鼻 修正 東京。 鼻尖縮小(だんご鼻/団子鼻修正)の整形について

鼻・鼻筋の治療・整形

鼻 修正 東京

Before After(3ヶ月後)• 20代女性の患者様で、鼻先が大きく丸いダンゴ鼻であることと、小鼻が横に広がっていることを気にされていました。 鼻の高さはこのままでよいという御要望だったので、鼻尖形成と鼻翼縮小をして、鼻の下半分の横幅を小さくすることになりました。 鼻尖形成はクローズ法で、大鼻翼軟骨の頭側と軟骨上の脂肪を切除し、軟骨どうしを縫合することはしませんでした(縫合すると、横から見て、鼻先が丸く変形することが予測されたからです)。 鼻翼縮小は、鼻の穴の中から小鼻の外側の途中までを、約6mmの幅で皮膚を全層切除して縫合しました。 術後は、正面から見て、鼻先と小鼻の横幅が小さくなって、鼻の下半分が小さくなり、すっきりした鼻になりました。 Before After(6ヶ月後)• 切除した大鼻翼軟骨です。 大鼻翼軟骨上の皮下脂肪も一塊にして切除したので、脂肪も一緒に付いています。 20代女性の患者様で、ダンゴ鼻を治したいというご要望でした。 診察させていただいたところ、鼻先の軟骨である大鼻翼軟骨が横に大きく張っており、その上に分厚い皮膚が覆い被さって、ダンゴ鼻になっていました。 また、横から見ると、鼻先が潰れており、余計にダンゴ鼻が強調されていました。 鼻尖形成(鼻尖縮小)と鼻先の耳介軟骨移植をすることになりました。 鼻尖縮小は、両側の鼻の穴の中から、大きく余計に張り出している大鼻翼軟骨の頭側を切除し、大鼻翼軟骨上の皮下脂肪も合わせて切除しました。 左右の大鼻翼軟骨の間の脂肪をとって、軟骨同士を糸で結び合わせるといった操作は、このような鼻に対して行うと、正面から見て細くなったが、横から見ると鼻先が丸くなって大きくなるというパロットノーズ変形、ポリビーク変形が生じるので行っていません。 耳介軟骨は片側の外耳道から採取し、持針器でクラッシュし、鼻先が斜め下方向に出て、軽く尖った感じになるようにオンレイしました。 術後は、正面から見て程よく鼻先が細くなり、側面から見て鼻先が軽く出た状態になりました。 この患者様の鼻先の皮膚は厚いので、元々鼻先の皮膚が薄い人のような細く尖った鼻先を作ることは不可能です。 いくら鼻の内部の軟骨を操作して細くしても、その上に分厚い皮膚が被さるため、効果に限界があるからです。 鼻先の皮膚を少しでも薄くするように軟骨と合わせて皮下脂肪も切除するのですが、それでも限界があります。 そのような場合、無理して皮膚を薄くしようとすると、最悪皮膚が壊死してしまうこともあるため、この患者様のように、大鼻翼軟骨と軟骨上の皮下脂肪を切除し、鼻先に軽く耳介軟骨移植するのがリスクもなく安全です。 Before After(6ヶ月後)• 20代女性の患者様で、横に広がった大きな小鼻と団子鼻を気にされて来院されました。 診察させていただいたところ、確かに小鼻は大きく広がっており、それに合わせて鼻の穴も横に広がっていました。 また、鼻先の皮膚が厚い上に、軟骨が横に広がっており、全体的に潰れたような印象の鼻をしていました。 鼻尖形成は、オープン法ではなく、クローズ法に準じて行い、両側の鼻の穴の中を切開し、横に張り出している大鼻翼軟骨の頭側と、軟骨上の脂肪組織を切除しました。 パロットノーズ変形やポリビーク変形が起こって鼻先が上を向いたり、横から見て鼻先が大きく丸くならないように、軟骨間縫合(大鼻翼軟骨同士を糸で縛って寄せること)はしませんでした。 小鼻縮小は、鼻の穴の内側から鼻翼の外側の途中にかけて約6mmの幅で余分な皮膚と組織を切除し、丁寧に傷跡を縫合しました。 術後は、正面から見て広がっていた鼻先の横幅が小さくなり、団子鼻が改善した上に、横に広がっていた小鼻も小さくなったため、全体的にすっきりした鼻になりました。

次の

鼻尖形成(鼻尖縮小・だんご鼻・団子鼻・ブタ鼻・豚鼻修正)|東京の美容外科|美容整形の高須クリニック 東京院

鼻 修正 東京

クローズ式鼻尖縮小とは 鼻を美しく演出するのは「鼻筋」ではありません。 鼻筋を通すと同時に鼻全体を小さくまとめ、とがらせることが重要です。 よくヒアルロン酸注入だけお試しされる方が大勢おられますが、「鼻筋を通す」だけの結果でむしろ鼻全体が大きく見える可能性もあります。 当院では鼻先をとがらせる鼻の穴から手術するクロース式鼻尖縮小(傷が見えない手術)を非常に得意としております。 鼻先を小さくまとめてとがらせることで美しさのインパクトは絶大です。 鼻を美しく整形したいとお悩みの方はご相談ください。 <鼻の先端をとがらせる美しさ> 鼻先を尖らせると同時に前方へ出すという考えは、後に説明する「黄金比」という理論に従っています。 そもそも東洋人は西洋人の容貌に憧れている面があり、鼻に関して言えば、「鼻筋が通っていて鼻先が尖っている」ことが理想であり、まさに西洋人への憧れです。 <鼻先にヒアルロン酸など入れてはダメ!> ちなみに 鼻先にヒアルロン酸などのフィラー注入を行っても、鼻先は決して尖りません。 むしろダンゴ鼻が強調されてしまいますので絶対にやめておいた方が賢明です。 プロテーゼを入れたけどパッとしない• ゴルフボールみたいな鼻を改善• 鼻の先端が大きい気がする• 男っぽいダンゴ鼻を改善したい ゼロ式・鼻尖縮小 クローズ法について 美しさには鼻尖修正が必須 鼻は顔の中心にあるので、目と同じくらいあなたの印象を演出しており、鼻筋が通ると顔全体に立体感と美の調和が生まれてきます。 美しさ、知的さ、清楚さ等、目のインパクトと同様に印象強くする効果も高いパーツとなりますが、ポイントは鼻筋ではなく、鼻先をいかに綺麗に細めるか、前に出すか(鼻尖縮小・鼻尖形成)がポイントです。 特に東洋人の場合、Eラインを出すには「アゴ」出すのではなく、鼻先を小さくしながら前方へ出すことが最重要になります。 クローズ法へのこだわり クローズ法とは鼻の下(鼻柱)を切らずに鼻の穴から切開を行い、軟骨を動かして鼻先を尖らせる手術方法です。 東京ゼロクリニック銀座ではこの手術を非常に得意としております。 軟骨移植などを行わず、元々、ご自身の鼻に存在する鼻翼軟骨を引き起こして高さとスリム感を出す方法です。 オープン法の危険性 (鼻の下を切る) 当院でよくある鼻の修正相談で「小鼻縮小のムカデ傷」や「オープン法の鼻柱変形」です。 「傷はほとんど目立たない」と簡単に言う美容外科医が多いですが、 一部の方は鼻柱変形や瘢痕でマスクが一生外せない方もいるのです。 これは「縫い方が上手いから大丈夫」では無く、プロテーゼなど何かしらモノを入れて無理やり寄せて縫い付ける結果、傷に過度なテンションがかかり、皮膚の防御反応としてケロイド発生が要因です。 鼻尖はクローズ法で出来るのに、なぜ敢えてオープン法で行うのか私には理解できません。 超安全なクローズ法 (鼻の穴から手術) 鼻先をとがらせるには、鼻翼軟骨と呼ばれる軟骨を操作する必要があります。 鼻翼軟骨の大きさや硬さは個人差があり、一般的に鼻翼軟骨が発達している場合、いわゆる「ダンゴ鼻」と呼ばれる外観を呈します。 一般的な術式とは、両サイドの鼻の穴に切開を入れて軟骨を尖らせる程度のカットを入れて、折り込む感じで鼻翼軟骨同士を縫合します。 I型プロテーゼと一緒に行うケースが多いです。 ゼロ式 クローズ鼻尖 当院の誇れるメリット ダウンタイムの短さがじまんの当院の鼻尖縮小・鼻尖形成。 軟骨、オステオポア、プロテーゼなどの異物を入れることなく確実にとがらせることが可能です。 直後より鼻先の尖を実感することができます。 鼻尖縮小・鼻尖形成をして変わらなかったというお声も耳にしますが、当院では経験豊富な院長が執刀し、異物を入れず必ずとがります。 鼻尖トラブルのあれこれ オープン法による軟骨移植 軟骨移植に鼻尖効果はない 他院のカウンセリングで「軟骨移植の併用が必要」と言われて、セカンドオピニオンで来られる患者さんがいます。 鼻中隔延長が目的でオープン法軟骨移植を受けた後、鼻先が一切とがることなく巨大化したという相談です。 基本的に移植軟骨などを入れると鼻先は大きくなりがちです。 「腕が下手な医者がしたから大きくなった」のが原因ではなく、 この手術自体にかなり無理があります。 オステオポアで鼻先が巨大化 最近では耳介軟骨の代用品としてオステオポア()を入れるクリニックが増えてきましたが、時間とともに鼻先が巨大化する方がいます。 オステオポアの術式は鼻の穴(右側)を少しメスで切り込みを入れて挿入するだけの非常に簡単な手術であることから、どこのクリニックでも取り入れるようになりました。 しかし鼻翼軟骨が大きい方にもオステオポアを勧める結果、 時間経過とともに鼻先が巨大化するクレームも増えています。 軟骨を切断しないと効果なし 鼻先をトガらせる鼻尖縮小・鼻尖形成は鼻翼軟骨をしっかり分断できるかが仕上がりを大きく左右します。 「鼻尖をしたけど、全然変わってない」とSNS書き込みが多いのは軟骨カットが出来る医師がいないからです。 このテクニックはかなりの熟練が必要で、 クローズ法で 出来る医師は非常に少ないです。 軟骨カットせずに寄せ糸のみ 全く効果ありません 軟骨カットせずにただ縫い寄せるだけでは全く鼻尖の効果はありません。 これ、いまだに行っているクリニックが多いです。 変化の無さを誤魔化すため、「オステオポアを入れましょう」、「プロテーゼ(L型)を入れましょう」等と追加手術を言われるケースが多いと思います。 オープン法をしたがる医師 私の持論ですが「オープン法」は腕に自信がない医師が行う悪しき手術と考えています。 よく「傷はほとんど目立たない」という決まり文句を言うことが多いですが、一部の方は傷が残り、それで苦しみ、マスクがはずせない方々が沢山いることを考えて、先生方はクローズ法を勧めて欲しいものです。 【症例写真】鼻尖縮小・鼻尖形成 クローズ式鼻尖縮小のみ 当院を選んでいただき誠にありがとうございます。 異物は一切入れておりません。 鼻の下は切らずに行います。 術後の経過とリスク 術後経過 抜糸は約7日目が予定 生活制限 鼻穴詰めガーゼ:術後24時間後に自己抜去 固定ギプス:当院では鼻尖だけの場合、ギプスは着用しません。 洗顔とメイク:抜糸2日目から可能。

次の

斜鼻修正

鼻 修正 東京

クローズ式鼻尖縮小とは 鼻を美しく演出するのは「鼻筋」ではありません。 鼻筋を通すと同時に鼻全体を小さくまとめ、とがらせることが重要です。 よくヒアルロン酸注入だけお試しされる方が大勢おられますが、「鼻筋を通す」だけの結果でむしろ鼻全体が大きく見える可能性もあります。 当院では鼻先をとがらせる鼻の穴から手術するクロース式鼻尖縮小(傷が見えない手術)を非常に得意としております。 鼻先を小さくまとめてとがらせることで美しさのインパクトは絶大です。 鼻を美しく整形したいとお悩みの方はご相談ください。 <鼻の先端をとがらせる美しさ> 鼻先を尖らせると同時に前方へ出すという考えは、後に説明する「黄金比」という理論に従っています。 そもそも東洋人は西洋人の容貌に憧れている面があり、鼻に関して言えば、「鼻筋が通っていて鼻先が尖っている」ことが理想であり、まさに西洋人への憧れです。 <鼻先にヒアルロン酸など入れてはダメ!> ちなみに 鼻先にヒアルロン酸などのフィラー注入を行っても、鼻先は決して尖りません。 むしろダンゴ鼻が強調されてしまいますので絶対にやめておいた方が賢明です。 プロテーゼを入れたけどパッとしない• ゴルフボールみたいな鼻を改善• 鼻の先端が大きい気がする• 男っぽいダンゴ鼻を改善したい ゼロ式・鼻尖縮小 クローズ法について 美しさには鼻尖修正が必須 鼻は顔の中心にあるので、目と同じくらいあなたの印象を演出しており、鼻筋が通ると顔全体に立体感と美の調和が生まれてきます。 美しさ、知的さ、清楚さ等、目のインパクトと同様に印象強くする効果も高いパーツとなりますが、ポイントは鼻筋ではなく、鼻先をいかに綺麗に細めるか、前に出すか(鼻尖縮小・鼻尖形成)がポイントです。 特に東洋人の場合、Eラインを出すには「アゴ」出すのではなく、鼻先を小さくしながら前方へ出すことが最重要になります。 クローズ法へのこだわり クローズ法とは鼻の下(鼻柱)を切らずに鼻の穴から切開を行い、軟骨を動かして鼻先を尖らせる手術方法です。 東京ゼロクリニック銀座ではこの手術を非常に得意としております。 軟骨移植などを行わず、元々、ご自身の鼻に存在する鼻翼軟骨を引き起こして高さとスリム感を出す方法です。 オープン法の危険性 (鼻の下を切る) 当院でよくある鼻の修正相談で「小鼻縮小のムカデ傷」や「オープン法の鼻柱変形」です。 「傷はほとんど目立たない」と簡単に言う美容外科医が多いですが、 一部の方は鼻柱変形や瘢痕でマスクが一生外せない方もいるのです。 これは「縫い方が上手いから大丈夫」では無く、プロテーゼなど何かしらモノを入れて無理やり寄せて縫い付ける結果、傷に過度なテンションがかかり、皮膚の防御反応としてケロイド発生が要因です。 鼻尖はクローズ法で出来るのに、なぜ敢えてオープン法で行うのか私には理解できません。 超安全なクローズ法 (鼻の穴から手術) 鼻先をとがらせるには、鼻翼軟骨と呼ばれる軟骨を操作する必要があります。 鼻翼軟骨の大きさや硬さは個人差があり、一般的に鼻翼軟骨が発達している場合、いわゆる「ダンゴ鼻」と呼ばれる外観を呈します。 一般的な術式とは、両サイドの鼻の穴に切開を入れて軟骨を尖らせる程度のカットを入れて、折り込む感じで鼻翼軟骨同士を縫合します。 I型プロテーゼと一緒に行うケースが多いです。 ゼロ式 クローズ鼻尖 当院の誇れるメリット ダウンタイムの短さがじまんの当院の鼻尖縮小・鼻尖形成。 軟骨、オステオポア、プロテーゼなどの異物を入れることなく確実にとがらせることが可能です。 直後より鼻先の尖を実感することができます。 鼻尖縮小・鼻尖形成をして変わらなかったというお声も耳にしますが、当院では経験豊富な院長が執刀し、異物を入れず必ずとがります。 鼻尖トラブルのあれこれ オープン法による軟骨移植 軟骨移植に鼻尖効果はない 他院のカウンセリングで「軟骨移植の併用が必要」と言われて、セカンドオピニオンで来られる患者さんがいます。 鼻中隔延長が目的でオープン法軟骨移植を受けた後、鼻先が一切とがることなく巨大化したという相談です。 基本的に移植軟骨などを入れると鼻先は大きくなりがちです。 「腕が下手な医者がしたから大きくなった」のが原因ではなく、 この手術自体にかなり無理があります。 オステオポアで鼻先が巨大化 最近では耳介軟骨の代用品としてオステオポア()を入れるクリニックが増えてきましたが、時間とともに鼻先が巨大化する方がいます。 オステオポアの術式は鼻の穴(右側)を少しメスで切り込みを入れて挿入するだけの非常に簡単な手術であることから、どこのクリニックでも取り入れるようになりました。 しかし鼻翼軟骨が大きい方にもオステオポアを勧める結果、 時間経過とともに鼻先が巨大化するクレームも増えています。 軟骨を切断しないと効果なし 鼻先をトガらせる鼻尖縮小・鼻尖形成は鼻翼軟骨をしっかり分断できるかが仕上がりを大きく左右します。 「鼻尖をしたけど、全然変わってない」とSNS書き込みが多いのは軟骨カットが出来る医師がいないからです。 このテクニックはかなりの熟練が必要で、 クローズ法で 出来る医師は非常に少ないです。 軟骨カットせずに寄せ糸のみ 全く効果ありません 軟骨カットせずにただ縫い寄せるだけでは全く鼻尖の効果はありません。 これ、いまだに行っているクリニックが多いです。 変化の無さを誤魔化すため、「オステオポアを入れましょう」、「プロテーゼ(L型)を入れましょう」等と追加手術を言われるケースが多いと思います。 オープン法をしたがる医師 私の持論ですが「オープン法」は腕に自信がない医師が行う悪しき手術と考えています。 よく「傷はほとんど目立たない」という決まり文句を言うことが多いですが、一部の方は傷が残り、それで苦しみ、マスクがはずせない方々が沢山いることを考えて、先生方はクローズ法を勧めて欲しいものです。 【症例写真】鼻尖縮小・鼻尖形成 クローズ式鼻尖縮小のみ 当院を選んでいただき誠にありがとうございます。 異物は一切入れておりません。 鼻の下は切らずに行います。 術後の経過とリスク 術後経過 抜糸は約7日目が予定 生活制限 鼻穴詰めガーゼ:術後24時間後に自己抜去 固定ギプス:当院では鼻尖だけの場合、ギプスは着用しません。 洗顔とメイク:抜糸2日目から可能。

次の