サラゴサ 対 スポルティング ヒホン。 スポルティング・デ・ヒホン

LOSE:スポルティングヒホンvsレアルサラゴサ

サラゴサ 対 スポルティング ヒホン

【スポルティング・ヒホン 4-0 サラゴサ セグンダ・ディビシオン第13節】 セグンダ・ディビシオン第13節、スポルティング・ヒホン対サラゴサが現地時間27日に行われた。 試合はアウェイのサラゴサが0-4の敗戦を喫した。 サラゴサに所属するMF香川真司は先発となり、5試合連続のスタメンとなった。 だが前半で交代となっている。 先制したのはヒホンだった。 試合開始早々の3分、左サイドを突破したマヌエル・ガルシアが中央に切り込むが、ボールを奪われる。 だがこぼれ球をもう一度ガルシアが拾い、セロにパスを送る。 セロは冷静に流し込み、ヒホンが先制となった。 同点に追いつきたいサラゴサだったが、30分に退場者を出してしまう。 すると追加点を奪われる。 3 8分、マヌエル・ガルシアのパスを受けたアイトール・ガルシアがGKとの1対1を制し、追加点を奪う。 2点ビハインドで1人少ないサラゴサが後半から動く。 香川に代えエレーロを後半頭から投入した。 その後ヒホンは2点を加点し、サラゴサは0-4の敗戦を喫した。 破れたサラゴサは3連敗となってしまった。

次の

スペインリーグスコア速報 サラゴサ対ヒホン : news.adventure.travel

サラゴサ 対 スポルティング ヒホン

【写真:ムツ・カワモリ】 セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第32節のデポルティボ対スポルティング・ヒホン戦が現地時間14日に行われ、0-0のドローに終わった。 デポルティボの日本代表MF柴崎岳は先発でフル出場している。 新型コロナウイルスの影響で中断されていたリーグ戦は先週末から再開。 1月から2月にかけてレギュラーポジション奪回に成功していた柴崎は再開初戦でも先発メンバーに名を連ねた。 チームの勝利には繋がらなかったが、柴崎のパフォーマンスはスペインメディアで上々の評価を得ている。 『マルカ』紙はマッチレポートの中で「デポルがボールを支配し、柴崎と(エムレ・)チョラクのコンビは攻撃面で多くのチャンスを生み出していた」と言及。 『アス』も「柴崎が試合のリズムを取った」として、特に序盤にパスワークの中心になっていたと評している。 『エル・デスマルケ』では柴崎を10点満点で採点「6」とし、「注意力とスピードがあった。 あらゆる場所に顔を出して危険を生み出していた」と寸評。 『ラ・ボス・デ・ガリシア』紙も「ガクと(GK)ダニ・ヒメネスは他のメンバーより際立っていた」と高く評価している。 クラブ専門メディア『リアソール. org』では10点満点で「7. 4」とチーム単独最高の評価。 「ビセンテやチョラクとのコンビネーションを試み、チームを一人で背負おうとする場面もあった。 もっとリスクを冒すパスも必要」とコメントしている。 デポルティボ自体は中断を挟んで5試合白星なしと低調。 3部降格圏間際の18位に位置し、依然として厳しい状況が続いている。 【了】.

次の

香川真司は前半のみで交代 サラゴサ、スポルティング・ヒホンに4失点完敗で3連敗 スペイン2部第13節

サラゴサ 対 スポルティング ヒホン

【スポルティング・ヒホン 4-0 サラゴサ セグンダ・ディビシオン第13節】 セグンダ・ディビシオン第13節、スポルティング・ヒホン対サラゴサが現地時間27日に行われた。 試合はアウェイのサラゴサが0-4の敗戦を喫した。 サラゴサに所属するMF香川真司は先発となり、2試合連続のスタメンとなった。 だが前半で交代となっている。 先制したのはヒホンだった。 試合開始早々の3分、左サイドを突破したマヌエル・ガルシアが中央に切り込むが、ボールを奪われる。 だがこぼれ球をもう一度ガルシアが拾い、セロにパスを送る。 セロは冷静に流し込み、ヒホンが先制となった。 同点に追いつきたいサラゴサだったが、30分に退場者を出してしまう。 すると追加点を奪われる。 38分、マヌエル・ガルシアのパスを受けたアイトール・ガルシアがGKとの1対1を制し、追加点を奪う。 2点ビハインドで1人少ないサラゴサが後半から動く。 香川に代えエレーロを後半頭から投入した。 その後ヒホンは2点を加点し、サラゴサは0-4の敗戦を喫した。 破れたサラゴサは3連敗となってしまった。 【得点者】 3分 1-0 セロ(スポルティング・ヒホン) 38分 2-0 アイトール・ガルシア(スポルティング・ヒホン) 76分 3-0 アイトール・ガルシア(スポルティング・ヒホン) 87分 4-0 バスケス(スポルティング・ヒホン) text by 編集部 外部サイト.

次の