになるが、気を取り直して人のかたまりに背中をねじ込み乗り込む。 一息つくと体の前面にひんやりとしたドアの金属的な冷たさを感じた。 湿気で曇った窓をこすって外をみた。 時折、パイプのようなものの影が左から右へと飛び去っていくのが見えた。 その影は、あの冬の日に振り返ることなく去っていった恋人を想わせた。 コトン。 街の下を地下鉄は走った。 どれくらいの時間が経ってからだろうか。 背中に異変を感じたのは。 主は来ませり。 僕の背中に押し付けられていらっしゃる聖なる存在。 主は来ませり。 この世に生を受けて以来追い求めてきたもの。 スプリングコートを羽織っていても間違えることなどあろうはずもない、全てを柔らかく包みこむ大いなる存在、オッパイ。 脳内戦闘ナビゲーターが絶望的な戦況を告げた。 「戦闘力(バスト)95!戦闘レベルF!パターン青!チチです!」この時点で心のは木っ端微塵に大破していた。 身動きがとれずオッパイに対して無防備が続いた。 振り返れないせいでよくわからなかったが、背後を衝いているオッパイちゃんはかなり小柄だ。 オッパイの当たっている部分でそれはわかる。 あとは黒く輝く髪の毛が時折窓ガラスに反射して見えるのみ。 知りうる情報はそれだけだった。 背中は性的な意味で弱点なのでオッパイを押し付けられているうちに、血液が体の中心ヘソの少し下、それを胆と呼び武士はその部位を鍛えて戦に備えたらしいがそれはまた別の話、つまり海綿体の集積部「絶対防衛圏」に集まろうとしていた。 己の野生を呪った。 慄いた。 絶対防衛圏への侵入を許したとしたら。 挙句の果て発砲などしてしまったら。 風呂場でカピカピになったパンツを洗う姿。 駅のトイレでパンツを棄てる姿。 嫌な未来予想図が頭をかすめた。 断じてならぬ。 僕はオッパイをはじめとしたこの世界を愛しているが、このアルミの扉に対して己の武力を行使するわけにはいかぬ。 僕の愛すべき対象は頭上に拡がるに生息するヒューマンビヘイビアのあの人でなければならない。 発砲が愛の最上の表現だとするならば。 断じて扉に向け発砲するわけにはいかぬ。 ごめん。 世界愛してるなんて言ってるけど、やっぱり特定の人が好きだ。 ああ、くさいこと考えた。 ともかくだ。 こんなアルミの無機物に対して発砲するわけにはいかぬ。 ひんやりして人肌とは違う気持ちよさがあるのは認めるがそれ以上でもそれ以下でもない、ドアは鉄の塊にすぎない。 僕は神と戦うことを決めた。 オッパイを忘却の彼方にやる呪文を唱えた。 中学のとき西ヤンに教えてもらったとっておき。 「オッパイをみて変な気持ちになったら無機的で作業的で学問的で男性的でキモチのわるいことを考えるといいぜ」そういって西ヤンは去年社長になった。 社長の言うことだから間違いない。 水兵リーベ僕の船、七曲がりシップス、クラーク牛乳。。。。 1415926535。 マクベといったら壷だなあ。 肉壷!円周率てパイだなあ…オッパイ!、…マン!防衛ラインは崩壊した。 悪いときには悪いことが重なるもので右手にいる学生風男が持つ表紙の様の谷間を補足してしまう。 真木さん、けしからんですよぉそのオッパイはぁ。 生まれてきてごめんなさい。 34にもなってパンツをカピカピにしてごめんなさい。 悲しき男の性に貴女の息子は負けたのです。 恋人よ。 僕は発砲します。 送れなくてごめんね。 僕は今日ほどオスであることを呪った日はない。 やがて目の前を白い光が蔽った。 発射…。 ユニバース! 発射は回避された。 発射寸前で駅に着き、ドアが開くや否や僕は人ごみに押されホームに出されてしまったからだ。 目の当たりにした事実は僕を愕然とさせた。 絶対防衛圏は寸前で防衛された。 しかし、事実は残酷だった。 神は、オッパイは、なぜに僕に試練を与えるのか。 これだけ真摯にオッパイに向かい合っているというのに。 まだ試練の、棘の道は続くのか。 一日の、否、人生の大半をささげているというのに。 いつまで?どこまで?僕に赦される日はくるのか。 果てしなきオッパイ求道の旅路は人生を終えるとき、永久に瞼を閉じるとき、そのときまで続くとでもいうのか。 ホームに押し出された僕はオッパイを押し付けていた女性をみた。 還暦間際と思しきオバサマだった。 ふくよかな体型のオバサマ。 オカンと同年代。 僕はすべてのオッパイを愛している。 悩まされ、惑わされることもあるだろう。 それでも信じる。 すべてのオッパイは幸せの源であると。 だから後悔はしない。 あの瞬間、僕は確かに背中越しにオッパイを、神を感じた。 あらゆるオッパイは平等で神聖なものだ。 オバサンのオッパイも然り。 これからもずっと、僕は全てのオッパイを愛す。 それだけだ。

次の

胸を当ててくる女子の心理って??脈アリかどうかを見分ける方法教えます

あててんのよ

デート中に胸を当ててくる女の子がいました。。 びっくりしてしまい、少し固まってしまったのですが、デートの帰りでしたので酔っていたのかなと思いました。。 無意識• 酔っていて気持ちが大きくなった• エッチな気分になった• 恋愛対象外のメンズにはそもそも距離を保つし、ボディタッチやカラダを触れることも避けます。 でも、デートであなたに意識的に胸を当てるような行動に出たと言うことは 「あなたに心を許している証拠」であるからなんですよ。 もしそうだとしたら、こんぐらい嬉しいことはありませんよね! 脈アリ行動の現れとして「胸を当ててくる」のであれば、あなたの彼女にガンガンアピールしちゃいましょう! 無意識 また、 無意識に胸が当たってしまったなんてこともあり得ます。 例えば、カウンター席に座っていてお箸やお皿を取ろうとして胸が当たっちゃったり、帰り際にたまたま当たっちゃったり。 別にあなたに好意があるわけでも意図的に行ったわけでもなく、あくまで「無意識レベル」でお胸が当たってしまったことを、男性が過剰に反応してしまったって言う状況もあり得ますよ。 酔っていて気持ちが大きくなった お酒って気持ちを大きくしてしまう麻薬でもありますよね〜。 私もお酒を飲むと、ついつい大きな野望を語ってしまったり、気持ちが大きくなってめっちゃテンション高くなってしまったり(笑) お酒の力恐るべしなんですw 女の子の中には、 デートでお酒を飲み、気持ちが大きくなってしまいテンションが上がってしまった故に胸を当ててしまった。 なんて子もいるでしょう。 別にあなたに好意があるわけでもなく、エッチな気分になったわけでもなく。 単純にお酒で楽しくなっちゃったから。 胸当てちゃった。 と言うか 「当たっちゃった」の方が正しいかな。 もしお酒の席で、彼女がテンションMAX状態に胸を当ててきた場合は、お酒が理由の可能性が高いですね。 エッチな気分になった デートで胸を当ててくる女の子には、お酒を飲んだりその場の雰囲気に酔ったりして 「エッチな気分になってしまったから」と言うことも理由の1つにあるはず。 お酒って、飲むとテンションMAXになる人と、眠気が襲ってくる人と、エッチな気分になってしまう人と様々ありますから。 もしかしたら、 デート後にあなたとムフフな関係になりたいがためにお胸を当ててきたのかもしれません。 でもこの場合は、なんと言うか単なるビッチ様の可能性が高いですよね〜。 本気の恋とか恋人候補というよりは 「その場の欲求を満たすための行動」として、胸を当ててくるビッチかもしれません。 てか、エッチがしたいがためにデート帰りにお胸を当ててくる女って、確実に他の男にも同じテクを使ってますから。 もしそのような女の子に惚れかけている場合は、 付き合ってから苦労することを前提に考えておくべきですよ? ビッチ女さんは、浮気をすることに罪悪感も一切ありませんから。 デートで胸を当ててきた女の子が「好意を持ってそういう行動をしたのか」それとも「エッチがしたいだけだったのか」の見極めは重要なポイントになりますよ。 ちなみに 俺の場合、どっちかわかんねーーーーー!!! という男性の皆さん。 もし、意中の女の子が脈ありなのかただのビッチなのかわからない場合は、ぜひ一度以下のメールにてご相談くださいませ。 また、お胸を触ったり、ブラを直したり、テーブルにお胸を乗せたり。 あの手この手でデカパイアピールしてくるから、この場合は男性でもすぐにわかるかもしれません。 デカパイアピール系女子の場合は、あなたに好意があるとかエッチがしたいとかそういう気持ちは一切なくて、単純に「胸が大きいことを認めてもらいたい」という承認欲求の塊があるだけ。 また、あなた以外にも 他のメンズさんにもデカパイアピールをしている可能性もありますから、恋愛対象として見るのはやめた方がいいですよ。 こういう女の子は浮気性でもありますからね。 胸を当ててくる女の子はざっくり以上の5パターンに分けられます。 どのパターンかによって、幸せな恋を手に入れられる人と絶望的な恋をしてしまう人で分かれますから、まずはしっかりと見極めてみてくださいませ。 さいごに ここでは「胸を当ててくる女性心理」について、お話ししました。 デート中に胸を当ててくる女の子には大きく分けて次の5パターンがあります。 デート中に胸を当ててくる女性心理• 無意識• 酔っていて気持ちが大きくなった• エッチな気分になった• 胸の大きさを自慢したい 理想は「あなたに好意がある上で」お胸を当ててくるようでしたら、最高に喜ばしいお話なんですが、女性によっては無意識に当たってしまっている場合や、エッチな気分になったが故に当てている ビッチ様もいることを理解しておくようにしてください。

次の

『ワンピース』、あててんのよ

あててんのよ

『このすば』の魅力とはなんだろう。 一見、平和なでありながら死がすぐ近くにあるそんな世界観なのか。 元引きこもりで欲望に対して忠実であり、見ていて清々しい下種さと隠しきれない小物感。 しかし、ごく僅かだが確かにある正義感と男気でギリギリ不快感を感じさせない 主人公であるカズマの魅力か。 そんなカズマをに送り、ヒロインでありながら誰よりも身体を張り笑いをとり、女神なのによく泣きよく食べよく呑みよく寝てよく遊び、一発芸を披露するという誰よりも人間らしい。 しかしながらもカズマのよき相棒であり、偶にみえる母性の塊のような瞬間にを感じられずにはいられない女神通称「駄天使」ことアクアのお陰か。 一見クールな美女だが、中身はのドM。 モンスターに陵辱されるのを夢見て敵に突っ込んでいく作中随一の変態であり、世間知らずな貴族令嬢でもある困った女性。 金髪碧眼の女騎士・の存在か。 そして本作『紅伝説』のメインヒロインでもあり、1発撃ったら魔力切れという、尖りまくった爆裂魔法「エクスプロージョン」という最強クラスの破壊力を有する爆裂魔法の使い手であり、ロリ体型の紅魔族の少女・の影響か。 普段はそこそこなのに、変なところで急に超ヌメヌメ動く作画か。 さんによるやたら格好いいBGMか。 恐らくそれら奇跡的に融合し、作者の先生や『 二学期』『 』などを監督し、本シリーズの監督であるさん、シリーズ構成のさん、キャターデザインのさんにより絶妙なバランスで成り立っているのが『このすば』の魅力だろう。 そしてそんな『このすば』の最新作であり、初の映画化でもある『紅伝説』の感想を書いていきたい。 『このすば』のあらまし 『このすば』こと『』は、著・先生、イラスト・先生による作品で、元はウェブサイト「」にて「兵」名義で連載されていたであり、2013年からで文庫化が行なわれて以降も新刊が発表され続けている。 2016年冬にテレビアニメ1期、2017年冬に2期が放送され好評を博し、2019年に原作第5巻『爆裂紅魔にレット&ゴー!!』の内容を元にした劇場版アニメ『紅伝説』の公開が決定した。 あらすじは 日本に住んでいた引きこもりの佐藤和真(カズマ)が死亡し、死後の案内を行っていた女神・アクアと出会い、彼女を道連れにの世界のようなに転生するところからスタートする。 そので2人は部族「紅魔族」の少女・、真性のマゾで貴族令嬢のとパーティを組み、様々なクトを受けて、失敗や成功を繰り返し、時に魔王幹部と戦っていくストーリー。 「なろう」産のモノは無数に存在するが、本作はその中でもトップクラスのユルさを誇る作品で、シリアスパートはあるものの大抵は気楽に観ることができる。 原作1巻分を一本の映画にまとめるという事 上記でも書いたが、本作は原作第5巻『爆裂紅魔にレット&ゴー!!』を元にしているため、原作にあった大量の面白シーンがカットされている。 例えば• 安楽少女殺害のシーン• テレポートで消えたと言いつつ光の屈折で見えなくするだけの紅魔族達と性格の悪いアクアさん。 紅魔族達によるテレポート煽り• 元々薄かった原作第5巻より更に薄くなったアクアとの存在感 などなどである。 また、今回もカズマ達の所為で(?)町に大迷惑というより、被害の大きさが過去最大級なのだが、原作ではもの凄い早さで復旧し3日で元通りになるという話の「オチ」があった。 しかし、映画ではそのシーンがカットされているため、カズマ達の所為で(?)町への被害が尋常じゃないまま終わるし、原作では戦闘中も紅魔族達によるテレポート煽りなど、ゆるさがあったのだがそれもなくなっているため、悲壮感と緊張感が凄い事になっている。 一応、そういう事に対する不快感を減らす為か、最後は原作にはない文字通りカズマが捨て身の行動するので、何となく良い感じで終わるのだが思い返してみるとモヤモヤしてしまう。 同じくモヤモヤした人は是非原作を読んで欲しい。 上記な事もあり、元々原作のファンで『爆裂紅魔にレット&ゴー!!』に期待していた人は「アレッ」と思う出来かもしれない。 ただ、このアニメスタッフはただカットするだけではない、とゆんゆんの関係性や学生時代の時の追加や、熱すぎるラスボスの追加など、『爆裂紅魔にレット&ゴー!!』を再構築し、カズマの「モテ期」にスポットを当てて、一本の映画としての満足度が凄い事になっている。 私はこの映画を観て笑って笑って笑って笑って、最後少しンとなって良い気持で映画館を出ることが出来た。 120点の出来だ。 原作者も認める本作一番の人気キャラである。 今まで嫌いの人でも「さいこぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!」となる作品である。 私はそうなった。 何度でも言える「さいこぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!」 そしてライバルのゆんゆんの活躍。 恐らくダグネスの10倍ぐらい活躍している(本作はダグネスだけしか認めない人には全くお勧め出来ない) コミュニケーションが下手で友達もいないし、普段は名乗りが恥ずかしくて言えない所もあったりするが、本作では地元の、家族の、恐らく友達のピンチに誰よりも気高く立ち上がり、正々堂々名乗るシーンは本作最大の見所と言えるだろう。 お互い認め合い、信じ合い、気にしているライバル関係ほど、モノはないが、とゆんゆんはまさしくそれだ。 そんな二人が協力し、最大の敵に呪文を撃つ。 「我が名はゆんゆん、紅魔族随一にして「最高」の魔法使い!」 「我が名は、紅魔族随一にして「最強」の魔法使い!」 ここまで格好いい名乗るシーンがあるだろうか。 ここだけでこの映画を観て良かったの心の底から思える。 「ゆんゆんさいこぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉ!!!!!!!!」 最後に 映画を堪能した後は、『』の第三期があるのかばかり気になってしまう。 原作のストックはまだまだあるし、映像で早く観たいシーンも盛りだくさんだ。 なので本作が少しでもヒットしてくれることを祈りつつ、私ももう一度観に行こうと思う。 映画『紅伝説』は音も凄いので是非音に拘った重低音鳴り響く映画館で観て欲しいし、是非ともをして毎回詠唱が違う事で有名なエクスプロージョンをみんなで詠唱したい。 エクスプロォォージョンッ!!ってしたいので映画館の偉い人、是非考えてください。 最後に一言良いですか。 「」って台詞聞いて笑った人、元ネタのジャンプ漫画『タカヤ -閃武学園激闘伝-』も読んでね.

次の