ピル ネット 購入。 【アフターピルの通販】正規品最安値取り扱いサイトを紹介!

【オンライン診療】ネットでピルが購入できる!コロナで病院に行けない時の薬の受け取り方|低用量ピル・アフターピルも|えるろぐ

ピル ネット 購入

毎回お医者様を受診して、ピルを購入するって、まあまあお金かかるじゃないかと。 どうやったら安く手にいれられるのかとインターネットで検索してみたところ、どうやら個人輸入という形で外国のものを購入できることを知ったのです。 しかしネットで手に入るピルは、病院で処方されるものと同じなのでしょうか? 昨年の12月にはピルの副作用である静脈血栓症による死亡例が発表されていたりも・・・一抹の不安を覚え、個人的にあれこれ調べてみました。 1)マーベロン 製造しているのはNV Orgaonという欧州に本拠がある大手製薬会社。 日本の産婦人科で処方されているものはもちろん日本語表記ですが、日本で包装がされているだけであって中身はオランダ製なんです。 2)ヤーズ こちらはドイツにあるBayerという製薬会社が製造しています。 それを日本にある子会社バイエル薬品株式会社が、販売しているとのこと。 他にも様々なピルがありますがどうやら日本で製造されている訳ではなく、中身は元々製造元の海外企業で作られ、日本語表記の包装をされて私たちの手元に入ってきているようです。 真意の程を確かめるため、カナダ在住の友達にこの疑問を投げてみました。 「処方箋ないと無理に決まってるじゃん」 な、なんと! カナダ、アメリカでも処方箋がないと販売してもらえないとのこと。 ヨーロッパやオーストラリアなんかも婦人科の医師が許可しないともらえないんだそう。 ということは、ネットで販売されているピルはどこで手に入れられたものなのでしょうか? 「格安」を売りとしているサイトを何件か見てみましたが、どうやら東南アジアの方でピルを入手しているよう。 もちろんメーカーに近い調達ルートを持っているサイトもあります 先日ベトナムへ旅行に行った知り合いも「普通のドラッグストアで頼んだら処方箋なしで渡してくれた。 」というのです。 またネット販売のサイトには必ず下記の注意事項が! 「日本国内で販売される医薬品は有効性と安全性が日本で確認されていますが、個人で輸入した海外医薬品の場合は日本国内で安全性の保障が確認されていない為、厚生労働省は注意を促しております。 ご使用にあたっては、必ず医師など専門家の指示に従っていただきますようお願いいたします。 」 つまりインターネットを通じて得た商品が、病院で手に入るピルと同じかどうかは責任を持ちませんよ?ということなのです。 こういうことを踏まえると、必ずしも同じピルであるという保証はないと言えるのではないでしょうか? 日本よりも値段が安かったりするのは、服用する私たちの手元に至るまでに経由するルートが少なかったり関税や消費税が安いためと言えるでしょう。 安価で手に入る・気軽に購入することが出来ることは、確かに魅力的です。 友達からの噂で「避妊できるピルが買えるらしいよ!」なんて話を聞くこともあるかもしれません。 両親に内緒でなんとか購入したい・・・という状況になっている人もいるかもしれません。 ですが、ネット販売のピルで何かが起きてしまったとしても全て「自己責任」ということになります。 手軽に手に入れられるからとネットでピルを購入するのはとてもリスクが高いのです。 ピルを使いたい場合は必ず婦人科で診断してもらい、処方箋を出してもらいましょう。 ameba.

次の

避妊のためにピルをネットで購入?ダメ、絶対! !

ピル ネット 購入

決済が失敗する場合があります。 まれにカード発行会社の規制により、国をまたいだクレジット決済がエラーとなる場合がございます。 クレジット決済ができない場合には、カード発行会社にご連絡いただき、クレジット決済をしたい旨をお伝えいただくことで決済が可能となる場合がございます。 【ご注意ください】 本来、医薬品のクレジット決済はカード規約で禁止されています。 医薬品である旨を伝えてトラブルになったケースもあるようですので、ご連絡される際には「海外の通販サイトを利用したいので制限を解除して欲しい」という旨だけとお伝え下さい。 請求金額が異なる場合があります。 昨今は外貨の変動幅が大きく、元から円へのエクスチェンジ時に為替差益が発生しており、1~2%前後の手数料が掛かっております。 購入金額以外に、この為替差益がお客様の負担となりクレジット会社から請求される可能性がございます。 ご負担頂いた3%分を当サイトでは、次回購入時に利用頂けるポイントとして付与しております。 こちらをご理解の上で、クレジット決済をお願い致します。

次の

避妊のためにピルをネットで購入?ダメ、絶対! !

ピル ネット 購入

病院に行かなくてもネットでピルが購入できる「スマルナ」とは スマルナはオンラインで医師の診断を受けられ、低用量ピルや中用量ピル、アフラーピルまで病院に行かずに購入ができる今注目のサービスです。 実際の病院の医師が登録しているので、安心してピル処方の相談や診察を行ってもらえます。 よくネット通販でのピル購入もありますが、ちゃんとした医師から処方されるオンライン診療を使うことをおすすめします。 スマルナでピルを購入する方法・アプリの使い方 スマルナでピルを購入する方法についてご紹介します。 アプリのインストール&会員登録 からアプリのインストールをして会員登録をします。 会員登録で使えるのは以下のアカウント。 LINEアカウント• Googleアカウント• メールアドレス 会員登録では運転免許証や健康保険証などの本人確認が必要なので、事前に用意しておくと良いです。 問診に回答&医師の選択 登録が完了したら問診に回答します。 問診はピルの使用目的や服用している薬、今までにかかった病気など20問程度です。 次に医師の選択をします。 医師にによって休診予定日などがあるので、すぐにピルが欲しい人は直近に休診の予定がない人を選びましょう。 男性の医師の方が多いですが、もちろん女性の医師も選べます。 オンラインでも女性の方が相談しやすいという方も安心です。 問診への回答と医師の選択が完了したら「診察を開始する」を押すと、医師とのメッセージがスタートします。 その場合は一度アプリを再起動することで解決しました。 ネットで診察 医師との診察が開始したら、チャットで副作用や何ヵ月分を希望するかなどの質問がきます。 LINEのようにチャットで送られてきて、時間のある時に答えることができるので忙しい人でもスキマ時間でオンライン診察を受けられます。 料金表や副作用についての説明も送られてくるので、初めての人でも安心です。 また、ピルの服用が初めての場合はこちらのチャットで自分の症状に合ったお薬を処方してもらえます。 ピルの受け取りは自宅のポスト 申し込んでから2日ほどでピルが自宅のポストに届きました。 ピルと一緒に ピルの飲み方ガイドや副作用についての説明もついているので、はじめての人でも安心してピルを始められるセットが届きます。 スマルナでネット購入できるピルの値段 スマルナで購入できるピルは以下の種類です。 低用量ピル3,800円〜 税別• 中用量ピル7,000円〜 税別• アフターピル9,980円〜 税別 診察代・お薬代・配送代込みなので、追加料金などを取られずわかりやすい料金体系になっています。 支払いはクレジットカードとコンビニで後払いができる「NP後払い」ができます。 病院はクレジットカードが使えないところもあるので、クレジットカードで支払えるのは嬉しい! スマルナでネット購入できるピルの種類と値段 スマルナで購入できるピルは、低用量ピル、中用量ピル、アフターピルがあります。 購入できるピルの種類と値段について詳しく解説していきます。 低用量ピルの種類と値段 1ヵ月購入 スマルナでは低用量ピルを1ヵ月から購入できます。 ラベルフィーユ:4,378円• ファボワール:4,928円• トリキュラー:5,478円• アンジュ:6,028円• マーベロン:6,160円• フリウェル配合錠ULD「あすか」:7,480円• ルナベル配合錠ULD:11,330円• ヤーズ配合錠:11,550円• ヤーズフレックス配合錠:13,200円 3ヵ月購入 上記のピルは3ヵ月で購入すると1ヵ月よりも安く購入ができます。 全てのピルが3ヵ月で購入できます。 参考までに一部ピルの値段はこちらになります。 3ヵ月よりは高くなりますが、毎月必ず届くのでもらい忘れの心配がありません。 また不正出血を止めたり婦人系病気の治療にも使われます。 低用量のピルに比べて、吐き気などの副作用が多いので症状や用途を医師に相談しましょう。 プラノバール 7,700円(1ヵ月) アフターピル(緊急避妊薬) アフターピル(緊急避妊薬)は、避妊に失敗した場合に72時間以内になるべく早く服用することで、妊娠を阻止するピルです。 スマルナで扱っているアフターピルは、1錠1回服用だけで副作用がほぼ無い最新のもの。 レボノルゲストレル錠:10,978円• ノルレボ錠:13,200円 万が一、避妊に失敗した、でも病院に行けないなどの場合はスマルナを利用しても良いでしょう。 スマルナでピルをネット購入するメリット・デメリット ネットでピルが購入できるスマルナのメリット、デメリットをご紹介します。 スマルナのメリット スマルナの最大のメリットは 病院に行かなくてもピルが購入できることです。 病院での長い待ち時間をなくせる• 平日に病院に行けない、忙しい人でも処方が受けられる• 病院の待合や移動でコロナや感染症にかかるリスクを減らせる• 子供がいて病院に行かなくても、自宅から処方が受けられる また、事情があって病院に行けない、行きたくない人もネットでピルが購入できるので安心です。 スマルナのデメリット ネットでピルが購入できるスマルナですが、 普通の病院よりもピルの値段が高いというデメリットがあります。 私が行っている病院ではファボワールで1ヵ月で2000円ほどでしたが、スマルナは3,800円ほどだったので、倍くらいでした。 ただ病院に行く手間や有休を取ること、病院では診察料がかかることを考えると、少し値段が高くてもスマルナでピルを処方してもらった方が良いかもしれません。 ネットでピルを購入して、コロナから身を守ろう コロナの感染を避けるために病院に行けずにピルが受け取れない…… そんなことに私自身が悩んでいたのですが、スマルナの存在を知って、ネットでピルを受け取れることを知って安心しました。 ピルを飲んでいる方はぜひネットでピルが購入できる「スマルナ」を試してみてほしいです。

次の