雪目めなり。 硬葉系ハオルチア・松の雪の胴切り:結果

雪目とは?症状や原因、治療法を知ろう!予防するにはどうすればいい?

雪目めなり

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」に主演している望海風斗(撮影・加藤哉) 雪組トップ望海風斗(のぞみ・ふうと)は元日に、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」の兵庫・宝塚大劇場公演で、新年20年の幕を開けた。 今年の抱負は、漢字一文字で「強」。 あこがれの傑作ギャング映画をもとにしたミュージカルに臨んでいる。 宝塚で2月3日まで上演中。 東京宝塚劇場は2月21日~3月22日。 ギャング映画を男役としての参考にしてきた望海にとって、悲願でもあった。 「いや~っ! すごくうれしかった。 小池先生もこの映画が大好きだ、と。 いつかやるんじゃないかとは思っていたので、自分もその一員として出演したいなって…。 でも、まさかヌードルス(主演)をさせていただけるなんてっ!」 演出の小池修一郎氏が舞台化を温めつつ、作風に影響を受けた作品だった。 「ギャング…そうならざるを得なかった人たちの背景。 底からてっぺんを目指す。 でも、うまくいかない。 少年から長い期間を描き、自分の人生も振り返ることができるんじゃないか」 20世紀の米社会が舞台。 移民少年たちが成り上がろうとする様を描く。 「(少年期も)自分たちでできるので、膨らませやすいですね」。 かつて「アル・カポネ」を演じ、設定になじみもある。 孤独、忍耐強さも持つ主人公だ。 「人間的には共感できる部分も。 ただ、私は(忍耐力は)全然ないです(笑い)。 自分の感情なら、どうしても感情がこみ上げてしまうので、ある意味、発散できない役。 怒りも」 演じていて、03年の入団から重なる部分も多い。 「今となっては、すべてが『あってよかった』と思う。 出会う人、作品に導いてもらった。 当時は苦しく必死でしたが、だからこその今。 すべて必要だった」 次席入団し、劇団最古の花組に配属。 新人公演、バウ主演を経験しつつも、個性に悩んでいた。 13年、蘭寿とむ主演の「オーシャンズ11」でベネディクト役を得た。 転機のひとつだ。 「あれがなければ、こんなに舞台で感情をストレートに表現することは、できなかったんじゃないかなと思う。 蘭寿さんは黙々と役作りをされ、背中を見せるトップさんだった。 私も、できないなんて絶対言っちゃいけないと思えた」 稽古を終えるたび、チームで反省会。 自信をふくらませた。 その後、同期の明日海りおが月組から花組へ。 後に自身は雪組へ移りトップに就いた。 昨年、明日海の本拠地退団時には花束を渡し「生まれ変わってもまた一緒に」とかわした。 「(前星組トップ)紅(ゆずる)さん、明日海が退団したといえ、自分はあまり変わらず。 これから(宝塚を)支えていかなきゃいけない若手が、どう経験を積めばいいのか。 今、私たちができることを考えるのも責任だと感じています」 花組、星組に新トップが誕生。 5組最上級生トップになったが、望海の心は不惑。 昨年は「振れ幅の大きな役をいただき、上にも下にも伸び、柔軟性がついた1年」と振り返り、今年は「新しさと宝塚の伝統も両立していきたい」と話す。 2020年、新年の漢字を聞けば「強」と答えた。 「強くなりたい。 トップ3年目。 1年目は周りが見えず皆に支えてもらい、2年目が過ぎ、今年はトップとして強く立って、皆に自由にしてもらいたい」 充実の幕開けだ。 20世紀の米社会を背景に、ニューヨークの貧民街で暮らす移民少年が、ギャングとして成りあがる過程と友情、絆、恋を中心に描く。 望海風斗演じる主人公らは少年期、青年期、初老期と3世代を演じる。 03年入団。 花組配属。 09年「太王四神記」で新人初主演。 14年「エリザベート」でルキーニ。 同11月に雪組へ。 15年「アル・カポネ」で東上初主演。 17年7月に雪組トップ。 前々作「ファントム」は、相手娘役真彩希帆とともに、圧巻の歌唱力で好評を得た。 身長169センチ。 愛称「だいもん」「ふうと」「のぞ」。 photo• 芸能 尾上松緑、激怒ブログ「非公開にするつもりは無い」 []• 芸能 [7月16日 8:28]• ジャニーズ [7月16日 5:00]• 芸能 [7月16日 5:00]• ドラマ [7月16日 5:00]• 芸能 [7月16日 4:00]• 音楽 [7月16日 3:00]• 芸能 [7月15日 22:28]• AKB48 [7月15日 21:33]• お笑い [7月15日 20:10]• 芸能 [7月15日 19:23]• AKB48 AKB柏木由紀、29歳の誕生日に配信限定ソロ公演 []• AKB48 [7月15日 21:33]• AKB48 [7月15日 9:25]• AKB48 [7月14日 9:01]• AKB48 [7月10日 22:18]• AKB48 [7月9日 17:39]• AKB48 [7月7日 9:00]• AKB48 [7月6日 23:15]• AKB48 [7月5日 20:33]• AKB48 [7月5日 0:26]• AKB48 [7月2日 14:41]• ジャニーズ 二宮和也の主演映画「浅田家!」に菅田将暉ら出演 []• ジャニーズ [7月16日 5:00]• ドラマ [7月16日 5:00]• 芸能 [7月14日 19:58]• ジャニーズ [7月13日 23:36]• 芸能 [7月13日 9:04]• ジャニーズ [7月13日 0:00]• ジャニーズ [7月12日 8:08]• ジャニーズ [7月12日 4:00]• ジャニーズ [7月11日 9:47]• ジャニーズ [7月11日 4:00]• ハリウッド 「グリー」女優リベラさん遺体発見 共演者命日に… []• コラム [7月14日 14:32]• ハリウッド [7月14日 13:32]• ハリウッド [7月13日 19:26]• ハリウッド [7月13日 11:42]• ハリウッド [7月12日 11:56]• ハリウッド [7月12日 11:55]• ハリウッド [7月12日 11:53]• ハリウッド [7月12日 9:43]• ハリウッド [7月11日 12:20]• ハリウッド [7月10日 10:09]• 映画 今井翼「わがままを言って…」初体験ナレーション []• シネマ [7月15日 16:32]• シネマ [7月15日 15:02]• シネマ [7月15日 9:22]• シネマ [7月14日 19:35]• シネマ [7月14日 16:05]• シネマ [7月14日 15:30]• シネマ [7月13日 9:04]• シネマ [7月12日 21:11]• コラム [7月12日 10:00]• シネマ [7月12日 8:08]• ドラマ 生田斗真主演 NHK&クドカン「悪だくみ」ドラマ []• ドラマ [7月16日 5:00]• ドラマ [7月15日 10:06]• ドラマ [7月15日 10:06]• ドラマ [7月15日 9:22]• ドラマ [7月15日 6:31]• ドラマ [7月15日 5:00]• ドラマ [7月14日 20:53]• ドラマ [7月14日 13:53]• ドラマ [7月14日 12:00]• ドラマ [7月14日 10:24]•

次の

とうとう富士山に雪がなくなりました

雪目めなり

経歴 [ ] 国(現)にて清国中村修の長男として生まれる。 母方の祖父は松山藩久松家の重臣。 、母とともに中村家の地・に帰国。 2年後に転居。 1908年、一家で東京に移り赤坂区青南尋常小学校(のち)に通学する。 1912年、再び松山に戻り松山第四小学校に転入。 1914年、に入学。 先輩にがおり兄事する存在となる。 1916年、伊丹らとともに回覧同人誌「楽天」を制作。 1918年、極度のにかかり中学を1年休学。 復学した頃にの『』に出会い生涯の愛読書となる。 1922年、入学。 直後に可愛がられていた祖母に死なれたことで不安と空虚に襲われ、その解決の鍵として哲学・宗教に至る道を漠然と思い描く。 、一家で東京に移転、4月に文学部独文科に入学。 やを愛読するが、1927年にふたたび神経衰弱に罹り翌年休学。 このころにの歌集『朝の蛍』(自選歌集、改造社、1925年)を読んで詩歌に目を開き、「」を参考にしながら「平安な時間を持ち続けるための唯一の頼みの綱」となる句作を始め 、俳号「草田男」 を使い始める。 1929年、母び叔母の紹介でに会い、復学したのち東大俳句会に入会。 の指導を受け、「ホトトギス」9月号にて4句入選する。 1931年、国文科に転じ、1933年卒業。 卒論は「子規の俳句観」。 卒業後に教師として奉職。 1934年、「ホトトギス」同人。 1936年、縁談を経て福田直子と結婚。 1938年より下北沢に住む。 1939年、学生俳句連盟機関誌「成層圏」を指導。 また『』座談会に出席したことをきっかけに、、らとともに「人間探求派」と呼ばれるようになる。 1945年、学徒動員通年勤労隊として福島県安達郡下川崎村に向かい、同地にて終戦を迎える。 1946年、「成層圏」を母体として「萬緑(ばんりょく)」を創刊、終生まで主宰。 1949年、政経学部教授に就任、国文学を担当する。 1954年下高井戸に転居。 1959年、朝日俳壇選者。 、幹事長となるが、選考を巡って協会内で意見対立が起こったため、1961年に協会を辞し新たにを設立、初代会長に就任する。 1965年、成蹊大学文学部教授。 1967年に定年退職後、非常勤講師となったのち、1969年に同名誉教授。 1972年、。 1974年、勲三等。 、メルヘン集『風船の使者』により受賞。 、急性のための病院で死去。 82歳没。 死の前日を受けた。 洗礼名「ヨハネ・マリア・ヴィアンネ・中村清一郎」。 墓はの五日市霊園にある。 没後の、が贈られた。 妻直子との間に四人の娘をもうけている。 お茶の水女子大学教授(フランス哲学)のは三女。 作品 [ ] 代表的な句としては、• 蟾蜍(ひきがえる)長子家去る由もなし(『長子』所収)• 降る雪や明治は遠くなりにけり(1931年作。 『長子』所収)• 冬の水一枝の影も欺かず(『長子』所収)• 玫瑰(はまなす)や今も沖には未来あり 同)• 萬緑(ばんりょく)の中や吾子の歯生え初むる(1940年作。 『火の島』所収)• 勇気こそ地の塩なれや梅真白(1944年作。 『来し方行方』所収)• 葡萄食ふ一語一語の如くにて(1947年作。 『銀河依然』所収) などがある。 自己流で「ホトトギス」の客観写生を学んだのち、季語の象徴性を生かし、西洋近代文学の思想性を日本的な情感に解かしこむ表現を模索。 「金魚手向けん肉屋の鉤に彼奴(きゃつ)を吊り」など、時にその表現は難解な語句や大胆な字あまり・破調となり「難解派」と呼ばれる一因ともなった。 同じく難解派・人間探求派と呼ばれた加藤楸邨、石田波郷が「ホトトギス」を離反した「馬酔木」に拠ったのに対し、草田男は「ホトトギス」に残り続け、俳句の伝統性固有性の枠内に止まろうとしたが、「ホトトギス」のスローガンである「」「」を安易に運営すれば自己不在、人生逃避に陥りかねないという危惧も持っていた。 戦時になると時局に便乗した年長の俳人からの圧力もあり、1943年より「ホトトギス」への投句を断念している。 一方でのフィクション的な連作「ミヤコホテル」を強く批判したのを初め、新興俳句運動に対しては強い興味を示しつつも楸邨らとともに強力な批判者としての立場に身を置く。 「」を去ったやが提唱したルビ俳句運動に対しても「日本語そのものの破壊のわざ」と痛烈に批判した。 戦後も論、「」の根源俳句論、前衛俳句やの「軽み」論をめぐる論争でこれらを批判、ほか自身の『銀河依然』(1953年)の序が俳句の社会性の問題を惹起するなど、戦後の俳句論争史において常に主導的な役割を果たした。 また草田男の戦中の作「壮行や深雪に犬のみ腰をおとし」について、この句の犬を戦中の熱狂に対する批判的精神が見出した「写実的象徴」として評価すると、そのような曖昧な手法は否定すべきだとする芝子丁種との間で1947年から翌年にかけて論争があり「草田男の犬論争」と呼ばれている。 掲句の「蟾蜍」は第一句集『長子』を代表する句で、自解によれば「『宿命の中における決意』に近いもの」を暗示しているという(山本健吉はニーチェの「運命愛」と結び付けて論じている)。 「由もなし」を「術もなし」に類するような意味で解釈されたことがあったが、字義どおり「そのようなことは起こりえない」の意であると草田男自身が抗議している。 「降る雪や」の句は大学時代、母校の青南小学校を訪ねたときの感慨を詠んだ句で、草田男の名を離れて広く知られている句である。 1977年には同校に句碑が建てられている。 「萬緑の」は「萬緑(万緑)」という語を季語として初めて用い定着させた句。 この語はの詩(作者は別人説もある)「咏柘榴詩」の「万緑叢中紅一点、動人春色不須多」などに見られる。 「勇気こそ」の「地の塩」は、聖書の「汝らは地の塩なり。 塩もし効力を失わば、何をもてか之に塩すべき」(マタイ伝福音書5章13節)という一節に由来する熟語で、他者から価値付けられるのではなく、自らが価値の根元となるものの意に用いられる言葉である。 句は教え子たちの学徒動員に際して作られた。 著作リスト [ ] 句集 [ ]• 『長子』第一句集。 初版は1936年、沙羅書店。 338句収録。 『火の島』1939年、龍星閤。 553句。 題箋は。 『萬緑』1941年、甲鳥書林。 昭和俳句叢書中の一冊として刊行された。 232句。 他に前二冊から自選した句も叢書に収められた。 装丁は。 『来し方行方』1947年、自文堂。 715句。 『銀河依然』1953年、みすず書房。 近作788句に『長子』時代のもの13句を加えた。 『母郷行(ぼきょうこう)』1956年、みすず書房。 653句。 『美田(びでん)』1967年、みすず書房。 239句。 『時機(とき)』1980年、みすず書房。 1960年前後の作品439句に72年の群作37句を加えた。 『大虚鳥(おほをそどり)』 2003年、みすず書房。 遺句集。 1963年から没年までの『萬緑』発表句5000句あまりから765句を選んだもの。 選句集・全句集・全集 [ ]• 二百句撰 榛の木書房 1949• 草田男自選句集 河出書房 1951 市民文庫• 中村草田男句集 編 角川文庫 1952• 新編中村草田男句集 編 角川文庫 1965• 定本中村草田男全句集 集英社 1967• 中村草田男全集 全18巻別巻1 みすず書房 1984-91• 草田男俳句365日 梅里書房 1996 名句鑑賞読本 随筆、評論、メルヘン集など [ ]• 永き午前 三省堂 1940 俳苑叢刊• やさしい短歌と俳句 谷馨共著 天平堂出版社 1948 学童文庫• 新しい俳句の作り方 同和春秋社 1955 のち角川文庫• 俳句入門 みすず書房 1959• 俳句の作り方 ポプラ社 1965• ビーバーの星 福音館書店 1969• 万緑季語撰 刀江書院, 1972• 風船の使者 メルヘン集 みすず書房 1977• 魚食ふ、飯食ふ エッセイ集 みすず書房 1979• 俳句と人生 講演集 みすず書房 2002• 子規、虚子、松山 みすず書房 2002 1971年にテイチクレコードから『俳句の世界』というレコードが発売されており、ここでは本人が自作を朗誦・解説している。 脚注 [ ]• 『中村草田男集』三橋敏雄解説 322頁。 『中村草田男集』三橋敏雄解説 323-324頁。 三女の中村弓子によれば、この頃草田男は父の死後も休学などでぐずぐずしていたことで親戚の一人から「お前は腐った男だ」と痛罵された。 「草田男」はこの「腐った男」のもじりであるとともに、音読みの「そうでん」には「俺は確かに腐った男かもしれん。 だが、そう出ん(そうそう現われない)男なのだぞ」という自負が込められているという。 (『中村草田男全集別巻』)• 『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)239頁• 『朝日新聞』1984年4月5日(発行)朝刊、22頁。 『中村草田男集』三橋敏雄解説 325頁。 『図説 俳句』 170頁。 『中村草田男集』三橋敏雄解説 324-326頁。 『定本 現代俳句』 332頁。 『中村草田男集』三橋敏雄解説 328-329頁。 『中村草田男集』三橋敏雄解説 326頁。 『俳句研究』瓜生鐵ニ「ルビ俳句 ルビ俳句のこと 碧梧桐・直得を中心に」1993年2月号65頁。 『現代俳句大事典』川名大「草田男の犬論争」 198-199頁。 『定本 現代俳句』 316-318頁。 『定本 現代俳句』 321-322頁。 『定本 現代俳句』 328-329頁。 『定本 現代俳句』 331-333頁。 参考文献 [ ]• 『現代俳句大事典』 三省堂、2005年• 『中村草田男集』 朝日俳句文庫、1984年• 坂口昌弘著『毎日が辞世の句』東京四季出版• 山本健吉 『定本 現代俳句』 角川書店、1998年• あらきみほ 『図説俳句』 日東書院、2012年 関連文献 [ ]• 香西照雄 『中村草田男』 桜楓社、1963年• 坂口昌弘著『毎日が辞世の句』東京四季出版• 宮脇白夜 『中村草田男論』 みすず書房、1984年• 『中村草田男読本』 角川書店、1980年• 中村弓子 『わが父 草田男』 みすず書房、1993年 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 1943:• 1948:• 1951:• 1953:• 1954:• 1955:• 1956: ・• 1957:• 1958: ・ ・• 1959: ・• 1960: ・・• 1961: ・・・• 1962: ・・• 1963: ・• 1964:• 1965: ・• 1966: ・• 1967: ・• 1968:• 1969:• 1970:• 1971:• 1972:• 1973:• 1974:• 1975:• 1976:• 1977:• 1978:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1997:• 2000:• 2001:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2011:• 2013:• 2016:• 2017:• 2018:• 2020:• 1942:• 1943:• 1950:• 1951: ・• 1952: ・• 1953:• 1954:• 1956:• 1957: ・• 1958:• 1959: ・・• 1960: ・• 1961: ・• 1962:• 1963: ・• 1964: ・• 1965:• 1966: ・• 1967:• 1968: ・• 1969: ・• 1970: ・• 1971:• 1972:• 1973:• 1976:• 1977:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1984:• 1985:• 1986:• 1988:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2012:• 2013:• 2015:• 2017:• 2018:• 1943:• 1950:• 1952:• 1953:• 1954:• 1955:• 1957:• 1958:• 1961:• 1963: ・• 1966: ・• 1968:• 1970:• 1971:• 1972:• 1973:• 1974:• 1975:• 1977:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1990:• 1991:• 1992:• 1994:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2012:• 2016:• 2019:• 1943:• 1950:• 1951:• 1952:• 1953:• 1954: ・• 1955: ・• 1956: ・・• 1957:• 1958:• 1959: ・• 1960: ・• 1961: ・• 1962: ・• 1963: ・・• 1964:• 1965:• 1966:• 1967:• 1968: ・• 1969:• 1970:• 1971:• 1973:• 1980:• 1981:• 1982:• 1983:• 1984:• 1985:• 1986:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2003:• 2004:• 2006:• 2007:• 2010:• 2012:• 2013:• 2016:• 2018:• 2019:• 1951:• 1953:• 1955:• 1957:• 1960: ・• 1961: ・• 1962:• 1963:• 1964:• 1965:• 1966:• 1967:• 1968:• 1969:• 1970:• 1971: ・• 1972:• 1973:• 1976:• 1977:• 1978:• 1981:• 1983:• 1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2017:• 2018:• 2019:• 1950:• 1952:• 1953:• 1957:• 1959:• 1961:• 1962:• 1965:• 1966:• 1967:• 1968:• 1971:• 1974:• 1975:• 1980:• 1981:• 1982:• 1984:• 1985:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1995:• 1996:• 1999:• 2000:• 2001:• 2003:• 2004:• 2006:• 2008:• 2010:• 2011:• 2013:• 2015:• 2020:• 1950:• 1951:• 1952:• 1955:• 1956:• 1957:• 1959:• 1960:• 1961:• 1963:• 1966: ・• 1967:• 1968:• 1969:• 1972: ・• 1973:• 1975:• 1976: ・• 1977: ・• 1979: ・・• 1980:• 1981:• 1982: ・・• 1984:• 1986:• 1987: ・• 1988:• 1989:• 1993: ・• 1994:• 1995:• 1998: ・• 1999:• 2000: ・・• 2001:• 2003:• 2004: ・• 2006:• 2007:• 2009:• 2011:• 2016:• 2017:• 2019:• 1948:• 1953: ・• 1955:• 1956:• 1957:• 1959:• 1961:• 1962:• 1968:• 1971:• 1972:• 1974:• 1980:• 1983:• 1987:• 1990:• 1991: ・• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1999:• 2000:• 2002:• 2002:• 2003: ・• 2004: ・・• 2007:• 2009: ・• 2010: ・• 2011:• 2012: ・• 2013:• 2014:• 2015: ・• 2017:• 2020:.

次の

硬葉系ハオルチア・松の雪の胴切り:結果

雪目めなり

背が伸びてしまった硬葉系ハオルチアの「松の雪」を胴切りした結果の報告です。 過去の記事はこちら 胴切りする前の写真です。 見事に上に伸びてますね・・・ これを二段階で胴切りする事にしました。 最初に胴切りした切断面からは、新芽が2つ出てきました。 胴切りしてから3ヶ月、成長速度は遅いですが、確実に育っています。 カットして仮植えした苗は、ガッチリ根付いて微動だにしなくなりました。 植え付け直後は、葉がどんどん赤くなっていきましたが、水が吸えるようになると緑色に戻りました。 葉色の変化は、根の様子を推測するーになりそうです。 葉色が完全に緑色に戻ったタイミングで、2段階目の胴切りをしました。 胴切り後、切断面には5日で新たな芽が出てきました。 (下の写真は2週間ほど経過した現在の様子です) 最初の胴切りでは芽が出るまでに21日かかったので、だいぶ早い芽吹きです。 芽吹きの早さは、気温や湿度、切る位置にも関係ありそうです。 カットした苗は、1週間乾燥させた後、湿らせたポリテル綿の上に乗せておきました。 こちらは、湿らせてから4日目で発根が確認できました。 硬葉系ハオルチアは、乾燥させた後、湿った場所に置くことで、安定して発根してくれるようです。 根の出た株は植える場所が無いので、鉢の石を抜いて、そこに秋まで居候させてもらう事にしました。 鉢のバランスが崩れてしまいましたが、もともと放熱目的でアルミ箔を巻いているので、美観も何もあったもんじゃありません。 夏は夏越しさせる事が優先で、見た目はどうでもいいのです。 胴切りの際に外れてしまった葉を葉挿ししてみた結果ですが・・・ 軟葉系ハオルチアと違って、こちらは芽が出る気配がまったくありません。 萎れる気配も無いので、気長に待っていればいつか芽が出るかもしれません。 結果 「松の雪」の二段階胴切りが無事成功し、元株共々、成長の軌道に乗せる事ができました。 十二の巻派生種の硬葉系ハオルチアは、問題なく胴切りができるようです。 動きが遅いので、焦らずのんびり待つのがコツではないでしょうか。 葉挿しに関しては、相当気長に待つ必要がありそうなので、お勧めはできません。 haworthii.

次の