ガルパンg 設定6 グラフ。 ガルパン2(G) スロット新台 天井 設定判別 フリーズ 解析

ガルパン2(G) スロット新台 天井 設定判別 フリーズ 解析

ガルパンg 設定6 グラフ

高設定確定演出 稼動日記の前にまずは確定演出の復習から。 ガルパンは設定456確定の演出が豊富で、高設定台なら終日打っていれば出ない方が珍しいと言えるレベルです。 数が多いのでここで一気に全演出をまとめてみました。 AT終了画面 設定456確定画面 引用元 : 敵チームの水着出現で456確定です。 振り分けは設定4で2. 3%、設定5で3. 1%、設定6で4. 0%となっていて、設定6がかなり出やすいですね。 ガルパンは初当たりの多い機種なので、かなりの高確率で出現しそうです。 設定6確定画面 引用元 : みほ&まほ出現で設定6が確定です。 出現率は1. 4%と低めです。 設定6なら1日打っていればどっちかの確定画面が出る可能性は相当高そうですね。 あんこう祭り6セットで設定6確定 1回の当選で6つストックが出てくるのは設定6にしか振り分けがありません。 あんこう祭りは複雑なので詳細は後ほど説明します。 天井456Gが選択で設定456が確定 天井G数で456Gが選択されると設定456が確定します。 456Gの天井でATに当選するときは、必ず上記のような「突当たり革命」の画像が出現します。 解析は出ていませんが、ガルパンを打ち込んでいる方などから情報を集めても、設定6以外では見たことがないとのこと。 もしかしたら敵チーム水着のように、設定6ではかなり出やすくて設定4 or 5では少し出にくい数値になっているのかもしれません。 AT中のシナリオ 高設定確定シナリオ一覧 セット数 設定456確定 設定56確定 設定6確定 1セット目 サンダース グロリアーナ アンツィオ 2セット目 グロリアーナ アンツィオ アンツィオ 3セット目 アンツィオ アンツィオ アンツィオ 4セット目 アンツィオ アンツィオ アンツィオ 5セット目 アンツィオ アンツィオ アンツィオ 6セット目 アンツィオ アンツィオ アンツィオ 7セット目 グロリアーナ グロリアーナ グロリアーナ 8セット目 サンダース サンダース サンダース 9セット目 プラウダ プラウダ プラウダ 10セット目 グロリアーナ グロリアーナ グロリアーナ 11セット目 サンダース サンダース サンダース 12セット目 プラウダ プラウダ プラウダ 13セット目 グロリアーナ グロリアーナ グロリアーナ 14セット目 サンダース サンダース サンダース 15セット目 黒森峰 黒森峰 黒森峰 15戦目まで勝てることは稀なので出現していたとしても気付けないパターンも多いはずで、設定確定演出の中ではかなり確認しづらい部類です。 イチイチ覚えていられないと思うので、アンツィオが序盤で連続で来まくったときに確認するなどで良いでしょう。 高設定示唆演出 ガルパンのゲーム性 あんこう祭りがかなり理解しづらいので順を追って説明していきます。 まずはガルパンのゲーム性からおさらいです。 通常時の状態は通常A・通常B・高確A・高確B・超高確の5つ。 チェリーや強ベルによって1つ1つ段階を追って上位のモードに上げていきます。 上位のモードほどCZに当選しやすい状態となっていて、CZは双眼鏡と砲弾リプレイによって抽選されています。 双眼鏡は一律30%でCZ当選(超高確のときのみ100%で当選)なので、状態の影響を受けるのは砲弾リプレイのみです。 状態の転落契機はCZ当選のみで、小役による転落抽選は行っていません。 ですので、CZに当たるまではどんどんチェリーや強ベルを引いて上位のモードに上げていって砲弾リプレイで刺すといったゲーム性ですね。 ガルパンチャレンジやサバイバルウォーに当選するとほぼ状態が転落するのですが、鬼ごっこだけは状態が転落しにくいといった性質があります。 鬼ごっこのあとまたすぐCZに当たったりするのはこのためですね。 そして当たるCZは以下の3つです。 ガルパンチャレンジ• サバイバルウォー• 教官と鬼ごっこです ポイントはここにあんこう祭りが無いところ。 そうです、 あんこう祭りは小役による抽選は一切行なっていません。 あんこう祭りのみ「あんこうモード」と「あんこうテーブル」によって管理されていて、決まったG数に到達したときに抽選しています。 ゲーム数解除やマップ解除のようなイメージですね。 まとめると、通常時のガルパンの「レア役による3つのCZの抽選」と「G数テーブルによるあんこう祭りの抽選」からATを当てていくゲーム性ということです。 高設定示唆のあんこう祭りのテーブル ここまで理解した上でやっとあんこうテーブルの話をしたいと思います。 ただし、あんこうテーブルはかなりごちゃごちゃしているので、余計な部分は割愛して高設定示唆の部分だけを説明していきます。 あんこうモードはモードA・モードB・モードC・天国A・天国Bと5種類があります。 通常時の状態移行と違って、BからAに転落することもあります。 状態移行契機は66G移行のAT抽選時のみとなります。 つまり1回当たった後いずれかのモードに振り分けられるということですね。 ここで注目したいのはあんこう天国Aです。 あんこう天国Aは、66Gと666Gでのあんこう祭りの当選率が100%となっていて、しかもあんこう天国AまたはB自体を50%でループするという性質を持っています。 モードAやBからのあんこう天国Aへの移行率 設定 モードAから天国Aへ モードBから天国Aへ 1 0. 1% 0. 5% 2 0. 8% 4. 0% 3 0. 1% 0. 1% 4 2. 4% 6. 0% 5 0. 1% 0. 3% 6 4. 0% 8. 0% モードCへ移行することは稀で、ほとんどの状態でモードAやBに滞在していると考えてもらってOKです。 そうすると 天国Aへ移行したのが確認できただけでも結構強目の設定4 or 設定6の高設定示唆となるのが分かると思います。 もちろんモードBから天国Aに行くパターンは設定2でも大きめの振り分けがあるんですが、設定2は通常Aから天国Aへ直接行く振り分けが薄いので、やはり設定差の大きいポイントであることは間違いないです。 まとめると、天国Aへ移行すること自体が設定4 or 設定6 の高設定示唆なので、複数回確認できたらかなり強い、ということですね。 バジリスク絆で言う低確や高確からの謎当たり同色みたいなもんでしょうか。 もうちょっと強いか・・・。 赤LEDハズレくらいかな?? 66G当選時にあんこう祭り複数出現で高設定濃厚 天国Aの66G当選時のあんこうストック振り分け 設定 1個 3個 6個 10個 1~3 99. 94% - - 0. 06% 4 85. 00% 14. 50% - 0. 50% 5 75. 00% 24. 00% - 1. 00% 6 66. 67% 23. 33% 9. 50% 0. 50% 天国Aで66G時にあんこう祭りに当選した際のストック振り分けはこんな感じになっています。 66Gのあんこう祭りで複数個出てきた時点で456濃厚となります。 もはや設定確定演出に分類しても良いレベル。 ごくごく稀に天国Aじゃなくても66Gであんこう祭りに当選することもあるのですが、当選率が0. 1%と激低なので66Gであんこう祭りに当選した時点で天国Aと考えてもらって問題ありません。 あんこう祭りで設定差の大きい部分のまとめ• 66Gであんこう祭り当選は天国A濃厚で、天国Aに行くこと自体がかなり強めの設定4 or 設定6の示唆。 66Gのあんこう祭りで複数ストックした場合設定456が確定。 どんなG数で当たったあんこうも、複数出てきた時点で強めの高設定示唆。 上記の知識で十分ですが、あんこう祭りの詳細を知りたい方はこちらのサイトを参照してください。 スポンサーリンク 稼動スタート!ガルパンを後ヅモ?? 狙い台のまどかマギカ2が微妙で・・・ 朝イチは狙い台の魔法少女まどかマギカ2でした。 一緒に稼動に来ていた友人S君と内角台を押さえて稼動開始。 800回転ほど回した時点で、レア役を引けてるにも関わらずCZにほとんど入らないなど挙動がすこぶる悪く早くも暗雲が・・・。 ガルパン島の挙動が良い するとガルパンマスターのS君からガルパンの様子がおかしいとの連絡が。 確認してみると全リセ挙動に加えて全台サバイバルウォーの確率が良く、リセットのあんこう以外の場所ですでにあんこうが発生している台もありました。 全台系の可能性もあり、挙動の悪いまどか2をやめてガルパンへ移動しました。 その後は打ち始めてからサバイバルウォーの出現率が最初から最後まで好調で、やめる要素が無いなと思っているまま粘っていると設定456確定の画面が出現! 周りの台もサバイバルウォーの出現率があきらかに設定4の確率を上回る確率で出現していたり、あんこう天国Aに移行する台ばかりなど全台系の雰囲気が朝からずっと続いていました。 閉店後の全台のグラフを載せておきます。 まわりでも確定演出がしっかり出ていたので、間違いなく全台系でしたね。 全6もありうるのかな?ってレベルです。 7) 鬼ごっこ成功:4回 (57. 設定456確定画面が出ているので当然設定4以上なんですが、単純にCZの初当たり確率では判別は難しいのかもしれませんね。 やはりガルパンの判別はリセットがかかっていることから始まって、あんこうやサバイバルウォーなどの設定差の強い部分が出てきたら追いかけてみて、豊富にある確定系のいずれかが出てくるのを待つといった感じになると思います。 今回は奇数設定ではあまり移行しないあんこう天国Aに2回入っていたので設定4か6のどちらか。 直撃ATも4回あったので設定6の可能性もかなりあったのかなと思います。 以上、ガルパンで456確定が出現した台の稼動記録と、高設定の確定演出や挙動の復習に関する記事でした!.

次の

【ガールズ&パンツァーG】天井期待値・ゾーン狙い・設定・リセット狙い・やめどき

ガルパンg 設定6 グラフ

6 おねだAttack 初当り時 の上乗せG数 平均 84. 1G サンプル9回 平均 60. 3G サンプル13回 平均 61. 特に設定6は低設定域と比較して 低い撃破率でも3体撃破する確率が非常に高かったので参考にして欲しい。 ただし高設定でも、555Gを超え「通常A」が確定する様な場面での白鯨攻略戦の勝率は(サンプルこそ多くないものの)決して高くないというデータもある。 滞在モードが勝率に影響を与えている可能性も高いので併せて覚えておこう。 実戦上だが直撃する場合は256G以内の場合が多く、「鬼モード」への移行率なども影響していると思われる。 いずれにせよ直撃ATが目立つ台には注目しておきたい。 4 おねだりAttackの上乗せゲーム数 実戦値 「おねだりAttack」での上乗せG数は、実戦上低設定ほど伸びやすい傾向がある。 実際には「滞在モード」が上乗せ性能に影響を与えていると推測でき、「早い当り」や「250G手前でのAT直撃」など 高モードと推測される場面では上乗せは控えめで、555Gを超え 「通常A」が確定する様な場面では上乗せ性能が高くなりやすいといった傾向が見られる。 モード移行自体に大きな設定差があり、それが上乗せ性能の差に繋がっている!? と考察できそうだ。 おねだりAttack(初回)上乗せG数 (実戦値) 項目 設定4 設定5 設定6 上乗せG数 平均 84. 1G サンプル9回 平均 60. 3G サンプル13回 平均 61. 1G サンプル33回 有利区間の引き継ぎ割合 実戦値 実戦上、白鯨攻略戦敗北後&AT終了後に有利区間を引き継ぐケース 有利区間ランプが消えず、コンビニステージを経由せずに温泉ステージやひざまくらステージに移行するパターン は、高設定ほど多く見られた。 サンプルは多くないので参考程度としておこう。 6 ガセ前兆について あくまで実戦上ではあるが、ガセ前兆の発生ゲーム数と白鯨攻略戦の当選ゲームには以下のような特徴が見られた。

次の

【稼動日記】GI優駿倶楽部の設定6を初打ち!グラフや詳細データなど

ガルパンg 設定6 グラフ

高設定確定演出 稼動日記の前にまずは確定演出の復習から。 ガルパンは設定456確定の演出が豊富で、高設定台なら終日打っていれば出ない方が珍しいと言えるレベルです。 数が多いのでここで一気に全演出をまとめてみました。 AT終了画面 設定456確定画面 引用元 : 敵チームの水着出現で456確定です。 振り分けは設定4で2. 3%、設定5で3. 1%、設定6で4. 0%となっていて、設定6がかなり出やすいですね。 ガルパンは初当たりの多い機種なので、かなりの高確率で出現しそうです。 設定6確定画面 引用元 : みほ&まほ出現で設定6が確定です。 出現率は1. 4%と低めです。 設定6なら1日打っていればどっちかの確定画面が出る可能性は相当高そうですね。 あんこう祭り6セットで設定6確定 1回の当選で6つストックが出てくるのは設定6にしか振り分けがありません。 あんこう祭りは複雑なので詳細は後ほど説明します。 天井456Gが選択で設定456が確定 天井G数で456Gが選択されると設定456が確定します。 456Gの天井でATに当選するときは、必ず上記のような「突当たり革命」の画像が出現します。 解析は出ていませんが、ガルパンを打ち込んでいる方などから情報を集めても、設定6以外では見たことがないとのこと。 もしかしたら敵チーム水着のように、設定6ではかなり出やすくて設定4 or 5では少し出にくい数値になっているのかもしれません。 AT中のシナリオ 高設定確定シナリオ一覧 セット数 設定456確定 設定56確定 設定6確定 1セット目 サンダース グロリアーナ アンツィオ 2セット目 グロリアーナ アンツィオ アンツィオ 3セット目 アンツィオ アンツィオ アンツィオ 4セット目 アンツィオ アンツィオ アンツィオ 5セット目 アンツィオ アンツィオ アンツィオ 6セット目 アンツィオ アンツィオ アンツィオ 7セット目 グロリアーナ グロリアーナ グロリアーナ 8セット目 サンダース サンダース サンダース 9セット目 プラウダ プラウダ プラウダ 10セット目 グロリアーナ グロリアーナ グロリアーナ 11セット目 サンダース サンダース サンダース 12セット目 プラウダ プラウダ プラウダ 13セット目 グロリアーナ グロリアーナ グロリアーナ 14セット目 サンダース サンダース サンダース 15セット目 黒森峰 黒森峰 黒森峰 15戦目まで勝てることは稀なので出現していたとしても気付けないパターンも多いはずで、設定確定演出の中ではかなり確認しづらい部類です。 イチイチ覚えていられないと思うので、アンツィオが序盤で連続で来まくったときに確認するなどで良いでしょう。 高設定示唆演出 ガルパンのゲーム性 あんこう祭りがかなり理解しづらいので順を追って説明していきます。 まずはガルパンのゲーム性からおさらいです。 通常時の状態は通常A・通常B・高確A・高確B・超高確の5つ。 チェリーや強ベルによって1つ1つ段階を追って上位のモードに上げていきます。 上位のモードほどCZに当選しやすい状態となっていて、CZは双眼鏡と砲弾リプレイによって抽選されています。 双眼鏡は一律30%でCZ当選(超高確のときのみ100%で当選)なので、状態の影響を受けるのは砲弾リプレイのみです。 状態の転落契機はCZ当選のみで、小役による転落抽選は行っていません。 ですので、CZに当たるまではどんどんチェリーや強ベルを引いて上位のモードに上げていって砲弾リプレイで刺すといったゲーム性ですね。 ガルパンチャレンジやサバイバルウォーに当選するとほぼ状態が転落するのですが、鬼ごっこだけは状態が転落しにくいといった性質があります。 鬼ごっこのあとまたすぐCZに当たったりするのはこのためですね。 そして当たるCZは以下の3つです。 ガルパンチャレンジ• サバイバルウォー• 教官と鬼ごっこです ポイントはここにあんこう祭りが無いところ。 そうです、 あんこう祭りは小役による抽選は一切行なっていません。 あんこう祭りのみ「あんこうモード」と「あんこうテーブル」によって管理されていて、決まったG数に到達したときに抽選しています。 ゲーム数解除やマップ解除のようなイメージですね。 まとめると、通常時のガルパンの「レア役による3つのCZの抽選」と「G数テーブルによるあんこう祭りの抽選」からATを当てていくゲーム性ということです。 高設定示唆のあんこう祭りのテーブル ここまで理解した上でやっとあんこうテーブルの話をしたいと思います。 ただし、あんこうテーブルはかなりごちゃごちゃしているので、余計な部分は割愛して高設定示唆の部分だけを説明していきます。 あんこうモードはモードA・モードB・モードC・天国A・天国Bと5種類があります。 通常時の状態移行と違って、BからAに転落することもあります。 状態移行契機は66G移行のAT抽選時のみとなります。 つまり1回当たった後いずれかのモードに振り分けられるということですね。 ここで注目したいのはあんこう天国Aです。 あんこう天国Aは、66Gと666Gでのあんこう祭りの当選率が100%となっていて、しかもあんこう天国AまたはB自体を50%でループするという性質を持っています。 モードAやBからのあんこう天国Aへの移行率 設定 モードAから天国Aへ モードBから天国Aへ 1 0. 1% 0. 5% 2 0. 8% 4. 0% 3 0. 1% 0. 1% 4 2. 4% 6. 0% 5 0. 1% 0. 3% 6 4. 0% 8. 0% モードCへ移行することは稀で、ほとんどの状態でモードAやBに滞在していると考えてもらってOKです。 そうすると 天国Aへ移行したのが確認できただけでも結構強目の設定4 or 設定6の高設定示唆となるのが分かると思います。 もちろんモードBから天国Aに行くパターンは設定2でも大きめの振り分けがあるんですが、設定2は通常Aから天国Aへ直接行く振り分けが薄いので、やはり設定差の大きいポイントであることは間違いないです。 まとめると、天国Aへ移行すること自体が設定4 or 設定6 の高設定示唆なので、複数回確認できたらかなり強い、ということですね。 バジリスク絆で言う低確や高確からの謎当たり同色みたいなもんでしょうか。 もうちょっと強いか・・・。 赤LEDハズレくらいかな?? 66G当選時にあんこう祭り複数出現で高設定濃厚 天国Aの66G当選時のあんこうストック振り分け 設定 1個 3個 6個 10個 1~3 99. 94% - - 0. 06% 4 85. 00% 14. 50% - 0. 50% 5 75. 00% 24. 00% - 1. 00% 6 66. 67% 23. 33% 9. 50% 0. 50% 天国Aで66G時にあんこう祭りに当選した際のストック振り分けはこんな感じになっています。 66Gのあんこう祭りで複数個出てきた時点で456濃厚となります。 もはや設定確定演出に分類しても良いレベル。 ごくごく稀に天国Aじゃなくても66Gであんこう祭りに当選することもあるのですが、当選率が0. 1%と激低なので66Gであんこう祭りに当選した時点で天国Aと考えてもらって問題ありません。 あんこう祭りで設定差の大きい部分のまとめ• 66Gであんこう祭り当選は天国A濃厚で、天国Aに行くこと自体がかなり強めの設定4 or 設定6の示唆。 66Gのあんこう祭りで複数ストックした場合設定456が確定。 どんなG数で当たったあんこうも、複数出てきた時点で強めの高設定示唆。 上記の知識で十分ですが、あんこう祭りの詳細を知りたい方はこちらのサイトを参照してください。 スポンサーリンク 稼動スタート!ガルパンを後ヅモ?? 狙い台のまどかマギカ2が微妙で・・・ 朝イチは狙い台の魔法少女まどかマギカ2でした。 一緒に稼動に来ていた友人S君と内角台を押さえて稼動開始。 800回転ほど回した時点で、レア役を引けてるにも関わらずCZにほとんど入らないなど挙動がすこぶる悪く早くも暗雲が・・・。 ガルパン島の挙動が良い するとガルパンマスターのS君からガルパンの様子がおかしいとの連絡が。 確認してみると全リセ挙動に加えて全台サバイバルウォーの確率が良く、リセットのあんこう以外の場所ですでにあんこうが発生している台もありました。 全台系の可能性もあり、挙動の悪いまどか2をやめてガルパンへ移動しました。 その後は打ち始めてからサバイバルウォーの出現率が最初から最後まで好調で、やめる要素が無いなと思っているまま粘っていると設定456確定の画面が出現! 周りの台もサバイバルウォーの出現率があきらかに設定4の確率を上回る確率で出現していたり、あんこう天国Aに移行する台ばかりなど全台系の雰囲気が朝からずっと続いていました。 閉店後の全台のグラフを載せておきます。 まわりでも確定演出がしっかり出ていたので、間違いなく全台系でしたね。 全6もありうるのかな?ってレベルです。 7) 鬼ごっこ成功:4回 (57. 設定456確定画面が出ているので当然設定4以上なんですが、単純にCZの初当たり確率では判別は難しいのかもしれませんね。 やはりガルパンの判別はリセットがかかっていることから始まって、あんこうやサバイバルウォーなどの設定差の強い部分が出てきたら追いかけてみて、豊富にある確定系のいずれかが出てくるのを待つといった感じになると思います。 今回は奇数設定ではあまり移行しないあんこう天国Aに2回入っていたので設定4か6のどちらか。 直撃ATも4回あったので設定6の可能性もかなりあったのかなと思います。 以上、ガルパンで456確定が出現した台の稼動記録と、高設定の確定演出や挙動の復習に関する記事でした!.

次の