クリーン ピア 千曲。 【台風19号】千曲川被害‥決壊した場所と長野新幹線車両基地【氾濫場所の一覧あり】

クリーンピア千曲の天気

クリーン ピア 千曲

台風19号の影響による千曲川の堤防決壊で浸水し、汚水の浄化処理を停止している下水道の終末処理場「クリーンピア千曲」(長野市赤沼)について、完全な復旧まで1~2年かかることが17日、県環境部への取材で分かった。 復旧費用は500億円近くかかる見通しといい、大規模な被害の実態が浮かんだ。 県は18日にも、汚水を塩素消毒だけで川に放流する「簡易処理」での処理量を増やすことを目指し、復旧を急ぐ。 ただ、処理能力は当面元に戻らず、同施設に下水を流している処理区域内=地図=の住民にはその後も「風呂の残り湯の活用」など日常的な節水に協力を呼び掛ける。 最大で約2メートル浸水した同施設では、下水の汚れを分解する微生物に空気を送る送風機や、モーターなど電気系統の機械が水没した。 県は、設備の点検や補修、交換により被災前の処理能力を回復するには1~2年かかると推定。 機械が修理できるかどうかは見通せず、仮に全設備を取り換えることになれば、500億円近くかかるという。 地下約20メートル前後にあり、流れてきた下水をくみ上げるポンプ2台も浸水で水没。 浄化処理ができず、処理区に当たる長野市の一部、須坂市、上高井郡小布施町、高山村の一部に節水を呼び掛けている。 高山村は、役場や小中学校などに簡易トイレ計76台を設置し、負担軽減を図る。 県は周囲にたまった水を取り除いている。 この他、国土交通省のポンプ車6台が汚水を直接、塩素消毒工程に送り、非常時に国が認める塩素消毒だけの簡易処理で千曲川に放流している。 18日には仮設ポンプ8、9台を増強し、被災前と同程度の1日あたり5万立方メートルを簡易処理する計画だが、県北部は18日に雨が降る予報。 雨水が大量に流れ込めば作業が遅れる可能性もあるとしている。

次の

台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

クリーン ピア 千曲

信州の田舎発ラジオ工作 自作とキット 中心blogです。 トランジスタラジオキット,真空管短波ラジオ(自作 、真空管レフレックスラジオ、自作AMワイヤレスマイク、FMワイヤレスマイク 真空管 、ダイレクトコンバージョンキット製作、 LC7265表示器など計 353例。 自作ラジオの周波数表示記事、真空管ラジオ修理記やFMチューナー修理記など。 またラジオ自作派にお手伝い用基板領布中。 20代は半導体ラジオ修理技術者でした。 factory automation機械設計屋を30年やってます。 画像多数にてPCで見ることを推奨します。 ************ 資料画像等はお持ち帰りいただいてOKです。 リンクフリーですが、記事にする折には、ご一報ください。 ・応急的に復旧してくれたのは、民間の会社。 設計者でもなく施工者でもなく、単にメンテンスを請けている会社。 設計あるいは施工した会社に行政担当が頼むのが筋である。 何故なら施工図面はあるし設置した人間ならば図面に記載ない詳細なことまで知っているからだ。 ・行政から「なんとかしてくれ」と泣きつかれたたようだ。 14万人の下水処理施設ゆえに、腹を括って請けたと申していた。 副市長からバンバン電話が来ていたようだ。 ・重量3トンの排水ポンプを引き上げて移設したそうだ。 吊るにしても4トンユニックしかないので色々苦労したらしい。 ・建物設計がよくて開口高さが不足。 もともと施工していないので、「何だよこの設計!!」状態。 しかたなく傾けて人力にて引き出したそうだ。 ・ポンプに100mmH鋼で脚を溶接つけて、濁て水底が見えない処理場水中に移設したそうだ。 石ころや瓦礫でもあれば傾斜して、そこで終わり。 運よく安定した処に置けたとのこと。 開口高さが不足ってのは、公務員発注案件ではしばしばありますので注意してください。。 ・たまたま、その指揮をとった方が当方に挨拶に来られた。 お話をお聞きすると、 ポンプが移設でき処理場の液面が下がりだしたら、担当公務員 管理職 はスタッフで深度を測りだし、「ありがとう」の言葉もなく姿を消した、、。 とのこと。 緊急事態だから契約書の取り交しもなく、口頭による契約であるが、お礼を言うのが人の路だろう、、。 やはり公務員は下々にお礼を言うのを嫌うようである。 しかし公務員の給料は今年も上がりました。 お礼挨拶も出来ないのに随分威張るんだよね、公務員は、、。 その公務員になりたい方が多数いるので、日本はモラル低下が加速中です。 今回は、公務員が無能で川浚いの許可を出さない。 結果、河床があがって護岸決壊に至ってますね。 護岸施工時より1mほど河床があがっていると思う。 「砂利採取の県組合から川浚い申し入れても、断られた」と過去に聞こえてきています。 逆説的に捉えると「河床を上げることに積極的ですね」。 ポンプは稼働中だ。 その挨拶に今日来られた。 流入量と排水量がイコールなので、マージンは無いとのこと。 暫定対応だが3ケ月ほどは排水管は耐えれるらしい。 東京電力のメーター(スマートメーター)は、オイラ設計の自動機で検査・封印してます。 60年近く生きていいるのであちこちに知人がいます。 犀川水系砂防指定区域に住んでいます。

次の

RADIO KITS IN JA: 千曲川流域下水道下流処理場(クリーンピア千曲)の排水ポンプ緊急移設。

クリーン ピア 千曲

シンボルマーク(平成8年7月決定) 千曲川の頭文字「C」をモチーフに、水色は美しく輝き流れる千曲川を表し、当処理場で浄化される水をイメージしています。 藍色は美しい千曲川に汚水が流入しないように流域をガードしている当処理場を表現しています。 施設概要 全体計画 現況(平成30年3月末) 処理場面積 14. 0ha 14. 2km 放流渠内寸1. 2km 放流ポンプ 4台 放流ポンプ 4台 水処理状況 処理場概要図 主な処理場施設一覧 <下水(汚水)処理に係る施設>• 水処理棟• 水処理棟• 水処理棟• <下水汚泥処理に係る施設>• 常圧浮上濃縮機、遠心脱水機• <処理場の管理、地域活性に係る施設>• 各施設の概要 第1ポンプ棟、第2ポンプ棟 第1ポンプ棟は平成8年度に、第2ポンプ棟は平成20年度に完成した施設です。 流域関連公共下水道(長野市、千曲市、坂城町)から排除された下水(汚水)を、流域下水道の管路施設である流域幹線で集め、その集めた下水は終末処理場のこの施設に入ります。 終末処理場に入った下水は、まず最初に、この施設で下水中の土砂を池の底に沈めると同時に、スクリーン(目皿)により大きなゴミ(木の枝や布切れなど)を取り除きます。 ブロワー室 平成11年度に完成した施設です。 下水をきれいにするのに、アルケラ、プロロドン、ロタリアなどの微生物の働きを利用しています。 その微生物が元気よく働くのに必要な空気を、この施設にある送風機を使い、微生物が下水をきれいにする場所である反応タンクに送ります。 最初沈殿池、反応タンク、最終沈殿池(水処理施設) 水処理の流れは、第1、第2ポンプ棟から送られてくる下水を、はじめに最初沈殿池に入れ2時間ほどかけゆっくり流して小さなゴミなどを沈め、次に反応タンクに送り10時間ほどかけて汚れを処理し、そのあとに最終沈殿池に入れ3時間ほどかけゆっくり流して、下水をきれいな水にします。 この池は、汚れを食べ終えた微生物と、汚れを落とした水とに分離するところです。 汚れを食べ終えた微生物達は、集まって泥状の塊になる性質があるので、その性質と重力を利用して、時間をかけ微生物を沈め、活性汚泥(微生物等の集まった泥)の層と汚れを落とした水(上澄み水)の層とに分離し、上澄み水を次の施設に送ります。 なお、ここで分離した活性汚泥の大部分は反応タンクへ戻し、残ったものは余剰汚泥として、汚泥処理棟の常圧浮上濃縮機へ送ります。 ここまでの水をきれいにする過程を「二次処理」といいます。 砂ろ過室 平成7年度に完成した施設です。 最終沈殿池できれいにした上澄み水を、この施設にある砂ろ過器を通し、水中に残っている小さくて軽い浮遊物質(水に溶けない物質)を取り除き、きれいにして終末処理場内の作業用水として利用しています。 塩素混和池 最終沈殿池できれいにした上澄み水は、この施設で次亜塩素酸ナトリウムという薬品を加え、消毒を行い、無害で安全な放流水にします。 放流ポンプ棟、放流渠 消化タンク、ガスホルダー(卵形消化タンク) 平成24年度に完成した施設です。 この汚泥を消化汚泥といいます。 発酵するときに出る消化ガス(可燃性ガスで、主成分はメタンガス)は、ガスホルダーに一時貯めておき、消化タンクを温める燃料や焼却炉の補助燃料等に有効利用することができます。 焼却電気棟、焼却炉棟 焼却電気棟は、焼却炉の運転に必要な受電設備等の電気設備と他の終末処理場等からの脱水汚泥を受け入れる設備がある施設です。 1号焼却炉棟は平成13年度に、2号焼却炉棟は平成28年度に完成した施設です。 この燃やした下水汚泥を焼却灰といいます。 焼却灰は、トラックなどの運搬車で民間企業の廃棄物中間処理場へ運び、セメントの材料として有効利用されています。 なお、脱水汚泥を燃やしたときの排出ガスについては、集じん機を使い、ガス中のばいじん(灰の中に含まれる微粒子)などを取り除き、無害で無臭なものにして煙突から排出しています。 管理本館 平成8年度に完成した施設です。 この施設には、終末処理場を維持管理する職員が働く事務所、終末処理場や管路施設の状態を監視して主要な施設を運転操作する中央制御室、下水や放流水の水質を調べる水質試験室等があります。 自家発電機棟 平成11年度に完成した施設です。 この施設には、事故や災害による停電時に終末処理場の運転に必要な電力を確保する非常用発電設備として、ガスタービン機関の原動機とブラシレス式の発電機と地下タンク式の燃料貯留槽があります。 自然ふれあい公園、テニスコート、マレットゴルフ場、来客用駐車場 これらの施設は、千曲川流域下水道の整備促進と普及啓発と周辺地域の活性化を目的として、終末処理場の敷地内に設けました。 現在、地域住民の方々に有意義にご利用いただいています。 () 【施設の利用に当たってのお願い】 以下の事項は禁止します。 ・敷地内での集会および物品の販売 ・危険な行為や危険なスポーツ ・立入禁止区域、下水道処理施設への立入、所定の場所以外への車両の乗り入れ ・花火や焚き火など、火気の使用 ・たばこやごみのポイ捨て 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、以下の事項にご協力をお願いします。 ・マスクを持参して会話をする際など、適切に着用する ・ご家族を含めて、体調が悪い場合は利用を見合わせる ・十分な距離(ソーシャルディスタンス)を確保する.

次の