ユニクロ ハイブリッド ダウン コーデ。 ユニクロ2019AWハイブリッドダウンパーカーのレビュー。大々的なCMも質は微妙?

UNIQLO(ユニクロ)×東レ 次世代 ハイブリットダウンアウターが熱い!!

ユニクロ ハイブリッド ダウン コーデ

そもそも何が「ハイブリッド」なのか そこから話すべきだと思いますが・・・ユニクロはこういった「うちの商品こんなにスゴイんです!」といった主張をあまり積極的にしようとしません。 もちろんハイブリッドダウンに関する説明はさすがにページを設けていますがそれでもやっぱり控えめ。 商品ページにもこれといって大した記載がありません。 他ブランドなら鬼の首獲ったかの様にガンガン打ち出すだろうに・・・。 ユニクロさんはこの辺、不器用です。 「質が良いなんて当たり前だろ」という柳井さんの方針らしいですが このへんの説明が分かりやすいかな。 ここで言う「ハイブリッド」というのは 「ダウンと化学繊維が部分ごとで切り替えてある」、という意味の様です。 袖周りや身頃脇を化学繊維にして、それ以外をダウンにしているのがハイブリッドダウンの大きな特徴。 ここ数年のダウンジャケットの トレンドはまさに「アンチダウンジャケット」です。 ダウンジャケットとは本来防寒性を極めて強くしたモコモコとボリューム感のあるデザインのもの。 ダウンをダウン足らしめるものこそまさにこの「ボリューム感」なのですが、ここ数年のダウンジャケットのデザイントレンドはこのボリューム感との戦いになっています。 「いかにしてダウンらしくないダウンを作るか」ここが各ブランドの勝負どころとなっており、またトレンドともなっています。 ダウンを着たいのにダウンらしいダウンは嫌うという「アンチダウン」のムーブメントがここ数年盛り上がっています。 トレンドはいつだって「アンチ」から形成されてきました。 細いものが流行れば太いものが流行り、ストリートファッションが流行れば今度はクラシカルなドレスファッションが流行る。 昨今はユニクロなどのファストファッションによる格安シンプルウェアが流行っていたからこそ、インスタなど感度の高い層にはTシャツに大きく「バレンシアガ」とプリントしたような「ブランド名が思い切り入ったハイブランド品」が流行ってるわけですね。 ファッションとは差別化の歴史であり、まさに「アンチ」の中から生まれるものなのです。 そして2000年代初頭からモンクレールやデュベティカを筆頭にしたプレミアムダウンの隆盛があり、そのアンチとして今はカナダグースなどの 「ボリューム感が感じられないダウン」「普通のブルゾンのようなダウン」が流行ってきているわけです。 そして今回のユニクロの目玉品、ハイブリッドダウンパーカもまさにそれ。 パッと見た印象はほぼ普通のブルゾンです。 ミリタリーアウターのようなボリューム感のないブルゾンのように見えますが、実はモコモコとしたダウンが入っており防寒性は格別。 日本の冬ならほぼ全地域で対応できるでしょう。 雪国生まれの私も安心です。 ダウンを削いだ部分は「袖」!これが実に賢い! さてではこのハイブリッドパーカ、どのようにボリューム感を下げているのか?それがまさに「ハイブリッド」にしている理由です。 「ダウンの量を少なくすればボリューム感はなくなる」 誰でも想像できる当たり前の発想ですね。 アンチダウンを作る時にこれを考えたユニクロでしたが・・・ただしボリューム感がなくなれば当然防寒性は下がってしまう。 そこで彼らはお得意の吸水発熱の高機能素材を封入しました。 吸水発熱はご存知ヒートテックのテクノロジーです。 人間が黙っていても出してしまう湿気、それに呼応して湿気を熱に変換する技術。 ダウンより薄めの素材ですがダウンに近いほど防寒性を実現できる。 これならダウンの量を減らしても日本の冬なら問題なく使える、と踏んだのでしょう。 そしてさらに注目すべきは彼らは「ダウンを削いだ部分」です。 上の説明画像を見れば理解できると思いますが、彼らは袖部分にダウンをなくし高機能素材を入れています。 何故「袖」を選んだのでしょう?? もう5年も6年も前から主張していますが、 実は肩幅身幅などは案外サイズが合ってなくても気になりません。 誰が流行らせたのか知りませんが、サイズを確かめるときに背中に服を当てて肩幅や身幅を見て「このサイズで問題ないですねえ」などの確認をするでしょう?・・・はっきり言ってあれ嘘です。 勘違いしている販売員さんが始めにやりはじめてそこから広がってしまった悪習です。 カジュアル服では肩幅も身幅も「合ってる」という観念がありません。 ジャストサイズでピタリ着ればOKというものではないのです。 むしろジャストサイズで着用すると重ね着がしにくかったり、トレンド感がなかったりと悪いことの方が多い。 背中で合わせて正確に肩幅や身幅を見るという作業は別にしなくてもいいのです。 正確に言えば販売員さんは勘違いしています。 これはフォーマルの合わせ方なのです。 スーツやドレスシャツなどフォーマルウェアではジャストサイズを求められますからこの様に肩幅と身幅を正確に合わせることが第一です。 誰かがそれを見て「カジュアル服でも同じだろう」と無思考で始めたのでしょう。 カジュアル服とフォーマル服のサイズ選びはまったく違うものです。 ではカジュアルにおいては何が大事なのか、着崩すこともあれば思い切った重ね着なども想定されるカジュアルにおいては身幅や肩幅をぴったり合わせることは重要ではありません。 それよりも必要なのは「袖」です。 袖は上半身の先端に当たる部分で実はかなり目立つ箇所。 ここが太いと全体がいかに細くてもルーズな印象を与えてしまうし、逆に全体が太くても袖さえ細ければそれなりにスタイリッシュに見えるものです。 ユニクロは服作りの中でこれをちゃんと理解しています。 だからこそハイブリッドダウンでは「袖のボリュームを下げた」のです。 袖から思い切ってダウンを外し、高機能素材で薄手にすることでスタイリッシュに見せたのがこのアウター。 洋服の基本をしっかりと捉えて、それに対して的確な素材選びを行なった極めて賢く構築的なアイテムだと思います。 素晴らしい。 着用すると確かにスッキリとスタイリッシュな印象になります。 とてもダウンとは思えない。 まさに今のトレンドである「アンチダウン」にぴったりなアイテムとなっています。 他ラインアップも UNIQLO ハイブリッドダウンウルトラウォームコート 15,900円 また着丈の長いダウンコートもありますが、こちらはビジネス感のあるもの。 ポケットディティールを省略し、身幅と肩幅をグッと細めにしたコート風。 デザインが何もなく化学繊維でのっぺりとした印象なのでビジネスウェア感が強め。 もちろん日常着としても使えますが、 出勤用のアウターとして使いたい人がこちらを選ぶと良いでしょう。 今回どのアウターよりもユニクロはこの「ハイブリッドダウン」を推しています。 確かにシルエットやデザインはカナダグースのような「ブルゾン風」のアンチダウン。 8万9万出して高級ダウンを買うのも勿論良いですが・・・ 正直ユニクロでここまで上質なダウンを出されると「まあこれでいいか」となっちゃいますね・・・。 ユニクロの力作、ぜひ一度試着してみてください。 個人的にもかなりおすすめです。 月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。 想像してみてください。 周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。 洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。 普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。 それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。 ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。 試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。 タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。 全く構いません。 私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。 10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。 騙されたと思って読んでください。 おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、 「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは 人気第2位となりました。 日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位 登録は上部メニュー 「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。 内容はまぐまぐメルマガとほぼ同様です 月別アーカイブ•

次の

ユニクロのハイブリッドダウンをレビュー!カナダグースが必要なくなる超名作!?

ユニクロ ハイブリッド ダウン コーデ

uniqlo. 競技中のパフォーマンスを最大化するために「軽さ」「シルエット」「動きやすさ」を追求した結果生まれた ダウンがこの " ハイブリットダウンアウター"。 平野選手との対話をもとに、競技ウエアとしても活躍できるような画期的な機能性を兼ね備えた ダウンに仕上がっています。 さすが 東レとのコラボとだけあって、機能性・シルエットを踏まえて実用性は十分すぎる出来だと感じました。 「 プレミアムダウン」と新開発の「吸湿発熱中綿」を組み合わせた設計で、よく動かす部分には柔らかい「 吸湿発熱中綿」を、柔らかく暖めたい部分には「プレミアムダウン」を使用しています。 ちなみに、「 吸湿発熱中綿」とはレーヨンとポリエステルを混ぜた新素材で、レーヨンが体からの水蒸気によって発熱し、その熱をポリエステルの綿が閉じ込めて暖かさを維持するというもの。 これにより暖かさを最大化し、動きやすさも追求した結果、ノンキルトでシルエットも軽やかなものに仕上がっています。 uniqlo. 」というタイトルで UNIQLO ユニクロ の新 ダウンについてお話していきました。 ちなみに値段は 9,900円+税。 これほどの機能性と実用性を兼ね備えたものが1万円ほどだと考えるとかなりお安いと思います。 色味に関してもマッドな感じがして使いやすそうなので一度店頭に足を運んでみて試着されてみてはいかがでしょうか? 今回の記事はここまでです。 最後まで見ていただきありがとうございました! 他にもファッション関連の記事を上げているのでよかったら見ていってくださいね!.

次の

【2020年大本命】ダウンジャケットを買うならユニクロがおすすめの4つの理由

ユニクロ ハイブリッド ダウン コーデ

2014年ソチ、2018年平昌と冬季オリンピックにて銀メダルを獲得した、プロスノーボーダーの平野歩夢選手。 2018年にユニクロは平野選手とグローバルブランドアンバサダー契約を結びました。 アスリートとしての輝かしい功績だけではなく、彼がもつ独自のスタイルや感性に共感し、LifeWear を共に進化させていきたいという思いからです。 この冬にローンチされるユニクロのハイブリッドダウンアウターは平野選手との対話をきっかけに開発しています。 そこで得られた考え方を転換し、日常の生活の中でも暖かさを逃すことなく、かつスタイリッシュに着こなせる新しいダウンアウターを導き出しました。 「小学生の頃から体操服でも2XLサイズを着ていました。 自分の落ち着くサイズ感っていうのは、普段の服からパジャマに至るまであったんです。 きついものよりも、動きやすいものを自然と選んでいたんですね。 それはスノーボードの影響だと思います」と語る平野選手。 競技者としての身体感覚は日常的に身につけるものであってもシームレスにつながっている。 そんな彼の感覚は私たちのLifeWearに唯一無二の化学反応をもたらしてくれるはずです。

次の