フォート ナイト ジャイロ 設定。 フォートナイト、スイッチ(Switch)での操作方法を解説!

Switch版フォートナイトのおすすめ設定はこれだ!

フォート ナイト ジャイロ 設定

Fortniteの配信期間がSwitch版より断然長い• マウスを使用していてエイム(照準)操作が圧倒的に有利• マウスボタンやキーボードの配置でジャンプ打ちの操作が容易 基本的には何も操作しない場合には デフォルトでSwitch版のみのマッチングになっていますが、 PC版フレンドとプレイすると一緒にいる間は 強制的にクロスプレイ環境に移行します。 PC版のフレンドの場合には名前の前に「PCマーク」が表示されるので、ネットなどを通じてフレンドになった人の場合にはこの表示の有無を確認しましょう。 Switch版とPS4版の違いなど機種の違いによる攻略の立ち回りは下記記事でご確認ください。 ボタン配置 ボタンの配置を個別で割り当てることは出来ないので、まず 「設定」をひらいた後に 「コントロ-ラー」の項目では 「ビルダープロ」というボタン配置にしましょう(初期設定は「スタンダード」というボタン配置になっています)。 操作感度 操作感度については「設定」の「ゲーム」の項目で変更可能ですが 「X軸感度」と「Y軸感度」は両方とも「8」がおすすめの設定です。 これは個人の好みなのですが、数値を上げた方が反応が速いので慣れた時に強いです。 ジャイロ設定 フォートナイトの 「シーズン5」へのアップデートに伴ってSwitch版の対応コントローラーでのみ ジャイロ操作が可能になりました。 スプラトゥーン2などのゲームでジャイロ操作のエイムに慣れていた人にとっては嬉しいアップデートだったはずです。 個人的には今まで使っていなかったので特に設定していませんが、 初めてプレイする方はジャイロ操作の方が直感的で早く強くなれると思います。 「設定」の 「ゲーム」の項目で変更可能で 「モーション感度」「モーションターゲット感度」「スコープ使用時モーション感度」という3つの項目がジャイロ操作の感度になっています。 初期設定は0になっているので、使用したい人は変更しましょう。 1.撃たれた方向を向いて敵を探したり撃ち返したりする 2.とにかく建築して全方向を塞いだ上で階段を建築して索敵する 個人的に 正しいと感じるのは「2」です。 「1」の反応をした場合には「 あっ、この人初心者だな。 」という感想を抱くほどで、あっという間に倒せてしまいます。 まず、フォートナイトは先行有利なゲームで、敵に先にダメージを与えた方が圧倒的に有利な状況になっています。 「1」の対処を選んでそのまま対等に打ち合えたとしても、 先に被弾している自分の方が負けてしまうのは当たり前です。 そして、不意に撃たれた場合に敵は遮蔽物に隠れながら撃っている場合が多くて、 コチラの攻撃は当たりにくい+敵の攻撃は当たりやすい状況で戦う事になるので、勝率は限りなく低くなってしまいます。 撃たれたらとにかく建築! 以上の状況から「 撃たれたらとにかく建築」するのが第一選択です。 慣れてきたらどちらから撃たれたのかという事がヒットマークで分かるようになるので、そちらの方向に 壁を立てる+階段を作るのが最善の対処だと思います。 また、先に撃たれて被弾している場合には 撃ち返すよりも先にシールド・体力の回復を優先する事が重要です。 好みが分かれるところですが、ショットガン5個とか持ち歩いていたら勝率は低くなりそうだと思いますよね。 ヘッドショット(頭部への高威力の攻撃)を狙いやすい• 攻撃・回復などのタイミングの選択権を握れる もともと設置されている山・家などのオブジェクトを使って高所を取るのも強いですが、何もない 平地でも自分で建築物を作りあげて簡易的に高所を取るのも強いです。 強い相手だと近接戦でも高所を取るような建築を仕掛けてくるので、負けない様に 相手の頭上を塞ぐような建築を心がけましょう。 このゲームは倒した敵の数で争うゲームではなく、最後まで生き残るゲームなので、上手く状況判断しておいしいところを狙って生き残るような立ち回りも強いですよ。 何回もリスタートしていると嫌になってきますが、あらかじめ 宝箱の場所を把握しておくことで初動での強さが変わってきますし、武器構成を固めていく中盤でも役立ちます。 基本的に 宝箱の出現する位置は固定ですが、その回に 出現するかどうかはランダムになっています。 地下・屋根裏・オブジェクトの影などに多く存在しますが、最終的には「シュワァアアアアア」という音の位置で探りましょう。 何回も同じ場所に降りるようにしてみると宝箱の場所を覚えるので、 最初の頃は同じ場所に降りるようにしてみるのがおすすめです。 特殊床(トラップ)の設置方法と切り替え方法 ビルダープロの設定の場合には 「A」ボタンを押して建築モードにした後に「Y」ボタンを押して選択してもう一度「Y」ボタンを押すと設置可能です。 何種類か特殊床を持っていて 種類を切り替えたい場合には、1回「Y」ボタンを押して 選択している状態で十字キーの左右を押すことで他の種類のトラップに切り替えることが出来ます。 ・ダメージトラップ 特殊床の中でイチバン使いやすいし強力なのがこのダメージトラップで、自分と味方以外がその場所を通過すると「 150ダメージ」を与えるようになっています。 壁や天井にも設置できるので、死角になりがちなドア付近の天井に仕掛けておくと非常に強力です。 また、自分で建築したヤグラの壁部分に設置しておくと敵の奇襲対策になるので、そういう使い方もアリだと思います。 ・バウンサー 触れると重力が軽くなった状態でジャンプできるトラップで、主に落下ダメージを防いだり、移動・奇襲するために使う事が多いです。 初心者の方はあまり使う機会は無いですが、高い所から降りるときには便利なので使っていきましょう。 ・憩いの焚火 設置した上の区画に居る事で体力を持続的に回復してくれて、包帯では回復不可な75以上の回復もできるので、体力が減っている時には積極的に使っていきましょう。 ・ジャンプパッド 乗ることで滑空状態に移行できるトラップで、移動速度が歩行に比べて格段に早いので早急に目的地に移動したい場合やストームから逃げるときに便利です。 動きが止まってしまうと、敵の遠距離武器を当てられてしまう可能性が高まってしまって、倒されるリスクが上がってしまいます。 完全に壁に囲まれているような空間ではない限りは、 ぐるぐると円を描く様にうごきながら行動する様に心がける様にしましょう! 止まってはいけない。 最後まで生き残るという性質上、 激戦の時間帯・場所を隠れて過ごすのはアリです。 最初から隠れていると強力な武器や資材を入手できない事も多いので、最終局面で勝てる可能性は少なくなってしまいますが、 局所的に「芋る」のはキチンとした戦法です。 関連記事「 」 まとめ:ビクロを取るための10の戦略 これぞスクワッドという、えす君 と最後に頑張ったビクロ! — Ichi先輩 Abstract1Life 積極的にビクロを取りに行く立ち回りは、見ている人も楽しい上級者の立ち回りですが、 初心者の方は 基礎をしっかりとして着実に生き残ることを意識する事でビクロが取りやすくなるように思います。 ビクロが取れるか、取れないかという 最終局面は特に焦らずにストームの状況を伺いながら敵を狙うように立ち回りましょう。 敵や宝箱の音を聴いたり、敵へのエイムを上げたりするのに ゲームデバイスの存在も立ち回り以上に大きいモノがあります。 余裕があればぜひその辺りも気にかけてみてくださいね。

次の

【フォートナイト】スイッチ版ジャイロ設定を徹底解説!細かいエイムに最適?【FORTNITE】

フォート ナイト ジャイロ 設定

スプラのようにはいかんなぁ… 結論から言いますと、 フォートナイトのジャイロに慣れるのには少し時間がいるな…という印象。 というのも、やはりスプラトゥーン2とは操作感が違うんですよね。 縦方向と横方向でジャイロ感度が違うことに違和感 縦方向はめちゃくちゃ感度が高く、少しコントローラーを上に向けるだけですぐ空を仰げます。 しかし、横方向はなんか縦と比べてモッサリしているような…? 現時点では、縦方向と横方向の感度を個別で設定することができないので、これは慣れるしかないようです。 それに比べ、横方向はなんか「ドロッ」としてるような…。 同じ範囲を動かしているはずなのに視点移動が遅いときがあったり、エイムがピタッと止まらなかったり。 単純に僕がフォートナイトのジャイロエイムに慣れていないだけなのかもしれないですが、エイムが合わせづらいなと思いました。 ジャンプと同時に視点を動かせるのが便利! デフォルトのボタン設定では、 ジャンプはBボタン、 視点移動はRスティックです。 試しにコントローラーを握ってもらえればわかると思いますが、この2つは どちらも右手の親指を使って操作します。 この効果が大きく現れるのが、 ショットガン(近距離)での撃ち合い時! こちらは相手のエイムをジャンプでかわしつつ、自分はジャンプ中にエイムにしっかり相手をエイム。 これのおかげで、近距離の対面がかなり安定するようになります。 まさに、スティックとジャイロ良いとこ取りです! ・普段の視点変更はスティック、建築中は素早く建物を周りに生成できるジャイロ ・スティックエイムがずれてしまったときにジャイロで補正 ・スコープを除くまでスティックで、スコープ時の微調整をジャイロで といったように、器用な戦い方ができるようになります。 しかしジャイロエイムだと、少し態勢を変えるだけでも視点が動いてしまいます。 プレイ中のちょっとした動作でエイムがブレて敵に弾が当たらなかったりと、ストレス要因になりかねません。 ショットガン持ってるときは高感度、アサルトライフルを持っているときは少し感度を下げて…みたいなことができないのが少し不便だと思います。 せっかくジャイロでエイム力を身に着けても、他のゲームで活かせないのが痛いところ。 また、フォートナイトを遊ぶハードをSwitchからPS4やPCに変えた時も同じです。 結局ジャイロとスティックどっちがいいの? ジャイロとスティック、使いこなせたらどっちが強い? と聞かれたら、理論値的には「 ジャイロ」だと思います。 なぜなら、ジャイロはスティックも一緒に使えるので、単純にスティックだけよりも出来ることが多いからです。 もちろん、 ジャイロを使いこなせたらの話ですが。 スティックでも極めれば正確なエイムができますし、結局は「 自分にとってやりやすい方が強い」という結論に…。 ジャイロに不慣れな人が、わざわざやり辛いジャイロを練習するほどの価値はないと思います。 「スプラトゥーン2でジャイロに慣れているのなら、少しはやりやすいかも…?」程度の認識でいいいいでしょう。 これをオンにすることでジャイロでの視点変更が有効に! 【モーション軸】:偏揺れ 横揺れだと横の視点移動が反転してしまうので、「偏揺れ」で。 数値はご自身に合う感度で。

次の

【簡単】ニンテンドースイッチのプロコンを使ってPC版フォートナイトをプレイしよう【PCでもジャイロ操作ができる】

フォート ナイト ジャイロ 設定

スプラのようにはいかんなぁ… 結論から言いますと、 フォートナイトのジャイロに慣れるのには少し時間がいるな…という印象。 というのも、やはりスプラトゥーン2とは操作感が違うんですよね。 縦方向と横方向でジャイロ感度が違うことに違和感 縦方向はめちゃくちゃ感度が高く、少しコントローラーを上に向けるだけですぐ空を仰げます。 しかし、横方向はなんか縦と比べてモッサリしているような…? 現時点では、縦方向と横方向の感度を個別で設定することができないので、これは慣れるしかないようです。 それに比べ、横方向はなんか「ドロッ」としてるような…。 同じ範囲を動かしているはずなのに視点移動が遅いときがあったり、エイムがピタッと止まらなかったり。 単純に僕がフォートナイトのジャイロエイムに慣れていないだけなのかもしれないですが、エイムが合わせづらいなと思いました。 ジャンプと同時に視点を動かせるのが便利! デフォルトのボタン設定では、 ジャンプはBボタン、 視点移動はRスティックです。 試しにコントローラーを握ってもらえればわかると思いますが、この2つは どちらも右手の親指を使って操作します。 この効果が大きく現れるのが、 ショットガン(近距離)での撃ち合い時! こちらは相手のエイムをジャンプでかわしつつ、自分はジャンプ中にエイムにしっかり相手をエイム。 これのおかげで、近距離の対面がかなり安定するようになります。 まさに、スティックとジャイロ良いとこ取りです! ・普段の視点変更はスティック、建築中は素早く建物を周りに生成できるジャイロ ・スティックエイムがずれてしまったときにジャイロで補正 ・スコープを除くまでスティックで、スコープ時の微調整をジャイロで といったように、器用な戦い方ができるようになります。 しかしジャイロエイムだと、少し態勢を変えるだけでも視点が動いてしまいます。 プレイ中のちょっとした動作でエイムがブレて敵に弾が当たらなかったりと、ストレス要因になりかねません。 ショットガン持ってるときは高感度、アサルトライフルを持っているときは少し感度を下げて…みたいなことができないのが少し不便だと思います。 せっかくジャイロでエイム力を身に着けても、他のゲームで活かせないのが痛いところ。 また、フォートナイトを遊ぶハードをSwitchからPS4やPCに変えた時も同じです。 結局ジャイロとスティックどっちがいいの? ジャイロとスティック、使いこなせたらどっちが強い? と聞かれたら、理論値的には「 ジャイロ」だと思います。 なぜなら、ジャイロはスティックも一緒に使えるので、単純にスティックだけよりも出来ることが多いからです。 もちろん、 ジャイロを使いこなせたらの話ですが。 スティックでも極めれば正確なエイムができますし、結局は「 自分にとってやりやすい方が強い」という結論に…。 ジャイロに不慣れな人が、わざわざやり辛いジャイロを練習するほどの価値はないと思います。 「スプラトゥーン2でジャイロに慣れているのなら、少しはやりやすいかも…?」程度の認識でいいいいでしょう。 これをオンにすることでジャイロでの視点変更が有効に! 【モーション軸】:偏揺れ 横揺れだと横の視点移動が反転してしまうので、「偏揺れ」で。 数値はご自身に合う感度で。

次の