怪盗 キッド と コナン。 「名探偵コナン スケボーラン 怪盗キッドと神秘の秘宝」公式サイト|Nintendo Switch

【名探偵コナン】怪盗キッドの登場回まとめ(アニメ・コミック・映画)

怪盗 キッド と コナン

コナンの正体が怪盗キッドにばれる回はいつ?【なぜ知ってるのか】 怪盗キッドとは 「名探偵コナン」に登場する怪盗キッドとは、神出鬼没の大泥棒。 『ビッグジュエル』と呼ばれている宝石を中心に狙っているほか、法的には捌けない物品の奪還を中心に活動しています。 怪盗キッドという名前はコナン=新一の父である優作が、国際犯罪者番号である1412を殴り書きしているのを見て、それをもじったのが名前の由来であります。 その正体は、江古田高校に通う黒羽快斗。 初代キッドであった盗一の謎の死をきっかけに、2代目怪盗キッドとして活動を開始します。 コナンと怪盗キッドの関係 コナンとキッドが初めて出会い対決するのは、アニメ第76話『コナンVS怪盗キッド』(原作16巻)でした。 キッドは青山剛昌先生原作の『まじっく快斗』の主人公であるため、当初はゲスト扱いとされましたが、登場によって人気が急上昇。 以降、名探偵コナンの原作、アニメおよび劇場版でメインキャラクターになるほどの活躍になるまで成長しました。 キッドはコナンのことを『最も出会いたくない恋人』と発言しており、対決に進むにつれてコナンはキッドのことを『捕まえなければならない犯罪芸術家』と評しています。 二人の対決はほぼ引き分けに終わり、時には共闘して事件解決をする事もあります。 コナンはキッドにとって『黒の組織』とは違った意味でのライバル関係かもしれません。 コナンの正体が怪盗キッドにばれる回 コナンの正体がキッドにばれるのは、 2000年に公開された劇場版『世紀末の魔術師』です。 犯人のスコーピオンによって銃撃されたキッドは、白鳥任三郎警部に変装し、コナン達や目暮十三警部と行動を開始します。 その際、コナンが阿笠博士と犯人についてやり取りをしている際に、キッドが盗聴器を使用し、コナン=新一であることがばれます。 怪我をしたマジックで使う鳩を助けた借りを、蘭に正体がばれる寸前に新一に変装し、コナンの危機を救ってくれます。 こうして、キッドはコナンが新一であることを知り、以後の劇場版、アニメ版、原作でもこの設定が生かされるようになります。 スポンサーリンク 怪盗キッドの正体がばれる回はある? 『まじっく快斗』にて快斗が2代目怪盗キッドである事が第三者にばれる回はあるものの、『名探偵コナン』では原作、アニメ、劇場版を含めてばれるシーンはありません。 まずまじっく快斗では、快斗の同級生である魔法使いの小泉紅子が、その正体を知っています。 快斗はキッドではないと否定していますが、魔法使いという設定のもと、誰かの行動が見える紅子は快斗の行動に薄々と気づいていたのかもしれません。 もう一人は、白馬探。 新一や服部平次と同じ高校生探偵で『まじっく快斗』の世界では、快斗のライバル的ポジションです。 かつてキッドが宝石を盗んだ際、快斗の髪を現場に残してしまい、それがきっかけで探はキッド=快斗に気づきました。 しかし、紅子がキッドのふりをしてその場をはぐらかしてしまい、結局正体の全貌をつかむことが出来ませんでした。 そのため探は、快斗=キッドであることを堂々と表明するために、キッドを追い続けています。 名探偵コナン側のキャラにばれてる? 『名探偵コナン』ではキッドの正体を知っている人物はいるのでしょうか。 残念ながらキッドが快斗であることがばれるシーンはなく、蘭を始め少年探偵団や園子達も快斗が新一に瓜二つに見えるため、コナンのキャラクターでキッドの正体を知っているのはいません。 キッドはコナンが新一である事は知っていても、コナンはキッド=快斗である事はばれていないようです。 ちょっとややこしいですが、これも物語を面白くするための伏線なのかもしれません。 怪盗キッドの正体を知っている人物 怪盗キッドが快斗である事は、紅子と探の他に協力者として寺井黄之助がいます。 かつて、快斗の父親だった盗一の付き人であり、初代怪盗キッドのアシスタントとして活動を続けていました。 その後2代目キッドの快斗が活躍するに当たって、補佐役として逃走の手助けや捜査撹乱の手引きを担当しています。 快斗の母親でもある、黒羽千影もキッドの正体を知っている人物。 彼女は盗一と結婚する前まで、『ファントム・レディ』という名で、怪盗として活動。 その身のこなしと身体能力は快斗に受け継いでいます。 坂本龍馬展での事件で、コナンはファントム・レディの存在を知り、キッドの母親も怪盗として活躍していた事を知ります。 また『涙のクリスタル・マザー』(アニメではOVA「コナンとキッドとクリスタル・マザー」)にて、イングラム公国の女王セリザベスの息子(王子)である、フィリップにも正体がばれてしまう場面がありました。 しかし、快斗はその場をごまかして、キッドであることを隠し通しました。 キッドの彼女・青子は正体を知っている? キッドの彼女というよりも快斗の幼なじみで敵対する中森銀三警部の一人娘である、中森青子は、快斗がキッドであることを知っているのでしょうか?青子は『まじっく快斗』のヒロインで、愉快犯みたいなキッドを毛嫌いしています。 残念ながらキッド=快斗が青子にばれるシーンはなく、その描写も名探偵コナンやまじっく快斗でも描かれていません。 ただ、青子は長年快斗と一緒にいたためか、彼の苦手なものを知っているようです。 快斗は魚が苦手であり、見ただけでも驚いて失神してしまうほどです。 これは快斗の母千影に電話をして、直接聞いたものです。 その他にもキッドが魚を怖がるシーンはアニメ版の『まじっく快斗』やOVA版『名探偵コナン』でも確認されています。 怪盗キッドの正体を知っているのは少ない ということで、怪盗キッドが黒羽快斗である事は意外にも少ないようです。 犯罪者であるがゆえ仮に逮捕されてしまったら、キッドが少年であることがばれて、日本中が大騒ぎとなってしまいます。 コナンに比べて、協力者が少なく自分の力でなんとかするというのがキッドの行動パターンなので、正体を知らない方が行動もしやすいのでしょう。 またコナンの場合子供になってしまった身体ゆえ、阿笠博士や灰原哀の協力がないと、探偵活動をするのが出来ない事が分かります。 怪盗と探偵。 立場が違うし、協力者の人数はそれぞれなのですね。 今後どうなる?まとめ コナンの正体を知っているキッドは、犯罪者であると同時に謎の組織を追うためビッグジュエルを狙っています。 ただ、どれもキッドが探し求めている宝石に巡り合わないというのが、まじっく快斗でも名探偵コナンでも言えます。 果たして、物語は今後どう動いていくのでしょうか。 キッドの正体が快斗である事がコナンに出演しているキャラクターにばれてしまうのでしょうか。 また、キッドが狙うビックジュエルは黒の組織が狙っているものと同じものなのでしょうか。 今後の物語の展開に注目し、キッドとコナンの活躍に期待しましょう。 スポンサーリンク.

次の

#名探偵コナン #京極真 怪盗キッドって…男?女?

怪盗 キッド と コナン

そもそも怪盗キッドって何者? 怪盗キッドとは、元々はコナンの原作者である青山剛昌先生が描く 『まじっく快斗』という作品の主人公です。 天才マジシャンであった亡き父、黒羽盗一。 彼の死の真相をつかむべく、父がやっていたキッドという怪盗を継ぎ世間を騒がしています。 彼の目的はあくまで真実を解き明かすこと。 悪事のために盗みを働くわけではないので、基本的に盗んだものは返還しています。 コナンではゲストとして登場し、それ以降は コナンのライバルとして探偵VS怪盗の逃走劇を繰り広げています。 キッド自身も父と同じくマジックが得意で、身体能力も高く、コナンと違い変声機なしで他人の声を真似ることが出来ます。 おまけに変装の達人で、イケメンという。 そんな彼が登場する劇場版コナンシリーズは、2016年現在、五作品あります。 では、その五作品を紹介していきましょう! 世紀末の魔術師 劇場版コナンシリーズ第三作目にして、記念すべきキッド初出演作。 監督はこだま兼嗣さん。 劇場版コナンシリーズの監督は七作ごとに交代していて、こだま兼嗣さんの作品は、他監督のコナン映画よりも伏線の仕込み方やストーリーの奥深さが最も優れていると言われています。 この映画は、キッドから 「黄昏の獅子から暁の乙女へ 秒針のない時計が12番目の文字を刻む時 光る天の楼閣からメモリーズ・エッグをいただきに参上する」という予告状が届き、コナンが同じく探偵である服部平次と組んでキッドと対決するところから始まります。 そして、 キッド共々ある壮大な事件に巻き込まれていく……というストーリーです。 コナン映画におけるキッドは、どちらかと言うと共闘したり、お助けキャラ的ポジションにつくことが多いです。 この『世紀末の魔術師』でも、コナンをあるピンチから救うかっこいいシーンが見られます。 また、序盤のキッドとの対決シーンに流れる、TVアニメ版キッドのテーマアレンジバージョンがまたかっこいいんです。 前述した通り伏線の張り方もうまいため、 ストーリー面を重視したい方にもオススメな一作です。 銀翼の奇術師 こちらは二代目監督、山本泰一郎さんの初コナン映画作品です。 全体としては第八作目となります。 この映画は少々変わっていて、前半のキッドとの対決シーンと、後半の別件シーンがまるで別の作品みたいに分断されています。 もちろん繋がりはあるのですが。 後半は飛行機が舞台になるのですが、 上空一万フィートの密室で巻き起こるサスペンスは見どころ満載です。 やはり今回も、キッドがコナン達を助けます。 その助け方がキッドならではの手法で、とにかくかっこいいんです。 ちなみに今作でキッドから出される予告状は、 「Romeo Juliet Victor Bravo! 探偵たちの鎮魂歌 劇場版第十作目記念作として作れられたのがこの『探偵たちの鎮魂歌』。 ある人物からの依頼を受けたコナンと毛利小五郎が、ランや他の子供たちを人質に取られ、開放してもらうべく依頼された事件の解明に挑む。 というストーリーです。 コナンと毛利小五郎の他にも多くの探偵が登場する オールスター作品となっています。 キャッチコピーも「 探偵たちよ、安らかに眠れ」「 さよなら、コナン」といった、なにやら凄そうなものになっています。 今作でのキッドは途中参戦です。 事件を調査しているうちに、その事件に怪盗キッドが関わっていることがわかっていく、というもの。 勿論、今作でもキッドは犯人ではありません。 それどころか、コナン達とは別のところである人物達を相手に大活躍するのです。 キッドの直接的な活躍がみたい方におすすめな、キッドファンイチオシの作品です。 天空の難破船 劇場版第十四作目となるこの作品は、山本泰一郎さん最後のコナン映画になります。 世界最大級の飛行船「ベル・ツリーI世号」を舞台にした物語です。 キャッチコピーには「 怪盗VS名探偵-華麗なる冒険の空」とありますが、今作でのキッドは 完全にコナンの味方です。 二人で謎のテロリストに立ち向かっていくというストーリーなのです。 コナンとキッドの時にコミカルで、時にかっこいい、 最強無敵のコンビネーションを観ることの出来る一本です。 業火の向日葵 劇場版第十九作目となる『業火の向日葵』。 静野孔文さん監督のキッド映画です。 この監督作品の特徴は、 アクションが派手なこと。 アクションシーンがバトルアニメのように派手に、身体能力も高く、動きまくります。 アクションシーン用のBGMも熱いです。 この作品は公開前のPVで、さもキッドが悪役になったかのようなシーンが流されています。 いつもと違うキッドの一面にドキドキしたファンも多かったようですが、残念なことにPVのキッドシーンはほとんどカットされてしまいました。 おまけに、今作ではミステリーの要素が薄く、推理シーンも過去作品と比べてかなり質の劣るものでした。 しかし、その分 アクションシーンの迫力は一級品。 『業火の向日葵』ではこれでもかというほどアクションシーンが盛り込まれ、コナンにキッドにと動きまくりでした。 キッドのド派手なアクションがみたい方にはぜひともチェックしてもらいたい一本です。 以上、怪盗キッドの登場するコナン映画作品のご紹介でした。 映画を見てキッドを好きになったら(もしくは既にキッドファンな方は)、ぜひ『まじっく快斗』の方も読んでみてください。 アニメ化もされていますよ。

次の

怪盗キッド の登場する劇場版名探偵コナンシリーズをご紹介♪

怪盗 キッド と コナン

『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』より - C 2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会 公開中の『』をはじめとする劇場版を含め、アニメ「名探偵コナン」シリーズに登場する謎めいた存在・怪盗キッド。 絶大な人気を誇る怪盗キッドの正体に迫る。 キッドは「月下の奇術師」とも呼ばれる怪盗。 白のシルクハットとタキシード、マント、モノクル(片眼鏡)という特徴的な出で立ちで、トランプ銃を使いこなす。 老若男女に化けることができる変装の達人で、神出鬼没。 犯行を予告しては、鮮やかな手並みで盗みを成功させる。 主人公のコナンとは、怪盗と探偵という関係性から、宿命のライバル同士として何度となく顔を合わせてきた。 [PR] テレビシリーズには1997年に初登場した。 劇場版には『世紀末の魔術師』(1999)、『銀翼の奇術師(マジシャン)』(2004)、『探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)』(2006)、『天空の難破船(ロスト・シップ)』(2010)、『業火の向日葵(ごうかのひまわり)』(2015)、そして最新作『紺青の拳』でメインキャラクターの1人として活躍する。 『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』より - C 2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会 そんなキッドの正体は、黒羽快斗という名の頭脳明晰な高校生。 現在のキッドは2代目であり、初代は快斗の父・盗一。 亡き父の死の真相を探るため、快斗は跡を継いで怪盗キッドとなった。 そして父の死に謎の組織が関わっていることを知り、彼らが狙う伝説のビッグジュエルを探し求めている。 素顔はコナンの本来の姿である新一とそっくりなことも特徴であり、声優も同じが務めているが、快斗の方が髪に少しクセがある。 [PR] 快斗は、「名探偵コナン」と同じ作の漫画であり、アニメ化もされた「まじっく快斗」の主人公。 1994年に連載が始まった「コナン」より前の1987年から連載開始した。 「まじっく快斗」では快斗の学園生活も描き出されており、「コナン」に登場する際のキザな印象のキッドとは異なる、愉快で明るい自然体の快斗を見ることができる。 ちなみにキッドをいつも追いかけている中森警部や、高校生探偵の白馬探なども「まじっく快斗」からのキャラクターだ。 『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』より - C 2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会 大ヒット中の『紺青の拳』では、自身にとって最大のピンチと言えるほどの危機に見舞われることになるキッド。 その一方で、コナンと行動を共にするシーンも多く、「いつも以上にナチュラルなキッドが見られます」とキッド役の山口も完成披露舞台あいさつでアピールしていた通り、その魅力を存分に味わうことができる。 (編集部・小山美咲).

次の