コロナ 給付 金 非課税 世帯。 【新型コロナ】現金給付になる住民税非課税世帯とは?年収の目安は?

【新型コロナ】現金給付になる住民税非課税世帯とは?年収の目安は?

コロナ 給付 金 非課税 世帯

今回のコロナショックで政府は現金30万円を住民税非課税世帯に給付します。 ただ、住民税非課税がどういったものなのかということを理解している人は少ないでしょう。 そこで今回は住民税非課税世帯を自分で計算できるようにしたいと思います。 まず、住民税には所得割と均等割の2つがあります。 これは2つとも払っていますが、均等割の方を払っていなければ所得割は払っていない事になるので、今回は均等割の計算をしていきたいと思います。 まず、均等割とは所得金額が35万円以下の世帯のことをいいます。 この所得金額とは収入金額から給与所得控除を引いたものになります。 (給与取得者) 収入金額とはいわゆる何か引かれる前の金額のことです。 サラリーマンはこの収入から給与所得控除を引かれて所得金額が決まります。 この給与所得控除は年収によって変わってきますが、最低でも65万円です。 つまり、収入金額-65万円が所得金額になるということです。 結論から言うと、収入金額は100万円以下の世帯は住民税非課税世帯となります。 100万円-65万円=35万円になりますよね。 つまり、所得金額が35万円以下も住民税非課税世帯になります。 収入金額が100万円以下、所得金額が35万円以下の世帯の方はコロナの給付金を貰える可能性が高いので、是非お近くの市区町村窓口に相談してみてください。 また、申請には源泉徴収票や給与明細が必要となります。 いずれかを添付して、郵送かオンラインなどで申請を行ってください。 投稿ナビゲーション.

次の

現金給付の対象になる住民税非課税世帯とは?年収の目安はいくら?

コロナ 給付 金 非課税 世帯

【2020年4月10日の最新情報】 当初の案から変更になっていますので、最新情報はこちらをご覧ください。 【2020年4月16日追記!】 【現金30万円支給対象世帯】 あくまで世帯単位なんですねえ。。 「2月〜6月の月収で判断」 2020年2月〜6月のうち、いずれかの月の収入がコロナ発生前(2020年1月以前)と比べて減っていることが条件になります。 この条件が厳しすぎる。 私もほんの少しだけ期待しており(4月はマイナス数十万円)、もし30万円もらえたらイルビゾンテで全額使い切ろうと思っていました。 が、私は対象外のようです。 (いいことだけど) 「支給条件を満たす月収とは?」 2つあり、いずれかに当てはまれば支給対象です。 (かつ2020年1月以前より収入が減少してることね) 2つに共通している「住民税非課税世帯」については後から解説します。 「住民税非課税とは」 ポイントとなる「住民税非課税」について解説します。 住民税というのは、新卒1年もよりも2年目の方が手取りが急激に減るというアレです。 住民税は収入に関係なく自治体ごとに一律で決まっている「均等割」と前年の収入に応じて決まる「所得割」の2種類から構成されています。 「均等割」「所得割」それぞれが非課税になる所得上限が異なります。 当然のことながら、両方非課税になる=住民税が非課税です。 「均等割」の非課税水準を満たすと、必然的に「所得割」の非課税水準を満たすことになりますので、今回の現金30万円給付案では「住民税の均等割が非課税になる」ことが給付の条件になります。 「住民税非課税対象者」 住民税が非課税になるのは以下の人たちです。 上記は愛知県名古屋市の場合 「具体的にいくらになってたらもらえるの?」 例えば 単身者である サラリーマンの場合。 「合計所得が35万円以下」を満たす年収は100万円です。 令和元年までの給与所得控除が65万円だからね 月収だと約8. 3万円ということになります。 つまり、 コロナの影響で2月〜6月のいずれかの月の収入が月収8. 3万円以下にならないと30万円現金給付の対象にはなりません。 もしくは月収が半分になり、かつ16. 6万円(8. 3万円の2倍)以下です。 「フリーランスはもっとやばい」 フリーランスは給与所得控除がありません。 なので売上から必要経費を控除した金額が年収35万円未満じゃないと対象にはなりません。 月収でいうと約2. 9万円です。 どうですかみなさん?もらえそうですか? まあ、ほとんどのフリーランスが青色申告していると思うので65万円の控除が受けられるとしても先述のサラリーマンと同じく年収100万円・月収8. 3万円ということになります。 「2人世帯は?」 前年の所得額が91万円以下(年収だと156万円以下)なら非課税世帯になるので現金30万円給付の対象世帯です。 世帯主がサラリーマン・公務員の場合ね。 ほとんどのサラリーマンはコロナの影響を受けていないのでは。。 【緊急事態宣言発令でどうなる】 いわゆる海外の「ロックダウン」を想像してしまいますが、違います。 対象になる都道府県知事が色々と行動しやすくなるという解釈でいいと思います。 知事が住民に不要不急の外出自粛などを要請できます。 コンサートなどの人が大勢集まるイベント等について今までは「自粛のお願い」でしたが、緊急事態宣言で「やるべきではない!」と指示できます。 罰則はないらしいですが、指示に従わなかったぞーって会社名を公表される可能性もあるらとか。 会社等も「緊急事態宣言が出たんだから仕方がない」と、様々な判断に踏ん切りがつくのでいいのではないでしょうか。 【まとめ】 コロナの影響で収入が減少した人たちに絞った手厚い給付案かと思いきや、掘り下げてみるとコロナの影響を受けてなくても支給対象になりそうな人たちがいそうということがわかりました。 当初の案(3月に囁かれていた一律10万円)のような 「経済を好循環させる資金」というよりは「貧困世帯の援助資金(生活資金)」という感じですね。 フリーランス、自営業者。 中小企業への資金援助もあるそうなので、こちらも詳細が公表されたら紹介します。 LINE公式アカウント友達追加で 2大特典プレゼント! 虎の巻其の壱「クレジットカード」 年間37万マイル貯める男が使うクレジットカード1枚を大公開! 虎の巻其の弐「ふるさと納税の極意」 ふるさと納税の自己負担が実質0円!?知らなきゃ損の裏ワザ! その他、セミナー情報をはじめ世界情勢や旬な情報をお届けしています!•

次の

住民税非課税世帯が利用できるコロナ給付金と支払猶予のご案内

コロナ 給付 金 非課税 世帯

新型コロナウイルス感染症の拡大により、業績が大きく悪化した中小企業、個人事業主などに対する「持続化給付金」や、都道府県独自の「休業協力金」などの支給が始まりました。 ところで、同時に給付が始まっている国民1人当たり10万円の「特別定額給付金」が非課税なのに対して、これらには、法人税や所得税が課税されることになっています。 非課税の給付金とは? 新型コロナウイルス感染症に伴う、国や地方自治体の各種給付金の申請・支給が始まっています。 そのうち、広く国民に関係するのが、全国民1人当たり10万円が配られる「特別定額給付金」で、「5月中」という政府目標からは遅れているものの、徐々に支給が始まっています。 この特別定額給付金には、税金はかかってきません。 当初、課税対象にして、新型コロナがあってもあまり生活に支障のない高所得者からは、一定程度を「返して」もらうべきだ、という意見もありました。 累進課税といって、所得が高いほど税率が上がっていく所得税のメカニズムが活用できるのではないか、という議論だったわけですが、結局「確実に10万円を渡す」ことを優先したことなどから、非課税扱いに落ち着きました。 休業協力金 各地方自治体が、休業や営業時間短縮要請などに応じた事業者に対して独自に支給するもの。 東京都の場合(「感染拡大防止協力金」)は、一律50万円(2事業所以上で要請に応じた事業主には100万円)が支給される。 これらの給付金、協力金は、さきほどの特別定額給付金と異なり、法人税(企業)や所得税(個人事業主など)の課税対象です。 とはいえ、あらかじめ税金を引かれたうえで支給されるわけではありません。 例えば100万円の給付金を受け取ると、その金額が売上とともに収入に計上され、そこから経費などを差し引いた事業所得をベースに、税金が計算されることになるのです。 もし課税されないと…… 給付金などへの課税については、「苦しい立場に追い込まれている事業者に対する援助なのだから、非課税にすべきではないか」という声も聞かれます。 確かに、法人税の税率が15%ならば、単純計算で、200万円の給付を受けたら30万円が課税されることになりますから、無視できない金額ではあります。 一方で、こうした事業者向けの給付金などを非課税とすることに対しては、反論もあります。 そもそも、中小企業の6割近くは赤字で、税金を支払っていないという実態があります。 課税所得がマイナスなので、法人税は発生しないのです。 「コロナ禍」で大幅に業績が悪化する中、そうした企業の大半は、たとえ給付金をもらっても黒字転換は困難=やはり税金の支払いは発生しない公算大、だとみられています。 そうしたことも踏まえて、給付金を非課税にすることの最大の問題は、「税の公平性」にあると言えます。 もし、こうした給付金を非課税にして、さらに家賃や人件費などの経費を通常通り控除(収入から差し引くこと)できることになると、給付された部分には、二重課税ならぬ「二重控除」が行われることになるでしょう。 売上だけで回している事業者との不公平が、露呈するわけです。 さらに、同じ黒字なのに、営業努力の結果それを達成した事業者に比べて、給付金や協力金の補填で黒字となっている事業者の方が支払う税が少なくて済むということになると、「働かないほうが得だ」というモラルハザードが広がる危険性も指摘されています。 「税の公平性」を守るというのは、まさに正論です。 ただし、一方で新型コロナによる経済の落ち込みが予想以上に甚大で、瀬戸際に追い込まれている事業者が少なくないのも事実。 今後とも、課税が問題視されないような迅速かつ有効な方策の実行を望みたいものです。 まとめ 新型コロナ対策として国や自治体から支給される給付金などには、非課税のものと、課税されるものがあることに注意しましょう。 また、今後の経済状況などによっては、新たな支援制度の創設や、非課税枠の拡大といった対策が講じられる可能性もあります。 常に最新の情報をチェックするようにしてください。

次の