富士通 エレクトロニクス 株式 会社。 加賀電子 富士通エレクトロニクス株式取得を決定 富士通セミコンダクターより70%株式取得 : 富士通セミコンダクター

加賀電子 富士通エレクトロニクス株式取得を決定 富士通セミコンダクターより70%株式取得 : 富士通セミコンダクター

富士通 エレクトロニクス 株式 会社

とは7日、株式の持ち合いを縮小すると発表した。 富士電機は保有する富士通株の7割強にあたる1億6889万株を売却する。 売り出し価格は今月8~10日に決めるが、7日の終値ベースでは1143億円に上る。 富士電機株を7433万株保有する富士通は、株価動向を見ながら売却時期と株式数を今後決めるとしている。 富士通は1935年に富士電機製造(現・富士電機)の電話交換機などの事業を継承する子会社として設立された。 富士通がIT(情報技術)を中核分野と位置づけ、富士電機がインフラ機器に集中する中、両社の事業分野は徐々に離れてきた。 2015年度の取引金額は互いに数十億円程度にとどまり、共同事業もデータセンターやスマートグリッドなどの分野に限られていた。 富士電機は売却の理由を「企業統治指針(コーポレート・ガバナンスコード)にもとづく保有株式や株主利益の見直し」と説明する。 富士通もコーポレート・ガバナンスコードに株式持ち合いの見直しを掲げており、両社は数年前から「最大株主であり続ける必要はないのでは」と議論してきた。 社外取締役の派遣も段階的に取りやめた。 富士電機の伊藤晴夫元社長が15年6月に富士通の社外取締役を退任し、富士通の黒川博昭元社長が16年6月に富士電機の社外取締役を退任したのが最後となった。 両社の株価を見ながら、16年10月ごろから株式持ち合いの見直しの議論を本格的に進めてきた。 15年4月に800円台だった富士通の株価は、構造改革費用が利益を圧迫することなどを受けて低迷していた。 16年7月には300円台前半まで下がったが、主力のITサービス事業が堅調で構造改革も積極的に進める様子が好感され、昨秋には600円台まで回復。 富士電機が株式を売却する好機となっていた。 富士電機が売却する株式の内訳は直接保有分が約5千万株、同社の退職給付信託の保有分が1億1889万株。 富士電機は株式の売却益を2017年3月期の特別利益に計上する。 1000億円規模の売却には富士電機の事業拡大という「野心」が透ける。 同社は創業100年にあたる2023年度までに連結売上高1兆円の目標を掲げている。 (竹居智久、世瀬周一郎).

次の

富士通エレクトロニクス

富士通 エレクトロニクス 株式 会社

第一段階となる70%株式の譲渡は関連当局の承認、及びその他クロージング条件の成立を前提として2019年1月を予定しております。 エレクトロニクス商社を取り巻く事業環境は、サプライヤー側での半導体・デバイスメーカーの再編統合や 代理店政策の見直し、お客様の判断に基づく完成品組立ての海外生産シフト、国内外市場では需給変化や価格変動、更には技術革新の進展に伴う製品ライフサイクルの短命化、など環境変化のスピードは加速し、未だ多数の競合企業が存在するエレクトロニクス商社業界での企業間競争は今後ますます厳しくなるものと認識しております。 このような状況の中、お客様・パートナー様を含めた全てのステークホルダーに対する価値を最大化するためには、加賀電子、FEI両社の事業を統合することが最適であるという結論に達しました。 加賀電子は「中期経営計画2018」 (2015年11月4日公表) を策定し、「利益重視経営の確立」を最重要課題と位置付け、既存の大手顧客への電子デバイスの拡販、及び海外市場を中心としたEMSビジネス (電装基板の製造受託サービス) の拡大に取り組んでおり、今回のFEI株式取得は、この中期経営計画で描く成長戦略の一環として実施するものです。 FEIも、既存ビジネスを深耕すると共に、商材の拡充、世界規模でのビジネス拡大を図ってきましたが、本件を通じ、これまでの成長戦略を更に加速させていきます。 本件により両社は以下の施策効果を見込んでおります。 (1) 電子部品・半導体ビジネスのシェア拡大 加賀電子及びFEIにおいて取扱い商材や、国内外の販売チャネルを相互に補完することにより、お客様ニーズ 対応力を強化し、電子部品・半導体ビジネスにおけるシェア拡大を目指します。 (2) EMSビジネスの事業規模拡大 加賀電子がグローバルに展開するEMS拠点網の上に、FEIの強みである広範な顧客基盤を共有することによ り、加賀電子が得意とする高付加価値型のEMSビジネスの非連続な成長を実現します。 (3) 両社事業協業に伴う経営効率の更なる向上 加賀電子及びFEIが持つ販売関連組織・各種機能の最適化や相互活用の最大化に取り組むことにより、 両社の収益性向上を図ります。 なお、FEIは、本株式譲渡後も「富士通エレクトロニクス株式会社」の商号を当面継続し、現在の商材を継続して取り扱ってまいります。 加賀電子 代表取締役社長 門 良一のコメント 加賀電子は、創業以来「すべてはお客様のために」の経営理念のもと、お客様の様々なニーズにお応えしていくことにより、事業領域を拡大してまいりました。 独立系のエレクトロニクス総合商社としての強みを活かした電子部品・半導体販売にはじまり、多品種・小ロットを得意とするEMSビジネス、更には、お客様製品の企画・開発や設計 支援、ソフトウェア・映像制作、ネットワークソリューションを中心としたシステムサポート等、国内外を問わず多様なサービスを提供しております。 今回FEIを迎え入れることにより、加賀電子は売上高5,000億円級の企業グループを形成することとなり、中期経営計画で目指す「我が国業界No. 1企業」としての経営基盤を固めるとともに、これを足場にして売上高兆円級の海外競合企業とも伍して戦える「世界に通用する企業」として更に成長すべく、引き続きグループ経営の規模及び質の向上に取り組んでまいります。 FSL 代表取締役社長 曲渕 景昌のコメント FEIは長年培ってきた電子デバイスの提案力、お客様・パートナー様との信頼関係を軸に、自社内で開発・設計・量産が可能な技術部隊、世界各国のビジネスパートナーとの連携を通じ、お客様が求める幅広いニーズに対応し、トータルソリューションを提供しております。 従前のFEIの強みに加え、加賀電子グループに加わることによるシナジーも生かし、FEIは既存、新規のお客様・パートナー様に対し、今後更なる高品質の価値を提供してまいります。 また、FEIは富士通グループの様々な製品・サービスも販売しており、今後も富士通グループはFEIとの連携を継続していきます。 顧客基盤・商品ラインナップが更に拡充することで、今回の事業の統合が富士通グループとの既存ビジネスに加え、IoT、車載、AI等の成長市場に向けた新たなビジネス機会の創出につながることを期待しております。 加賀電子グループの一員として、今後FEIが更なる大きな成長を図れることを確信しております。

次の

加賀電子、富士通エレクトロニクスを約205億円で買収

富士通 エレクトロニクス 株式 会社

1981年10月 - 2014年1月31日 略称 F,FJ 本社所在地 〒105-7123 東新橋一丁目5番2号 () 本店所在地 〒211-8588 四丁目1番1号 設立 (富士通信機製造株式会社)(創業:) 事業内容 通信システム 情報処理システム 電子デバイス (を参照) 代表者 (兼CDXO) (兼) 資本金 3,246億25百万円 (2020年3月31日時点) 発行済株式総数 2億700万1,821株 (2020年3月31日時点) 売上高 連結:3兆8,577億97百万円 (2020年3月期) 営業利益 連結:2,114億83百万円 (2020年3月期) 純利益 連結:1,600億42百万円 (2020年3月期) 純資産 連結:1兆3,484億35百万円 (2020年3月期) 総資産 連結:3兆1,874億45百万円 (2020年3月期) 従業員数 連結:129,071人 (2020年3月末時点) 決算期 会計監査人 主要株主 いちごトラスト・ピーティーイー・リミテッド 7. 富士通株式会社(ふじつう、: Fujitsu Limited)は、日本の総合であり、総合である。 ITサービス提供企業として売上高で国内1位、世界4位(2015年)。 通信システム、およびの製造・販売ならびにそれらに関するサービスの提供を行っている。 概要 [ ] と共同開発した「」が、計算速度のランキングで世界首位を獲得(2020年時点)。 また「非接触型 手のひら静脈認証」などの世界初の商品を開発し、第17回 顧客満足度調査(調査:)の分野において8部門中6部門で首位を獲得するなど高い商品力を誇る。 グローバル(世界100ヶ国以上)にビジネスを展開し、約16万人の連結従業員と3246億円を超える資本金を擁し、売上高4兆7000億円を超える大手企業である 2015年時点。 国内のIT業界・就職人気企業ランキングのメーカー部門で首位、総合部門で第2位にランクインするなど高い人気を誇っている(2011年時点)。 その採用ではやの日本代表選手、やで学生日本一になった者、また現役で試験に合格した者や国際的なビジネスコンテストで優勝を果たした者など、幅広い層の人材を獲得することに成功している。 9人制バレーボール男子部は、全国タイトル計35回(歴代最多タイ、都市対抗4回・全日本実業団9回・国体8回・全日本総合8回・桜田記念6回)を誇る強豪と知られる。 歴史 [ ] 、との電機メーカーである社が発電機と電動機を日本で国産化するため合弁会社として富士電機製造株式会社(現・)を創業として設立。 社名の富士の「富」は古河グループの「ふ」、「士」はシーメンス社(では「ジーメンス」社)の「じ」に由来する。 当社は、富士電機製造社の電話部所管業務を分離して、に 富士通信機製造株式会社として設立された。 に専用の新工場(現在の川崎工場・本店)を建設して独立、に資本的にも独立し、に商号を 富士通株式会社へ改称した。 翌年に を買収した。 IBMプラグコンパチブル機「」の成功で、現在の規模へと成長した。 や、その他大企業向けの大規模システムを得意としている。 また、各種、、、通信設備などを販売している。 富士通グループのブランドプロミスは、創立75周年となるから「 shaping tomorrow with you」となる。 それまでのは、当初は輸出向けの「 THE POSSIBILITIES ARE INFINITE」(可能性は無限)であった。 社内向けに発行されている「富士通技報」では、「 夢をかたちに 信頼と創造の富士通」とそれ以前のコマーシャルメッセージが使用されているが、最近では、らが出演している、広告に「 夢をかたちに、富士通」というスローガンを併用して使用していた。 また、「らくらくホン7」のTVCMからハイビジョン画面を生かしてサイドのどちらか一方にを挿入した字幕入りCM が放映されており、以降、「FMV(らくらくパソコン3及び2010年冬モデルESPRIMO・LIFEBOOK)」や企業CMでも字幕入りとなっている。 合わせて、FMVの2010年冬モデルのTVCMよりブランドプロミスの「 shaping tomorrow with you」を表記したサウンドロゴに変更 となった(30秒以上のロングバージョンでは「FUJITSU shaping tomorrow with you シェイピング トゥモロー ウィズ ユー 」とアナウンスされる)。 なお、歴史的経緯から上のはの川崎工場内にあるが、機能は(一丁目5番2号)にある。 なお、かつての親会社で母体となった現在の富士電機はじめ富士電機グループとは、、役員を相互に出し合う、同等の取引・パートナー関係、共同で新会社を設立するなど兄弟会社のような関係となっていたが、取締役相互派遣停止を経て、2月に株式相互保有方針の見直しを行い、富士電機保有の富士通株式の売却を発表した。 当社保有の富士電機株式も時期を見て売却することとしており 、同年付で売却された。 、シーメンスのコンピュータ関連部門を買収()。 、へ上場廃止を申請。 また翌、へ上場廃止を申請。 9月、社長・野副州旦が辞任。 富士通はこの時点で辞任の理由を「病気療養のための自発的辞任」と公表した。 同月25日、会長・間塚道義が社長を兼任する人事を発表したが、その後、野副が自らの社長辞任の取り消しを求める文書を提出。 野副は辞任した日に取締役相談役・らから「社長としての不適格性」を理由に辞任を迫られたと主張し、辞任理由を「病気療養のため」とした富士通の説明を否定した。 翌年の3月6日、富士通は臨時取締役会にて野副を相談役から解任した。 同時に当初の社長辞任の理由を翻し、 「当社が関係を持つことはふさわしくないと判断した企業と関係を続けたため」と公表しが発覚した。 、が兼に就任。 、携帯電話事業をと統合させる事を発表した。 同年に、東芝とともに、同社が株式の8割超を持つ新会社・富士通東芝モバイルコミュニケーションズ(のちに社名変更)の事業を開始。 富士通は、2009年度の携帯電話出荷台数で日本国内3位であったが、東芝との統合により2位に浮上する。 、(および、)との戦略的協業により、クラウドの世界戦略を強化する事を発表した。 、上場廃止。 12月、、との3社によるパソコン事業を統合する検討に入ったが、2016年4月に破談となった。 、PC事業を、携帯電話事業をにそれぞれ分社化。 は、コネクテッドの子会社に変更された。 、連結子会社のうち、、を簡易吸収合併。 また、工場は閉鎖せず、同じくレノボに買収されたと同様に富士通ブランド()を維持することになり 、製品戦略でもの導入など独自性を維持するとした。 、富士通コネクテッドテクノロジーズなどの携帯電話端末事業を投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループに売却すると正式に発表した。 また、ブランドも維持するとした。 、日本国内サービス市場での更なるビジネス拡大に向けて、付で富士通Japan株式会社を発足させることを発表した。 主な製品 [ ] コンピュータ [ ] パーソナルコンピュータ [ ] 「」も参照 向け 2月以降に発売された端末は、当該事業の移管先であるが製造販売を担当している。 自動車電話101型(NTT現行方式とNTT大容量方式に対応した、アナログ方式。 (松下通信工業)・NECとの共同製造した端末。 これと同じハンドセットを電池パックにセットすると、ショルダーフォン101型となる)• 自動車電話20x型(NTT現行方式とNTT大容量方式に対応した、アナログ方式。 これと同じハンドセットを電池パックにセットすると、ショルダーフォン20x型となる)• アナログムーバF、F2、F3(NTT現行方式とNTT大容量方式に対応した、アナログ方式)• デジタルムーバF、FII(PDC方式)• F1xx : 、、、(PDC方式。 800MHZ帯の携帯電話端末のF10xと1. 5G帯携帯電話端末()のF15xがある)• F2xx(PDC方式): 、、、、、• F2xxi S (iモード対応PDC方式):、、、• F50xix(PDC方式):、、、、、、、、• 高級志向携帯電話 : (PDC方式)• F70xi FOMA :、、、、、、• FOMA• FOMA• F240x(FOMAモバイルカード):• F90xi FOMA :、、、、、、、、• F90xix(FOMA。 Bluetooth対応の携帯電話端末やおサイフケータイが搭載した携帯電話端末):、、• ・(セキュリティ重視のためそれぞれF903i、F-08Bからカメラなどを撤去した法人専用携帯電話端末)• ・(セキュリティ重視のためそれぞれF905i、F906iから一部機能を撤去した法人専用携帯電話端末。 カメラは搭載されている)• モバイルF(PDC方式。 普通の携帯電話端末に、モバイルカードが搭載した携帯電話端末)• (の他は)全機種(、、)• FOMAらくらくホン(の他は)全機種(、、、、、、、、、、 、、• キッズケータイ:、• スマートフォン• :、、、、、、• :、、• :、、、、• : 、• (バーコードスキャナ一体型法人専用スマートフォン端末)• ビジネスケータイ:、• Windows7ケータイ :• : 向け• (データ通信専用型端末)• 通信モジュール ・ 各 向け au、ソフトバンク、イー・モバイル向け端末の製造はが担当。 スマートフォン 、ビジネススマートフォン等 :(CDMA FJI11) 、(CDMA FJI12)、(CDMA FJI13) モバイルWiMAX 、• 携帯電話 、ビジネスケータイ等 :(CDMA E09F)、(CDMA FJ001) 向け 富士通単体としては後述のとおりデジタルホン向けへの供給経験がある。 、、 向け• 海外向け らくらくスマートフォン(F-12D)をベースとした「 Fujitsu STYLISTIC S01」を2013年6月にフランスの向けに供給予定である。 かつてはグループ、(廃業)にも供給していた。 その他通信関係 [ ] 電話交換機 [ ]• IP Pathfinder• LEGEND-V ネットワーク機器 [ ]• Si-Rシリーズ(ルーター)• NetVehicleシリーズ(ルータ)• SR-Sシリーズ(L3, L2スイッチ)• IPCOMシリーズ(ファイアウォール) ネットワークサービス [ ]• FENICS II(IP-VPN, 広域イーサ, フレッツVPN, 日本国外専用線, モバイル) ATM [ ] 幕張システムラボラトリ• 札幌システムラボラトリ()• 青森システムラボラトリ()• 富士通ソリューションスクエア()• 富士通あきる野テクノロジセンター(東京都)2016年9月に閉鎖• 川崎工場()• TECHビル(神奈川県)• 研究開発センター(神奈川県)• 幕張システムラボラトリ()• 熊谷工場()• 小山工場()• 那須工場(栃木県)• 長野工場()• 須坂工場(長野県)• 沼津工場()• 岐阜ソフトピアセンター()• 関西システムラボラトリ()• 明石工場()• 高知富士通テクノポート()• 大分システムラボラトリ()• 熊本システムラボラトリ() 関連企業 [ ] 日本国内のグループ会社 [ ] 上場企業 [ ]• 株式会社 (東京証券取引所市場第一部上場・連結子会社)• 株式会社 (東京証券取引所市場第二部上場・連結子会社)• 株式会社 (東京証券取引所市場第二部上場・連結子会社)• 株式会社 (東京証券取引所市場第一部上場・持分法適用会社) 非上場企業 [ ] 東京都の企業 [ ]• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社富士通システムズウェブテクノロジー• 株式会社 神奈川県の企業 [ ]• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社(が前身)• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社 その他の都道府県の企業 [ ]• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社 日本国外のグループ会社 [ ]• 日本の富士通とのが折半出資した会社。 本社はの。 2009年4月を目処に、シーメンスが合弁事業より撤退し、富士通が完全子会社化。 グループ外の主な出資会社 [ ]• 株式会社 10. 株式会社 10. 株式会社 10. オーナー一族だった都築省吾が社長を退いてからは、富士通が筆頭株主となっている。 株式会社 14. 元々は大和証券グループだが、富士通の保有株比率が最も高いディーラーの一社となる(富士通マーケティング(旧富士通ビジネスシステム)を除く)。 又、富士通出身者である高橋が社長を務めていることもあり、富士通の子会社色が比較的強いと言われる。 株式会社(15. なお、専業メーカーの株式会社は富士通と類似したロゴだが、富士通グループとの資本・人的関連は一切ない(同根の富士電機とは資本関係あり)。 広報・広告 [ ] 協賛・スポンサー [ ]• (冠スポンサー)• (冠スポンサー)• (主催 の世界選手権)• (主催 のシニア戦:非公式)• (旧:)(を取得し「富士通スタジアム川崎」と改称、2015年4月より)• このため、公式ルール上ブランド電池しか使用できない中、ジャパンカップでは例外的に富士通乾電池の使用が解禁されている。 提供番組(過去に提供された番組も含む) [ ] 現在 [ ]• (冠スポンサー)• (冠スポンサー)• (初期は当社の一社提供)• (2013年)• (2009年 - 2013年) など 社会関連 [ ] スポーツ [ ]• (アメリカンフットボールチーム。 1部所属)• (女子チーム。 (Wリーグ)所属)• 富士通レッドウルブズ(男子バスケットボールチーム。 関東実業団リーグ所属)• (男子チーム。 所属)• () 社会貢献活動 [ ]• 環境省企業・団体サポーター(2011年-) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 富士通株式会社 2020年6月22日. 2020年8月2日閲覧。 ITサービスを提供する世界の企業の収益(revenue)順位、1位「IBM」、2位「HP」、3位「アクセンチュア」、4位「富士通」「」HfS Research 2015• 「『富士通』の社名の由来にも 日本に息づくシーメンス」『』2012年7月12日号、p. 114• 2015年11月16日. 2015年12月5日閲覧。 2017年11月2日. 2017年11月3日閲覧。 2017年12月1日. 2017年12月15日閲覧。 2018年1月31日. 2018年2月9日閲覧。 富士通株式会社 2016年5月30日. 2020年4月5日閲覧。 一次資料または記事主題の関係者による情報源 [ ]• 富士通. 2016年6月28日閲覧。 - 富士通 プレスリリース 2010年7月21日(2010年10月11日閲覧)• (富士通株式会社、2017年2月7日、2017年2月14日閲覧)• : 富士通(2011年9月7日閲覧)• 富士通. 2017年11月2日. 2017年11月3日閲覧。 アドバンテストの 内の「大株主の状況」を参照 関連項目 [ ]• - 富士通が設立に深く関わった。 - 元法務部社員。 人事コンサルタント• - 2000年から2010年まで一般向け製品CM・カタログに出演した。 - 1993年、東証一部上場企業では日本初の導入。 - 川崎工場が新しい西部警察署の建物として使用されている(連続ドラマ版ではの建物を使用していた)。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の