ドラパルド 育成。 竜舞&弱保バトンHBドラパルト育成論|Pokeminブログ

【ダブル】ドラパルトの育成論と対策【ポケモン剣盾】

ドラパルド 育成

ドラパルトの入手方法 レイドバトルかワイルドエリアのげきりんの湖で野生のポケモンとして進化前のドロンチを捕まえることができます。 攻撃や特攻も高く、素早さがかなり高いとなるとただの強力なアタッカーですね 笑 耐久はそこまで高くないですが、まあこのくらいの数値なら低すぎるということもないですね。 特性はどちらも優秀ですが、相手の特性や技によってステータスが下げられないクリアボディの方が採用率は高そうですね。 攻撃と特攻はどちらも高いので、物理アタッカーでも特殊アタッカーでもどちらでもいけますね。 攻撃の方が少し高めなので、対戦では物理アタッカーの方が割合としては高くなるのかなと思ってます。 どちらにするにしてもミラーで戦うことを考えると僕は最速にしておくのが安定かなと思います。 努力値は基本的に物理ならAS、特殊ならCSに振っておけばいいでしょう。 今後の環境次第で耐久調整している型とか色々考えられそうです! 技ですが、 物理:ドラゴンアロー、とんぼがえり、りゅうのまい、げきりん、ゴーストダイブ 特殊:ハイドロポンプ、だいもんじ、10まんボルト、かみなり、シャドーボール、りゅうせいぐん、とんぼがえり あたりが使えそうですね。 特殊型だと色々なタイプの技が使えるので、物理なのか特殊なのかの択をせまれるこのポケモンは本当に強いと思います。 ナットレイが多い環境なら物理でもほ炎の特殊技を覚えさせておくといいかなと思います。 時間が経てば両刀型とかもでてきて、色々な型のドラパルトがランクバトルで猛威をふるいそうですね! もちものはこだわりハチマキ、こだわりメガネ、いのちだまなどの火力を上げるアイテムやきあいのたすきあたりが候補になるのかなと思います。

次の

ラビフット育成論 : ラビフットでエースバーンをぶっ壊す!|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ドラパルド 育成

考察などの中からテキスト検索 ポケモン名のほか、対戦形式やルール、役割などを指定して育成論を検索できます。 おくびょう• 投稿者:那須b• コメント 0 みんなの評価 :• おくびょう• 投稿者:ukeda• コメント 0 みんなの評価 :• ようき• 投稿者:willow• コメント 0 みんなの評価 :• わんぱく• 投稿者:ろん• コメント 5 みんなの評価 :• ようき• 投稿者:kzk• コメント 8 みんなの評価 :• いじっぱり• 投稿者:B特化タイプ:ヌル• コメント 6 みんなの評価 :• おくびょう• コメント 1 みんなの評価 :• ようき• 投稿者:みみずっく• コメント 8 みんなの評価 :• ようき• 投稿者:NANA• コメント 2 みんなの評価 :• ようき• 投稿者:こーりっぽ• コメント 2 みんなの評価 :• いじっぱり• 投稿者:ぴょぴ• コメント 12 みんなの評価 :• いじっぱり• 投稿者:ref• コメント 9 みんなの評価 :• いじっぱり• 投稿者:むぎ• コメント 13 みんなの評価 :• わんぱく• 投稿者:Daub-le• コメント 6 みんなの評価 :• おだやか• 投稿者:よこいか。 そうでもしないと採用理由が本当に愛だけになっちゃいますよ。 (まぁ愛だけでも使うんですけどねw) 割り込み失... 努力値の項のところなのですが、DMトゲキッスについては、相手がどのような振り方であっても乱数1発ということはないかなと思います。 おそらく、非DM時なのかなとは思います... ゆうかん• 投稿者:内藤• コメント 4 みんなの評価 :• わんぱく• 投稿者:floral• コメント 2 みんなの評価 :• ひかえめ• 投稿者:こうさん• コメント 7 みんなの評価 :• ずぶとい• 投稿者:イルむに• コメント 4 みんなの評価 :• ようき• 投稿者:宮丸• コメント 3 みんなの評価 :.

次の

【ポケモン剣盾】耐久振り弱点保険ドラパルトの調整と対策【育成論】

ドラパルド 育成

この育成論を開いていただきありがとうございます。 初めて投稿させていただきます。 先に言っておくと自分はまだポケモンを始めて日が浅いため、この育成論が不快に感じる人がいるかもしれません。 ごめんなさい。 採用理由と役割 現在の環境で御三家の夢特性が解禁されたことによりエースバーンが跋扈する環境となっており、進化前のラビフットであっても相当強いのではないかと思い採用してみました。 1番の理由はラビフットとエースバーンが好きなので採用しました。 役割としては物理アタッカーに対してカウンターを打ち、いかりのまえばで体力を半分削り、次のポケモンに繋がることを理想としております。 使ってみたところ、味方のエースバーンと非常にシナジーがよく、相手のエースバーンにはめっぽう強い立ち回りができます。 相手のエースバーンが攻撃技のみの場合 持ち物 きあいのタスキ 物理アタッカーにカウンターを打ちたいため、きあいのタスキを選びました。 性格・努力値と調整 性格はようきで最速にしておくことで少しでも上から攻撃ができるようにしてみました。 努力値ぶりは s252 a252にしております。 技構成 ・カウンター この育成論のラビフットの主な攻撃技になります。 相手の物理攻撃に依存しますが決まれば致命的なダメージになると思われます。 ・いかりのまえば カウンターを決められず致命傷を与えられなかった場合や、最後っ屁として採用してみました。 ・ふいうち 先制技で更にタイプ一致で打てる悪技は強力であると考えて採用しました。 しかし、エースバーンと比べるとどうしても火力が足りないです。 主にカウンターで削りきれなかった分をふいうちで補うことになると思われます。 ・とんぼがえり 主に特殊アタッカーに対面など不利な対面で且つ、上をとっていると考えられる場合のみ打つつもりです。 どびひざげりと比較してとんぼがえりの方が使用することが多いイメージでした。 立ち回り例 選出の段階で相手にゴーストタイプのポケモンや特殊アタッカーが多くみられる際は気をつけた方がいいです。 とんぼがえりでバックする? 大人しく引く? いかりのまえばを打つ ことになると思われます。 ステロや天候を変えられタスキが機能しなくなった場合はいかりのまえばを打ち退場すれば最低限の仕事はしてくれます。 先発で出すもよし、相手の裏のポケモン次第では最後の決めてになってくれたりもします。 自分は死に出しすることで安全に着地させダイマックスを行っている物理アタッカーにカウンターをかますよう動いてます。 与ダメージ計算 カウンター、いかりのまえばは相手に依存するため、 ふいうち、とんぼがえりを少し紹介しようと思います。 このポケモンの対策 特殊ポケモン全般や砂パのすなあらし、ステロでタスキを剥がされてしまうとカウンターを活かすことができなくなってしまいます。 エースバーン対策をされているとラビフットもかなりきついです。 ラビフットが好きで使いたいと思っていましたが、 やはりエースバーンとの差別化が難しいところだと思います。 もうかエースバーンより火力が高くても、リベロエースバーンまではいかないので差別化という点については難しいですね。

次の